Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2012年08月

今年のWOWOWキー更新


 「WOWOWからの重要なお知らせです。」なるタイトルで、キー更新の案内が9月のWOWOW誌に入っていた。
更新期間は8月15日〜10月10日までとなっている。

ちなみにB-CASカードのチャンネルの鍵有効期限をみたところ、2012/9/30となっていた。

更新後、2013/9/30になった。
不正改造B‐CAS対策の為、更新期間が短縮されるかと思ったが、そのままであった。

根本的対策として新たなキーを付加したB-CAS配布の方針が出た様であるが、永遠のイタチゴッコのスタートかもしれない。

TL-C510を久々に取り出す

DSC_0225

 しばらく行方不明になっていたのだが、夏休みに整理していたところ、出てきた。
なんのことはない、使わなくなった古いかばんに入れたままであった。

さて、TL-C510とは、中華Padの元祖の製品である。 もちろん、メディアプレーヤーであるので自分でアプリを導入することはできないが、対応するフォーマットの多さから重宝していた。
2010年1月の購入であるが、当時iPad出現前夜でありながら、放送MPEG2-TSデータの再生が可能であるのがポイントである。

久々に取り出してみると、確かに最新の液晶に比べると発色、解像度(5インチ 800×480)共にいまいちであるが、元々画面サイズが小さいので、それほど苦になるものではない。
むしろ最新Andorid機が消費電力の高さから再生可能時間が少なくなるのに対して、HDデータ(H.264/AVC)の再生であっても5時間は余裕で再生できるのが最大の美点だ。
何より、ボタン操作のUIはスクリーンタッチに比べて慣れが必要であるが、ストレスが少ない。
きびきびしている。 但し、ファイルを選んでから実際の再生に入るまでは若干タイムラグがあるが、これはCPU/GPUの性能上仕方ないだろう。

DSC_0227

 なお、100均ショップで、売っているMDプレーヤーのケースがちょうど良い感じである。

ついに無線ルーターもダウン?!

【代引無料】NEC AtermWR8600N(HPモデル)イーサーネットコンバータセット PA-WR8600N-HP/E [PA-WR8600N-HP/E]
【代引無料】NEC AtermWR8600N(HPモデル)イーサーネットコンバータセット PA-WR8600N-HP/E [PA-WR8600N-HP/E]

 筆者宅では2004年発売のNEC Aterm WR7600Hを使っている。
802.11a/b/gまでの製品であるが、ルーターの設定項目の多さや安定しているので、未だに現役である。
24時間電源を入れっぱなしであるが、年に数回設定の変更によりリブートする他は、特に問題なく使えている。

最近無線LANの出力が減少したのか、あるいは受信感度が落ちてきたのかは不明であるが、サービスエリアは確実に狭まっているようだ。

さて、この夏は大阪での落雷件数が通常年の3倍に及ぶとのことで、それに伴って停電も発生している。
ルーターの電源のON/OFFで割り当てられたグローバルIPアドレスも変更になる。
自宅→インターネット だけの利用であれば、問題ないが、外出先から自宅にアクセスする場合、グローバルIPアドレスが変わってしまうとアクセス不能に陥ってしまう。

変更された、新しいIPアドレスを通知されれば良いのだが、その際はPCもスタンバイのまま停電していることが多いので役に立たない事が多い。
やはり無停電電源によるバックアップが必要であると感じた。

PCリンク付レコードプレーヤー

img_geanee_tt_182npc_features01_01

 従来より、同コンセプトの製品があったが、本製品は6,980円と非常にリーズナブルである。
http://www.geanee.jp/products/geanee_tt-182npc.html#package

未だにアナログ盤が多数所有している。 その中にはデジタル音源として復活する可能性がないものも多く、保管場所を占めている。

さすがに普段聴いている訳でもなく、10年どころか20年以上聴いたこともないようなレコードがたくさんある。
かといって捨てる訳にもいかないというジレンマがあるのだ。
逆にビデオライブラリーの方が、デジタルキャプチャーが進んでいる。

やはりアナログ音源のデジタル化の方が、大げさなターンテーブルやアンプをつないで、更にPCのセッティングまで必要であるのがネックとなっているのだろう。

簡単にデジタル化するにはこの様な製品が良いと思う。
但し、デジタル化には実時間掛かるのが悩ましいところである。

鈴鹿サーキット50周年 アニバーサリーデー 


 鈴鹿サーキットが設立50周年を迎えたのにあたって、記念イベントが来る9/1,2に開催される。
http://www.suzukacircuit.jp/50anniversary/

遊園地の入場券で来場可能との事である。

見ものとしては
かつての F1マシン
ウイリアムズFW11('86)/星野一義
ロータス100T('88)/中嶋 悟
マクラーレンMP4/4('88)/伊沢拓也
マクラーレンMP4/5('89)/塚越広大
ホンダRA106('06)/小暮卓史

のデモランをはじめ、ホンダだけでなく、各メーカーのマシンが走行することだろう。

もちろん、4輪だけではない。
鈴鹿=8耐
はF1以前の世界的イベントとして外せないものだ。
ヤマハYZF750 OWB7('90)/E・ローソン
ンダRVF750('91)/W・ガードナー
そして、WGPでは
ヤマハYZR500 OW70('83) /K・ロバーツ
ホンダNS500('84)/F・スペンサー
ホンダNSR500('88)/W・ガードナー

今では見ることができなくなった、タバコメーカーのカラーリング
ロズマンズ マルボロ ラッキーストライク キャメル
など、懐かしい。

NEC LaVie Zを触ってきた


 いよいよUltrabookの大本命機が発売された。 先週の金曜日(8月24日)、たまたま阪急梅田駅コンコース BIGMAN前広場でのイベントで触ることができた。

それにしても軽い! 実際、絶対値としては、iPadを始めとするタブレット機の方が軽いのだが、大きさからイメージする重さのギャップから、同じくらい軽く感じる。

何より懸念材料であった、キーボードのタッチ感覚であるが、先の記事で言われるほど悪くは感じなかった。
少なくとも、初期のパナソニック レッツノートよりはましであった。
この点、試作機から改良が進んだのだろう。
ただ、ストロークが少なめなのは仕方がないところだろう。

筆者がベストと思うキーボードは、80年代のIBM汎用機の端末に使われていたものだ。
ストロークが若干大きく、始めが軽く、段々重くなるタッチで、「指が吸い込まれる」ような感覚であった。
速く入力するというのであれば、ストロークが短めで、チャタリングがない程度に軽い方が良いかもしれない。
それに対してIBM機のものはストレスが少ないので、長時間タイプしても疲れないのが美点であった。


ちなみにライバルたる富士通の端末はIBMのようにプログレッシブなタッチではなかったが、それはそれで悪くはなかった。
その点、NECはいわゆる「カチャカチャ」したもので、パーソナル・コンピュータでも汎用機でも、いまいち好きに成れないものであった。

特捜最前線×プレイガール 2012


 CSファミリー劇場と東映チャンネルの共同企画で新作が制作されるようだ。
http://www.toeiv.jp/tokuso-pg2012/index.html


プレイガールの方が先の作品で、主演の沢たまきの歌うエンディング曲「東京プレイ・マップ」はボサノバ風でこの時代の曲としては、なかなかハイセンスな名曲です。

Fujitsu ARROWS X F-05Dの困った障害

DSC_0219

 電池の持ちが悪いのが最大の欠点である、本機であるが、飛行機に搭乗する際に困った障害が露呈してしまう。
現在の航空法によれば、ドアが閉められて発進準備が完了した時点で全ての電子機器の電源をオフにする必要がある。 そこで携帯電話の電源を切ろうとするのだが、リブートが掛かってしまい再度電源が入ってしまうのだ。
しかも電源オフから立ち上がって操作ができるまでに時間が掛かるのでタチが悪い。

再度電源を落とすと、2度立ち上がることはないのだが、常に再現性があるので困ったものだ。
最近は余裕を持って切るようにしているが、時間がないときは非常手段として電池を抜くようにしている。

ハードウエアの問題というよりもファームウエアやOS、あるいは特定のアプリとの相性と思われるがなんとかしてほしいものだ。

太刀洗平和記念館に行く

IMG_20120818_125305

 福岡県筑前町立 太刀洗平和記念館に行ってきた。
終戦記念日(敗戦記念日が正しいと思うが)時期ということもあり、思った以上に来訪者があった。

ここは元々、陸軍の飛行場があったところで、海軍の霞ヶ浦航空隊と同様に、陸軍の教育訓練の中心地であった。
大戦終盤には本土防衛の一翼を担ったが、空襲により壊滅的な被害を受けたとのことだ。

さて、本館の見所は、世界で唯一の実機である、陸軍九七式戦闘機。 そして海軍零式艦上戦闘機三二型が展示されていることである。
IMG_20120818_125625

零戦に関しては写真撮影可能となっている。
鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館に展示されている、陸軍四式戦闘機(疾風)が写真撮影不可なのに対して嬉しいところである。

三二型は二一型に対して、翼端を、空母搭載時の翼折りたたみ機構がある位置で切り落としたもので、最高速度の増大を目指したものである。 昭和17年秋に実践投入されている。
ちょうどガダルカナル攻防戦の時期に当たるため、航続距離が低下した本機は生産数が343機とされており、その点からも貴重な機体である。

IMG_20120818_125648

零戦の代名詞のひとつたる、20mm機銃は三二型では短銃身の一号銃である。
展示されているのは九九式二号二〇粍機であり、これは試験的に換装されたもので、数機しか存在しないと言われている。

HONDA FIT ガソリン車をレンタカーで借りる

IMG_20120818_143838

 ノーマルのガソリン車は3年ほど前に初期型に乗ったことがある。
今回、後期型に乗る機会があったので、先日のハイブリッド車と合わせて比較してみたい。

今回も会員になっていることもあり、ニッポンレンタカーを利用した。
IMG_20120818_143932

同社はどのモデルでも富士通製カーナビが搭載されているようだ。
テレビチューナーを搭載していないので、CD/ラジオが標準となる。
また、iPadなどのメディアプレーヤーはヘッドフォン端子で接続可能である。
映像入力にも対応しているので、例えば5G iPod であればそのまま映像も楽しむことができる。

なお、走行中はナビゲーションの操作ができないロックが掛かっている。

さて、動力性能であるが、前後期での差は認められない。
ハイブリッドとの比較では、発進加速の良さは、もちろんハイブリッドである。
モーターアシストは大したもので、一回りエンジンが大きくなった印象だ。
但し、あくまで低速域に限ったもので、アシストのない、高速走行では、全く変わらない。

ハンドリングに関しては、前期型から大きく改善されたもので、特に中速域以上でのフアフアな路面からの情報を全く伝えなかったものに対して、かなり改善されているといえよう。

IMG_20120818_143945

燃費は高速主体で18Km/lくらいであった。
同じような走行パターンでハイブリッドは21Km/lくらいを記録しているので、20%ほどの差であろうか?
これくらいの差であれば、車両価格の差を燃費で埋めるのは難しいだろう。

格安PC用GPSレシーバ

ノートパソコンにGPS機能を追加できる! G-6010搭載 USB接続 GPSレシーバー 上海問屋 DN-82361 [★]
ノートパソコンにGPS機能を追加できる! G-6010搭載 USB接続 GPSレシーバー 上海問屋 DN-82361 [★]

 かつてSONYより、Navin'YouなるPC用GPSシステムが発売されたいた。
初期バージョンはWindows95の時代で、地図はCD-ROMに収録されたものであった。

これを利用して、GPSPlayer なるナビゲーションを進化させるプログラムもあったが、残念ながら、当時のPCのスペックを越えたものであった。
1時間も使っていると、リソース不足に陥ってフリーズしてしまうのだ。
また、画面解像度も800×600の時代であったので厳しいものがあった。

さて、新たにリリースされた本製品であるが、既に携帯電話にもGPSが搭載される今となっては、アプリケーションレベルで何の用途に使うかは難しい。

ただ、この値段で手に入るのであれば、お遊び用に良いかもしれない。

オリオスペックで「HP ProLiant MicroServer」が15,980円


 Turion II Neo N40L(クロック1.5GHz、TDP 15W)搭載モデルとのことで、能力的にはそれほど高いものではないが、ファイルサーバとして考えたら十分であろう。
スペック的には、PCI Express 2.0 x16スロットとPCI Express 2.0 x1スロット(各1基、LowProfile対応)や、3.5インチシャドウベイ4基、光学ドライブベイ1基となっているので、PT3を使った録画サーバのプラットホームとしても最適と思われる。

元々価格は35,700円であったが、これなら納得だ。
Windows Home Server との組み合わせて使うのがリーズナブルであろう。

FIT Hybrid She's 仕様車 その2

IMG_20120805_153047

構造面であるが、このクラスでありながらオートクルーズが付属する。
もちろん、日本車であるから100Km/h+までの設定であるが、110Km/hくらいまではOKだ。
この点、同じホンダのインスパイアが105Km/hまでしか設定できなかったのに比べると、制限が緩くなった感じである。
ハイブリッド車のみの仕様として。上記オートクルーズの他、VSA(横滑り防止装置)が付属する。
ノーマル車とハイブリッドでは20万円ほどの差があるが、これらの安全装備を考えると、良心的な価格設定に思える。
なお、ディスチャージドランプ(HID)を選択した場合、オートライトコントロール(暗くなったら自動点灯)が加わる。

さて、実際に走らせてみての感想である。
1)発進加速は1.3リッター+IMAのお陰でストレスなし
2)燃費は一般道で20Km/lくらい。 高速でもそれほど伸びない
3)アイドリングストップはブレーキを踏んでいる間だけ、ブレーキを外すとエンジン始動で、これもストレスなし
 真夏の昼間ではエアコンの為にストップしないこともある
 この点は電動エアコンを搭載しているトヨタ車に分があり
4)ハンドリングを語るクルマではないが、初期型に比べて、路面状況を伝えるようになったのは一番の改善点
5)ブレーキは精々130Km/hくらいまでを想定したもの
 ロックすることはないけれど、制動力不足を感じる。
 それにしても、飛ばしているフィットを見かけるが、このブレーキで不安にならないのだろうか?
6)CVTは高速になると「滑り」を感じる。
 高速クルーズ主体だと、よくできたロックアップ付きATの方が良いのでは。
 もちろんデュアル・クラッチトランスミッションには全く及ばないが、日本の交通状況を合法走行
 するのではあれば、問題なし

IMG_20120715_095009

なお、当車はオーディオレス仕様であるが、メーカーオプションやディーラーオプションでカーナビゲーションやオーディオを頼まないと、上記写真の様に、ぽっかり穴が空いた状態で納車されるようだ。
普通は、メクラ蓋があるものと思っていたが、資源の無駄や本当に何もつけない人はいないという事で、この様になっているのだろう。

FIT Hybrid She's 仕様車 その1

IMG_20120805_153047

 いよいよ補助金がクライマックスを迎えている。 先に言われた7月中に底をつくと言われたまではいかなかったようであるが、それにしても早いペースであった。

中心となっているのは、普通車ではハイブリッド。 中でもアクアやプリウスは磐石であったが、フィットはノーマル車と合わせてよく売れていた。

さて、そのフィット ハイブリッドは5月末にマイナーチェンジを実施した。
既にちょっと前より、10周年記念仕様車を出して、お得感を出していたが、マイナーチェンジ後も引き継がれている。
その中で、女性向け仕様車がShe'sという訳である。
こちらもノーマル仕様とハイブリッドの2面展開だが、上記写真のピンクダイヤモンドと共に売れ筋のホワイトやブラック、モカ(濃茶色)が用意される。
She's仕様に関しては以前、限定モデルとして発売されたことがあるが、評判が良かったことものあり、レギュラーモデルに格上げされたという訳だ。

IMG_20120805_153107

外見上の見分けとしては、エンブレムの他、ハイブリッド車では、リアガラス下のガーニッシュがシルバーからボディ同色に変更される。
個人的には金満主義的なキラキラ仕様のガーニッシュは好みではないので、良い変更と言える。

ただ、相変わらずテールランプは、クリアテールと呼ばれる、透明仕様である。

内装に関しては、紫外線を99%カットするフロントガラスやプラズマクラスター付きフルオートエアコン。 
更に花粉やダニにも対策効果がある、アレルクリンシートが採用されるのがポイントだろうか。

ただ、質感そのものは日本のコンパクトカーのもので、AUDI A1はおろか、VW POLOにも遠く及ばない。
特にフロントシートのサイズが小さめであるので、長時間ドライブすると腰が痛くなりそうだ。
この点は小柄な女性であれば問題にならないかもしれない。

祝全日本女子バレーボールチーム 銅メダル獲得


今回の中国戦の死闘も日本バレーボール界にとって歴史的できごとかもしれないが、オールドファンにとって忘れられないのは、ミュンヘン大会の準決勝、ブルガリア戦であろう。
15-13
15-9
と2セット連取された後の
9-15
9-15
で15-12で大逆転勝利は今でも上記映像で観ることが可能だ。

データバレーが今になって取りざたされているが、最初に導入したのは、山田監督であろう。
メキシコ銀メダルの後、相手チームの趣味や癖まで調べたという。
ミュンヘン大会では仮想敵選手を相手に練習を繰り返し、1セットも失うことなく完全優勝であった。

しかし、バレーボールが広がったことで、そのような状況は夢のようになってしまった。
その中で勝つことを第一としたチーム編成で、今できる最高の結果が今回の銅メダルといえる。

次の全日本の編成はどの様になるのであろうか?

WesternDigital WD30EZRXが久々の1万円割れ

【WesternDigital】WD30EZRX (キャッシュ64M)【バルク品】
【WesternDigital】WD30EZRX (キャッシュ64M)【バルク品】
クチコミを見る

 先ごろ、「1万円を切るか?」と記事を書いたが、夏休みの限定特価ながら9,980円の限定特価が出ていた。
ソフマップの目玉商品であるが、タイ洪水の影響はもはやなく、世界的な消費停滞もあって、この値段になっているのだろう。

日本映画専門チャンネル 「連合艦隊」


 太平洋戦争開戦から70周年ということもあり、昨年末の山本五十六映画から始まり、今年の夏は太平洋戦争を題材としたムック本を沢山見かける。

本作品は31年前に東宝8.15シリーズとして制作されたものであるが、ハイビジョンでの放送は今回が初めてではないだろうか?

監督は松林宗恵氏で、筆者が最も好きな「太平洋の翼」の監督もされている。
特技監督は中野昭慶氏と特撮には欠かせない。

キャストに関しては
山本五十六 小林桂樹
宇垣纏 高橋幸治
小沢治三郎 丹波哲郎
伊藤整一 鶴田浩二
と堂々たるものである。

FM COCOLO 〜風のハミング〜 チケット到着

IMG_20120812_082636

2012年9月15日 14:00スタートの同イベントであるが、先行予約の電話が掛かりにくい中、読売新聞の予約が非常に穴場であった。

出演者
馬場俊英
スターダストレビュー
KAN
宮沢和史

そして
小田和正

と、なかなかな顔ぶれである。

8月12日に受け取ったのであるが、どうせ「上の端」と思っていたら、スタンド5列目であった。
(アリーナ席もあるようであるが、流石に、これは無理でしょう)
京都会館の様に、席が後ろから1番、2番となっているとしても、そんなに悪いものではない。

さて、読売新聞の地区の販売店からチケットを持ってきてくれるというので、新聞勧誘を敬遠されるかもしれないが、少なくとも筆者の地区の販売店は、そんなことはなく、却って恐縮したほどである。

行かれる方、一緒に楽しみましょう。

【訃報】 JA3AA SK サイレントキーに ご冥福をお祈りします

かねてから入院加療されていた、JA3AA 島 伊三治さんが8月11日 未明に逝去されたとのことです。

筆者がアマチュア無線を始めた頃に、交信していただいたことも、またご自宅が大阪府羽曳野市で、現在の筆者宅に近いこともあり、何度かお会いしたこともあった。
最後にお会いしたのは10年ほど前であろうか?

氏に関しては、下記が詳しい。
https://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/ham_life/shima/content.html

心から,ご冥福を お祈りいたします。

AUDI 販売店で「サムライブルー」をいただく

ii

 クルマの点検に持っていったところ、カフェの新メニューに「サムライブルー」なる限定メニューが用意されていた。
AUDI JAPANは本国を含め、サッカーの支援に熱心である。
ちょうどオリンピックに合わせたものであろうが、フローズンメニューだが、なかなか美味しかった。

昨年の限定メニューでは
15

クワトロカプチーノ

DSC_0296

クワトロ抹茶オーレ

となかなかなものであった。

時をかける少女 2010版を日本映画専門チャンネルで観る

時をかける少女 通常版 [DVD]
時をかける少女 通常版 [DVD]
クチコミを見る

 コミックでは読んでいたのだが、残念ながら劇場で鑑賞する機会を逸していた。
どちらかと言えば、原田知世版(1983年)ストーリーの続きといった、感じであるが、時代は1972年。

元々1965年の中学三年生コースで高校一年コースに引き続き連載されたものである。
小説版としては1972年に出版されているが、これは原作を下敷きとしたNHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」のヒットによってである。

さて、主演は2006年アニメ版で主役の吹き替えをした、仲里依紗が演じているが、アニメ版の10倍は良い!
「過去を変えてはならない」 「宿命の別れ」 「消えた記憶が呼び起こされる」
というタイムトラベラーの「お約束」は本作でも踏襲されている。

なかなかの佳作である。

IMG_20120804_202921

さて、先の少年ドラマでの「時をかける少女」である。
当時はビデオテープが貴重で全て上書きされて、NHKにはオリジナルが残っていなかったが、偶然にも一般視聴者が「最終回のみ」残っていたのが発掘され、DVD化されて発売されたのは10年以上前の事である。

なお、上記写真にある「続タイムトラベラー」は1972年11月に少年ドラマシリーズとして放送されたものだ。
こちらは一般視聴者のビデオは残っていない。
ただ、どちらも音声は残っていたので上記DVDに音声が収録されている。

また、1983年の原田版映画の後に、タイムトラベラーの脚本版が出版された。

筆者はどちらも所有しているが、今となってはどちらも貴重本と言えるだろう。

SunDisk GB microSDXCカード(Class 10規格)が5,999円

Sandisk[サンディスク] SDSDQY-064G-J35A 64GB
Sandisk[サンディスク] SDSDQY-064G-J35A 64GB

 あきばお〜での話であるが、それにしても安い。
SDXCも通常サイズであれば、かなり安くなってきたが、マイクロタイプに関しては、どうしても割高であった。

また、それ以上にびっくりはUSBメモリーである。
同じ64GB。 メーカーはTranscentになるが、2,229円である。
これは安い。

それにしても最近の値下がりは異常である。
半導体メーカーの業績悪化の一因と考えると、手放しでは喜べないものである。

CITROEN BX16TRS とはどんなクルマだったか? その2

CITROEN BX 16TRS

 筆者が過去所有したクルマを改めて振り返ってみる記事。 第2弾。 今回はトラブル編

輸入車を普段の「下駄代わり」に使うことは可能である。
但し、それなりの「いたわり」と知識が必要だ。

停止する前にギアをバックにいれたり、エンジンやオイルが温まっていないうちにフルアクセルを入れるようなドライブをしなければ、早々壊れるものではない。

但し、シトロエンのハイドロニューマチック・サスペンション・モデルに関しては更に気をつけなければならない。
オイルポンプで圧力を掛けることで、金属バネの代わりとなる。
エンジンが停止している時は油圧が抜けているので、ぺったんこになっている。
従ってエンジンを入れた直後は車高が適正になっていないので、そのまま走り出すと、下回りを打ち付けてしまう。
ホテルのドアマンに鍵を渡して駐車場から出庫させてもらうような際は、その点を注意しないととんでもないことになる。
それでなくともオイル漏れの発生源である。
因みにLHMと呼ばれるオイルは緑色をしている。 人間で言えば血液のようなものである。
オイル圧の掛かる部分はスフィアと呼ばれるストラットタワー上部にセットされる球状のパーツである。
これらは5万キロでの交換が推奨されていた。

さて、実際に発生したトラブルである。
幸いなことに西武自動車 大阪支店の優秀なスタッフのおかげで、LHMの漏れは事前に防げている。
漏洩が予測される部分にあらかじめコーキング処理をしてもらったお陰で、LHM漏洩で立ち往生したことは無かった。
一番多かったのはエンジンのかぶりである。
1.6リッターSOHCエンジンは、80年代のエンジンとしては珍しくメカ式のキャブレターを使っていた。
オートチョークの為に通常にアイドリングが650rpmくらいなのが900rpmに上がる。
特に冬の寒い時は一度イグニッションをオンにすると、水温が上がって安定するまでは絶対にエンジンを切ってはいけない、
切ると確実にプラグがかぶって2度とエンジンが掛からなくなる。

もちろん、エンストしてしまう(ATにも係わらずだ!)することがあり、プラグレンチが必須アイテムなのだ。
プラグサイズが標準より小さいので、JAFを呼んでも助けてもらえないのだ。

エンジンに関しては、ある日突然、ダイモナが死んでロックしてしまい、ファンベルトが煙を上げて飛んでしまったなど、輸入車に多い電装系の悪さはもちろんある。
また、ご覧のようにフロントエア取り込み口が狭いので水温が高めである。

渋滞ではオーバーヒート気味になるので、夏に「ヒーター」を全開で入れて、窓を開けて人間は我慢!
更にオーバーヒートに至るまでに、キャブレターで燃料がパーコレーションを起こしてしまい、エンストする。

電装系でびっくりしたのはリアランプ周りの実装である。
ストップランプが切れたので、交換しようとしたのだが、これまたびっくりである。
日本車であれば電球はソケットを介して固定する。

ところが、電球はソケットではなく、プラ整形した部品に「電球が立つ」といった形で止められていた。
これの強度、電球の熱への耐性を甘くみていたのか、プラ部品が溶けて電球が転がっていたのだ。

フランス車は合理的と言われる。
でも、こんなところで合理的を通り越して手を抜いてもらったら困る。

同じ様にライトスイッチも接点の容量が不足気味だったようで、ライトスイッチの接点部分を覆うプラスチックは常に熱くなっていた。

今のフランス車は解らないが、四半世紀前のシトロエンはこんな感じであった。
そもそも機械としての完成度。 設計思想に関する部分は理想的であったとしても、実装技術や生産技術といったところに疑問符がつく。

エンスー系のクルマ雑誌は相変わらず、輸入車礼賛であり、特にフランスやイタリアのラテン系車を実像以上に評価する。
IT系記事でも同じであるが、こんな提灯記事に騙されてはいけない。

動かなくてもかまわない、趣味車であればありかと思うが、筆者は2度とラテン車を買うことは無いだろう。

AQUOS PHONE ZETA SH-09D が夏ドコモで一番まとも?


 性能的にまずまず、デザインもとんがったところなく、シンプル。 何より電池容量が大きくて消費電力も少ない方となればヒットの可能性があるのだが、元々それほど売れるとは想定されておらず、極度の品不足になっている。

ヨドバシでは、「生産終了」の表示と共に販売を打ち切っているようであるが、実際は少ないながらも生産は続いているようだ。
シャープもドコモも、当機が本命ではなく、NOTTVが搭載されたSH−10Dまでのつなぎと考えていたように思える。
何よりもCPUの供給に不安があり、生産計画上もそれほど多くを予定してなかったものだろう。

2500億円の赤字とリストラの同社にとって、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまった。
1機種だけでどうなるというものではないが、独善的な液晶テレビの需要予測といい、現場がいくら良い商品を開発しても、戦略部門がダメでは開発者も報われないだろう。

AirStashは少しだけ残念

MAS-A02【税込】 マクセル Wi-Fi SD/SDHCメモリ対応カードリーダーAirStash [MASA02]【返品種別A】【送料無料】【SBZcou1208】
MAS-A02【税込】 マクセル Wi-Fi SD/SDHCメモリ対応カードリーダーAirStash [MASA02]【返品種別A】【送料無料】【SBZcou1208】

 SDカード内のコンテンツをWiFiでアクセス可能とするものである。
従来、iOS用アプリは公開されていたが、今回Andorid用アプリが登場した。
最近話題の Google Nexus7 の様に Andorid でありながら、SDカードリーダが搭載されない機種にはありがたい。

但し、少し残念なところがある。

1)SDXCに対応していない
 恐らく次期商品では対応されると思われるが、現状では未対応である。

2)フォーマットはFAT32
 写真や音声などであれば2GBの壁が問題になることはないだろうが、映像フォーマットを
 ハイビジョンで収録するとなると、痛いところである。

3)USB3.0に対応していない
 これまた別リーダーを介せば致命的な欠点ではないが、2012年の製品としては対応して欲しい。

これらが解消されれば欲しい商品である。

micro SDXC 64GB もそろそろ手が届くように

サンディスク(Sandisk) Mobile Ultra Micro SDXCメモリーカード 64GB class10  【2000円以上送料無料】 【26Jul12P】 【30Jul12P】 【01Aug12P】 【SBZcou1208】
サンディスク(Sandisk) Mobile Ultra Micro SDXCメモリーカード 64GB class10  【2000円以上送料無料】 【26Jul12P】 【30Jul12P】 【01Aug12P】 【SBZcou1208】

 タブレット機として、iPadが他のAndorid機の何歩も先を行っている事に異論はない。
ただし、メディアプレーヤーとして考えた時に、あまりにも制限が多すぎるのが気に入らない。

例えばMPEG4形式で1080pはiTUNESで取り扱い可能なくせに、新iPadに持っていくことができない。

その点、Android機は基本的にプレーヤーソフトと共にユーザーの自由である。
しかもiTUNESで管理したコンテンツを転送するソフトが用意される。

従って筆者はメディア・プレーヤーとしてはiPadよりAndoridを評価している。
徐々にSDXCへの対応が進んでいるようで、そうなればリムーバブルメディアを使える
Andorid機の優位が際立ってくるものだ。

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 リリースされる

【送料無料】 はじめてのTMPGENC 無料で使える、高機能MPEGエンコーダ I / O BOOKS / 勝田有一朗 【単行本】
【送料無料】 はじめてのTMPGENC 無料で使える、高機能MPEGエンコーダ I / O BOOKS / 勝田有一朗 【単行本】

  TMPGEnc MPEG Editor 3の後継製品がいよいよ販売開始されている。

「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」ティーエムペグエンク スマートレンダラー4 (TMSR4)
の販売を本日開始させていただきました。

ご購入は以下ページよりおこなっていただけます。

■TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4優待購入キャンペーンページ■
弊社新製品「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」の発売に伴いまして、各種優待販売キャンペーン
を実施いたします!! 
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/shopping/yuutai_tmsr4.html


悩ましいのは
■■TMPGEnc MPEG Editor 3からの乗り換えをご検討のお客様へのご注意点■■
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4ではTMPGEnc MPEG Editor 3に搭載されていた以下の機能
・DVD-Videoオーサリング機能
・DVD-VR 出力機能
は搭載されておりません。
あらかじめご理解の上、乗り換えをご検討ください。


もはやハイビジョンの編集しかしないのであれば、問題ない。
かといって、過去のコンテンツやクルマ用DVDを簡単に作成できるのは本ソフトの美点である。

因みに優待価格で1,400円ほどの差でしかないのが悩ましいところである。


ANRI 夏歌 どれだけご存知ですか?

夏本番を迎えて、個人的には夏歌=杏里のイメージが強い。
筆者のプレイリストで夏・杏里を紹介する。

第10位 Surf City


Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)
Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る

映像は1984年のコンサートからであるから23歳くらいか?
最近のコンサートで聴けないのが悲しい。

第9位 CATCH THE WIND


SUMMER FAREWELLS(紙ジャケット仕様)
SUMMER FAREWELLS(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る

1987 SUMMER FAREWELLS からの1曲であり、未だにコンサートの定番曲だ。
このアルバムから5枚くらいが最も売れた時期なのだが、個人的にはこれが最も好きなアルバムである。

第8位 あの夏に戻りたい


Angel Whisper
Angel Whisper
クチコミを見る

Angel Whisper〜ANRI Concert in Hawaii〜 [DVD]
Angel Whisper〜ANRI Concert in Hawaii〜 [DVD]
クチコミを見る

先日のテレビ朝日のオリンピックのテーマ曲で紹介したものだ。
今聴いても新鮮なメロディである。

第7位 最後のサーフホリデー


BOOGIE WOOGIE MAINLAND
BOOGIE WOOGIE MAINLAND
クチコミを見る

カナダドライ ジンジャエールのCMでお馴染みである。
映像は1988年に開催された広島平和コンサートからである(NHKで放送された)

第6位  最後のShooting Star


MOANA LANI
MOANA LANI
クチコミを見る

好きだったのに別れてしまうという、シチュエーションは、どなたも経験のあることだろう?
そして街でばったり見かける・・
同テーマで作られた3曲。
1987年 「さよならシングル・デイス
1990年 「LOVE LETTERS
1992年 「最後のShooting Star」
どれも名曲であるが、夏をイメージする曲として、この曲をエントリーする。

第5位 嘘ならやさしく


NEUTRAL
NEUTRAL
クチコミを見る

Angel Whisper〜ANRI Concert in Hawaii〜 [DVD]
Angel Whisper〜ANRI Concert in Hawaii〜 [DVD]
クチコミを見る


これもコンサートの定番曲である。
「悲しみはとまらない」もそうであるが、内容はかなり暗いのにノリノリな、考えたら不思議な曲である。

第4位 Afection


Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)
Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る


この曲は角松敏生がプロデュースをしていたアルバムがオリジナル。
バラード集(MEDITATION 1987年)に収録されているバージョンもある。
音楽的には後者の方が洗練されているが、感情的にはこちらが好きだ。
実は筆者はライブで聴いたことがない。
1995年のツアーでは聴けたとの事であるが、残念ながら都合で行けなかったのである。

なお、詞の内容は角松氏の「Still I'm in love with you」と同テーマであるがこちらも良い!

第3位 Summer Candols


BOOGIE WOOGIE MAINLAND
BOOGIE WOOGIE MAINLAND
クチコミを見る

結婚式の定番ソングであるから知らない方は少ないだろう。

第2位 夏の月


Moonlit Summer
Moonlit Summer
クチコミを見る

ピアノのリフが特徴的な、筆者が一番好きな曲だ。
ちなみに、この曲は1998年の夏にリリースされた。 当時、キヤノンIXYのCMにも使われた。
これまたコンサートの定番曲であるが、やはりオリジナルのアレンジが一番好きである。
先の「Afection」と共にピアノの音色が美しい曲である。

第1位 逢えないせつなさと


EVER BLUE
EVER BLUE
クチコミを見る

1999年の曲である。 シングル曲としては先の「夏の月」の次の曲にあたる。
一番好きな「夏の月」が2位でこの曲が1位なのかと言えば、前者を作曲されたのは冬だということだ。
この曲もライブで聴いたことがない。

熱帯夜の高速道路を走るシチュエーションである。
なんとも夏の蒸し暑さと気だるさを表現できていると思う。
杏里の曲でAAAクラスの曲は、この曲が最後で、これ以降、聴けていない。

21世紀を迎えてからの曲は、どれもが聴いたことのある感じで詞の内容にも新鮮味がないのが実感である。
再度、「夏の月」クラスの曲を望みたい。

EPSON MOVERIO BT-100がDTCP-IPに対応とのこと

【送料無料】エプソン3D対応ヘッドマウントディスプレイ MOVERIO BT-100
【送料無料】エプソン3D対応ヘッドマウントディスプレイ MOVERIO BT-100

 SONYの同等製品に比べて、いまいちの印象のある、同製品であるが、このほどDTCP-IPに対応したとのことだ。
同一LAN内である必要があるのが、利用範囲が広がったのがポイントだろう。

桜橋のOUTBACKで食する

IMG_20120727_194802

 大阪・梅田の桜橋の交差点の近所(桜橋ボウルの並び)に大阪店はある。
元々、グアムにいった際にホテルで聞いて、行ったのが始まりである。
ここはパンが食べ放題である。
これが目当てでお気に入りである。
但し、東京・青山のお店はここほど美味しくはないようだ。
東京は渋谷にもあるが、どうなんだろうか?

IMG_20120727_194629

これは何かわかるだろうか?(答えは「続き」に)
横のテーブルで外人さんが注文して食べていたのが気になっていたのだ。

その場で聞けば良かったのだが、そのままになって、その後、ずっと気になっていたのだ。
「探偵!ナイトスクープ」で調べてもらおうかと思ったくらいであった。

そうしている間に大阪にもお店ができて、ようやく食することができたという訳である。続きを読む

連日の暑さで録画サーバがダウン

リビング用PC

 連日36℃を越える暑さが続いた為か帰宅してみたらダウンしていた。
昼間は留守にする関係で、完全に締め切るので、恐らく40℃以上になっていたと思われる。

通常、スタンバイになっていることから復帰して動いていない限り、落ちてしまうことはない。

機械も人間も厳しい夏のようである。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ