Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2014年12月

2014年の活動を振り返る

title
恒例の今年の活動を振り返る記事である。

今年は「卒PC」が一段と進んだ年であった。
一昨年に購入した録画用PCが早々に故障したが、それに代わって購入した SONY Blu-ray機 BDZ-EW510がロケフリー対応していた事もあり、無くてもそれほど不便を感じることがなかった。

ちょっとした映像処理であれば、MacBook PRO でも SSD の威力もあり、あえてデスクトップでなくても処理できるようになったのも大きい。

DSC_1202
その中で7月に Xperia Z Ultra を安価で購入できたのが大きい。 これとK-opti MINEO の組み合わせでリーズナブルに運用できるようになった。 MVNOの良さを実感することができた。
Xperia Z3 Compact Tablet は確かに綺麗で、しかもハイレゾ対応は魅力であるが、画面解像度がFull HD のままであるのが残念であり、今回は見送りとなった。

ハイレゾ関係への対応としては中華DAC。
DSC_1050

そして、こちらの機器で評価してみた。
DSC_1279

DSC_1144
小田和正さんのツアーのある年だったことで、
6月 和歌山
7月 香川 テアトロン
8月 大阪
9月 仙台
   岐阜
   金沢
10月 静岡

と特に9月以降の後半戦は怒濤の参加であった。

その分、他のアーティストは手薄であったと言える。

さて、来年はスマホ更新時期にあたるが、ドコモの新プラン変更が必須のままであれば、このままXperia Z を保持しても良いかな? と思う。

2015年も新たな課題を持って楽しみたいと思う

SONY Blu-ray BDZ-EW510 が突然ハング

DSC_0021
USBディスクに録画したコンテンツを再生中に突然ハングした。

リセットボタンを押してなんとか復帰した。

今まで全く問題なく使えていたので、こんなことは初めてだ。
ちなみに外部HDDに記録中であったが、ファイルが破損していることはなかった。
なんらからトラブルなのかは様子をみてみたい。

iPod 5G(2005年)を再生する

DSC_1613
年末大掃除してたら、前車で使っていた iPod が出てきた。
2005年の9月購入だからもうすぐ10年前になる。
第5世代 60GBモデルで、5年前にバッテリーがアウトになり、自分で交換したが容量不足を感じていたので、iPod Classic 120GB を追加購入した。

それも現車ではSDカードオーディオの方がリーズナブルに楽しめることもあり、Classic も家人が使う様になり、玉突き状況で5Gは引退していた。

さて久々に充電器をつなげても、直には立ち上がらない。1時間ほどしてようやく充電を開始した。
もはやほとんど価値がないものであるが、iTUNESではきちんと認識するのは大したものだと思った。

8型 Windows 8.1 搭載タブレットPC「WN801V2-BK」

mainimage02_wn801
中華メーカでなく、mouse computer からと言うのがポイントだろう。
税込み25,800円である。

なかなか魅力的ではないだろうか?

クリスマスの約束 2014

image
今年も小田和正さんの特番「クリスマスの約束」が12月25日の晩に放送された。

残念ながらがっかりされた方も多いだろう。
総集編のような中途半端な構成がフラストレーションをためたものとなった。

過去の映像を流すにしてもコマ切れではなく、その年々の厳選された1曲をじっくり聴かせて欲しかったものだ。

ただ、びっくりしたことがある。
2001年の初回からハイビジョン収録されたいたことだ。
既にBSデジタルハイビジョン放送は開始されていたといえ、地デジがスタートするのは2年後の2003年12月からである。

実は2002年初頭にBS-i (現BS-TBS)では「おんがく」という番組でTulipやChage & Aska の1時間スペシャルがオンエアされている。 従って、この時代にハイビジョン収録されていても不思議ではないのだが、これは貴重だ。

「クリスマスの約束」自体は2005年からハイビジョンで放送されている。 この中で、小田さんの番組である、「風のように歌が流れていた」の映像が流れたが、これもハイビジョンである。

同番組は筆者の住む関西では毎日放送が通常放送だったが、音楽パートになると16:9の横長画面で4:3画面で余った下のスペースに字幕を流していた。
同番組のDVDは16:9の画面であったが、あくまで通常画質であった。

両方ともに是非共Blu-rayで発売して欲しいと思う。
特に後者に関しては既にDVD化されているので権利関係の障害がほとんどないと思う。

パッケージがダメであったらオンデマンド放送でも良いと思う。
10年前の映像をハイビジョンで蘇らせて欲しい。

Press Enter ■「賢者の贈り物」

@ITの人気企画、リーベルG氏のIT小説の新作が発表されている。
「賢者の贈り物」(前) (後)
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/pressenter/2014/12/post-5dd2.html

長編となった、「罪と罰」のアウトサイド・ストーリー。
クリスマスを題材とした12/24,25公開のショート・ショートだ。

「バンクーバーの朝日」を観てきた


移民を扱った物語というと、吉田秋生さんの「カリフォルニア物語」を思い出す。

何より亀梨和也や上地雄輔といった野球経験者がドラマの格を上げている。

それにしても太平洋戦争時に日系人が強制収容所に集められたことは当時の世界情勢を知る上で重要な事だ。
同じ対戦国であるドイツ系アメリカ人は、この様な目にあっていない。
ホローコースこそなかったものの、人種差別があったことを忘れてはいけない。

HONDA GRACE を見てくる

tumblr_nebbbpoUR21rm9payo1_500
家人のクルマの点検のついでにホンダでみてきた。
基本的にFitベースであるが、内装の質感等が明らかにワンクラス上である。
Fitにもこの内装仕様がれば良いのにと思った。

ハイブリッドのみとなるが先代Fitとの差は4WDをラインナップに加えることだろう。
雪国やウインタースポーツをする方にもってはこれは最大のポイントではないだろうか?

Linux Mint を MacBook PRO に入れてみる

34
2014年 PC界における最大のトピックスはWindows XP サポート終了だっただろう。
大量に出回ったリースアップPCの再利用として、Linux を利用する試みがネット上でも上がっている。

ただ、Linux と言っても最近は高機能になってきたこともあり、旧いPCでは性能不足を露呈してしまう。
デスクトップ用としてはUbuntu が良いと思うが、流石にこういったPCではちょっと辛い。

そこでUbuntuをベースとしながら軽量化したOSとして、Lubuntu などが登場している。
またデスクトップを Windows XP に似せたものとして 今回紹介する Linux Mint がある。

MacBook Pro に Parallels Desk Top を利用して仮想環境にインストールする最大の美点はハードウエアの差をParallels が吸収してくれることだ。 VGAドライバーがないのでSVGA(800×600)以外の画面解像度に変更できない、しかも描画が遅い。 ネットワークドライバーがないからネットにつなげられない。 サウンドドライバーがないので音が出ない。
といった心配をする必要がないのがポイントだ。

さすがに Core i-7 しかもSSDを使っているのであっけなくインストールが終了する。
何より仮想環境と思えないくらいきびきび動く。
特に立ち上がりが速いので全くストレス無いのがポイントだ。

実は、筆者が以前使っていた ASUSTECK Eee PC 901-X が Windows XP home だったので、思いきって初期化して Lubuntu を入れたことがある。
友人に譲ってあげたのだが、こちらもストレスなく動いていた。
本体は4GB のストレージしなかいが、メモリーは2GBに拡張していたのが効いたのだろう。
また、SDHC 32GBカードを外部ストレージとして実装していたのでアプリやコンテンツはこちらを参照するようにしていた。
ただ、Windows OS を使っているひとにとっては、Linux Mint の方が馴染みやすいインターフェースだ。
この時代のネットブックはヤフオクなどで捨て値で手に入るので良いのではないだろうか?

最近は Chrome OS がブームの様で筆者の周りでも購入された方がいる。
しかしながら常時ネット接続を要求する同OSはポータビリティを考えるとどうかと思う。
それに対してスタンドアロンで動作する方が遥かに良いだろう。

Unix OS 互換OS黎明期において、PC98 note に 386 BSD をいれて「X Windowを動作させる」が目標だった時代に比べて実用的に使えるようになってきた。
Office 互換ソフトの登場によって従来Windows分野の仕事も適用可能となってきている。

HDMI/VGA入力 9インチ液晶モニター

HDMI入力とVGA入力端子を搭載 9インチオンダッシュ液晶モニター (小型 モニター 車載 ディスプレイ) 上海問屋 DN-84863 【あす楽対応】 [★]
HDMI入力とVGA入力端子を搭載 9インチオンダッシュ液晶モニター (小型 モニター 車載 ディスプレイ) 上海問屋 DN-84863 【あす楽対応】 [★]
車内に設置するオンダッシュ型9インチ液晶モニターです。

本体にHDMI入力とVGA入力があるため、カーナビやバックカメラだけでなくノートパソコンやスマートフォン・ビデオカメラなどの映像も出力することができます。

液晶サイズが9インチと大きいので視認性が良好です。後部座席からでも楽しめます。ボタンはタッチ式でシンプルなデザインなので、車内にしっくりなじみます。

http://www.donya.jp/item/25793.html
HDMI入力に対応しているのがポイントだ。
ステックPCとの組み合わせに良いのではないだろうか?
何より1万円を切る価格が嬉しい。

Free Audio Editor で AAC 音声をカットする

18
Raziko(インターネットラジオアプリ)で録音したデータはAAC形式で取り出せる。
これから欲しい部分をカットするのに使った。
http://www.dvdvideosoft.com/jp/products/dvd/Free-Audio-Editor.htm#.VJS3hv8AKA

AACはiTUNESでもお馴染みの音声圧縮形式であるが、通常は映像データと共に取り扱うので音声データを単独で編集したことがなかった。
筆者が常用しているペガシスのソフトは映像付きデータを前提としているので使えない。

本ソフトはTAGをセットすることでTAGを目印に分離することが可能だ。
もちろん範囲指定してカットすることもできるが連続したコンテンツを分けるような場合はこちらの方が使い勝手が良いだろう。

独ULTRASONE Edition8 Romeo Red-I

top1412b-e1418174702220
日本限定モデルとしてリリースされるようだ。

製品名:Edition8 Romeo Red-I(レッド・アイ)
限定:20セット
価格:226,000円(税別)
受注開始:2014 年12月10日
発売時期 :2014年12月20日予定


価格もプレミアでびっくりものだが、20セットの販売だと元をとるのは難しいだろう。

TecLast X89

X89Win_zt_04
TecLast社からX90に変わる新しいモデルがいよいよ発売になったようだ。
http://www.teclast.com/zhuanti/X89Win/

CPUがAtom Z3735D(動作クロック1.33GHz/最大1.83GHz)→ Atom Z3736Fへの変更が最も大きな進化。
Micro HDMI端子が用意されている。 但しGPSが省略されているのが痛し痒しだろう。

訃報 元日産デザイナー 前沢義男氏

Z32-1
筆者が日本車史上最も美しいデザインのクルマと考える、日産 Z32型フェアレディZのデザインナーで知られる前沢義男氏が11月17日にお亡くなりになったとのこと。
筆者にとってもZ32は今でも思い出に残る愛車である。

同氏はベストカー誌に「デザイン水かけ論」を清水草一氏と共に連載していた。
12月26日号で休載になったので、どうしたものかと思っていたら、1月10日号での訃報であった。
http://www.kodansha-bc.com/bc/newmagazine/

今年は近年になく著名な方がお亡くなりになっているが、ベストカー誌で連載を持っていた、徳大寺有恒氏と共に名物記事が無くなってしまった。

これで同誌の購読を中止しようと思う。

正直、今のベストカーは「全く面白くない」 その傾向はベストカーガイドの書名がベストカーになった頃から感じでいたことであるが、もはや単なるバイヤーズガイドとなってしまった。

80年代前半の同誌には勢いがあった。
例えば
トヨタ MR2のスクープに Fiat X1-9 を元に「実物スクープ」と称してドン柄を作成した記事などびっくりしたものだ。
連載企画では五木寛之と「理想のクルマを創る」と称した実車作成までの記事。
官能小説の連載もあった「青春のレッドゾーン」だ。 フォードマスタングが1979年に197.9万円で売り出されたことがあった。 これをモチーフにしたものだ。
もう少し近年になるがワックスの性能を比較テストするのに、磨き上げた黒ボディの上にモデルの女の子を立たせて、パンティがどれくらいはっきり見えるかといった、今ではセクハラで訴えられないか?と思うような企画もあった。

情報量は遥かに多いが、毎号わくわくされるような企画記事が全く無くなってしまった事は非常に残念だ。

iTUNES で作成するオリジナルCD

27
iTUNES はコンテンツを管理する他に音楽CD書き出し機能が備わっている。

AACに変換してiTUNESに登録したものは音質の点で残念であるが、アップル・ロスレスやWAVで登録しているものは、そのまま書き出せるので便利である。

また、それ以前に自分でセレクトした曲のセットリストを編集して、試し聴きをして順番や曲を入れ替えるのも簡単だ。
昔はHDDが少なかったので、最初に選曲して1曲づつCDからリッピングしてオーサリングしていたのに比べて遥かに手軽にできるようになってきた。

AUDI MMI 地デジシステムの異常

DSC_0637
走行中、突然電波が圏外表示されて画面はもちろん音声も消えてしまった。

常に発生するものではないが、冬に稀に発生することがある。
こうなるとMMIのシステムリセットを掛けても無駄だ。 イグニッションを切って再度始動すると直ることもあるが、復帰しないこともある。

但し、エンジンを切って小一時間も放置すると復帰する。

現象として、他のMMI機能、ラジオ、CD、DVD、SDオーディオ。 そしてナビゲーションに問題はないのでTVチューナーあるいはアンテナ系のトラブルと考えられる。

今のところ致命的なトラブルでないので、そのまま様子を見るつもりだが、やっぱり輸入車は電装系は弱い。

Bluetooth 4.2規格発表される

smallLogo
luetooth 4.2規格がリリースされている。
The Bluetooth Special Interest Group (SIG) officially adopted version 4.2 of the Bluetooth core specification this week. Key updates in 4.2 improve privacy and increase speed, and a soon-to-be ratified profile will enable IP connectivity.

Bluetooth 4.2 opens up new opportunities for developers, OEMs and the industry to build a better user experience for consumers while creating use cases never before imagined.

http://www.bluetooth.com/Pages/Bluetooth-Home.aspx

セキュリティ強化と転送速度の高速化が今回のポイントだ。
後者に関してはBluetooth 4.1より10倍にしたパケットにより、データ転送速度を最大2.5倍になるという。

東芝レグザーサーバー「D-M470/M430」もリモート視聴に対応

【在庫即納・送料無料!(沖縄・離島除く)】東芝 REGZAサーバー D-M470 【送料無料】【smtb-u】
【在庫即納・送料無料!(沖縄・離島除く)】東芝 REGZAサーバー D-M470 【送料無料】【smtb-u】
先行する SONY , Panasonic , Sharp に引き続き、東芝もリモート視聴に対応している。
http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/D-M470.html

但し、リヤルタイムの視聴には対応していないのはなぜだろうか?

Nero Video 2015

ジャングル Nero Video 2015
ジャングル
2014-12-11


Nero といえば、往年のPCファンであれば、CD-R Writing ソフトとしてお知りになられているだろう。
その後音声だけでなく、映像編集機能も加わっている。

最新版のNero Video 2015 ではいよいよ4K 映像の編集に対応している。
http://www.nero.com/enu/products/nero-video/whats-new.php

Blu-ray はBDMV に対応した本格的なメニューが作成できるのがポイントだろう。

Sony純正 Xperia Z3専用 Wireless Charging Cover (Qi規格・無線充電ケース / WCR14)

swc14-3_1
電脳中心買物隊のページに出ていた。

Sony純正 Xperia Z3専用 Wireless Charging Cover (Qi規格・無線充電ケース / WCR14)
Xperia Z3用の無線充電ケースです。

http://www.kaimonotai.com/smartphones/a-a-a-a-a/sony.html

日本国内では販売されていない純正アクセサリーである。
一時期に比べると、無線充電の声が聞かれなくなっているのは、薄型化に不利になるからであろうか?
それにしても如何に純正であろうと、この値段は高過ぎる気がする。

車載 360度回転する粘着スマホスタンド DN-11436

車載 360度回転する粘着スマホスタンド 上海問屋 DN-11436 【あす楽対応】[メ08]
車載 360度回転する粘着スマホスタンド 上海問屋 DN-11436 【あす楽対応】[メ08]
上海問屋より新たな車載用スマホスタンドが登場している。
クルマのみでなくデスク利用もできそうだ。 何より500円と非常に安価なのだが実際はどうだろうか?

日本エイサー 薄型軽量のWindows 8.1搭載 HD液晶タブレット Iconia Tab 8 Wシリーズ「W1-810-F11N」

tablet-acer-Iconia-Tab-8W-Preview
怪しい「中華Pad」ではない、名の通った「日本エイサー」から戦略的な価格で登場する。

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長: 國良(ボブ・セン))は、Windows 8.1およびインテル Atom プロセッサーを搭載した薄型軽量の8型Windowsタブレット Iconia Tab 8 Wシリーズより「W1-810-F11N」を、2014年12月12日(金)より発売開始いたします。
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/press/2014/140261

CPU Atom Z3735G(1.33GH)
RAM 1GB
SSD  32GB
DISPLAY 1280×800 5点タッチ対応8型光沢IPS液晶

RAM容量が2GBでないにが気になる点であるが、市場販売価格が2万円ほどと予想されるので、納得だろう。

CANOPUS DA-Port USB とはどんな A/V 機器であったか

DSC_1485
筆者が所有{した|している}Audio/Visual機器に関して振り返る記事。
第39弾は CANOPUS オーディオ I/F DA-Port USB に関して。

1998年10月発売の製品である。 当時26,800円もしたようだ。
今ならハイレゾWalkman A10シリーズが買える。
先日、昔の機材を整理してたらジャンクの山から出てきたので取り出してみた。

本製品は光デジタル IN/OUT と USB 2.0 のインターフェースを持つ。
オマケ程度であるがヘッドフォン出力が付属する。

これだけなら通常のサウンドカードでいけそうなものだが、最大のポイントは「SCMSを回避することができる」ことだ。
但し、コピー禁止ビットをキャンセルするのではなく "1" のまま通してくれるのだ。
筆者はDATで録音していたテープをPCに取込むのに使っていた。

Mac OS 10.9.5 及び Windows 8.1 に接続してみた。
最近はUSBオーディオは自動的に認識される。
11
ところがだ、Mac OS はデバイスとして認識するもののモニター再生できない。
モニターランプも点滅するのでデータも通っているようだ。
恐らく光デジタル側にはデータは通っていると思われれるが、今回はそこまで試していない。

21
一方 Windows 8.1 は全く問題なく動作した。

但し、時代的なものもあるがハイレゾ音源はNGであった。
上限は48KHz 16bit までの様で、24bitは再生不可能だ。
Mac OSの場合と同様に光デジタル側にはデータは通っていると思われれる。

それにしても当時は、あまりいけていないアナログオーディオ出力と思っていたが、最新のイヤフォンで聴くとそれほど捨てたものではない。
出口である、イヤフォンの性能が良くなかったからだろう。

オーディオ機器はバランスが重要であるが、これだから面白いとも言えるだろう。

512GB SDXCカード発売開始

【送料無料】【12/05発売予定】 SanDisk SDSDXPA-512G-JU3(SDXCカード 512GB/UHS-I規格/Class10/防水/最大転送速度95MB/秒) (SDSDXPA512GJU3)
【送料無料】【12/05発売予定】 SanDisk SDSDXPA-512G-JU3(SDXCカード 512GB/UHS-I規格/Class10/防水/最大転送速度95MB/秒) (SDSDXPA512GJU3)
いよいよ現時点の最大容量たる512GB版が登場した。
価格も飛び抜けたものとなっているが、半年で半額といういつものペースで値下がりが進むだろうか?

それにしてもちょっと前までのSSDの最大容量がSDXCカードで実現されるとは恐れ入る。
早晩1TB版も登場するだろう。

杏里 待望の新作「Ready to Love」はダウンロード販売あるいはTSUTAYAレンタルのみ

1123b
Dlife 「スキャンダル」の日本版エンディング曲となっている、3年ぶりの新曲「Ready to Love」が12月3日にリリースされた。


但し、CDショップでの販売でなく、配信あるいはTSUTAYAレンタルだけとなった。

「Ready to Love」が いよいよ 12月3日 配信・TSUTAYAレンタル 同時スタート!!

BSテレビ局 Dlife全米大ヒットドラマ 「スキャンダル」
エンディング曲として現在O.A されている「Ready to Love」のフルバージョンが、12月3日いよいよ配信・TSUTAYAレンタル同時スタートします!!
「禁断の関係」に通ずる恋心「愛の終わり」の切なさを歌ったバラードを、ぜひ聞いて下さい。 

「Ready to Love」 作詞・作曲:杏里 / ヒロイズム / 伊藤涼 / Carly Green Robyn 

http://anri-music.com/information.html

「Ready to Love」TSUTAYA 取り扱い店の検索
http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_cd/195355884.html

筆者は常用してる「あべの橋店」で借りたのだが、上記検索で取り扱いのあるお店を調べたところ、大阪府内では他に「梅田堂山店」くらいしか出てこない。 ありそうな ミナミ道頓堀の「EBISUBASHI」がNGなくらいなので、かなり限定されたお店だけみたいである。

Mac OS版 tsMuxeR GUI 2.6.9 でm2tsファイルを扱う

29
tsMuxeR はTSやM2TS形式ファイルとMPEGファイル間で相互を可能とするツールだ。

MPEGファイルからBlu-ray や AVCHD 形式に変換することもできる。
チャプターを入れる事も可能であるが、タイムコードで記述する必要があるので、使い勝手はイマイチである。
そこで、TMPGEnc MPEG Editor 3 から出力する Key Frame を変換するスクリプトを作成して対応した事もある。

当Blog でも
2008年04月16日「tsMuxeR の評価
2008年04月23日「tsMuxeRによるm2tsデータの分離&合成
2008年04月24日「tsMuxeR によるBlu-rayフォーマット作成
と3回に分けて紹介させていただいた。

最新バージョンは2.6.9となる。 また、Mac OS版もリリースされているので、こちらをインストールして使ってみた。
6年間でPCのパフォ−マンスアップもあるが、バグがすっかり解消されているので安心して使えそうだ。

au MVNOのmineoの1GB増量キャンペーン

pt-page-6-1
iOS 8での利用ができないなど、色々と問題の多いmineo であるが、1GB追加キャンペーンを実施中である。
980円/月で2GBの高速利用が可能だ。
株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」において2014年11月30日(日)までの実施としております「1GBパケットギフトキャンペーン」を、ご好評により2015年1月31日(土)まで延長いたします。

本キャンペーンにより、お客様のご利用いただけるデータ通信容量が最大2倍となり、動画などもスムーズに視聴できるau 4G LTEを利用した高速データ通信可能な容量が増え、より快適にお使いいただけるようになります。

http://www.k-opti.com/press/2014/press41.html

更に来年2月に各プランの見直しを実施するという。
できればu-mobile やぷららの様に容量制限がない(3Mbpsくらいへの速度制限は容認する)プランの実現を望みたい。

DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC DN-11674

419359-911674-0
DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC ヘッドホンアンプ DN-11674 【あす楽対応】【05P30Nov14】[★]
DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC ヘッドホンアンプ DN-11674 【あす楽対応】【05P30Nov14】[★]
上海問屋からDSDフォーマット・DoP転送方式・ASIO・WASAPIドライバ対応の32bit/384kHz USB DACが登場だ。http://www.donya.jp/item/26906.html

なかなか魅力的な商品スペックだが、同社の製品としては高額な19,800円となっている。
この手の商品はデジタル部ではもはやメーカー間の差はなくなっているが問題はアナログ部の性能だ。
これに関しては、まだまだ日本のオーディオメーカーとは越えられない壁があるように思う。

SONY PHA-3 を試聴

PHA-3
大阪・梅田 ハービス・エント4F のソニーストア大阪で試聴させていただいた。

前作、PHA-2 に比べて倍の値段となっているが、音の良さはそれ以上と言えるくらい進化しているのでびっくりした。

DSEE HXの威力は本機では抜群で、入れなくても十分良いが、一度使ってしまうと常時ONにしてしまう。

友人の NW-ZX1も凄いが、ポータブルオーディオの枠を越えてホームオーディオ機として使っても納得の音質である。

y_PHA-3_004
次世代PHA-4の課題は消費電力の軽減と筐体の小型化が一番かもしれない。

Mouse Computer Windows Stick PC m-Stick MS-NH1はどうか?

1128-mouse02
この手の商品はAndroid OSでは何年も前から発売されている。 いわゆる「ゼロ円 Windows OS」を搭載したもので、CPUに Atom Z3735F を使っている。

中国や韓国メーカーからでなく、マウスコンピュータから発売になるのがポイントだ。
しかも19,800円となかなかの戦略価格。
micro SDXC スロットと USB2.0 さらに Bluetooth 4.0 + LE 準拠モジュール。 もちろん無線LANはIEEE802.11 b/g/n 対応。

別にOffice ソフトを走らそうとは思わなくても、持ち歩きできるのがポイントだ。
Andorid や iOS でもできない事は少なくなってきたというものの、やはりWindows ソフトでないとできないこともあるがどうだろうか?

SONY Xperia Z3 Tablet Compact を見てきた

Xperia_Z3_Tablet_Compact
大阪・梅田 ハービス・エント4F のソニーストア大阪で見てきた。
画面の綺麗さ、特に動画再生時の美しさは特筆ものである。
この点では、 Xperia Z Ultra もなかなかなものであったが、発売から1年を過ぎて他メーカーに追いつかれつつあったものを、また引き離した感じだ。 iPad や Galaxy が over FULL HD を標榜する画像解像度を有しても叶わないポイントだ。

Z Ultra は世代的には Z1 と同等で、Z3 Tablet Compact とは2世代の違いがある。この間に最も進歩したのはオーディオ再生機能だ。 ハイレゾ音声への対応も然るものながら、AAC等の圧縮音声再生能力も大幅にアップしているのを感じた。
特に普段使いの Xperia Z とは比較できないくらい良くなっている。

Z3 Tablet Compact >> Z ultra > Z

といった関係だろうか?

Z3 Tablet Compact に望むのは SIMM FREE モデルの発売だ。
使う頻度は少ないが、 Z Ultra で搭載された フルセグ地デジチューナーの搭載も欲しい。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ