Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2007年05月

WOWOW フラッシュダンス登場

フラッシュダンス


先日のSWシリーズに引き続いて、ちょっと懐かしい「フラッシュダンス」の登場である。
放送予定は6/2 10:00からだ。
続きを読む

WOWOW スター・ウォーズ は エピソード4  が一番

<スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション
スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション
スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション


4/25の記事でも紹介したように、待望のSWクラシック3部作がWOWOWで放送された。

筆者自身、最初のエピソード4は、今は亡き、大阪・キタのOS劇場に鑑賞したのが初めてであった。
シ・ネ・ラ・マと称した、特徴のある湾曲したスクリーンで観た、最初の字幕シーンは未だに新鮮な思い出である。
但し、その後OS劇場の経営悪化に伴って、2作目以降の作品がここで上映される事はなかった。
続きを読む

【速報】 NERO7 AVCHD 設定に関するまとめ

Nero 7 Premium 通常版


作成方法に関する質問を受けたので、改めてNero7を使ってAVCHDを作成するときの設定に関してまとめる。
なお、新バージョンのリリースがアナウンスされているが、本Blogで述べてきた障害は直っている可能性もあるのでご了承根願いたい。

続きを読む

Nero7 AVCHD変換に関する障害報告追加 2

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する追加記事。

BDMV形式のオーサリングを行ったり、夜中に無人運転をして、終了した際にシャットダウンさせる。
この際にメディアに書き出す設定にしておくと、オーサリング作業が終了したまま、UDF2.5ディスク作成に関する制限事項の同意を求める画面でストップしてしまう。
従って、ファイルとして書き出すのであるが、これに問題がある。
続きを読む

マランツ VP-11S1がHDMI 1.3に対応

VP-11S1
VP-11S1


昨年、試聴会で絶賛した同機であるが、今年はVP12S1が登場するのか?と考えていたら、なんとHDMI1.3対応での再登場となった。
しかも旧来のユーザにも有料ながらバージョンアップに応ずるようだ。

これは非常に気になる存在である。
今年も試聴会は実施されないのであろうか?

ニュースリリース

Nero7 AVCHD変換に関する障害報告追加

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する追加記事。

以前、1920×1080はダメだと記述したが、変換品位を中間に変更する事で、逃れる事が可能であった。
但し、また新たな障害が発生している。

続きを読む

Pure Video & Direct X10 を待望 

Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版


先日のTMPGEnc MPEG Editor の件といい、H.264/AVCの再生環境を考えると、現状のPCに手を入れるよりもあっさり新しい環境に移行した方が良いように思える。
ところで今回の8000番台であるが、HDMIのデジタル音声に対応したものが登場していない。
これは一体どういうことであろうか?

個人的には8600GTのファンレス+デジタル音声対応版を熱望する。

ワンセグ携帯にもARIBの影

SH903iTV
SH903iTV


SH903iTVであるが、マルチタスク動作する為にワンセグ放送を視聴中であってもメールを受信する事が可能である。

が、これには意外な制限がある。
しかも、コピーワンスに懲りないARIBの影がちらつくのだ。
続きを読む

Anydvd HD 6.1.5.1 beta 登場

blu-ray-cracked
blu-ray-cracked


AACSのマスターキーの流出を受けてか、クラックソフトが出始めている。
同ソフトも、この流れにあるものであるが対策をされるまでは有効なのであろう。
ここからダウンロード可能である。

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観てきた

俺は、君のためにこそ死ににいく
俺は、君のためにこそ死ににいく

現在発売中の漫画ゴラク誌の北川礼子氏の映画レビューにも紹介されている。
女史らしい、辛口の論評であるが、『おもちゃのような飛行機』って、まあ逆にそれだけリアルだったって事だろう;-)

映画の裏側に流れる政治的・思想的なものはともかくとして感じた事がある。
それは、「太平洋戦争は歴史上の出来事」になりつつあると、言う事だ。
戦後60年を経て、当時の戦争遂行人は鬼籍に入り、親から実体験として戦争を語られる事も今の30代より若い世代では無いだろう。

歴史の教科書の近代史として受験範囲としては重要視されない「歴史の1ページ」に成りつつある。
ある意味「関ヶ原の戦い」と同じレベルになりつつあるのでは無いだろうか?

まあ、終戦の年さえ知らない『若(バカ)もの』(もちろん、8月15日も)は論外であるが。

さて、他では語られない、本Blog的評価を行いたい。
続きを読む

久しぶりにアキバを歩いて感じた事

BDD-RE50S ブルーレイディスク書換型 片面2層/50GB


出張で空き時間があったので、久々にアキバを訪問した。
日本橋とモノによって買いや待ちがあるのが良く判った。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 は Blu-rayオーサリングが可能

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

AVCHDとBlu-rayのプロフェッショナル向けオーサリング仕様であるBDMVは見た目のフォルダ関係は著作権保護関連のファイルを除いて同等である。

そこで、これを検証すべく、AVCHDでオーサリング済みデータを元にBlu-rayのデータディスクとして書いてみた。
続きを読む

DGMPGDec 1.4.9 final リリース

DGMPGDec メニュー


1.4.9系の最終版がリリースされたようだ。
筆者は直接使う事はないのだが、AviSynthの音声遅延に関する設定のテンプレートに対応したようだ。

ダウンロードはここから

TMPGEnc Editor 2.0 Premium はWin XP SP2.0以上

TMPGEnc MPEG Editor 2.0


以前の紹介記事で書いたように、かなり強力になっている。
が、それと同時に動作条件も厳しくなっているので頭が痛い。
続きを読む

NVIDIA&reg; GoForce&reg; 8600 は待望のグラフィック・カード

GeForce 8600 GTS
GeForce 8600 GTS


現用主力PCのグラフィックカードのGPUは6600GTである。
基本的に最初に組み立てたものを変更する事はしない。
従って7000番台は見送りとなってしまった。

7000番台の特徴として、初めてHDMI対応カードが出現した事であろうか。
最も以下が6000番台からの変更を見送った最大の理由である。

1)DirectX 9世代であった
2)H.264/AVC HD への対応が不完全
3)MPEG2の再生能力では6000番台との差を感じられない
続きを読む

MPEG2Repair ファイナルバージョンリリース

MPEG2Repiar メニュー
MPEG2Repair


昨年の5/28の記事で紹介した、MPEG2Repairであるが、改良が進み、ほぼ完成を見たと思ったら、これで最終版となるようだ。

続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 設定上の注意

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する。

MPEG2→H.264/AVC変換時のエラー回避方法
変換がスタートして、直ぐにエラーストップする事がある。
続きを読む

SONY MS AVCHD カム HDR-CX7 は出る前から負けているか?

HDR-CX7
HDR-CX7


米ソニーから、メモリースティックPRO Duo記録の「HDR-CX7」を始めとするAVCHDカムが発売されるようである。

世界最小を標榜しているようだが、残念ながら先に発売された松下機に対して、それ以上のアドバンテージは無いように思える。
最も映像品質に関しては、実機を前にしてないので評価ができない。
あくまでプレスリリースに基づくスペック上の判断である。
リリースノート
続きを読む

ポストPHS データ通信

N904i
N904i


NTT PHSサービス終了により、それに代わるものとして、FOMAを利用したデータサービスが開始されるようだ。
プレスリリース

Willcomの好調さに比べて、DoCoMoのサービスがFOMAに集中させる意味合いもあってが、あまり魅力あるサービスでは無くなった、「@FreeD」であったが、代わるサービス自体もそれほど魅力的とは言いがたいようだ。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 入力MPEG2データの注意事項

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

1920×1080コンテンツが直接読めないので、1440×1080に変換する必要がある事は先日述べた。
プロファイルをMP@HLで作成するのは当然として、見落とし勝ちなポイントがある。
筆者もうっかり引っかかってしまった。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の障害報告

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

画面解像度に関して、デフォルトは1440×1080かと思う。
しかしながらWOWOWやHNK-hiなど、1920×1080コンテンツに関しては当然こちらを選択したいと思う。
しかし、これができないのだ。

続きを読む

AVCHDオーサリングに掛かる時間

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

筆者の旗艦PCはPentium 530J(3.0GHz)/1GBである。
Mpeg2-HDのBlu-rayオーサリングに関しては、ボトルネックがCPU性能でなくHDDの転送速度であったが、H.264/AVCを取り扱うAVCHDではやはりCPUのパワーが必要である。

続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の注意事項

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

オペレーション上、改善してもらいたい部分と注意事項に関して述べる。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の設定

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

基本的にはデフォルトで良いかと思うが、筆者がデフォルトから変更している部分を紹介する。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の問題点 その2

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

Nero Vision 4のバグ回避方法に関して述べる。

但し、あくまで暫定的なもので本来であればソフトウエア側で対応を取るべき内容かと思う。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の問題点 その1

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

AVCHD作成に当たって、オーサリングにNero Vision 4 を用いる事は先日述べた。
しかしながら放送TSデータをダイレクトに読ませれば良い、と言う訳ではない。続きを読む

【速報】 MPEG2-HDからのAVCHDオーサリングに成功

AVCHDロゴ
-「AVCHD」規格のロゴマーク-


GWの宿題の報告である。
結論から言えば、デジタル放送のMPEG2-TSを元に、前処理を加える事で全く問題なく、AVCHD仕様のDVDの作成が可能であった。

今回から数回に分けて、その手順とポイントに関して報告する。
続きを読む

「携帯電話 液晶保護 シート」は使うべきか?

クリアガード 携帯電話 液晶保護 シート キズ防止 CGSH903iTV


筆者は、SH903iTVに機種変更するまで液晶保護シートを使ってなかった。
通常の携帯電話だと、メールブロッカーのように、画面の盗み見を防止する為のタイプが候補に挙がるが、今回の様なワンセグ携帯の場合、正対して観るとは限らないし、また複数人で観る事もある為、そのようなものは馴染まないだろう。

さて、本製品であるが、amazonの価格をみてびっくりした。
参考価格399円に対して239円である。
これは安い!

しかしながら送料を考えると単独での注文はあり得ない。

また、SH903iTVが非常に人気があるのか、あるいは筆者の様に、本機種になって液晶保護を考えると方が多いのか、現在 品薄のようである。

新バージョン XMuxer Pro テスト報告

XMuxer Pro
XMuxer Pro


GWで時間の余裕ができたので、久々にソフトウェアのテストを行った。
以前、VLCを用いたMPEG2-PS→MPEG2-TS変換に関して紹介したが、この方法での最大の欠点はVIDEOおよびAUDIOのPIDが固定されてしまう事であった。

XMuxer Pro の新バージョン自体は今年の2月にリリースされていたのであるが、特に必要性を感じてなかったので、そのままにしていたが、PIDを自由に設定できるとの事を聞き、追試してみた。
続きを読む

Bluetooth ハンズフリーはいかが?

mLink-ミッキーマウス (MPX3000ADD-MC)<br>
mLink-ミッキーマウス (MPX3000ADD-MC)


いまいち日本では人気の無いBluetoothであるが、上記キャラクターものが、Faithにて3,000円で投売りされている。

筆者は以前、P902iを使っていたのでこれとペアで使っていた。
何より携帯をバックにいれて置いて良いのと、掛かってきた場合も即応答できるのが一番のポイントである。
また、音も侮ることができないくらい良いが、もちろん付属のインナーイヤータイプでは評価に値しないのは、iPodと同様である。

他にもディズニー・キャラのものが同じ値段で手に入るのでプレゼントにも向いていると思う。

松下 DMR-BW200 の SDオーディオ変換機能

Panasonic DIGA 地上/BS/110度CSデジタル内蔵 Blu-rayハイビジョンレコーダー500GB DMR-BW200-S


以前、こんな機能だれが使うのか?とBlog上に書いたが、実は家人が結構使っている。
Panasonic SDオーディオプレーヤー(ブルー) SV-SD100V-A

PanasonicのSDオーディオを持っているのと、携帯が「SDオーディオ」に対応しているのが一番の理由である。

実は更に思わぬアドバンテージがあった。
続きを読む
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ