Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2013年08月

USB電源 / 乾電池対応 スピーカー内蔵 ポータブルレコードプレーヤー

【レコード】パソコンへの取込みも可能 USB電源 / 乾電池対応 スピーカー内蔵 ポータブルレコードプレーヤー (ターンテーブル) 上海問屋 DN-84537 [★]
【レコード】パソコンへの取込みも可能 USB電源 / 乾電池対応 スピーカー内蔵 ポータブルレコードプレーヤー (ターンテーブル) 上海問屋 DN-84537 [★]
昔のレコードのデジタル化は、結構手間になる作業であるがレコードが劣化する前に行いたい。
そもそもターンテーブルが故障していたり、レコード針が寿命で、しかも手に入らないといった状況になっている方も多いのではないだろうか?

本製品は3,999円と非常に安価である。
もちろんハイエンドのアナログ・プレーヤーに比べるまでも無い製品であるが、簡易にデジタル化する手段としては良いのではないだろうか?

4630KHz の免許

4630

4630KHzは非常通信連絡設定周波数として警察庁、海上保安庁、気象庁、海岸局などと アマチュア無線局が、同じ周波数を使い組織的に非常通信を行える。
ここ15年くらいに発売になったアマチュア無線機であれば、標準で搭載されているが、筆者の持つ機器は古すぎて、そのままでは運用できない。

4630

今回、IC-7100を手に入れたことでようやく、この周波数に出れる事になった。

3.5インチ版 Seagate ハイブリッドHDD

新製品 Seagate ST2000DX001 2TB Desktop SSHDシリーズ 3.5インチ内蔵ハードディスクドライブ
新製品 Seagate ST2000DX001 2TB Desktop SSHDシリーズ 3.5インチ内蔵ハードディスクドライブ
先の2.5インチ版に続いて3.5インチ版が登場している。

SSDのパフォーマンス。HDDの容量。手頃な価格。

デスクトップPC向けのSSHDが登場しました。大容量のデスクトップ・ハードディスク・ドライブに統合されたソリッド・ステート・ドライブ (SSD) のスピードと興奮が、驚くほどの低価格で得られます!

高速で応答性の高いシステム・パフォーマンスを実現するソリッド・ステートのスピード
最大2TBのストレージ容量
ソリッド・ステート・メモリの革新的な使用により手ごろな価格でパフォーマンスと大容量を実現
NAND型フラッシュとHDDテクノロジの融合により信頼性を改善

http://www.seagate.com/jp/ja/internal-hard-drives/solid-state-hybrid/desktop-solid-state-hybrid-drive/

2.5インチの場合、ノートPC の基本は1スピンドルしか搭載できないので意味があったか、通常複数HDD搭載が前提のデスクトップ機ではいかがだろうか?
OSやアプリをSSDに。
データをHDDに収容が基本ではないだろうか?

AUDI A4 2.0TFSI を代車で借りる その3

BlogPaint

クルマの点検の代車で A4 の 2リッターFF車を借りることが出来たので、ロード・インプレッションをお届けする。 第3弾。

今回は本BlogならではのAudio/Visual面の評価をしてみたい。

メールの添付ファイル-13
AUDI A4は2012年モデルでマイナーチェンジを受けている。
その際、マルチメディア・インターフェースも「MMI 3G」から「MMI 3G Plus」に変更されている。
B8型と呼ばれる、現世代に関してはデビュー当時はDVDナビであったのがHDDナビになり、今回の変更となる。
従来型からの一番の進化はiPod/iPhone との接合性であろう。
最新のiPhone 5ではダメなのだが、いよいよ映像出力に対応している。
これが一番羨ましい進化である。
Bluetoothに関しては、依然オーディオ・プロファイルはサポートされず、ハンズ・フリーのみである。
これに関してはなんとかして欲しい。

メールの添付ファイル-4
一方、相変わらずの地デジ画面の汚さ(一瞬ワンセグかと思うほど酷い!)とチューナー感度の悪さは健在である。

代車はプレミアム・サウンド・システムたる、B&O は搭載されていなかったが、「音にこだわる」のであれば是非とも欲しいオプションである。
FM放送を聴く限りは、B&Oの有無の差はあまり感じられない。
問題はCDやDVD、SDオーディオなど、高音質ソースに切り替えた時だ。
周波数レンジの狭さを痛切に感じる。
音が「平面的」なのだ。

FM放送だと元々周波数レンジやダイナミック・レンジが狭い事により、そもそも差がつきにくいのだろう。
iPodとはアナログ接続となるので、これまた差が出にくい。
というか、iPodを接続するのはもったいない。
本BlogでもSDオーディオでの音声再生に関して報告しているが、iTunesで作成したAAC音声をSDHCカードにコピーして使うのが最も賢い使い方である。

さて、「MMI 3G Plus」のユニットである。
メールの添付ファイル-5
トランクルームの左側の内張に搭載されるのは従来型と同じであるが、大きく異なる点がある。
地デジ用のB-CASカード・スロットが無いのだ。
当初、ミニB-CASカードに変更されたのかと思ったが、そもそも挿入口が見当たらない。

カードがユニット本体に内蔵されたのか、あるいは"SOFT CAS"の採用かは不明であるが、従来型よりも遥かにコンパクトに仕上がっている。

完実電気 beatsとEtymoticのヘッドフォンを値上げ

【送料無料】ETYMOTIC RESEARCH密閉型インナーイヤーヘッドホン ER4PT-B [ER4PTB]◆01◆
【送料無料】ETYMOTIC RESEARCH密閉型インナーイヤーヘッドホン ER4PT-B [ER4PTB]◆01◆
以前、8年間使った、Etymotic ER-6i が遂に寿命! と記した。
ついにER-6iの寿命が尽きる

後継機を何にするべきか、考慮していた。 普段持ちとしてはEtymotic社の上位機種である、ER4PT-Bにしようかと考えていた矢先である。
ER4PT-B
ETYMOTIC RESEARCHの人気モデル「ER4P-B」が新たなパッケージとなって新登場です。パッケージはスタイリッシュに一新され 、付属品として航空機アダプターを常備。周波数特性を記録したコンプライアンス・グラフがエンジニアのサイン入りで収録。

“ ER4シリーズ” は同社のリファレンスモデルとしてカナル型イヤフォンの代名詞ともいえる機種です。
バッテリーを使用しないノイズアイソレーションタイプとしては驚異的な遮音性能を実現。
 


3フランジイヤーチップで35db、フォームイヤーチップで42dbというノイズキャンセル効果を得ており、録音されたLive Musicの全ての情報をあますことなく再現する音楽専用の高品位イヤフォンで

http://www.kanjitsu.com/etymotic_research/er4ptbnew.php

現行22,800円が9/4より32,800円となんと10,000円の値上げである。
実質17,000円買えるので、決断の時かもしれない。

Audi MMI 3G TV画質の調整

DSC_0462
Audi の地デジ映像の画質の酷さは、以前記事にした。
AUDI A5 Sportback 2.0 TFSI quattro をモニター試乗する

画面が白トビしたようで、階調が出ていない。
太陽光が入っても、観れるようにとのことかもしれないが、ちょっといただけない。
なんとかならないかと画質調整してみた。

DSC_0637
TVを表示しながら、セットアップメニューを呼び出す。

DSC_0638
明るさを標準よりマイナスに

DSC_0639
意外に思うかもしれないが、コントラストも下げる。

DSC_0640
色あいは標準よりプラスに

ちょっとした変更でかなり変わるものだ。

日本橋 喜多商店の廃業


7/23の夕刊で知ったのだが、20日で営業を終了したとのことだ。

関西の方なら上記CMにはお馴染みだろう。
「来た 見た 買うた」のベタな、いかにも大阪らしいCMであった。
時代の流れとは言うものの、寂しい限りである。


こちらも懐かしい。

サテライトファインダー レベルチェッカー DN-83050

【BS/BSデジタル/CSアンテナ用・VHF/UHF/地デジアンテナ用】 衛星アンテナ調整器 サテライトファインダー レベルチェッカー 上海道場【2段】 DN-83050 [★]
【BS/BSデジタル/CSアンテナ用・VHF/UHF/地デジアンテナ用】 衛星アンテナ調整器 サテライトファインダー レベルチェッカー 上海道場【2段】 DN-83050 [★]
上海問屋から、安価なBS/BSデジタル/CSおよびVHF/UHF/地デジに対応したアンテナ・レベル・チェッカーが登場している。

もちろん2つ別のものであるが、アンテナの方向合わせには便利である。
画面を見ながらでも可能であるが、1人でできるのが嬉しいところだ。

iCOM IC-780 とはどんな無線機だったか その4

IC780

筆者が所有{する|した}アマチュア無線設備に関して振り返えるシリーズ。
iCOM IC-780 の続き、第4弾。

ここ30年くらいに発売された無線機は、海外仕様と国内仕様を同一ラインで流せる様に、免許されている周波数の制御を基板上のダイオードスイッチ等で行っている。
V:UHF帯のモービル機では、「切ってください」といったリード線を1本切ると、受信周波数が拡大したものだ。
更に以前になると「オフバンド」送信改造も可能であったが、いわゆる「グリコ・森永事件」を期に簡単な改造では送信が不可能になるように求められた。
最もYAESU FT-101 は「11m」のバンド選択があり、局発水晶をいれる事で27MHz帯(CBバンド)にオンエア可能であった。 これは流石に継続機種のFT-101Bでは受信のみに改められた。

さて、IC-780に話を戻すと以下のモデファイが可能であった。

1) 送信出力アップ
 FT-1021X と同じ終段素子を採用しているので、200W+まで可能であるが、残念ながら
 アンテナ・チューナー等の部品の耐久性の問題で150W程度までで抑えた方が無難だ。

2) AC 200V化
 これは是非行うべき改造である。 ワールド・電源であるが残念ながら自動切替ではない。
 電源基板のタップを変更する。
 それでもトランス入力のハンダ付けを変更するより遥かに簡単である。
 これによって、送信の立ち上がりがびっくりするくらい良くなる。
 パワーメーターの振れがふわっとしたものから、ALCのように勢い良く振れる様になる。

3) ゼネカバ送信化
 別にオフバンド運用するのが目的ではない。
 WARC79において、10/18/24MHzのWARC BAND が許可された時もそうであるが
 最近では7MHzの周波数帯拡大が行われた際も役にたつものである。

「赤いペガサス」 My First Big で順次リリース

【総額2500円以上送料無料】赤いペガサス 若き狼・赤馬研/村上もとか
【総額2500円以上送料無料】赤いペガサス 若き狼・赤馬研/村上もとか
「ファントム無頼」が終了して、毎月の楽しみが途絶えるかと思ったら、7月23日発売から同シリーズの刊行がスタートしている。
作者の村上もとかは、今では「JIN-仁-」で知られるが、筆者にとっては、こちらの方が馴染み深い。

ケン・アカバ(赤馬研)は日系英国人のF1レーサーである。彼の血液は世界でも珍しいボンベイ・ブラッドという型で、緊急時には同じ血液を持つ妹ユキの輸血を受ける必要があることから、2人は常に行動を共にし、単なる兄妹以上の親密な絆で結ばれていた。

F1サーカスにおけるケン・アカバの活躍を、当時の実在のレーサー(マリオ・アンドレッティ、ニキ・ラウダ、ジェームス・ハント等)、マシン(タイレル[1]6輪、JPSのロータス等)と絡ませながら描く。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83%9A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%B9

HONDA F1 第1期の1960年代ほどではないにしても、1970年代のF1は伝説的である。
1976,1977年、富士スピードウェイで行われた、F1 GPに合わせてスタートしたものである。
確かに1980年代後半のセナ&プロスト対決の時代も面白いが、この時代の方が遥かに群雄割拠で、誰が優勝するかも予測できない時代であった。

フェラーリを除いて、殆どのコンストラクターが市販フォード・コスワース・DFVエンジンを採用してエンジンがほぼイコールコンディションであったのも、レースを面白くした要因だろう。

さて、本編に話を戻すと、レース・シーンのうんちくは「頭文字D」の方が遥かに上だ。
マシンがぶつかって、スピンして、空に舞い上がって、爆発してクラッシュといった、単純な展開が多く、駆け引きをしてタイヤを温存するとか、ピットワークで前をいくといった戦術は見られない。

ただただ、ドライバーの根性と無謀さでコーナーに突っ込むといったシチュエーションしか見れないのは残念なところだが、まあ、この時代の作品に期待するのは無理というものだろう。

ただ、同時期のアニメーション




そして時代は遡るが


らに比べると、超現実的な展開であった。

Kawasaki GPZ1000RX とはどんなバイクだったか その3

DVC00034

筆者が過去所有したバイクを振り返る記事である。

昔はナナハン(排気量750cc)がバイク本体及び大型免許を所有するステータスにより、憧れの存在であった。 正確には1975年5月以前には大型免許は存在せず、その後教習所で取得できるまでの間が最もハードルが高かったが、今では免許取り立てでハーレーに乗るという時代だ。

大型バイクの燃費はどれほどか気になるところだが、1000RXは街乗りで12Km/lほどであった。
これは流石に酷いと思うだろう。
高速で大人しく乗って20Km/lがギリギリである。

クルマに比べてロー・ギアードな変速機が一番の原因であろうが、それにしても最近の燃費の良いクルマと比べると残念すぎる。

10万円を切る、FULL HD 液晶プロジェクタ EH-TW5200

EH-TW5200【税込】 エプソン 3D対応フルハイビジョンホームシアタープロジェクター dreamio(ドリーミオ) [EHTW5200]【返品種別A】【送料無料】
EH-TW5200【税込】 エプソン 3D対応フルハイビジョンホームシアタープロジェクター dreamio(ドリーミオ) [EHTW5200]【返品種別A】【送料無料】
4K 製品が出てくる中、フルHD液晶プロジェクターが手頃な値段になって来ている。
しかも3Dに対応しているのがポイントだ。
http://www.epson.jp/products/dreamio/ehtw5200/

投写サイズは34〜328型。272cmで100インチの投写が可能なのがポイントだろう。
NHLや無線LANに対応しているのが今様である。

AUDI A4 2.0TFSI を代車で借りる その2

BlogPaint

クルマの点検の代車で A4 の 2リッターFF車を借りることが出来たので、ロード・インプレッションをお届けする。 第2弾。

Audi A4 はエントリーモデルであっても440万円する。 更に、今回代車で借りたS-LINE仕様であれば480万円である。
この価格帯となるとBMW 3シリーズ、MB Cクラスはもちろん、先ほど試乗させてもらったLEXUS ISも候補となる。
BMWやMB,LEXUSは例えばC180の様なエントリーモデルであっても上位車の乗り味があるのに対してA4はかなり異なる。

FFと4WDの差の他、先の記事で提起した様に、トランスミッションの差が大きな差であると思う。
FFと4WDで100Kg近い重量差のハンディがあるにもかかわらず、4WDの方がダイレクトでレスポンスが良いのが一番だろう。

この中で唯一、6速MTやディーゼル・エンジンを選択できるのはBMWである。4WDとなるとA4と同じ価格で並んでいるが、A4の方がモデル末期という事もあり、値引きは期待できるだろう。

A4かCクラスの比較では、クルマのできとしてはCクラスの方が良いように思う。

サスペンションの動き、ステアリングの安心感。 特に信号待ちでDレンジに入れて静止している時。
A4 2.0 TFSIはアイドリングストップしていない時はブルブル振動が伝わってくる。 気になると、益々不快に感じる。 それに比べてC180は6気筒かと思えるほど振動を伝えない。
また、エンジンが再起動した際の振動も遥かに少ない。

この点はチューン度の高い A4 quattroモデルでも変わらない。
流石にメルツェデスと思うものだ。

また、CVTよりもロックアップ付きの通常ATの方がフィーリングが良い。
ただ、注意しないといけない点がある。 400万円を切るC180は受注生産モデルである。
従って納期も掛かるし値引きも期待できない。
実際は+60万円のAVANTGARDEがスタートモデルになる。

さて、何が「買い」かであるが、A4 FFモデルであれば、他車の選択を強くお薦めする。
特にS-LINEは全くお薦めしない。
これなら更に+40万円で4WDのノーマルモデルを購入すべきである。

外装「ガンダム・デザイン」の酷さに我慢できるなら、IS300hが良いかもしれない。
BMW 3シリーズはこの価格帯では4気筒モデルしか無いが、ディーゼルも4WDも選べるのが魅力である。
ただ、古くなったBMWはメンテナンス費用が掛かるので、2回目の車検までに乗り換えるのであれば良い選択だろう。

映画「少年H」を観てきた


ベストセラーながら原作に対して、史実との齟齬や当時の一般庶民が知り得る事のなかった情報の記述などで批判の多い作品である。
但し、映画化に当たって問題となりそうなエピソードはカットされている。

昭和20年3月17日に西神戸が大規模な空襲を受けたが、主人公は鷹取駅(須磨)の近所に住んでいたので被害にあった事が分かる。
ちなみに通っていた旧制神戸二中は兵庫高校の前身である。

Qloud Media V3.7.1 リリース

AP_ICON_180X120_new
Qloud Media の新バージョンはサーバ/クライアント両方に対するアップデートがリリースされている。
サーバソフト側の更新ボタンでアップデート可能である。

今回のバージョンアップで、アプリ同士のネゴシエーションに要する時間が圧倒的に短縮されている。
特に3G通信の際に有効である。

Mark your calendars for Windows 8.1!

Blogging Windows
によると
I know a lot of folks are eager to find out when they will be able to get Windows 8.1. I am excited to share that starting at 12:00am on October 18th in New Zealand (that’s 4:00am October 17th in Redmond), Windows 8.1 will begin rolling out worldwide as a free update for consumers on Windows 8 through the Windows Store. Windows 8.1 will also be available at retail and on new devices starting on October 18th by market. So mark your calendars!
http://blogs.windows.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2013/08/14/mark-your-calendars-for-windows-8-1.aspx

ニュージーランド時間10月18日午前0時(日本時間17日21時)から世界一斉公開するとのことだ。

Microsoft Update ではなく、Windowsストア経由で無償提供されるようだ。

iCOM IC-780 とはどんな無線機だったか その3

IC780

筆者が所有{する|した}アマチュア無線設備に関して振り返えるシリーズ。
iCOM IC-780 の続き、第3弾。

IC-780 で一番びっくりしたのはCWのフルブレークイン機能である。
送信/受信の切り替えが速いだけでなく、受信への切り替え時にガザッといったノイズが出ないので、電話のような全2重に近い感覚で運用できる。

もちろんリニアアンプを利用している際は、そちらの制限が加わるので、あくまで「ベア・フット」の時だけである。

CW 250Hz のナローフィルターを選択すると、混雑している7MHzも広く感じる。
但し、運用している局の受信機が追いつかないのが悩ましいところであった。

PSK31やRTTYなどのデジタルモードでは、更に狭いフィルターが有効であるが、極端に狭帯域なフィルターは受信感度も落ちるのが悩ましいところだ。
この辺りがアナログ式受信機の限界と言えるだろう。

エレコム LBT-AVWAR700 はAAC/apt-X対応のBluetoothオーディオアダプター

Hanwha / apt-X対応 光デジタル出力搭載 Bluetooth オーディオ レシーバー [Bluetooth3.0][TOSLINK][受信機][ブルートゥース] UMA-BTMR
Hanwha / apt-X対応 光デジタル出力搭載 Bluetooth オーディオ レシーバー [Bluetooth3.0][TOSLINK][受信機][ブルートゥース] UMA-BTMR [エレクトロニクス]

“LBT-AVWAR700”は、自宅のオーディオ機器に接続することで、スマートフォンやミュージックプレーヤー、パソコンなどの音楽や動画をワイヤレスで楽しむことができるBluetoothRオーディオレシーバーです。BluetoothRの送信コーデックには、CSR社のコーデック「AAC」および「aptXR」を搭載しています。「A2DP」プロファイルが採用している標準的なコーデックに比べて、より高音質で送信できます。ACCまたはaptXRに対応したiPhone/iPad、各種スマートフォンをはじめとするAV機器のサウンドを、BluetoothRを利用しながらも、音質を損なうことなく高音質のまま送信できます。
http://www.elecom.co.jp/news/201307/lbt-avwar700/

スマホをワイヤレスで接続するアダプターは今まで色々とあったが、AAC/aptXR”対応のものは珍しい。
実際に聴いてみたいものだ。

Audi MMI SDオーディオにおけるMPEG-4映像ファイルの再生

DSC_0132
Audi のカーエレクトロニクスの中枢を担うシステムはMMI と呼ばれるもので、カーナビゲーション、カーオディオだけでなく様々な情報を中央制御するものである。

SDカードスロットを2基搭載し、SDオーディオとして利用可能である。
マニュアルにはオーディオ・ファイルのみの再生しかサポートされないように書いてあるが、MPEG-4の再生が可能だ。
もちろん、映像は出ないが音声再生はできる。

たまたまスマホのMicro SDHCカードを差してみて分かったのだが、これはこれで利用価値がある。

AQUOS PAD SH-08Eはどうか?

【送料無料】docomo AQUOS PAD(SH-08E)用ソフトレザーカバー(ブラック):TBD-SH08APLFBK[ELECOM(エレコム)]【税込2100円以上で送料無料】
【送料無料】docomo AQUOS PAD(SH-08E)用ソフトレザーカバー(ブラック):TBD-SH08APLFBK[ELECOM(エレコム)]【税込2100円以上で送料無料】

当初、7月下旬に発売予定であったのが、ようやく8月2日に発売となった。
7型/1,200×1,920ドット/323ppiのIGZO液晶
フルセグ/ワンセグ
NOTTV
※受信と録画に対応

画面はiGZOということもあり、非常にきれいである。
フルセグに関しては場所を選ぶのが悲しいところである。

再び「洗濯乾燥機の乾燥機能が故障!?」

DSC_0595
もう2年前になるが、洗濯乾燥機の乾燥機能が故障!?の記事で記したように、乾燥が全く利かなくなった。
前回はヤマダ電機のサービスを利用して対応してもらった。 今回も同じ原因だと思われるので自分で掃除してみた。

DSC_0592
前回、エアフィルターと本体部をつなぐホース部分が詰まっているいるのが分かったので、クリーニングの針金ハンガーを用いて、「耳かき」として使用する。

DSC_0593
我が家の機種ではエアフィルターは、天井の右側である。

DSC_0594
先ほどの「耳かき」を用いて糸ゴミを取り出す。
前回は購入して3年。 今回はその2年後のトラブルである。

DSC_0591
ご覧の様な「大漁」であった。

湿って完全に塞ぐようになっていたようだ。
これでは流石に風が通らないので非常に能率が悪い。

最近、乾きが悪く感じていたが、これを見たら納得できる。
それにしても急に全く乾燥しなくなった。

定期的に掃除すべきであると実感した。

アマチュア無線 移動局の新免許状

DSC_0495
筆者は近畿総合通信局管内で2つのアマチュア無線局の識別信号(コールサイン)を有している。
なぜ、この様なことになったかと言えば、最初に取得した局の免許を間違って、無効にしてしまったからだ。

現在でこそ、昔のコールサインを指定して再度開局する事は可能であるが、25年前は新たなコールサインが割り当てられていたのだ。

15年ほど前に、復活可能となったので、移動局の免許のコールサインを旧コールサインとして取り戻した。
こちらは主に国内交信用に利用している。
これにより新コールサインは固定局だけとなったので、HF〜50MHzのみで移動しての運用はできなくなった。

DSC_0539
今回、IC-7100の導入に際してデジタル音声通信の電波形式を加える必要があったのと、元より移動局での運用を想定しているので、新に新コールサインで移動局の免許を降ろそうと考えたのである。

img003

同一管内で移動局を別のコールサインであっても2局目が免許されるか?
と思ったのであるが、ご覧の様にあっさり免許された。

実はちょっと考えているところがある。
新コールサインは1KWの免許があるので、1アマの免許証番号。 旧コールサインは移動局で50Wまでで良いので2アマの免許証番号で申請している。

氏名に関しても、異体字を使っている。
異体字とは 例えば 「さいとう」のさいを変換してみると
斉藤
斎藤
齋藤
齊藤
と、同じ漢字であっても字形が異なる文字のことである。

昔は手書きであったので、こんな事が可能なのだ。

ここまで検索してチェックしているかは不明であるが、ともかく2週間ほどで新しい免許状を手に入れることができた。

BOOKOFFの携帯買取キャンペーン

130515-b
携帯電話、スマートフォンの買い取りキャンペーンが実施される。
どんなに古い機種でも、全ての携帯電話を最低100円以上、スマホであれば最低3000円以上で買い取ってもらえるようだ。

筆者は初代Xperia や F-05D といった、既にゴミの機種を持っているので、買い取ってもらおうかと思う。

Star Trek: The Next Generation HDリマスター版 スーパー!ドラマ TV に登場


今回スーパー!ドラマTVにて日本初でお届けする「HD版」は、オリジナルのネガフィルムにまで戻って完全リストアされたデジタル・リマスター版であり、これまでとは違う圧倒的な鮮明さ、美しさを誇る。さらに日本初放送時にカットされた部分を、当時のキャストを可能な限り集めて追加の吹き替えを行い復活させた完全版での放送!(今回の放送順は米国オリジナル版のエピソード順での放送)
http://www.superdramatv.com/line/st_tng_hd/

8/9(金)より日本初放送がスタートしている。

【字幕版】毎週金曜23:00〜24:00
【二カ国語版】毎週土曜20:00〜21:00

先のTOS HD放送はスカパー!HDのみであったが、現在はスカパー!でもHD放送なので楽しみである。

サンコー・レアものショップ スマホ置くだけスピーカー

【サンコーレアモノショップ】スマホ置くだけスピーカー
【サンコーレアモノショップ】スマホ置くだけスピーカー

独自方式でコードレスで接続可能な、スマホを乗せるだけで使える簡単スマホ用アクティブスピーカーです。 面倒で接続が切れたりするBluetoothスピーカーと違い、スタンドに置くだけでコードレススピーカーになります。ケーブルを接続したり、ドックに差し込んだりする必要はありません。カバンやポケットから出してiPhoneやGalaxyなどのスマートフォンをするっと置くだけです。

これはなかなか良いと思う。
いかがでしょうか?

APRSdroid を試す

unnamed

APRS(Automatic Packet Reporting System)はアマチュア無線を利用して、位置情報やショートメッセージ、天気情報などを送受信できるものである。

従来、PC用ソフトや専用無線機を通じて利用できていたが、これをAndroid機で使える様にしたのが、APRSroidである。
http://aprsdroid.org/
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.aprsdroid.app

元々1992年に始まったものであるから20年の歴史を誇る。
携帯電話でパケット通信が一般的になった今となっては、昔の様な先進性はないものの、位置情報をブロードキャストできる技術的意味合いはあるだろう。

Andorid アプリ あめXMP を導入する

unnamed
あめXMP(あめっくすえむぴー)は
国交省のXバンドMPレーダ(XRAIN)を見るためのアプリです。

高精度雨雲レーダの画像で
手早く現在の空の状況を把握することが出来ます。

【特徴】
 ・1分更新のレーダで突然のゲリラ豪雨に対応できます。

 ・雨量の正確性と降雨範囲が細かく表示されるのが特徴です。

 ・フォン型/タブレット型のAndroid端末に対応しています。

【対象エリアは11地域】
 ・栗駒山周辺
 ・関東
 ・新潟
 ・富山/石川
 ・静岡
 ・中部
 ・近畿
 ・岡山
 ・広島
 ・九州北部
 ・桜島周辺

2012年7月11日 国土交通省はXバンドMPレーダネットワークを
『XRAIN(エックスレイン)』と呼称することとしました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.individual.xbandmpradar

これはなかなか優れもののアプリだ。
国交省が気象レーダー情報を公開しているのは知っていたが、アプリ上で閲覧できるようにしたのは嬉しい。
雨雲の動きを予測して雨に備えたり、雷雲が近づいてきた時に避難するのに最適である。

AUDI A4 2.0TFSI を代車で借りる その1

BlogPaint

クルマの点検の代車で A4 の 2リッターFF車を借りることが出来たので、ロード・インプレッションをお届けする。

A4は以前のエントリー・モデルは1.8リッターであったが、最近は2リッターである。
QuatrroとはFFと4WDの他、エンジンが同じ排気量であってもチューンが異なる。
前者が211psに対して180psである。 もちろん実際的な燃費も同じような走りをする限り、同じようなものである。
今回も殆ど同じ様なものであった。

メールの添付ファイル-8

さて内装関係であるが、S-LINE仕様であるので真っ黒である。
特に天井が黒いと狭く感じてしまう。

動力性能で言えば、変速機の方が差を付ける様に思われる。
FFのCVTと4WDのDCTの差が大きい。
CVTは「滑る」イメージが強い。ゴムのボールを押すような感じで、レスポンスが非常に悪い。
勢い、ガバッと踏む様な運転になってしまう。
それに対してDCTはMT感覚である。 非常にダイレクトでギアの切り替えは人間では不可能なスピードで行う。 オートマを毛嫌いしている「MT房」は是非試して欲しいものだ。


Kawasaki GPZ1000RX とはどんなバイクだったか その2

DVC00034

筆者が過去所有したバイクを振り返る記事である。
GPZ1000RX は逆輸入車である。 今では国内仕様もライト・スイッチが無い(エンジン・ONで常にライト・オン)が当時の国内モデルはクルマと同じようにライト・スイッチが付いていた。
欧州仕様ではライト・スイッチが無かったのだが、国内仕様への変更(ライトの左側通行への光軸合わせ)と共に追加されていた。


継続車のZX-10 とは近代性で大きく異なると先の記事で記した。
構造上の進歩の他、RXはバイヤス・タイヤだったのも大きな差である。

ZX-10とは20Kgの重量差があるが、それ以上にZX-10の方が取り回しが楽であった。

高速走行に関しては、昔は80Km/hの制限速度が非常にストレスであった。
普通車と同じ速度で走ると捕まるというのは、原付の30Km/hと同様に鬱陶しいものだ。

そもそも峠を走るようなバイクではないのだが、スラローム特性は良好であった。

Google Chromecast が楽しみ

unnamed

現状では日本国内での利用はできなようであるがリリースが楽しみである。
AndoridだけでなくiOSもサポートしているのが素晴らしい。

電源はUSBから供給するようであるが、TVのHDMI入力とUSBディスク接続用の端子を利用する事でACアダプターを接続せずに使えるだろう。

iCOM IC-780 とはどんな無線機だったか その2

IC780

筆者が所有{する|した}アマチュア無線設備に関して振り返えるシリーズ。
iCOM IC-780 の続き。

IC-780 は高級機に属するが、いわゆる実践機と機能上の最大の違いはデュアル・ワッチ機能だ。
2波同時受信機能はDXペディションでパイル・アップを呼ぶ時以外、殆ど必要のないかもしれない。

例えばスプリット運用で、
14.195MHzで運用されていて、Listening up 20KHz. と指定された場合、呼ぶ方は14.215MHz以上の周波数で送信するのだが、どの周波数で呼んだ局がピックアップされたか、1局ピックアップした後で、その周波数を継続して聞いているのか、それとも上に、あるいは下の周波数を聞くようにするのかペディション局の癖を読んで待ち受ける必要がある。

理想を言えば、自分の送信しようとする周波数がクリアであるかもチェックしたいのでトリプル・ワッチが欲しいくらいである。
ずばり読みが的中してピックアップされた時の満足感は高い。

ただ、IC-780がDXを呼ぶのに強いかと言えば、そうではない。
YAESUの無線機の方が「押しが強い」。 筆者自身、同じ送信出力でもFT-1000MPの方が楽に交信できるように感じている。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ