Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2006年09月

Power Producer 3.7 によるデジタルハイビジョン放送のBlu-ray化 〜実践編〜

BR-H2FB PC用BD-R/RE(2層)ドライブ



Power Producer3.7










さて、今回はいよいよ実践編である。
全て過去のソフト利用の応用でできる範囲であるが、体系的に解説していく。
なお使用したソフトは既に、当Blogで紹介済みのものばかりであるので、各自 過去の記事を検索の上、参照願いたい。
続きを読む

DVD MovieWriter5 Plus 登場 と H.264およびWMV-HD(VC1)への展望

DVD MovieWriter 5 通常版


何が「Plus」かと言えば、BD対応である。

それにしても、「国内シェアNo.1のハイビジョン対応オーサリングソフト」って、民生用ではこれ以外出てない状況では当然だろう。
続きを読む

SONY 第2世代 セミプロ用 HDV HDR-FX7 いよいよリリース

HVR-Z1J HDVカムコーダー

HDR-FX7
HDR-FX7


FX1の発売から2年を経て、第2世代のハイエンド機の登場だ。
H.264の実用化により、どうなるかと思っていたが、やはり従来のワークフローが必要な現場もある事もあり発売されたのだろう。
続きを読む

AVCHD規格DVDの再生はいかがか? 〜PS3へのカウントダウン その四

AVCHDロゴ
-「AVCHD」規格のロゴマーク-

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー ハイビジョン “ハンディカム” HDR-SR1 (HDD記録方式)

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー ハイビジョン “ハンディカム” HDR-UX1 (AVCHD規格DVD記録)


SONY体験セミナーで録画してきたDVD-RWの映像データ再生実験を行った。
続きを読む

「キャノン 1920 CMOS ハイビジョン」って勘違いさせないか?

iVIS


HV10








TVでも盛んにCMを打っているので、ご覧になった方は多いと思う。
小型軽量化でソニーのお株を奪った形であり、本来であれば良くやったと拍手喝さいのところであろうが、残念ながらソニーは更に先に行ってしまった。
コンセプト的には旧世代のカムコーダとなったのは惜しい。

発売される前から旧いというのは、低迷期の日産のようであるが、それはそれとして映像の品位がどのようなものであるか非常に気になる存在である。

ただ一点気になるというか、一瞬錯覚させられた事がある。
続きを読む

Power Producer 3.7 によるデジタルハイビジョン放送のBlu-ray化 〜理論編〜

BR-H2FB PC用BD-R/RE(2層)ドライブ


Power Producer3.7











先日、とりあえず速報で、試作に成功した事をお知らせしたが、今回は詳細に解説したい。
なお使用したソフトは既に、当Blogで紹介済みのものばかりであるので、各自 過去の記事を検索の上、参照願いたい。
続きを読む

【速報】 ついに自作PCでデジタル・ハイビジョン放送のBlu-ray化に成功! 〜PS3へのカウントダウン その参

BR-H2FB PC用BD-R/RE(2層)ドライブ
maxell 録画用ブルーレイディスク BDF120.1P 23GB


Blu-ray Discドライブ LF-MB121JDにバンドルされるソフトがいよいよハイビジョン対応となって、無料アップデートで提供されだした
早速ダウンロードして、デジタル放送のBlu-ray化に取り組んでみた。
続きを読む

amazon VIDEO ダウンロード販売 unbox はいかがなものか

unbox
amazon unbox


いよいよスタートするamazon VIDEO ダウンロード販売であるが、ここからアクセス可能である。

詳細は以下の通り




続きを読む

Win DVD8 BD版のインストール 〜PS3へのカウントダウン その弐

InterVideo WinDVD 8 Platinum


PC上での検証環境を構築する為、6月末に購入したWinDVD 8 をインストールした。
但し、HD-DVD版とBlu-ray版は一緒にインストールできないなどの制約がある。
そもそも2種類別にならざるを得ないところが問題なのだが。
続きを読む

【速報】 松下 ブルーレイ ディーガ は渾身の一撃か?

BW200


ついに松下から第2世代Blu-ray機が発表された

恐らく色々なサイトやBlogで記事が出るであろうが、本サイト的評価を速報でお送りしたい。
続きを読む

BUFFALO イーサネットコンバータはなかなかお勧め

BUFFALO WLI3-TX1-AMG54 無線LAN AirStation イーサネットコンバータ


先日、紹介した本製品であるがアクセスポイントがBUFFALO製で無い場合、ちょっと設定が煩わしいが、それも一度だけの話である。

続きを読む

Optoma社 DLPプロジェクター HD81の実力はいかがなものか

HD81





以前、マランツ社のフルHD DLPプロジェクターの紹介をしたが、このほど同製品の強力なライバルが登場したようだ。
続きを読む

Blu-ray Drive 導入しました 〜PS3へのカウントダウン その壱

【代引・送料無料】Panasonic Blu-rayディスクドライブ(内蔵、ATAPI、2倍速) LF-MB121JD


今までBlu-rayに関してはSONY VAIO等の一部のメーカー製PCで無い限り、データバックアップ用途くらいにしか使用できなかったが、ようやくUlead DVD MovieWriter 5 や Roxio Easy Media CREATOR9 によって自作PCにも開かれようとしている。

何より11月にはPS3の発売により、いっきに民生機の再生環境が整う事もあり、若干時期早々ではあるが、Blu-ray ドライブの導入を行った。
続きを読む

HDMI入力のキャプチャーボードが $249?!

Intensity





いきなりHDMIキャプチャーボードの登場だ。
Blackmagicdesign
日本の代理店もあるようで、関西だと大阪市西区の報映産業が取り扱うようだ。

続きを読む

【速報】 ついにGET BUFFALO イーサネットコンバータが安すぎ

BUFFALO WLI3-TX1-AMG54 無線LAN AirStation イーサネットコンバータ


新製品が登場したせいか、価格が下落しているようだ。
が、それにしても究極の3,499円で日本橋イオシスで並んでいた。(インターネットの表示よりリアルの方が安いようだ)
おそらくアキバ店でも出ていると思われるので、東京の方にも有益な情報だと思う。
続きを読む

HDMI出力可能なビデオカードはいかがか(Sapphire X1600Pro HDMI)     

SAPPHIRE SA-X1600Pro 256MDDR2 CDT AGP BOX

価格:21914円


BDやHD-DVDをハイビジョンで鑑賞する為には、著作権保護されたI/Fが必須と言われたが、この点に関してはひとまず回避された。
民生機においては従来のD3での再生は可能となったが、どちらにしてもD5(1080p)の再生にはデジタルI/Fが必須となる。

さて、PC上の再生である。
続きを読む

【速報】 5.5G iPod VIDEO は、いささか期待はずれ

iPod
iPod


いよいよ新世代のiPodがリリースされたが、iPod VIDEO に関して期待が大きかっただけに拍子抜けだった。 進化の点で、とても1世代新しいと言えるものではなかった。
果たして猛追してくるライバルたちに、これから1年これで戦えるのか? それとも「隠しだま」は別にあるのか?
続きを読む

【速報】 H.264対応 BDオーサリングソフト待望の登場

Easy Media Creator® 9
Easy Media Creator® 9


民生用次世代DVDオーサリングソフトはBD,HD−DVD共にMPEG2しか対応してなかったが、いよいよH.264/AVCに対応する製品の登場である。

待望久しいのであるが、Roxio社のサイトからは判らないところで非常に気になる点を指摘してみたい。
続きを読む

SONY 新ロケフリはH.264 PSP対応は?

ロケーションフリーベースステーション LF-PK20
ロケーションフリーベースステーション LF-PK20


昨年に発売されて、この手の製品の先駆けとなったものであるが、第2世代はH.264対応のようだ。
気になるのはPSP対応であるが、まさに昨年のロケフリ登場の時と同じように、PSPの脆弱性が問題となっているのか正式発表はない。
続きを読む

三才ムック「裏テレビ活用テクニック 2」への異論

PV3
PCIハイビジョンキャプチャーボード PV3


ハイビジョンがD3でキャプチャー可能なEARTH SOFT社PV3であるが、詳細解説した本がラジオライフでおなじみの三才ブックス社より三才ムック「裏テレビ活用テクニック 2」として発売になった。

今の入手状況は不明であるが、これで一般にも大きく知られる事となるだろう。

が、記載内容に関してちょっと異論を挟ませて頂きたい。
続きを読む

WILLCOM W-ZERO3 の CwA/V的利用方法 Visual編 その参

OverLay Brilliant for W-ZERO3


今回は
・FOMA P902i
である
続きを読む

ER-6i 突然の故障発生

Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン


以前、紹介させて頂いた、Etymotic Research社のER-6iであるが、本日、通勤途中で使用していると、突然左側が聴こえなくなった。

特に力が加わったとか圧力が掛かった訳ではない。 また前兆のなかったのでなんらかの電気的トラブルと思われる。

元々華奢な造りだけに慎重に取り扱ってきた。 購入したのは昨年の10月だったので保障期間ではあるが、無料で直るだろうか?

週末に送り出したいと思う。 経過に関しては当Blog上で報告させて頂く。

WILLCOM W-ZERO3 の CwA/V的利用方法 Visual編 その弐

OverLay Brilliant for W-ZERO3


前回の続き、今回は
・iPod 5G (60GB)

を評価してみたい続きを読む

【速報】 HD-XA1 Ver2.0へファームウエアアップデート報告

TOSHIBA HD DVDプレーヤー HD-XA1


前回の7月から2ヶ月ぶりのアップデート

1. 「xvYCC※規格に対応した機器」と HDMI接続した場合、操作が出来なくなる可能性がありましたので、改善いたしました。
なお、D端子、S端子、コンポジット端子、コンポーネント端子での接続においては上記の不具合は発生いたしません。
※ “xvYCC”とは現在のTVやビデオで使われている動画色空間規格を元に従来規格より広い色域の色を表現する動画用国際標準規格です。

2. 特定のHD DVDのタイトルで音声が途切れることがありましたが、改善いたしました。

3. 東芝製HDD&HD DVDレコーダー「RD-A1」でVR記録したHD DVD-R(一層)を再生できるように機能向上いたしました。

さて、早速アップデートしてみた。
続きを読む

DVDにハイビジョン記録!SONY 「UX1」体験セミナー 参加報告 その参

AVCHDロゴ
-「AVCHD」規格のロゴマーク-

HDR-UX1
HDR-UX1

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー ハイビジョン “ハンディカム” HDR-SR1 (HDD記録方式)


技術的検証の第2弾です続きを読む

DVDにハイビジョン記録!SONY 「UX1」体験セミナー 参加報告 その弐

AVCHDロゴ
-「AVCHD」規格のロゴマーク-

HDR-UX1
HDR-UX1

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー ハイビジョン “ハンディカム” HDR-SR1 (HDD記録方式)


今回はテクニカルな部分に関して考察する。続きを読む

DGIndex が BSデジタルのMPEG2-TSをサポート

DGIndex










以前から紹介させていただいているが、ようやく日本のデジタル放送規格にも対応してもらえたようである。
ダウンロードはここから。

【速報】 DVDにハイビジョン記録!SONY 「UX1」体験セミナー 参加報告 その壱

AVCHDロゴ
-「AVCHD」規格のロゴマーク-

HDR-UX1
HDR-UX1

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー ハイビジョン “ハンディカム” HDR-SR1 (HDD記録方式)


昨日、開催された体験セミナーに参加してきたので報告する。

なお、今回はDVD版の「UX1」であるが、録画したデータはメディアを持参すれば持ち帰りができた。

紹介ページはこちら
続きを読む

WILLCOM W-ZERO3 の CwA/V的利用方法 Visual編 その壱

OverLay Brilliant for W-ZERO3


いきなりメインの話である。
筆者は、ポータブルデジタルAV機として使えるものとして
・PSP
・iPod 5G (60GB)
・FOMA P902i
・W-ZERO3
を所有している。

そこで、これらを1機種ずつ対象評価してみたい。続きを読む

WILLCOM W-ZERO3 の CwA/V的利用方法 イントロダクション編

OverLay Brilliant for W-ZERO3


W-ZERO3の利用本は色々出回っているが、もっぱら従来のPDAの利用法に沿った内容で、イマイチ面白くない。
中には本当に著者は活用しているのか?
といった上っ面だけをなめたようなものも見受ける。

例えば Skype の利用だが、とりあえず動かしてみましたといった内容だけでPC版との差異や使い勝手に関して言及しているものは見たことはない。
本サイトのメインストリームの話題であるA/V機能に関しても、全く本質からかけ離れた記事ばかりだ。

そこで、この観点から再評価してみたい
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ