Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2015年07月

スカパー!4K総合/BSスカパー!Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2013 in 東京ドーム


先日の4K放送による2015年武道館ライブも記憶に新しいが、関連番組として、2013年の東京ドーム公演が8/1に登場する。
http://www.skyperfectv.co.jp/special/paul/

こちらも4K及び2Kによる3時間の放送である。
どちらもスカパープレミアム加入者であれば誰でも視聴可能なチェンネルだ。

これはこれで見逃せない。

ホームドラマチャンネル アルジャーノンに花束を ユースケサンタマリア版


このドラマもスカパー!プレミアム2週間お試しで気がついたのだが、ホームドラマチャンネルで2002年に関西テレビ制作版が放送されている。
5/29からスタートしていたようで、既にドラマは終盤だ。

それにしても、この頃までのフジテレビ系のドラマは見応えのあるものが多い。
先日終了した山P版も良かったが、こちらは更に上だろう。

「MTV Unplugged:Tsuyoshi Nagabushi 」4Kライブ


7月26日に4K総合で放送された。 7/30(木)にも再放送が予定されている。
2K放送はBSスカパーでなく、MTV HDである。

セットリストは以下の通り

RUN
とんぼ
ヒロイン
乾杯
プロポーズ
二人歩記
THANK YOU WOMAN
俺の太陽
Please Again
富士の国

「とんぼ」や「乾杯」は懐かしい曲だ。
特にファンという訳ではないが、高画質で楽しむ事ができた。

2015 ANRI LIVE TOUR「Smooth&Groove」


いよいよ7/25 東京・小平からスタートしている。
筆者は8/1 大阪・森ノ宮ピロティホールに参加予定だ。
































































日 程
会 場
料 金
一般発売日
お問い合わせ先
7月25日(土)

16:30/17:00
ルネこだいら 大ホール

東京都
\6,200
4月11日
RO-ON(労音府中センター)

042-334-8471

4/11(土)AM10:00より発売開始

※未就学児入場不可
7月26日 (日)

16:30/17:00
神奈川県民ホール 大ホール

神奈川県
\6,200
4月11日
RO-ON(労音府中センター)

042-334-8471

4/11(土)AM10:00より発売開始

※未就学児入場不可
8月1日 (土)

16:30/17:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府
\6,500
7月4日
キョードーインフォメーション

0570-200-888

7/4(土)AM10:00より発売開始

※未就学児童入場不可

チケットぴあ   
0570-02-9999 [Pコード:263-470]

ローソンチケット 
0570-08-4005 [Lコード:57132]

CNプレイガイド 
0570-08-9999

e+

森ノ宮ピロティホール

阪神プレイガイド
8月20日 (木)

18:00/18:30
中野サンプラザホール

東京都
S席 \6000

A席 \5000


5月22日
MIN-ON


インフォメーションセンター


03-3226-9999

先行発売

ローソン 5/14(木)12時〜

Lコード:70546

ぴあ 5/15(金)11時〜

Pコード:263568

e+ 5/15(金)12時〜
9月5日 (土)

16:30/17:00
北上さくらホール

岩手県
\6,500
7月11日
IBC岩手放送事業部

019-623-3137

ニュースプロモーション

022-266-7555

7/11(土)AM10:00より発売開始

*3歳未満入場不可

3歳以上チケット必要

チケットぴあ   
0570-02-9999 [P:264-487]

ローソンチケット 
0570-08-4002 [L:23164]

CNプレイガイド  
0570-08-9999

e+       

セブンチケット

北上さくらホール

江釣子ショッピングセンターパル
9月18日 (金)

18:30/19:00
倉敷市市民会館

岡山県
A席:\6,000

B席:\5,000
5月29日
MIN-ON中国

082-567-0585
9月24日 (木)

18:00/18:30
広島文化学園HBGホール

広島県
A席:\6,000

B席:\5,000
5月29日
MIN-ON中国

082-567-0585
9月25日 (金)

18:00/18:30
島根県民会館 大ホール

島根県
A席:\6,000

B席:\5,000
5月29日
MIN-ON中国

082-567-0585


ちなみにルネ小平のセットリストは続きで続きを読む

NIGHT HEAD 一挙放送


4Kチューナーのスカパー!プレミア契約で、2週間のお試し視聴が可能となっている。
普段観ないチャンネルを観ていて、チャンネルNECOで一挙放送されるのが判った。

『NIGHT HEAD (全21話) 一挙放送』

豊川悦司と武田真治のコンビで90年代にカルト的ブームとなったサイキック・ミステリー。その映画&ドラマ版を一挙放送!

[1〜4話]7/27(月)後1:00〜3:40
[5〜8話]7/28(火)後1:00〜3:40
[9〜12話]7/29(水)後1:00〜3:40
[13〜16話]7/30(木)後1:00〜3:40
[17〜21話]7/31(金)後1:00〜4:10

[1〜21話]7/19(日)後5:30〜翌前4:00

『「NIGHT HEAD」劇場版』
7/11(土)後9:00〜11:10
〔再放送〕7/20(月・祝)前4:00〜、7/31(金)後9:00〜

http://www.skyperfectv.co.jp/genre/movie/list11/s03.html

7/19の放送を録画していて、久々に観たが、最近のドラマにないBlack な雰囲気が素晴らしい。

今年の鈴鹿8耐はBS12で


今年はBS12 で7月26日 11:00-20:30に放送される。
http://www.twellv.co.jp/event/8tai/

最近は地上波で放送されないこともあり、クルマのF1以上にマイナーな存在になっているのではないだろうか。

80年代のバイクブームの頃は「巡礼地」として「鈴鹿」を目指したものだ。 当時、2輪の最高峰であるWGPは鈴鹿では開催されていなかったので「8耐」は国内の2輪で最大のイベントであった。


筆者が最も贔屓にしていたのは1985年の「YAMAHA TECH21 レーシングチーム」、平忠彦、ケニー・ロバーツ(米)選手組だ。 FZR750(OW74)で当時全日本V2の平と、3年連続GP500cc世界チャンピオン
の"King" Kennyのドリーム・チームはスタートミスをもろともせずに独走したが、残り30分、エンジントラブルでリタイヤしてしまう。
結果としてはHONDA ワイン・ガードナー、徳野組の優勝となるのだが、耐久レースの厳しさと面白さで魅了してくれた。

因に、今見ても上品なカラーリングの21号車は、資生堂がサーキットで使われてなくて「映える色」をリサーチしたとのことだ。 流石、化粧品メーカーと感心したものだ。

Sharp LC-60US30 地上波チューナは弱点

DSC_0024
我が家では地デジチューナーを内蔵したテレビは東芝 55Z9000 とシャープ LC-60US30 の2台だけだ。
Z9000は既に6年前の製品であるので、比較的新しい、SONY Blu-ray レコーダー BDZ-EW510に地デジチューナの性能は負ける。
また、旧製品であるので、B-CASカードは青と赤の2枚が必要だ。

それに対してUS30 はB-CASカードは1枚でかつ標準サイズだ。
「赤」が標準であるが「青」でもBSデジタル放送は映る。  もちろんBS有料放送の契約をすることはできない。

ただ、明らかに感度が良く無い。 我が家はテレビ大阪が中継局を介する事は前に述べた通りであるが、Z9000にノイズが乗らない時に、映像が乱れることがある。
この点ではEW510が最も優れている。
2015年の新製品としてはちょっと残念だ。

ULTRASONE Edition Mはどうか?

35
「憧れの ULTRASONE」からモバイルを意識したモデルが登場するようだ。

Edition M は、Edition シリーズ初となるオンイヤータイプのヘッドフォンです。チタンプレイテッドドライバーや、エチオピアン・シープスキン・レザーのヘッドパッド / イヤーパッドなど、Edition としての DNA を継承しながらも、ヘッドフォンとしての設計をいちから見直し、極限の軽さと音質のバランスを追求しました。
アウトドアの世界ではより軽く、より遠くへと行動するために ULTRA LIGHT というスタイルが確立されていますが、まさにヘッドフォンの世界で ULTRA LIGHT スタイルを実現する、エポックメイキングな Edition です。

http://www.timelord.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/ULTRASONE-Edition-M.pdf

従来、Edition 8 がこちらのポジションにあったが、やはり持ち歩くには少し重い。
それに対して146gと軽量だ。 またリケーブルに対応しているのが今日的だ。

中古Editon 8 との比較でどちらが良いか考えどころだろう。

Sharp LC-60US30 初期設定の問題点

<DSC_0027
Sharp製テレビは遥か30年ほど前に購入して以来となる。

初期設定を行う際、都道府県と郵便番号を入れる事でエリアに適した放送局とチャンネルを自動設定する事ができる。
筆者宅の場合、大阪の地上局の送信塔のある生駒山は若干影になる。
特に頂上にない、テレビ大阪は中継局(河南町)を介して受信する必要がある。
もちろん、これは考慮されているのだが必ずしもベストとは言いがたい。

河南中継局は1Wとアマチュア無線でももっと高出力なくらい微弱だ。
日によって電界強度が非常に低い場合もあり、この様な場合はむしろ生駒の本局からの反射波を拾った方が良い場合もある。

東芝、SONY、松下とそれぞれマニュアル設定可能なのだが、本機は自動設定で拾ったチャンネル以外に合わせる事ができない。
これはなんとかして欲しい。

DSC_0023
また、PMA-50 との組み合わせでは、先にテレビをONにして、その後でPMA-50を入れないと認識しない場合がある。 その際は光ケーブルを一度抜いて再度差し直す必要がある。
SONY DAT DTC-59ES では、その様なトラブルが一切発生していないので、本機固有あるいはPMA-50との相性の問題だと思われる。

スカパー! 4K総合 渡辺美里 春の美里祭り 30th Revolution


2015年7月20日 19:00-20:30
スカパー! BSおよび 4K 総合にて、5月5日 日比谷野外大音楽堂 でのライブが放送された。
彼女のBSでのライブと言えば、1988年7月24日の西武球場のNHK衛星放送による初のノーカット生放送を思い浮かべる方も多いだろう。 アルバム「ribbon」ツアーのスペシャルとして放送されたものだ。

当時、アナログBS放送は加入しておらず、知り合いのショップでS-VHSで録画していただいた。
衛星Bモード、LPCMの音声は当時のLDやCDを遥か上回る音質にびっくりしたものである。
1曲目が「My Revolution」でスタートしたものだから、いきなり総立ちである。
また、今回のセットリストにもあった「10 Years」がコンサートを締めくくる曲として演奏された。

さて、今回の放送である。
4K放送の解像度感は夜の野外ライブなので、それほど先鋭的ではないが、それでも2K放送とは比べ物にならない。 個人的には「悲しいボーイフレンド」を歌っているのを初めてみたのが良かった。


セットリスト
1.青空ハピネス
2.夢ってどんな色してるの
3.Glory
(MC)
4.悲しいボーイフレンド(渡辺美里 with 押尾コータロー)
5.BELIEVE(渡辺美里 with 押尾コータロー)
6.10 years(渡辺美里 with 押尾コータロー)
7.ここから
8.荒ぶる胸のシンバル鳴らせ
9.今夜がチャンス
10.涙を信じない女
11.My Revolution
12.サマータイムブルース

uncore 1 オーディナリー・ライフ
(MC)
uncore 2 恋したっていいじゃない
uncore 3 恋するパンクス
(MC)
uncore 4 始まりの詩、あなたへ

Mercedes-Benz GLA 250 4MATIC Sports

46
GLAはAクラスをベースとした、コンパクト・プレミアムSUVである。
BMW X1 が直接のライバルであり、Audi Q3 や Lexus NX はやや大きめといったポジションだ。

FF モデルであれば300万円台からのスタートなるが、4WDとなれば518万円と結構な値段となる。
これになんだかんだでオプションを弾むと70万円以上! 更に販売店オプションや諸経費を加えると、なんと6,632,310円也と、とてもエントリークラスの価格とは思えない。

04
AUDI だと値引きを考えればQ3はおろかモデルが古くなったとは言え、Q5にも手が届くのではないだろうか?

やはりメルセデスは高いと実感した次第だ。

4K放送予約でいきなりトラブル発生4

DSC_0028
対策に関して、スカパー!カスタマーセンターより電話をもらった。
新CASカードに入れ替えて、リセットして欲しいとのことであった。

新CASカードが送られてきた時の文書にはこの様な手順は一切書かれていない。
まあ、旧CASカードで使えているので特にやることもないが、一応試してみる。

ところがだ
DSC_2602
ご覧の様に結果は変わらない。

そこで設定メニューのCASカードに関するインフォメーションを見てみた。
DSC_2606
「ICカード番号」と「契約ICカード番号」の2つの項目がある。
前者が今差している、新カードの番号。 後者が旧カードの番号だ。

映像機器がカードと紐づけられているようだ。

地デジやBS/スカパー!用のB-CASカードは機器と結びついていないので、例えば通常はリビングのTVに差しておいて、寝室のTVに持っていって観るといった事が可能だが、これを許可していないようだ。
これはあんまりじゃないだろうか。

Sharp LC-60US30 4K + DENON PMA-50 + EXCLUSIVE 2402

DSC_0024
今年の4K テレビ 夏モデルはSONY がハイレゾ対応をうたって、テレビとしては大型スピーカーを搭載している。
しかしながら「だからどうなの?」って感じだ。
ただでさえ大きなテレビが更に横幅が増えてしまう。

それよりも好みのオーディオセットと組み合わせて使うのが良いだろう。
筆者の視聴環境は、昨今主流となっているトールボーイ型スピーカーではないが、それ故に重厚な低音を無理なく聴かせてくれる。
スーパーウーファーで無理矢理押し出した低音とは似て似ざるものだ。

ただあくまで仮置きなので、きちんとしたテレビ台と耐震対策を早急に行う必要がある。
このままならちょっと大きな地震でも倒れてしまいそうだ。

Sharp LC-60US30 4K TV を DENON PMA-50 に接続

DSC_0030
いきなりトラブルで始まったが、オーディオ関係は良好である。

DSC_0018
SONY FMP-X7 4Kチューナーと US30 とはHDMIで接続。 念のためにハイスピード規格のケーブルであるが、中華製である。 全く問題ない。
FMP-X7 → LC-60US30 間はドルビーサラウンド。
5.1chであればそのまま通すようにしている。
当初、LPCMにミッスクダウンして出力させていただが、帯域的には変わらないようだ。
それ以前にミックスダウンさせると、その処理で「音が遅れる」。

DSC_0023
LC-60US30 → PMA-50 間は光デジタルでの接続。
PMA-50 はドルビーサラウンドはおろかAACも受け取れないので、音声フォーマットはLPCMとなる。
サンプリング周波数は48KHzだ。

今のところ96KHz や 192KHz といったハイレゾ対応はないのが残念だ。
アナログ衛星時代のモードB(48KHz LPCM)が懐かしい。

4K放送予約でいきなりトラブル発生3

DSC_0028
録画予約ができないトラブルの対策として、スカパーカスタマーセンターからCASカードの交換を提案された。
以下の内容のメールをスカパー!カスタマーセンターより受け取った。

--

いつもスカパー!をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ご登録ICカードの変更を以下の内容で承りました。

旧ICカード番号:XXXXXXXXXXXXX
新ICカード番号:XXXXXXXXXXXXX
受付日:2015/07/14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□このメールアドレスは、配信専用です。
 本メールに返信をいただきましても、ご質問等にはお答えできませんのでご了承ください。

□スカパー!公式サイト http://www.skyperfectv.co.jp/
□お問い合わせ http://www.skyperfectv.co.jp/myska/customer/

※発送元:スカパーJSAT株式会社


--

7/15 視聴には問題なかったので、自宅で4K放送を観ていたが、念のため再度録画予約を試みると、うまくいくではないか!
新しいカードが来たら送り返せば良いか? と、思っていたところ、7/16 0:00に放送が4K,2K共に一切映らなくなった。
EPGで番組情報をみると、「契約済」になっているにもかかわらずだ。
チューナーが故障かと思ったが、EPGは観れるし、HDD録画の視聴も問題ない。

ひょっとして新しいCASカードを送るに当たって、旧CASカードをREVOKEされたのか?と考えられた。
まあ新しいCASカードが到着すれば入れ替えれば良いと思った。幸い7/16は特に録画する予定はなかった。 
明けて7/16 は台風接近の為、通常より早く帰宅したところ新CASカードが届いていた。
DSC_2599

新旧CASカード
DSC_2600

チューナーにセットする。

ところがだ。

DSC_2602

映らない!
「えー!」と思って旧CASカードを入れ直したところ映った。
恐らくREVOKEさせる日付が短すぎるのに気がついたので訂正したのであろうか?

とりあえずカスタマーセンターが開いている時間帯だったので電話を入れる。
相変わらず待たされる。

そもそもスカパー側からはメール通知するのにこちらからの連絡手段にメールがなく、電話だけなのはいかがなものだろうか?
加入者情報やCASカードの番号伝達など、正確性が要求される事項なのに、前時代的だ。
何より担当者の技術レベルが低過ぎるのか要領を得ない。
対応マニュアルに無い事項に関しては、なんでも待たされる。

当方からの質問と要望は以下の3点
1) CASカードが交換となったので送付されたきたので入れ替えたが対応していないとエラーが出てみれない。
2) 録画予約はなぜか解決したので、旧カードを使い続けたいが問題ないか?
3) 2)で良いなら新カードを送り返す事で問題ないか?


それに対してサポート側は旧CASカードの番号を教えて欲しいと。
うん?! こいつバカか」と思った。 新しいカードを送付したら、旧カード情報は廃棄しているのか? それなら送り返しても照合のしようがないだろう。
買物の出先だったので、手元に旧カードはない。
仕方ないので明日、再度電話をしてもらうことにする。

とにかく一事が万事この調子なのだ。

録画予約ができなかったトラブルが何が原因か不明なのでこちらは仕方ないと思う。
新しいサービスや機器だけに想定外の事象が発生する事は理解する。

問題はその対応だ。

・CASカードの交換で間違ってSONY 4Kチューナーに対応していないものを手配した
・旧カードのREVOKEするまでの期間を短く設定してしまった
・こそっと有効期間を変更した


上記点に関して書面による説明と謝罪を求めたができないという。
ビジネスの世界ではありえないことだ。

しっかりしてくださいよスカパー!さん

4K放送予約でいきなりトラブル発生2

DSC_2588
先の問題であるが、リセットした為と思われるが副作用が発生した。

なんとHDDを認識しなくなったのだ。
今のところ4TB が最大容量でしかも最大で8台までしか認識させられないので少々高めでも、4TBを選ばざるを得ない。 また通常なら安価なHDDケースとコントローラーのものにバルクのHDDを使うのだが、なんらかのトラブルが発生した場合に切り分けができないので、BUFFALO HD-LC4.0U3を使っている。

別のHDDをつないでも認識しないので、USB周りの障害だと思われた。
そこで、HDDを外して再度リセットしたところ復帰することができた。

普通だとお手上げでメーカーサポートを呼ぶところだろう。
それにしても全くお粗末だ。

4K放送予約でいきなりトラブル発生

DSC_0030
スカパー4K総合
はスカパープレミアムに加入していると無料で視聴可能である。

ところが今週土曜日のこのプログラムに限って「未契約」と表示されて録画予約はおろか視聴もできない状況に陥っている。
DSC_2588

サポートセンターに電話を掛けたところ、まず機器をリセットして欲しいとのこと。
契約情報の更新を行ってもらったが、回復しない。

技術から再度連絡をもらうことになった。
それにしても完成度が低過ぎだ。

とにかく間に合わせで作った感がありありだ。

「Channel 4K」を視聴する

DSC_0018
「Channel 4K」は4Kの試験放送局だ。 スカパー4K は総合と映画(ペイパービュー)の2本だてに対して別途申し込む必要がある。

DSC_0030
今時、Webでの受付がなく、電話で登録とはトホホだ。

従って受付時間が10:00-17:00と、これまた全く「お役所仕事」。
「個人」か「法人」かを聞かれる事も、まだまだ実験放送を感じさせられる事だ。

Sharp LC-60US30 4K TV を導入する

DSC_0021
前モデルのUS20が叩き売り状態にあったので、こちらを買おうと思っていたのだが、YAMADA やヨドバシ、ビックなどは既にソリッドアウト。

流石に大型電気製品をネットショップで購入する勇気はないので、実店舗で売っているところを探したところ、ジョーシンが取り扱っているようだった。
ただ、ネットショップの最安値と比べると余りにも差がありすぎる。
6月発売のUS30と比べると、4Kはもちろん2Kのアップコン能力で明らかな差がある。

また、US30はキャッシュバックキャンペ−ンを実施して2万円が返ってくる。
10万円の価格差は値引きやキャッシュバックを考えるとかなり少なくなる。

そこでYAMADA LABI1 NAMBA に行ったところ、更に好条件を引き出す事に成功した。
まあ、8Kまでのつなぎとして良いくらい。
おまけに金利手数料無しの60回払い!の適用もあった。

「コンテンツがない」
「リピート放送ばかり」


といった状況は2000年のBSデジタル・ハイビジョン放送開始時と変わらないものだろう。
当時、いち早くハイビジョンチューナーを購入された方から同じ事を聞かされ、結局2003年に初めて導入したのだが、その時の反省がある。

次世代放送は「何かやってないか?」と観るものではない。
EPGを駆使して予約した番組を空いた時間にじっくり観るものだということだ。

今回も同様で少ないながらも魅力的な音楽ライブプログラムが結構ある。
土曜日のポールマッカートニーも4Kで観ると2Kでは物足りなくなる。

サッカー好きにはJリーグは毎節1試合中継がある。
3D以上に奥行きのある画面は魅力。

何より現在のところスカパープレミアサービスに加入していると「4K総合」は無料で鑑賞できるのが一番だ。

代車でHONDA N-WGN を借りる

DSC_0007
家人のクルマが1回目の車検を迎えた。 担当営業に引き取りに来てもらった際、乗ってきたN-WGNを代車としてお借りした。

HONDA Nシリーズの中でも一番背の高いN-BOXに比べると、室内高は低めだ。
スーパーハイトのダイハツ TANTO と比べるとフロントスクリーンは近く、また上下に狭いので圧迫感がある。 もちろん360cc時代の軽自動車とでは全く別ものである。

DSC_0009
ダッシュパネルの質感はとても軽自動車とは思えない。

DSC_0010
純正ナビゲーションを搭載していたが、TVチューナーは内蔵してなかった。

それにしても
・クルーズコントロール
・ライトコントロール
・プロジェクタータイプ ディスチャージヘッドライト
・自動防眩ルーム・ミラー
・プラズマクラスター技術搭載オートエアコン
・本革巻ステアリングホイール
・スマートキー
・パドルシフト

などなど
呆れるくらい充実した装備だ。

自分で買うかというと、まず買わない。
もし軽自動車を購入することになっても、もっとシンプルで安価な車種を選ぶだろう。
軽自動車というものの、ターボを装備したこのクルマはハイブリッド車より燃費が悪いと
いう矛盾をはらんでいるのだ。

確かに税制面での優遇があったとしても150万円を越えてくる価格を考えると、120万円台で購入できるコンパクトカーとの差が豪華装備だけと言うのはなんかおかしいと思う。

SONY スカパー! プレミアムサービスチューナー内蔵 4K メディアプレーヤー FMP-X7 を手に入れる

DSC_0017
今月は4Kで良質音楽プログラムが多く放送される。

7/11(土)後9:00〜 ポール・マッカートニー OUT THERE in 日本武道館 2015
7/12(日) 16:00〜17:00 平原綾香 明治神宮境内奉納演奏
7/12(日)後6:00〜7:00 Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』ツアーファイナル
7/12(日) 19:00〜21:30 谷村新司リサイタル 青山劇場FINAL 〜CURTAIN CALL〜
7/20(月)後7:00〜 渡辺美里 春の美里祭り 30th Revolution
7/26(日)後7:00〜 MTV Unplugged:Tsuyoshi Nagabuchi


リピート放送も多いが、武道館のポールは見逃せない。
今回既にモデルチェンジが近いとされる、SONY 4K チューナーを安価で手に入れる事ができた。
HDTV評価システム2
124/128度CSデジタル放送用アンテナは16年前にSONY DST-MS9用に建てたものがあるので、これを利用しようという訳である。

DSC_0018
とりあえず録画しておけば、音声は専用HDMI出力端子があるので音だけでも聴く事ができるであろうと考えたからだ。

まずは7/11の放送が楽しみだ。

Xperia Z4 で TV Side Show を試す

Screenshot_2015-07-07-00-08-06
Xperia アンバサダープログラムのモニター企画で「Xperia Z4」をお借りしております。

さて、Z4 の Audio/VIsual 機能評価 第2弾はビデオ機能を TV Side Show で試してみる。

筆者は、昨年3月来、SONY BDZ-EW510 と組み合わせて利用している。
nasne をお使いの方が多いと思われるがEW510 や後継機のEW520 と組み合わせて使う方が圧倒的に便利でしかもコストパフォーマンスが高い。

外部視聴を行うには、有料プラグインを入れる必要があるが、Z4は無料で提供されるのも嬉しいところだ。
実際の映像品位であるが、流石にXperia Z とは2年の差を感じる。 Zでは一番低品位の180pモードではワンセグ映像以下と厳しいが、Z4ではまあ、観れる。
360p であれは720p を必要としないくらいの品位である。
逆に720p はZと変わらない。 既にサチュートしているように思える。

ただ、代償として本体が非常に熱くなる。 CPUがフルに動作しているのかと思える。
そしてもちろんながら電池の持ちが悪くなる。
この点、負荷を下げるチューニングが必要だろう。

TASCAM Hi-Res Editorを使ってDSDにギャップを付加する

14
先に紹介した同ドフトであるが、デフォルトで曲間ギャップを追加してくれる。

従ってギャップレスDSD音源にギャップを追加するのに使ってみた。
全く問題なくでき、ノイズも抑えることができた。

が、しかし一つ問題が!

なんとタグ情報が飛んでしまうのだ。
後から再度追加する必要がある。

なんとも痛し痒しだ。

Xpeira Z4 のハイレゾ音源再生能力を評価する

DSC_2577
Xperia アンバサダープログラムのモニター企画で「Xperia Z4」をお借りしまして評価しております。

Xperia Z4は前世代のZ3からハイレゾ音源に対応している。 そこで、どれくらいのものであるは評価してみた。

ちなみにZ3は192kHz/24bitまでのFLAC/WAVが再生可能だが、実際は内部で96kHz/24bitにダウンコンバートされていたとの事。 それに対してZ4は192kHz/24bitのまま処理している。
また、AIFFとDSDにも対応したようだ。

FLACやWAV AIFF などPCM系の再生はスマホのオマケとは思えないくらいの再生音を聴かせてくれる。
WALKMAN Aシリーズと比べても遜色ないレベルに仕上がっている。

ところがである。 DSD再生で思わぬ障害が発生する。 音飛びが発生するのだ。
Team製 64GB micro SDXCカードとの相性かまでかは検証していないが、頻繁にプツと無音状態が発生する。
これはどうにかして欲しい。

SONY WALKMAN ギャップレスDSD音源再生における問題点

DSC_2290
同形式の音源を再生する際、曲の切れ目で「プチ」とノイズが乗る。

音源がおかしいのか?
と思ったが、他の機器では問題ない。

原因を検索してみたところ
ノイズの件ですが、Walkman の「仕様」のようだった。
ウォークマン本体で、曲間を空けずに再生する「ギャップレス再生」ができません。(ウォークマン A/E/F/S/X/Zシリーズ、ZX1) ライブCDなどから取り込んだ、ノンストップの楽曲を再生する際、曲と曲の間が途切れたり、ノイズが入ったりします。
曲同士の間を空けずにウォークマンで再生したいです。
曲間に「プチっ」という雑音が入ってしまいます。


「Media Go」のご使用をおすすめします。
ATRAC、FLAC、WAV、AIFFなどの形式の楽曲がギャップレス再生可能です。

http://qa.support.sony.jp/solution/S1204109003814/

ギャップレス音声再生に対応していない機種もあり、対応して居ても限定的なようだ。

そもそもDSDには対応していないとは!

My First BIG 戦後70年特別企画「イカロスの飛ぶ日」

DSC_0002
先の「紫電改のタカ」、「ザ・コックピット」に引き続き、「戦場ロマンシリーズ」が登場している。
新谷かおる氏の同作品は松本零士氏のアシスタントをしていた後の初期作品である。

「エリア88」や「ファントム無頼」以前の作品として、なかなか面白い。

筆者は部分部分の作品を持っているが、今回振り返る意味で再度追ってみたい。


「Xperia Z4 Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング 神戸

DSC_2567
関西初開催となる、Xperiaアンバサダーミーティング 7/4 神戸に参加してきた。
ミーティング会場と一般客もいる、イオンモールのイベント会場の2ヶ所という変則開催であった。
今回は30名の募集に対して3名がドタキャンだったようだ。

■タイムスケジュール
●12:45 集合(ラウンドワン 三宮駅前店前)
     http://www.round1.co.jp/shop/tenpo/hyogo-sannomiya.html
●13:00 ミーティング会場(スペースアルファ神戸 中教室)へバスで移動
     http://www.sa-kobe.jp/data/map01.html
●13:30 開場・受付開始
●14:00 ミーティング:開始
 ・ミーティング中、15時すぎを目処にタッチ&トライ会場(イオンモール神戸北 さざんかコート)へバスで移動いたします。
 ・イオンモール内で実施予定のイベント会場を利用してみなさまにもタッチ&トライを実施いたします。
  http://kobekita-aeonmall.com/static/detail/access
●17:00 ミーティング:終了
●17:15 終了後、三宮駅へバスで移動
●18:00予定 三宮駅にて解散


昨年2月 東京以来の参加となる。
前回は Xperia Z Ultra が主役であったが、今回は3世代新しいZ4である。

またSmartWatch 3 もZ4 と共に1ヶ月間借りることができた。
本Blog的視点から評価していきたい。

MY2007 Mac Book をPMA-50のコントローラーに

DSC_2504
Mac Book PRO を使おうと思っていたが、オーディオ・システムはスピーカー設置の関係で1階のリビングにある。
通常は2階にいるのでいちいちMac Book PRO を持ち歩くのは面倒なので、半分引退していた 2007 Mac Book に活躍してもらう事にした。
何よりオーディオデータの再生くらいであれば、"PRO"でなくても十分である。

再生ソフトで補正処理をするよりもPMA-50にまかせて、ファイルサーバとするだけで良いからだ。

DUAL OS EZpad mini2

20150512181826_33763
中華Padの性能向上と相変わらずの価格の安さは呆れるばかりである。
本機は
OS Windows 8.1 with Bing / Android 4.4
パネル 1,920×1,200dot 8incn IPS
CPU Atom Z3735F
RAM 2GB
ストレージ 64GB
IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth
Mini HDMI
Gセンサー
カメラ(フロント30万画素/リア200万画素)
microSDカードスロット
と文句のないものだ。
http://www.jumper.com.cn/newsview.php?id=1473

PMA-50 と MacBook PRO を接続するUSBケーブル選定

DSC_2482-1
安物のUSBケーブルの問題はシールドが甘い、配線が細いといった事につきる。
非同期通信とは言え、ノイズには気をつけたい。

DSC_2503
そこで例に寄って、安物ながらしっかりしてそうなケーブルを購入して、トロイダル・コアを入れた。

あくまで気休めかもしれないが、実際、「音が良くなった気がする。」

PMA-50 と SONY DTC-59S DATを同軸ケーブルでデジタルで接続する

DSC_2502-1
PCだけでなくデジタル機器の接続も可能なので、DATを接続してみた。

DSC_2500
当初、光ケーブルで接続しようと思ったが、うまくいかない。
DTC-59ES は21年前の製品で、ひょっとすると光デジタル出力が壊れているのかもしれない。
PMA-50は光入力が2系統。 同軸が1系統である。

最近の民生機は光デジタルが主力であるので、同軸を使うのはやぶさかでないが、こちらからの回り込みを注意する必要がある。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ