Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2012年05月

Android 動画再生ソフト MX動画プレーヤーがバージョンアップで1.6fに

DSC_0028
 iPadアプリの弱点は動画再生である。 そもそもH.264/AVC系のコーデックしかH/W支援がされないのが最大の難点である。 従ってMPEG2系の再生は標準の動画再生アプリではサポートされないし、もちろんiTUNESでは扱えない。 最近ではエンコード速度も向上したので、昔ほどH.264/AVCへの変換はストレスでなくなっているが、それでも可能であればMPEG2しかもTSデータをそのまま扱いたいものである。

その点、Androidでは自由度が高く、GPUによるH/W再生支援も可能となっている。
但し、全てのアプリが対応している訳ではない。

筆者が試してみた限りでは、「MX動画プレーヤー」がベストである。
この度、バージョンアップがあり、1.6fとなった。
同じサンプルを再生した限りでは情報量が増えているように見える。
地デジ(解像度は1440×1080だ)を1280×1080のH.264/AVCに変換したものを
初代iPadで再生する場合とMOMO15(ICS 1024×600)を比較した場合、後者の方が画面解像度が低いにも係わらず緻密に見える。
更に、Android Arrows F-05Dとの比較では、こちらは4.3インチでありながら1280×720と解像度が高く、また画面解像度と映像の解像度が一致することもあって、圧倒的に緻密であり、更に綺麗である(発色が一番自然)。

この点は流石に日本製である点を再認識した次第である。

新4K REGZA「55XS5」は2Dスペシャル

【送料無料】東芝LED REGZA 55X3(55V型液晶テレビ/QFHD/グラスレス3D対応/USB HDD録画対応) [TOSHIBA レグザ]【37V型以上TV】
【送料無料】東芝LED REGZA 55X3(55V型液晶テレビ/QFHD/グラスレス3D対応/USB HDD録画対応) [TOSHIBA レグザ]【37V型以上TV】
 東芝の55型 4K/2Kパネル(3,840×2,160ドット)搭載した新製品が登場する。
裸眼3D立体視の機能を省略し、2Dの4K映像表現に特化した製品との事で非常に期待されるものだ。
またメーカーとして未完成な3Dより2Dの映像品質向上に主眼を置いているのは好ましいことである。

多機能TVは必要か?

P1230396
 電話の次はTVとばかりにスマートTVなるものが生まれているが、日本国内では、そもそもTV機能が充実していたことにより普及は望めないだろう。

更にBlu-rayが内蔵されたり、Skypeができたりというのは全く行き過ぎ感が強い。
東芝REGZAはDLNAやSAMBAでのNASやPCとの連携面で一日の長があった。
しかしながら最近ではネットワーク・プレーヤーの種類が増え、またそれらとの接続がHDMIになるに従って優位性が薄れている。
即ちMPEG系の再生はOKでもMPEG4/H.264に対応していないのと、極めてグレーな存在であるが、DVD-ISOやBlu-ray−ISOへの未対応がネックとなってきている。

REGZAが人気であったのは、そもそもMPEG2-HDがPSのみならずTSデータでも再生可能であったことであろう。
他のメーカーでは極めて再生可能なフォーマットが限定されることもあって使い物にならないとの評価であった。

小田和正 横浜赤レンガパーク特設野外ステージ 2012年5月26日に参加してきた

img010
2011年5月からスタートした、今回のツアーは震災の影響で結果的に1年越しで小田さんの地元横浜の追加公演でファイナルを迎えた。

DSC_0195

梅雨前で雨が心配されたが、夕方から曇りにはなったものの、日傘になって,ちょうど良かったくらいである。

DSC_0201
さてレギュラーツアーとは違ったセットリストと共に、思い出深いコンサートと成った。
メンバーは円卓のように回るセンターステージに陣取り、花道は左右に1本。

DSC_0199
セットリスト他は続きを参照されたし。

P.S 5/28 5:50頃の「めざましテレビ」で映像が流れたので、6,7時台でも流れるかも?続きを読む

Audi MMI SDオーディオとiPod の音質比較

DSC_0132
 SDオーディオはデジタルデータをB&OオーディオシステムのD/Aコンバータで変換するのに対して、同じデータを元にiPodのD/Aでアナログ化した音源を入力する違いがある。

IMG_0278
これは流石にiPodの分が悪すぎである。

いや、それ以上にB&Oのオーディオシステムの音が良すぎである。
所詮は圧縮オーディオだからなあ〜とiPodの音を聴くと妥協せざるを得ないが、B&Oでは圧縮オーディオのハンディを感じにくい。 もちろん、CDオーディオの音は更に良いのだが、その差は非常に少ない。
情報量が非常に多いのだ。
音質的にはそんなに差を感じるものではないが、例えるなら地デジとDVDの差といったものだ。

B&O CDオーディオ > B&O SDオーディオ(AAC/192Kbps. 320Kbpsなら>=か?) >>> iPod

といったところである。

KAZUMASA ODA 2012ツアー ファイナルに遠征

img010
 この記事を書いているのは5/20である。 本コンサートは2011年5月に長野からスタートしたツアーの追加公演として、5/26(土)横浜・赤レンガパーク特設野外ステージで開催されるものである。

4月にファンクラブ優先の抽選に当選したことで、参加に至ったものである。
特に今回は非常にチケット争奪が激戦であったようだ。

4月の仙台に引き続いての遠征となる。

今回のツアーは
2011年5月14日 福井
2011年7月23日 香川・讃岐テアトロン
2011年8月18日 神戸
2011年9月24日 大阪・京セラドーム
2012年4月22日 仙台
2012年5月26日 横浜
の計6公演となる。

大規模なツアーは3年ごとに開催されている。
いよいよ65歳迎えるとは思えないパワーであるが、次回があるとすれば67歳?

2002年ツアーが仕事が超多忙で行けなかったのが残念であるが、ソロとしては
1997年のツアーから参加している。

問題は天気であるが、いかがだろうか?

「宇宙兄弟」を観てきた


 小栗旬、岡田将生と人気の競演とあって、大ヒットしているとのこと。
岡田とJAXA 堤真一は「プリンセス・トヨトミ」以来の共演である。

それにしてもコミックでは連載途中の作品であるのに、その先を描くのは、なかなか大変であるが、うまくまとめていたと思う。

ただ、舞台は2025年であるのに15年前くらいの電話を使ったり、その当時のクルマに未だ乗っているのはなんだかである。
テレビをデジカメでストロボをたいて撮影するのもなんだかである。
いくらなんでもビデオ撮影できないことはないだろう?
#それとも13年前に起こったB-CASクラックの問題でTV録画が禁止になっているのだろうか:-)

その辺りが気になったが、まあ楽しめた映画である。

エフ商会の自己破産

【あす楽】【送料無料】SONY 10MF2HDQDVB 黒 10枚x4個 40枚セット  DOS/V 3.5FD フロッピーディスク
【あす楽】【送料無料】SONY 10MF2HDQDVB 黒 10枚x4個 40枚セット  DOS/V 3.5FD フロッピーディスク
 かつて、アキバでメディアを購入するなら、エフ商会の値段を見れば、まずまずの安さで購入できたものである。
古くは5インチフロッピーディスクやビデオテープ。 最近ではBlu-rayなどのメディア専門店として、名を馳せていたものである。

最近は他にも安売りの店が多数出てきた為に、マイナーな存在になっていたが、5月1日に自己破産を申請したとの事だ。

大阪・阿倍野の老舗本屋、ユーゴ書店の店閉まいといい、時代の流れといえ、寂しいものである。

Audi MMI SDカード・オーディオのプレイリストをiTUNESから持ってくる

DSC_0130
 Audi のAudio/Visual/Navigation はMMIと呼ばれる統合管理システム上で動作する。
CD/DVDを標準として地デジ、そしてiPodをコントロール可能である。
但しiPodに関しては音楽のみで映像や写真の再生には対応していない。 これに対してSDカードを媒体とする、いわゆるSDオーディオにも対応している。 SDHC(32GB)までとなるが2枚のSDカードのスロットが搭載されている。 音声フォーマット他については、先の記事、「Audi MMIシステムにおけるSDオーディオ動作条件」を参照願いたい。
さてプレイリストに関してである。 M3UおよびPLS形式に対応している。 このうち、iTUNESはM3U形式でプレイリストを出力することが可能である。
但し、そのままでは使えない。
曲のファイルリストがホルダ名を含むからである。

iTUNESへのパス¥アーティスト名¥アルバム名¥曲のファイル名
といった構造になっている。

SDカード上へのアーティスト名¥アルバム名¥曲のファイル名
でiTUNESのホルダからコピーするとすると、上記ファイル名の「iTUNESへのパス」を
全て削除するか、SDカード上でドライブ名を除いた「iTUNESへのパス」を先に作成して
おき、そこにコピーする。
プレイリストはSDカードのルートに設置するといった工夫が必要である。

但し、パスが長くなりすぎるとファイルを認識するまで時間が掛かる。
プレイリストが使えるようになるにはSDオーディオにアクセスしながら認識させても、10分以上
掛かってしまう。
もちろん一度認識できると次回イグニッション・オンした時は即使える。

なお、Mac OSで作成したプレイリストの場合、ファイル名が化けてしまう。
濁音や半濁音を含むと
が→か?
のようになってしまうのだ。

これを回避するには、一度Windowsにもってきて(SDカードにコピーする)、WindowsのiTUNESに食わせて、再度プレイリストのみを変換してやるのが簡単である。

来年の「e-TAX」のために ICカードリーダーは極端な品不足?!

DSC_0136

 「例の騒ぎ」のおかげでICカードリーダ/ライタが品不足に陥っているようだ。
日本橋のPCショップからは一斉に消えうせている。 唯一、YAMADA LAB1 NAMBAで、SCR3310-NTTComが金曜日段階で2個の在庫があったようであるが、これも売り切れている。

NTT-ME SCR3310-NTTCom
NTT-ME SCR3310-NTTCom
クチコミを見る

実際問題として、本機が性能面でもドライバソフトの面でも一押しであるが、必ずしもこれだけしか「使えない」訳ではない。

個人的には
Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316
Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316
クチコミを見る

も良いと思うが、こちらも既に売り切れとのことだ。

information for TS-990 from Dayton Hamvention

TS-990S
5/18〜20までにアメリカ Ohio州Daytonで開催された、Dayton Hamventionに参加された、知人から情報をいただいたので転載します。

Dayton HamventionR 2012は1952年から毎年5月に開催されている世界的なアマチュア無線のコンベンションである。
日本においても8月にハムフェアが開催されておりますが、規模も参加人数も全く異次元のものです。

今年の目玉は先の記事、「Kenwood TS-990S Spy Shot」で解説したTS-990であろう。

以下にメールを転載します。

--

1.結構多くの人が興味を以て見ていたし、群がっていました。説明員は一人のようで、彼が一手に引き受けて説明していました。

2.展示品はガラスケースの中に入った状態でした。ディスプレイは点灯していましたが、裏側の結線は隠してあって(黒い布で覆われていた)、しかも電波が供給されている様子もなく(要は、アンテナがつながっていない)、ダミー表示でしょうね。

3.フライヤーの類はありませんでした。普通、展示製品に付いている説明文も、なかったと思います。

4,説明員の説明は、テープレコーダーの再生のようで、

1) 発売は11月頃
2) 値段は5千ドルから1万ドルの間を考えているが、それにしても1万ドルはアマチュア用としては高すぎると思えるので(微妙な言い回し)5千ドルに近い側に設定することになろう、と。

写真を撮ったのですけれど、メディアで報道されているもの以上の写真は撮れず(何せ、ガラスのケース越しです)、堪忍して下さい。本当のことを言うと、そのようなわけで、ろくな写真が撮れなかっただけでなく、PCに取り込むケーブルが見つかりません!済みません!

最高の天気に恵まれ(実際、暑すぎるぐらいで、こちらの人たちも、こんな天気、初めて!みたいなコメントをたくさん聞きました)、楽しい数日でした。まあ、私が「デイトンに行く」、とお話しすると、「もう買うものもないでしょうに、なぜ?」のような疑問というか、「物好きだね、、、、、」のようなお返事をいただくことがありますけれど、確かに、目を見張るようなものがたくさんあってヨダレが出て止まらぬ的なことはなくなりましたが;


--

$5,000というのは他のライバル機に比べると半額以下となる。
これでライバルと同等の性能を有するのであれば、非常にコストパフォーマンスが高いと言えるだろう。
11月の発売が楽しみである。

B-CASクラックがついに大手メディアに

2009 Home Theater

B−CAS:有料テレビを不正視聴 ネットに書き換え方法

毎日新聞 2012年05月19日 02時30分(最終更新 05月19日 08時54分)

 テレビの有料番組を受信したり、番組の不正コピー防止に使われている「B−CASカード」のデータを書き換え、放送事業者に金を払わずに有料番組を視聴できる方法が、インターネットで出回っていることが分かった。

http://mainichi.jp/select/news/20120519k0000m040137000c.html

ついに大手メディアにも(毎日新聞ではトップ記事だ!)取り上げられた、B-CASクラックである。
(当Blogでは便宜上、「湾岸ミッドナイト」に登場する日産 S30型 フェアレディZを「悪魔のZ」と称するのに倣って、2038年化したB-CASカードを「悪魔のB-CASカード」と呼ぶ。)

記事の内容からすると、対策をとるには「各放送業者」および「カード発行会社」(ここはB-CAS社か?)
となっている。

東芝が脆弱なPINコードを使った為に、この様な由々しき問題を招いた事に関しては言及されていない。

と、いうか、そもそも一番の問題はB-CAS利権の為に、「B-CASカードがないと無料放送であってもの視聴できない」という仕組を承認した総務省の責任はどうなるのか?!

B-CAS 赤カード 青カードの認識でも記したように、全くもって腹立たしい問題がある。

B-CASカードは全く不要であった。
有料放送のアクセス・コントロールは視聴機器に組み込んだH/Wのみで実現すれば良かったのだ。

同時に視聴可能な機器は1契約につき1台。 もちろん2台目契約はOKとしておけば、通常はTVに録画する時はBlu-rayレコーダに入れ替える。 といった手間は掛からなかったし、入れ替えを忘れた為に録画に失敗するといった事はない。(そのために2台目契約しろというのは無理があるだろう)

さあ、どの様な対策が出てくるか、お手並み拝見である。
5/19現在、筆者宅には契約しているWOWOWやスカパーe2からは、なんらかの「お手紙」も届いていない。
彼らはある意味被害者であるから、放送事業者に対策を求めるのは、酷であろう。

パイオニア スマートフォンリンク/アプリユニット SPH-DA09/05

カロッツェリア★SPH-DA09 4×4フルセグ地デジ搭載7インチワイドVGADVDビデオ/Bluetooth内蔵スマートフォンリンクアプリユニット【iPhone/Android対応・ナビアプリでカーナビとしても機能!!】
カロッツェリア★SPH-DA09 4×4フルセグ地デジ搭載7インチワイドVGADVDビデオ/Bluetooth内蔵スマートフォンリンクアプリユニット【iPhone/Android対応・ナビアプリでカーナビとしても機能!!】
 以前、トヨタの純正ナビを紹介したが、OEM元のパイオニアからも発売になるようだ。
http://pioneer.jp/carrozzeria/splink/appli_unit/sph_da09_05/

こちらの実売価格は更に安く6万円を切る。
トヨタ純正品ではiOSのみの対応であったが、こちらはAndorid(ドコモ用)もサポートされる。
まだデジタルTVチューナーを搭載しないモデルもラインナップされるようだ。

2012年ドコモ夏モデルは何を買う?

47
 2012年冬・春モデルに関しては、筆者の購入したF-05D以外の選択は無に等しかった。
ただ、夏モデルに関しては強敵が出ている。

さて、本命はやはり、ARROWS X F-10Dだろう。
今回の目玉はQuad Core Tegra3の採用につきるだろう。
Tegra3の良いところは低負荷時に省電力のコアが用意されて切り替わるところだ。
ある意味高性能さよりも電池の持ちという点で重要なポイントだ。
前作F-05Dは特にXiエリアにおける電池消費の多さは辟易とされるものだ。

3Gの通信速度がライバルが14Mbpsに対して7.2Mbpsであるのは全くハンディとならないだろう。
唯一遅れをとったのが外部メモリーの対応である。
依然としてSDHC(32GB)までである 他機種はSDXC(現状では64GB)に対応してきている。
動画コンテンツを持ち歩くのであれば少しでも多い方が良い。

対抗としてはAQUOS PHONE sv SH-10Dはいかがだろうか?
全く必要性は薄いのだが、NOTTVにもSDXCにも対応している。

共に6月から7月の発売となる。
未だにiOSの完成度にAndroidは適わないものの、筆者にはおさいふケータイ機能を初めとする
日本ローカル仕様は外せないから悩ましい。

WOWOWメンバーズオンデマンド

head
“いつでも・どこでも”好きな時にインターネット上でWOWOWの番組をお楽しみいただけるオンデマンドサービスです。
WOWOWにご加入中の方々だけが追加料金なしでご利用いただけます。
サービス開始時にはスマートフォンとタブレットでのご利用となります。(サービス対象端末は順次拡大予定です)
ご加入者お一人につき、3台まで視聴端末をご登録いただけますので、ご家族でお楽しみください。

http://www.wowow.co.jp/mod/

との事で追加料金なしで楽しめるようである。
6月8日から先行サービス。 7月2日から本サービス開始との事だ。

【続報】 B-CASカード「2038年問題」のとばっちりか?

DSC_0120
貴重を情報をいただきどうもありがとうございました。

さて、結論から言えばREGZAのB-CASカードを抜くと、上記テロップは消えました。
当方の視聴環境との複合原因で、この様な事象が発生したのではないかと考えます。

【TV】
P1230396
2009年製 東芝 REGZA 55Z9000
BS/CSのアンテナ結線はしていない。(PT1/PT2導入により分岐が多くなり
減衰で写らなくなる可能性があるため)
B-CASカードは赤/青 共に当初から付属していたもの(M社製)
当初設定時のみアンテナ接続

【録画環境】
リビング用PC
Q6600機にTvRock環境を構築で紹介したサブ機。
新BS対応にメイン機のソフトを変更してせっかくの安定動作が不安定になると問題であるので、予備に購入していたPT2を1枚差しで運用。
TvRockはメイン機と連携をとるようにしている。
なお、地上波のアンテナは接続していない。
BS/CSのみで、キーワード予約を対象としているのは
・WOWOW 3チャンネル
・BS アニマックス
のみである。
なお、B-CASは赤で 0000 2000 と地デジが始まる前のもので、M社製である。(M001 CA10)
動作検証テスト中

2000年のBSデジタル開始時に東芝OEMでYAGIから発売されたBTD10に付属していたものだ。

【問題発生時の運用状況】
2012/5/13 19:00〜20:35 BSアニマックス 紺碧の艦隊 録画中

普段は録画済みコンテンツを観るのが殆どであるが、追っかけ再生しようとしたところ、上記テロップが出力された。

録画時にHDDへの転送が遅れて失敗するといけないので、録画はWORKのHDD(2TB)にパーティションを切って(200GB)録画終了後、TsSplitterのバッチが走って、余分なパケットや番組の分割を自動実行するようにしている。 TsSplitterを掛けた後のデータは別HDDに記録されるようにしている。
また、録画WORKは容量監視を行っており、50GBを切ると古いデータから自動削除するようにしている。

従って、通常はTsSplitter済みのTSデータしか観ないので、判らなかったが(このデータは元からテロップが出力されなかった)従来から同じような事が発生していた可能性がある。

ポイントは「BSアニマックス」を録画中であると考えられる。

まるも氏によると、
3月29日(木) BLACKCAS [9]
BS ANIMAX 経由で監視している EMM は相変わらず送信が続いていて、こりゃ 10 月まで送り続けてくるのかな

http://www.marumo.ne.jp/

録画機のB-CASは上記EMMの影響を受けて、更にテロップ表示データも保持して録画されていた。
それをREGZAが受け取った際に自分のB-CASカードを参照して、新規状態であったので、テロップが表示されたと言うのが結論ではないだろうか?

従ってどちらかと言えば、「2038年問題」ではなく、「BLACKCAS」対策のとばっちりが正しいだろう。

友&愛 昭和58年5月14日のレシート

img007
 友&愛といってもレンタルレコードのお店ではない。 小田和正さんのご家族が経営されていた紅茶専門店であった。(既に止められている)
もともと横浜にあったが、上記レシートは自由が丘にあったお店のものである。

昭和58年は前年の5人のオフコースの活動終了後の休止期間のものだ。
確か土曜日であったと思う。

実はGWに机を整理したところ出てきた次第だ。 もう30年ほど前にも係わらず、印字が薄くなりながらも判読可能だ。

B-CASカード「2038年問題」のとばっちりか?

VCS(Video Contents Server)デジタルチューナー
今週末、2chを中心に一部で祭りとなったT社製B-CASカードのセキュリティホール問題であるが、思わぬとばっちりを被った。
解決済み、「【続報】 B-CASカード「2038年問題」のとばっちりか?」の記事を参照されたし(5/19追記)
http://blog.livedoor.jp/mtatsu0206/archives/52270240.html
DSC_0120
契約しているにも係わらず、上記メッセージが出力されるようになった。
但し、Blu-rayレコーダに当B-CASカードを入れると出力されない。
またPCに戻すと出力されるようになるのだ。

但し、TSSplitterで余分なストリームをカットしてやることで回避可能である。
DSC_0121
上記の様に影響を受けない。
但し、録画しつつ視聴する場合には、そういう訳にいかない。
昨日までは、この様なことは無かったので、e2でなんらかの対応があったのかもしれない。
WOWOWに関しては、この現象は発生していない。

テルマエ・ロマエを観てきた


 GW初日の封切りから1週間。 それでも結構満員であった。
非常に楽しみにしていたのだが、それなりに楽しめた。 「フジテレビ映画」が好きな方にはお勧めである。

液晶付き内視鏡ファインスコープ

【送料無料】[サンコー]液晶付内視鏡ファインスコープ 5.5mm径 3Mモデル【母の日】【GW】【2012】【セール】
【送料無料】[サンコー]液晶付内視鏡ファインスコープ 5.5mm径 3Mモデル【母の日】【GW】【2012】【セール】
怪しげな商品では上海問屋と2分する、サンコーより、工業用内視鏡スコープが発売になっている。
以前から同コンセプトの製品はあったが、今回更に本格化されており、SDカードへの録画機能を有している。

Audi MMIシステムにおけるSDオーディオ動作条件

DSC_0104
 今までiPodを接続していたので、利用したことがなかったが、せっかくなので評価してみた。

物理仕様
SD/SDHC 32GBまででSDXCには対応していない。
mini micro SDに関しては動作可能である。

論理仕様
ファイルシステム:FAT32まででパーティションは1つのみ
           Joliet(シングル、マルチセッション)
コーデック: MP3 WMA(7,8,9) AAC(LC低複雑度)
ビットレート:32〜320Kbps (VBR可能)
プレイリスト:M3U PLS
ファイル数: 4000ファイル以内(1ディレクトリ1000以内)

ほぼ携帯電話のSDオーディオに準じたものである。
但し、写真や映像には対応していない。

上海問屋 オリジナル SDXC 64GB

SDXCカード 64GB クラス10 UHS-I対応 sdxcメモリーカード DNF-SDX64C10 【あす楽対応】[メ04]
SDXCカード 64GB クラス10 UHS-I対応 sdxcメモリーカード DNF-SDX64C10 【あす楽対応】[メ04]
UHS-I対応 Class10で、3,799円と格安となっている。
先日のNIKON D3200といい、いよいよSDXC対応モデルが増えている。
64GBといえばSSDが必須の容量であった。
またOSインストールにも問題ないものである。

低消費電力な機器向けとしてリーズナブルな価格と共に、なかなか良い選択ではないだろうか?

Kenwood TS-990S Spy Shot

TS-990S
 既にプレスリリースが出されている、同社の最新・最高級HF/50MHzトランシーバーであるが、スパイショットがロシアのサイトで上がっていた。

TS-900番台といえば、初代TS-900が発売されたのは1972年であるから、40年前となる。
当時、日本国内においてはTRIOの社名であったにも係わらず、TS-900は海外ブランド名であるKenwoodで発売された。
最上級のTS-900Sのファイナルは4X150Aと、他の国内HF機が6JS6やS2001(6146B)などのTVの水平出力管を使っていた時代に本格的な送信管であったことがステータスを更に高めていたものである。 

その後、廉価版たるTS-520(ベストセラーでしたね)が発売され、上位機のTS-820につながるが、一時的に900番台は途切れる。
TS-830、TS-530が最後の真空管機として登場し、TS-930が初めての半導体ファイナル機としてデビューすることになる。
40番台は今でも使われている方もいるTS-940。そして廉価版たるTS-440となる。
そして最もアマチュア無線が輝いていた80年代後半にはTS-950、TS-850(大ベストセラーですね)、TS-450と揃い踏みであった。

900番台はここで途絶える。  TS-850の後継はTS-870となるが、もはや過去のように売れることはなかった。いつのまにか消えて、実践機のTS-590 やTS-2000が細々と売られ続けているが、いつ撤退してもおかしくない状況であった。

そんな中でTS-990のアナウンスである。
90番の名の通り、もはやこれが最後のハイエンド機となる公算が高いだろう。
八重洲(バーデックス・スタンダード)からはFT-9000/FT-5000 iCOMからはIC-7800とあったが、これにKenwoodが加わって最後の花道を飾るのだろうか?

Ramos W17 Pro Tablet PC

ramos_w17_pro-200
 中華Padも、ようやくデュアル・コアCPUの時代に入りつつあるようだ。

Ramos W17 Pro Tablet PC Features:

CPU: AML8726-MX, ARM Cortex A9, Dual Core processor, 1GB DDR3 RAM, 1.5GHz
GPU: Mali 400
Display: 7.0 inch, 1024*600 pixels, capacitive touch screen
OS: Android 4.0 ICS
Memory: 1GB RAM, 16GB storage memory
Camera: Built in HD Front Camera
Video: Support MKV, WMV, MPG, MPEG, DAT, AVI, MOV, ISO, MP4 etc.1080P vdieo playback
Output: Yes, HDMI output
Audio: Support MP3, AAC, WMA, RA, FLAC, OGG etc. formats
Network: Built in Wifi, support 3G external
G-sensor: Yes, support

http://www.ownta.com/ramos-w17-pro-1080p-tablet-pc-with-android-4.0-os-and-wifi-camera-hdmi-16gb.html

これで$186.99也のプライスタグが付いている。
GPUが定評のあるMali 400なのもポイントだろう。

筆者にとってはAndroid タブレットPCは映像ブラウザなので、それほど重要ではないのだが、
NOVO7やMOMO15で気になった、通常アプリのもたつきが、CPUの強化で解消できるだろうか?

Silicon Power製 32GB CLASS 4 micro SDカードを1,680円で購入

SD
 カーオーディオ用SDカードで使う為に購入した。
書き込みやランダムアクセスの速度が問題になる事はないし、読み込みも圧縮オーディオレベルであれば大丈夫だろう。 また、壊れたとしてもバックアップがあるので、これまたOKだ。(更に日本法人の正規品で、永久保障をうたってる!)

それにしても、信じられない価格である。
SDXCの立ち上がりが遅れている中、更なる価格の下落があるのだろうか?

B&W 2012年新製品試聴会

【納期情報:ご注文後約3ヶ月前後】【価格はメールにてお問い合わせ下さい】B&W 805SD-MY(チェリー・1本)  スピーカー 805 Diamond
【納期情報:ご注文後約3ヶ月前後】【価格はメールにてお問い合わせ下さい】B&W 805SD-MY(チェリー・1本)  スピーカー 805 Diamond
 B&Wの2012年新製品視聴会が5月19日 大阪・日本橋・シマムセン CYMAにて実施される。
http://www.shimamusen.co.jp/html2/rialshop/2012ibennto/2012ibento.htm
オーディオに関しては技術的に、とことん着ているかと思われるが、まだまだ改良の余地がありそうである。
定期的に耳を慣らしておかないと、感覚が鈍ってしまう。
プライベートショーではじっくり聴くことができるので、参加してみようと思う。

Qloud Media 2.6へのバージョンアップで ICSのH/Wアクセラレーションに対応

AP_ICON_180X120_new
このバージョンの新機能:

Enable HW decoder for ICS (while in the compatibility mode)
Improve video loading time
Improve subtitle rendering
Play record is now saved on the server side

https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.qiss.vega.ad&hl=ja

との事で、かなり完成度が上がっている。

DSC_0057
シングルコアのMOMO15においても、GPUのアクセラレーションが使えるようになったので、4MbpsのビットレートでもOKだ。
現状ではネット経由の利用は、よほど条件が良くないと使えないが、自宅の無線LAN環境であれば全く問題ない。

通信環境の良くない状況での利用でAir Videoに一日の長があったが、これさえも解消されつつあるようだ。

Q6600機にTvRock環境を構築

リビング用PC
 今更であるが、Q6600機にTvRockの録画予約環境を構築した。
以前より、録画サーバのバックアップ環境として、TVTestによる録画は可能であったが、EPGによる予約には対応してなかった。

今回の改良ポイントは以下の通り
・Windows Vista Home Premium 64bit 環境へのインストール
 元々サポート期限が本年4月で切れるものが、延長サポートされるようになった為、
 従来のWindows XP Pro 32bit環境から移行した。
 これは近い将来のWindows 8 環境への移行をスムーズに行う為の布石でもある
・メモリー増量
 2GBを余っていたメモリーを足して(4GB)6GBに
・アンダークロック
 2.4GHz→2.0GHzに
 元々オーバークロックでの高速エンコードを目指したもので、5年前に3.8GHzで動作させて
 いたが、代償として300W近い消費電力となっていた。 これは余りにオーバースペックなので
 Q6600の定格2.4GHzを電圧を下げて、更にFSBを下げる事で、少しでも低消費電力とした。
 それでも200W近い電力を消費するので、環境には良くない。
・HDD増設
 録画ワーク用に2TBを追加(値上がり前に買い置きしていたもの)
・E5200機(録画サーバ)との連携

ただ、HDDの容量監視による自動削除機能までは設定していない。
またBSのみの運用である。

「高音質」USBケーブル!?

≪販売価格はお問い合せください!!≫SILTECH(シルテック)Golden Universal GU-USB/2.0m【USBケーブル】
≪販売価格はお問い合せください!!≫SILTECH(シルテック)Golden Universal GU-USB/2.0m【USBケーブル】
 未だにこんなオカルト商品が売られている。
以前、HDMIケーブルでも批判したが、アナログ時代の価値観でデジタルオーディオ用製品が発売されている。

そもそもデジタルデータ転送におけるエラーコレクションを無視したものだ。
そもそもHDD上で記録される信号が、どれほど酷いものか。 またそれを補正して正しいデータを取り出す冗長性を考えるとUSB転送における転送エラーの発生確率やその補正など微々たるものである。

WOWOW 「小田和正コンサートツアー“どーも どーも”〜その日が来るまで」

DSC_0098
東京ドームの公演が6月24日(日) 21:00からのオンエアとのこと。
http://mainichi.jp/mantan/news/20120501dyo00m200017000c.html

気になるのはWOWOWのどのチャンネルで放送されるかである。
恐らく「WOWOWライブ」だろうが、筆者のPT1環境では録画できない。

予備機(Q6600機)を使う事になるがセッティングを詰めないと、視聴も録画もダメになりかねない。

TOYOTA純正ナビゲーションは社外品を凌駕するか?

N1
 カーメーカー純正カー・ナビゲーションといえば、
1)高い
2)社外品に比べて2世代は旧い
3)地図も旧い
といった散々なものである。

プラスの要素としては、
4)コンソールにフィットする(一体感)
5)故障の際の保障
6)GPSや地デジアンテナがスマートに収まる
といった印象ではないだろうか?

4)に関しては社外品メーカーも売れ筋車種に対してはフィッティング・キットを出して、解消されている。 また、6)に関してもアンテナの小型化に伴って、また純正品であってもディーラーオプションであればオン・ダッシュに露出を避けられないので、差は無くなっている。

カーメーカーとしても携帯電話やUSBメモリーを用いる地図更新機能を設定するなど3)もクルマが発売されたまま、次のマイナーやフルモデルチェンジまで置き去りにされるような事はない。
この点に関しては輸入車は全くダメである。
ナビゲーション・システムに関しては日本製品のOEM供給を受けるケースが殆どであるが、使い勝手も価格も5年は旧いと言えるだろう。

さて、今年4月に発売されたTOYOTAの純正ナビゲーションである。
上記、写真を見て欲しい。
「マルチリンクナビ」と称している。 「フルセグ内蔵。デジタル機器とつながるHDMI対応モデル。」
筆者はカーオーディオ・ビジュアルに対してHDMI入力ディスプレイを提唱し続けてきた。
一部の社外品ナビゲーションに搭載されたこともあるが、残念ながらハイエンドモデルで非常に高価であり、主流とはなりえてなかった。

未だに「40GB 大容量HDD」がまかり通るカーナビゲーション界においてSD 8GBと、地図容量も十分である。
HDD>SD なる時代錯誤も甚だしい中で画期的である。
Bluetoothオーディオ/ナビ連動/ハンズフリー、SD動画フォーマットやiPod接続にも、もちろん対応している。

しかもスマートフォン連携もOKだ。

これだけの機能を有しながら定価で13万円ほどである。

従来の純正ナビであれば、SD→HDD&DVDドライブを搭載した上で30万円くらいのぼったくり価格で、ITリテラシーに乏しいユーザに売りつけていたところだろう。

また、更に合理的なモデルも出現している。

N2
最近はスマートフォンにナビゲーション機能が使えるアプリが出ているが、最大の問題は画面の小ささであった。
もちろん、タブレット機であれば解消できるのであるが、安全に設置する難しさや何より画面の輝度不足による日中に画面が見づらいといった根本的な問題である。
それに対して、カーナビ上でスマートフォンの操作・表示を可能とするものだ。
ただし現状ではiPhoneのみでAndorid対応となっていない。

これで7万円を切る価格設定は、まずまずではないだろうか?
地デジを搭載しないのと、全てのアプリを利用できる訳ではない点が残念なところであるが、前者に関しては必須ではないだろう。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ