Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2015年10月

上海問屋より「プロジェクションマウス」登場

プロジェクションマウス 投影型マウス[イノベイターたちよ、近未来のマウスを先行入手せよ!デスクの上にレーザー投影されたバーチャルマウスでマウス操作ができるプロジェクションマウス]
プロジェクションマウス 投影型マウス[イノベイターたちよ、近未来のマウスを先行入手せよ!デスクの上にレーザー投影されたバーチャルマウスでマウス操作ができるプロジェクションマウス]
デスクにバーチャルマウスを投影!
近未来のマウス操作を先取りできます!

以前、同社からバーチャルキーボードがリリースされたが今度はマウスだ。
どの程度の精度が望めるのだろうか?

25th 大阪ハイエンドオーディオショウ 2015

27
今年もハイエンドオーディオショウの季節がやってきた。 11月6から8日に開催される。
http://www.axiss.co.jp/OHAS.html

一般人の感覚ではあり得ない価格の製品が目白押し。
今年はどんなオカルト商品が出てくるかも見逃せない。

KORG AUDIO GATE 4

54
PC用ハイレゾ音楽プレーヤーの雄たるたる AUDIO GATE が魅力的なアップデートをして新バージョン「4」が11月下旬に登場する。

AudioGateに新たに録音機能が加わりました。AudioGate 4がインストールされたコンピューターと、DS-DAC-10RをUSBケーブルで接続するだけ。これまでの最もシンプルな高音質再生システムが、最もシンプルな高音質録音システムに進化しました(※1)。

録音 / 再生ともに、DSDなら5.6MHz、2.8MHz、PCMなら最大192kHz/24bitのフォーマットに対応。これからは配信サイトからのリリースを待つだけでなく、お手持ちのソースをDSD録音し、いつでも好きなときにいい音で聴くことができます。

※1. ADコンバーター搭載のDS-DACシリーズ(現在はDS-DAC-10Rのみ)との組み合わせでDSD録音に対応。従来のDS-DACシリーズは録音機能に対応しておりません。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate4/#sthash.48KifHwQ.dpuf

http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate4/

42
同社の新製品DS-DAC-10Rと組み合わせないとDSD録音には対応しないが、AudioGate 4単品の購入が18,500円もすることを考えると、6万円と想定されるオープン価格も決して高いものではないだろう。

スカパープレミアム録画環境を構築する

dx2012_default_390x300

録画サーバを復活させたのも、Windouws 8.1 デュアルブートの環境を設定をしたのもこの為だ。
筆者は eathsoft 社の PT1からPT3までPC録画環境を構築してきた。
DSC_0365
最新サーバもPT3の2枚差しで設定。

今回、4K環境を導入するに当たって、改めてスカパープレミアムと契約したのだが、キャンペ−ンでアンテナ設置してもらった。
DSC_0018

旧スカパーで使っていたSONY DST-MS-9 付属のアンテナが余ってしまったので、これを有効活用する意味合いもある。
ms9set

もちろんスカパープレミアム用ICカードがもう1枚必要となるのだが、今回はトライアルの意味あいもあって、まずは契約しているカードで評価してみる。
DSC_2600

新たに導入したPC用チューナカードは PLEX PX-TBS6982である。


設定に関しては改めて報告したい。

録画サーバーの新旧M/B比較

dx2012_default_390x300
今更ながら LGA1155 M/Bを購入」で新しい M/B GIGABYTE GA-B75M-HD3に変更、移植した。
6884_big
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=4389#

それに対してオリジナルのM/Bはこちらになる。
IMG_0064
PCI-EX ×1 が1スロット増える代わりに、PCI が1スロット少ない。
一番大きな違いはメモリーが4枚差しできることだ。
今回は特定用途向けなので、4GB×2枚の8GBで十分だが16GB×4枚で64GBを安価に利用可能なのはメリットだ。
但し、その分M/Bのサイズが大きくなっている。
その他デジタル出力はHDMI のみでDVI-Dがない。
ちなみにAOpen社のOEMだった。

Intel のチップセット B75 Express はビジネス用PCの為にレガシーインターフェースを残しながら、リーズナブルな価格設定されたもので、その分クロックアップとかゲームユーザ向けの機能はないが、安定して使うのは一番だろう。

ちなみにWindowsのライセンス認証で再アクチベーションが必要になるかと思われたが大丈夫であった。
チップセットが同じなので大幅な変更とはみなされなかったのだろう。

「極楽スキー'90」をDVD化

IMG_0130
松任谷由実が毎年2月に開催している苗場プリンスホテルで開催されているコンサートの話をしていて、「そういや昔の苗場はどうだった?」が話題となった。

極楽スキー
ホイチョイ・プロダクション
小学館
1987-11


極楽スキー〈’89〉
ビッグスピリッツ
小学館
1988-11


オリジナルの「極楽スキー」は「私をスキーに連れてって」でお馴染みのホイチョイ・プロダクションがビックスピリッツに連載していた「気まぐれコンセプト」からのスピンオフ企画本であった。
1987年11月発刊の「極楽スキー」翌年の「極楽スキー'89」を経て、ビデオムックとして誕生したのが「極楽スキー'90」だ。

Vol.1 北海道リゾートエリア編
Vol.2 東北・上信越スーパーエリア編
Vol.3 TOKYOアーバンゲレンデ編


26年前のバブル景気真っ盛りに発刊された本書の映像は懐かしい。

オフコース「JUNKTION」ソースと再生機器を聴き比べる ハイブリッド編

25
先日、購入したハイレゾ音源とアナログLPレコードを筆者の様々な再生環境で比較試聴してみた。
今回はハイブリッド編

再生機器は以下の通り
デジタルプレーヤー
 SONY WM-ZX2
DSC_2290
スピーカー
 Pioneer EXCLUSIVE 2402
DSC_2608
デジタルアンプ
DENON
 PMA-50

アナログアンプ
プリアンプ
 LUXKIT A901-C
メインアンプ
 YAMAHA BX-1
レコードプレーヤー
 Sansui FRQ-5
カートリッジ(MM)
 Audio-technica AT-140E
DSC_2502-1

ハイレゾ音源をMacBookからダイレクトにPMA-50に接続するのが良いのか、それともWM-ZX2でアナログ出力して増幅するのが良いのかの勝負だ。

結論から言えば
MacBook + PMA-50 > WM-ZX2 + A901-C + BX-1 >> WM-ZX2 + PMA-50

PMA-50 のアナログ入力はあまりにも音が悪すぎる。
ノイズが入るとか、音質が変わるといったものではない。
音の奥行きが失われ、平坦な感じなのだ。
何より細かいニュアンスが欠如する。
アナログ入力を一度A/D変換掛けてから出力する事になるのだが、イマイチなのだ。
本機はデジタル入力にこそ、威力を発揮するものだと感じた。
同クラスのアナログアンプの方が良いかもしれない。

逆に80年代のアナログアンプに接続した場合は悪く無い。
WM-ZX2 のアナログ出力が優れているのだろう。
ただ、プリアンプの周波数レンジが狭めなので、せっかくのハイレゾのワイド感が失われている。
もちろん前回のアナログ編で紹介したLPレコード再生との比較でも、こちらの方が音質は上だ。
もっともレコード盤もカートリッジも35年前のものであるから新品同士の比較だったら判らない。

今回改めて感じたのはCDのフォーマット上の理論値と実際の乖離だ。
当時のA/D変換が今からすればイマイチだったこともあり、録音からミキシングまでオールアナログで行われたコンテンツは決して悪くはなかったという事だ。

確かに5万円のCDプレーヤーは30万円のオーディオに相当する音を提供してくれたが、逆にそれ以上お金の掛かったアナログ機には敵わないということだ。
ただ、アナログの世界は「宗教」である。
デジタルなら明らかに怪しいオカルトグッズは排除できるがアナログは一概に言えないものもあるからだ。

星を継ぐもの 異星の魚 (My First Big SPECIAL)



ジェイムズ・P・ホーガンの名作ハードSF小説を星野 之宣が作画した本作がコンビニ本で発売になっている。

【星雲賞受賞作】
月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。ハードSFの新星が一世を風靡した出世作。


筆者が創元SF文庫で読んだのは30年以上前のことだ。
コミック版の存在は知っていたが、特に読む事もなかった。 次回の発刊が楽しみだ。

Amazon 4K対応 TVプレーヤー「Fire TV」はどうか?



4K対応、ドルビーデジタルプラス搭載。映画やドラマを極上の映像美と迫力のサウンドで
Amazonビデオ、Netflix、Hulu、YouTubeなど、豊富なコンテンツを一台で楽しめる
プライム会員なら、プライム・ビデオが追加費用なしで見放題
付属のリモコンで、簡単音声認識。わずらわしい文字入力不要で、見たいコンテンツにすぐにアクセス
コンパクトでもパワフル。専用のPowerVR GX6250グラフィックスエンジン、クアッドコアプロセッサ搭載でゲームも4K映像も滑らかで余裕の再生
MiracastやiOSの対応アプリでミラーリング可能。スマホやタブレットの画面をテレビの大画面で
ASAP機能で素早く再生。好みの映画を学習して、事前にバッファリングを開始
ファイナルファンタジーやMinecraftなど人気のゲームにも対応。専用のゲームコントローラー(別売)を使えば、もっとゲームを楽しめます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00UH6MXT8

4K対応で12,980円は圧倒的に安い。 コンテンツ販売で元を取ろうという考えなのだろう。
PowerVR GX6250がどれくらいの映像を提供してくれるか興味深い。

aiuto MEDIA STATION 4K

【送料無料】Aiuto MEDIASTATION 4K [4K 60p, H.265対応 ネットワークメディアプレーヤー] AUT-MS4K-BK
【送料無料】Aiuto MEDIASTATION 4K [4K 60p, H.265対応 ネットワークメディアプレーヤー] AUT-MS4K-BK
4K対応のメディアプレーヤーが登場している。
4K 60p H.265 メディアに対応している。

最新の4Kテレビ性能を余すところなく引き出す4K(3840x2160)解像度/60フレームの映像出力に対応。4Kテレビと組み合わせることで、従来のFull HDビデオの4倍となる、精密で高画質な映像をお楽しみいただけます。

http://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_1688.php

BD-ISO も再生可能なのがポイントだろう。

オフコース「JUNKTION」ソースと再生機器を聴き比べる デジタル編

25
先日、購入したハイレゾ音源とアナログLPレコードを筆者の様々な再生環境で比較試聴してみた。
今回はデジタル編

再生機器は以下の通り
スピーカー
 Pioneer EXCLUSIVE 2402
DSC_2608
デジタルアンプ
DENON
 PMA-50
DSC_0023
デジタルプレーヤー
 Apple MacBook (MY2007)
 Windows XP PRO (bootcamp)
 Foober 2000

ハイレゾ音楽の再生は今となってはかなり古いノートPCでも十分なのが嬉しいところだ。
この点は最新ハードウエアでも難しい H.265 HEVC 4K映像の取り扱いと違うところだ。
既に一線を退役したMacBook が活躍してくれる。
DENON のドライバーと Paralles Desktop との相性が悪く、MacBook Pro (MY2012)ではプチノイズが混入するので、上記構成で使っている。

さて今回ダウンロード販売がスタートしたのは サンプリング周波数が192KHz、解像度が24bit。
9.6MHz VBR のデータ量は音声のものではなく、H.264 でエンコードされたハイビジョン映像のようなものだ。

さて、試聴する。
これまたびっくりだ。
先日のアナログレコードを凌駕する。
ただ傾向としてはデジタル音声というよりアナログ音声との差は見つけづらい。
筆者のアナログ系環境が貧弱で、それこそプレーヤーでうん百万円を掛けたもので全ての機器を揃えれば、アナログの方が良いとなるかもしれないが、余りにもコストパフォーマンスが悪い。

今や中古のノートPCなら1万円で買えるだろう。
これに5万円で購入できるPMA-50 で太刀打ちできるとは実に痛快ではないか。

もちろん、それを支えるのは EXCLUSIVE 2402 がスピーカーとして完成度が高く、アンプの性能をカバーしてくれているのが一番かもしれない。

SACD対応の安価なメディアプレーヤー



SACD + Blu-ray + ネットワークプレーヤーでお探しであれば、本機はいの一番にお勧めする。
1万円ちょっとで機能満載でしかも無線LANも搭載している。


後継機として、4Kアップコン内蔵の
BDP-180-Kが出ているが、4KアップコンはTVに任せた方が良いだろう。 なぜかSACDがサポートされなくなっていて、しかも値段が倍ほどする。

オフコース「JUNKTION」ソースと再生機器を聴き比べる アナログ編

25
先日、購入したハイレゾ音源とアナログLPレコードを筆者の様々な再生環境で比較試聴してみた。
まずはアナログ編

再生機器は以下の通り
スピーカー
 Pioneer EXCLUSIVE 2402
DSC_2608
プリアンプ
 LUXKIT A901-C
メインアンプ
 YAMAHA BX-1
レコードプレーヤー
 Sansui FR-Q5
カートリッジ(MM)
 Audio-tevnica AT-140E
DSC_2670

JUNKTION(紙ジャケット仕様)
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2005-03-24


JUNKTION は1977年のリリースで、筆者は発売直後に手に入れたものなので、38年前のレコード盤となる。
針を降ろすのは30年ぶりかもしれない。
カセットテープにダビングして、普段はこちらを聴いていたためだ。
考えてみると、上記オーディオセットの組み合わせで本コンテンツを聴くのは初めてだ。

それにしても30cmの紙ジャケットは味わいがある。

BX−1は半導体アンプとは思えないくらいスイッチオン時の音が悪い。
A級動作のせいかもしれないが最低でも30分のウオームアップを必要とする。

さて、準備完了を待ってターンテーブルにレコードをセットして針を落とす。
レコード針のスクラッチノイズもこれから始まる音楽へのプレリュードとして、特別な気分にしてくれるものだ。

1曲目の INVITATION がスタートする。
「おおおー!」これほど良い音で収録されていたとは。
改めてアナログ盤の良さを認識する。
音が滑らかなのだ。

元ソースがアナログ録音されたものだからかもしれないが、最近の加工された音でない素直さがある。 低音がブーストされた音源に慣れていると物足りなく感じるかもしれないが、逆に「サシスセソ」が耳障りな事がない。
何よりも音の定位がしっかりしている。 もちろんマルチトラック録音なので一発録りしたものではないのだが素晴らしい。

DIATONEハイレゾテクノロジー 三菱カーナビ NR-MZ100はどうか?



三菱電機株式会社は、フルモデルチェンジを行い、さらなる「高音質」「高画質」「高速レスポンス」を実現したハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム「DIATONE SOUND. NAVI 」NR-MZ100シリーズ2機種とETC2.0サービスに対応するカーナビ連動の「ETC2.0車載器」1機種を10月20日に発売します。本製品は、「CEATEC JAPAN2015」(10月7日〜10日、於:幕張メッセ)に出展します。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2015/1001.html

カーナビゲーションのハイレゾ音源対応ではKenwoodが先んじているが、本品は17〜24万円と久々の高価値モデルだ。
騒音の多い車内で、どれだけ「ご利益」があるかは、極めて?で、またメインアンプ&スピーカーによるところが多い中、ヘッドセットだけがハイレゾ対応でどうだろうか?

カーオーディオは機器の性能もさるものながら適切なインストレーションによるところが大きい。
ポン付けしただけでは宝の持ち腐れだ。
優秀な技術を持ったショップを選びたいものだ。

VW ディーゼルエンジン問題と Audi

04
とんでもなく大きな問題に発展したVWの事件であるが、先にVGJ 社長の辞任の伏線を感じるように思える。
Audi Japan 大喜多社長のコメントもサイトにアップされている。
Oct 02,2015
ディーゼルエンジン車の報道に関して


先般より報道されております一部のディーゼルエンジン(型式EA189)に搭載されている特定のソフトウェアに関する問題の解明のため、現在フォルクスワーゲングループでは全力を挙げて取り組んでいます。当該ディーゼルエンジンを搭載したアウディ車で、弊社が日本へ正規輸入したものはございません。しかしながら、お客様に多大なご心配とご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。

何よりもお伝え申し上げたいのは、お客様からの信頼を得ること、そして社会からの信頼を得ることが、現在も将来においても、弊社にとって最も重要であるということです。皆さまからの信頼を回復すべく、弊社はすみやかにすべてのご懸念事項に対応してまいります。

2015年10月2日
アウディ ジャパン株式会社
代表取締役社長
大喜多 寛

http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/company/news.detail.news~pool~2015~10~151002.html

欧州におけるディーゼルエンジンの素晴らしさはドイツドライブ旅行で体験している。
アウトバーン3
それが排ガス規制を抜け駆けする行為で実現されているのであれば、不法改造車に乗っているのと代わらないではないか。

VWグループはMercedes や BMW に比べてディーゼルエンジンの導入が遅れたのはこのような経緯があるのだろうか?
ドイツで乗った Audi A4 2.0TDI の素晴らしさが上記の結果とすれば悲しいものだ。

オフコース ハイレゾ版「JUNKTION」を購入

25
ついに初期アルバム5タイトルのハイレゾ配信が開始された。

お試しの意味合いもあり、初期アルバムで最も好きな「JUNKTION」を購入した。
このアルバムまでが「小田・ヤス」が対等に勝負できたのではないだろうか?
特にLPレコードのA面にあたる、INVITATION〜秋の気配 までの流れはコンセプトアルバムとして今でも色あせない。

14
192KHz/24bit とこの時代にしてはオーバークオリティな気がするが、とにかく高い!

このアルバムは9曲なのだが、3,680円もする。
03

SONY WM−ZX2で試聴した。
DSC_2290

最初の1音から違う! 1977年リリースのアルバムであるからアナログソースである。
これほど高音質で録音されていたとは思わなかった。
当時の筆者の再生装置の限界も低かったと思うが、音の滑らかさ、きめ細やかさが全然違う。

これは全部購入してしまいそうな危うさだ。

録画サーバを Windows 8.1 デュアルブートに

dx2012_default_390x300
 ようやく回復した録画サーバであるが、なんと Windows 8.0 のままであった。
既に Windows 8.1 にアップデートしたものと思っていたが、そうではなかった。

そこで現環境をバックアップして Windows 8,1 にアップデートを掛けた。
Windows Update を掛けようととしたら、通らない?
Windows アカウントが認証されていないためらしい。
ローカルアカウントから変更したのが仇となったようだ。
こちらも登録メールアドレスへの認証でなんとか通るようになった。
幸い非互換のドライバーはなかったので助かった。

次に両立できないWindows環境を切り替えて使えるように別ディスクにもWindows 8,1をインストールすることにした。

ところがこれが難儀であった。
別HDDにインストールする為に、まずはパーティションを再構築してインストール用スペースを確保する。 ここまでは問題なかったのだが、ファイルを移動させる為に1時間ほど掛かった。
これでインストールできると思ったら、MBRディスクはダメと!?
すっかり忘れていた。 そこでMBR→GPT変換を掛ける。

良し!
と思ったら、今度は、このディスクにはインストールできないと!
ネットで調べると複数HDD接続されている場合、2nd HDDにはインストールできない場合があると。
そこで、Blu-ray とインストール先のHDDを除いてSATAケーブルを引き抜く。

これでようやくインストール可能となった。
それにしても「初期 WIndows 8.0」インストールディスクから157個のアップデートがあり、これの処理で1時間以上掛かった。
Core i7 3770 + eo光(100M プレミアム)でこれだけ掛かるのだから、遅いCPUやネット環境だと嫌になるだろう。
これでやっと Windows 8.1 あるいは Windows 10 にアップデートできるようになるのだから。

iPhone 6s Plus 機種変更から2週間のインプレッション

DSC_2772
iOS機器は仕事では初代iPad mini。 個人的にも 初代 iPod iPod touch 4G iPhone 3G (WiFi 運用のみ) 初代 iPad 。 家族利用では iPad 2 iPhone 6 Plus iPad Air 2 と結構な機器を使ってきた。

お財布携帯機能が重要だったので、初代 Xperia に機種変更した時もガラケーとの2台持ちしていた。 今回も Xpria Z にOCN Mobile のSIM を入れて2台持ちだ。

3年前の XPeria Z に比べて、あらゆる動きがキビキビしている。
何よりびっくりしたのは電話が接続される速さだ。
ダイヤル接続の待ち時間を全く感じない。 逆に間違って掛けてしまっても取り消す間もなく呼び出し音が聞こえる。 これは iPhone がというより、VoLTE の恩恵かもしれない。

アプリのUIに関しても、例えば FaceBook などは iOS版の方が洗練されている。
FaceBookからメッセンジャーを呼び出して戻る際にワンアクションで戻れるといった細かいところだが美点だろう。

今では主要アプリはどちらでも使えるようになってきたがiOSだけのもの、Andorid のみのものが存在する。
例えば、ネットラジオ録音に対応した Raziko。
このアプリのためだけに Andorid は手放せない。 

また、ハイレゾ対応ではないにしてもオーディオ品質の向上も著しい。
この点では、初代 Xperiaは負けている。 iPod touch 4G とのでは比較をするのも愚かしいくらい上だ。
もちろん付属イヤフォンではなく愛用する SONY XBA-40iP を接続してのもの。

それにしてもアクセサリー類の豊富さには改めて感心する。

ようやく録画サーバを修理

dx2012_default_390x300
 「録画サーバが壊れた!?」で報告した様に、動かなくなってしまった。
M/Bの問題である事が判り、「今更ながら LGA1155 M/Bを購入」で新しい M/B GIGABYTE GA-B75M-HD3を手に入れたのが昨年の4月。
6884_big
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=4389#
時間が無かった訳ではないが、色々と解決しなければならない問題を考えるとモティベーションが上がらなかったのだ。

DSC_0365
当初予想された問題は以下の通り
1) M/B 変更によるデバイスドライバーの追加・変更
  チップセットは同じIntel B75 Express であるので、Windows の再インストールは必要ないと想定されるが、Audio や LANは異なる。

2) Windows 再認証
 これはネットで再認証するなり、それでもダメならマイクロソフトのサポートに電話を掛ければ良いが鬱陶しい。

3) WIndows Update の嵐
 まあ、これは掛ければ良いが100以上に及んだ!

4) 各種アプリのセキュリティアップデート
 これは外部にポートを公開いている関係上必須
 最低限Flash や Adbe Reader 等の狙われるものは必須だ。

5) そもそも他にも故障はないか?

結論としては5)は無くて、2)も不要であった。
1)に関しても殆ど問題なかったが、Windows のバグにより光ドライブが認識しなくなった。
これはマイクロソフトのパッチを適用することで回復できた。

それにしても時間が掛かる。
これだけの作業に半日以上掛かってしまった。

WOWOW 連続ドラマ「海に降る」


スカパー! 4K総合での予告映像を観て10日の本放送を鑑賞した。
第1回は無料視聴であったので多くのひとがご覧になったかもしれない。

期待通りの綺麗な映像とBGMであった。
こうなってくると是非共4Kでの放送を望みたい。
せっかく4Kで撮影しているのに、放送が2Kでは悲しすぎる。

あるいはパッケージは UHD Blu-ray でのリリースだ。
こちらに関しては時期早尚かもしれない。

超小型イヤホンジャックガイガー

【予約商品】iPhone/Android対応「超小型イヤホンジャックガイガー」 SMTGEG4S  ※納期確認中
【予約商品】iPhone/Android対応「超小型イヤホンジャックガイガー」 SMTGEG4S  ※納期確認中
サンコーレアモノショップからiPhone/Andoridに接続するガイガーカウンターが登場している。
iPhone(iOS)、スマートフォン(Android)両対応。イヤホンジャックにさして、アプリでチェックする簡易放射線測定器です。

ガイガーカウンター本体は、電源不要はもちろんこと、
小指より小さい超小型で、1円玉6枚と同じ6gと超軽量です。
財布や小物入れに邪魔にならず入れておけます。

仰々しいガイガーカウンターのみを持ち歩くより、お持ちのiPhone/スマートフォンにサッと付けて、
気になるそのときに、アプリでチェックしたい方に、オススメです。

専用アプリは、立ち上げてスタートボタンを押すだけで、簡単に測定でき、測定値を保存することもできます。

http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002485/

4,980円と安いので人気で予約商品になっているようだ。

CIVIC TYPE R 750台限定で日本国内発売

1443580240441
「FF最速車」の称号と共に新型CIVICの国内発売が決定したようだ。
Hondaは、10月28日(水)に発表予定の新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」に関する情報を、9月30日(水)にHondaのホームページで先行公開しました。

 新型シビック TYPE Rは、「心昂ぶるブッチギリの走り」をコンセプトに、パワー・トルク・レスポンスのバランスが高い次元で取れた新開発「2.0L VTEC TURBOエンジン」の圧倒的パフォーマンス(最高出力310馬力※1、最大トルク400N・m※1)と、ダイナミック性能を両立させた歴代最高のTYPE Rです。

 さらに、量産車の性能評価には、ドイツにあるニュルブルクリンク北コースを選定し、開発車両で行われた走行テストにおいて、FF量産車で最速※2となる、7分50秒63※3のラップタイムを記録しました。

http://www.honda.co.jp/news/2015/4150930.html

「310馬力をFFでどうか?」といった疑問を持ちつつも、どれくらい「TPYE R」なのか興味深い。

ただ、デザインに関しては7年前の欧州版CIVICの方が好みだ。
CIVIC 5Door
2008年にパリを訪問した際、撮影したものだが、すっきりしながらも野太いディテールは今観ても悪くない。 このモデルのTYPE R も英国から輸入されたが、写真の5ドアではなく3ドア車であった。

ちなみに、この時初めて Audi R8 を見かけた。
AUDI R8 (1)
AUDI R8 (2)
こちらも素晴らしいデザインだ。

iPhone 6s Plus 用オリジナルデザインケースを作成

DSC_0026
今回、iPhone 6s Plus に機種変更するに当たって、オリジナルデザインケースを作成してみた。

通常翌日発送らしいが、iPhone モデルチェンジ時期ということもあり1週間ほど掛かった。
なかなか良いできだが、擦れると印刷が消えそうなのでつなぎに購入していたケースを上から保護の為に掛けることにした。

12119158_966393020094335_2420092661262060120_n
ちなみに待ち受け画像と対になるようにしてみた。

124/128度CSデジタル対応アンテナの制限



スカパー!プレミアムは124度と126度方向の静止衛星軌道の1つの衛星を用いる。
110度衛星だけのBSスカパーとの違いだ。
2衛星を使うスカパー!プレミアムは「1チューナーに1アンテナ」の大きな制限がある。
考えてみれば判る事だが、2つの衛星を切り替え使う事でアンテナを共有できないのだ。

さすがにチューナーごとに別アンテナを建てるのはあまりよろしく無い。
スカパー!プレミアムの方がチャンネル数が多く、また今のところ4K放送もこちらだけである。筆者がプレミアムの契約を最低限にしているのはこの様な理由もある。

Ultra HD ブルーレイ再生対応ブルーレイディスクレコーダーDIGA プレミアムモデル DMR-UBZ1 は中途半端

ubz1-furi
2006年10月、第二世代Blu-ray機 DMW-BW200 の発売から9年、いよいよ「4K録画機」の登場か!
と思ったら「Ultra HD ブルーレイ再生対応」であった。
http://panasonic.jp/diga/blu-ray/ubz1/

真にがっかりしたのは筆者だけではないだろう。
録画できないなら再生専用機で十分だ。 その分安価で出して欲しい。

タイトルにある中途半端と思う点は以下の通り。
1) 4K録画できない
2) 4K放送はネットだけで唯一実用放送のCS124/126度は無視
3) 来年始まるBS 4K 放送への対応も触れられていない
4) DSD 5.6MHz 対応というものの、SA-CDの再生ができない
5) PCM系は192kHz/24bitまで
6) 光/同軸デジタル音声は、192kHz/24bitまでで DSD デジタル出力に対応していない
7) 無線LAN未搭載 802.11acは当然ではないだろうか?
http://panasonic.jp/diga/blu-ray/ubz1/spec.html

「よくあるご質問」の1番は
「4K放送の録画ができますか?」
だろう。
「いいえ、できません。」
が、なぜないのか不思議。
http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/portal/ptl_ubz1.html

それにしても、i-Link が残されているのにはびっくりだ。
しかも「TS入力」である。 コピーフリー D-VHS録画テープは、公式には2003年までのBSや一部の地デジを録画したものしか存在しないものだ。 あるいはアイオーデータ社から発売されていた、REC POT。
この様な絶滅品種の動物のようなものをサポートするために大部分の関係ないユーザの購入金額に降り掛かるのはどうかと思う。
同様に殻付きのDVD-RAMまで使える必要はあるのだろうか?

9年前の DMR-BW200 では必要な機能だったかもしれないが、それでさえ限定的なものだったと言えよう。

こんな中途半端な商品を買うのは、お金が有り余ってる成金か情弱だけだろう。

「空母いぶき」 かわぐちかいじ

空母いぶき 1 (ビッグコミックス)
かわぐち かいじ
小学館
2015-09-30


最新鋭空母が発進する新軍事物語!!!

『沈黙の艦隊』『ジパング』に続く、
かわぐちかいじの
新軍事エンターテインメント第1集!!

20XX年、尖閣諸島沖で
海上自衛隊と中国海軍が衝突!!
戦闘は回避したものの、
危機感を募らせた日本政府は、
最新鋭戦闘機を搭載した
事実上の空母「いぶき」を就役させ、
新艦隊を編成ーーーー!!!
艦長は、空自出身の男・秋津―――。


待望の新作が2巻同時発売となっている。
「太陽の黙示録」も同様に2巻同時発売であったがどうだろうか?

職場の近所の本屋さんは第1巻が売り切れで、たまたまセブンイレブンで手に入れることができた。
今後の展開が楽しみだ。

HUAWEI P8max は Xperia Z Ultra の正統後継者か?

K0000786934
SONY Xperia Z Ultra 以来途切れていたファブレットが登場している。
http://consumer.huawei.com/minisite/jp/p8max/

Android 5.1
ROM 32GB RAM 3GB
CPU 8 core
6.8inch FULL HD (1920×1080)

これで59,800円は中華製と思うと高いが、HUAWEI社だとすれば妥当な値段ではないだろうか?

サイトのキャッチフレーズを変更しました

DSC_2608
本Blog開設は2006年4月。 第2世代Blu-ray機やPlayStation3 の発売は、同年10月でHD DVDプレーヤーが東芝から発売されたのは同じく3月であった。

当時はPCでハイビジョンデータを扱うにも、色々なソフトを組み合わせる必要があり、まだバギーな時代であったので運用にもノウハウが必要であった。
そこで、
「Hivison データを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です」

と掲げてスタートしたのであった。

ハイビジョンコンテンツをHD DVD やAVCHD化することで民生用プレーヤーで再生できるように変換する事。
PC用Blu-ray Writer が松下から発売になりこちらへのオーサリングへの取組。
そして PT1,2,3の発売に合わせてシステム構築してきた。

2010年代後半に向けて2Kから4K/8Kのコンテンツ増加が見込まれる。
そこで本Blogもこちらへ向けて研究を進めたいと思う。
「4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です」

としてチャレンジしていきたい。

東芝 2.5inch 3TB HDD MQ03ABB300



既にストレージはSSDに向かってしまっているが、2.5inch HDD も過去最高容量の3TBが出現している。
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/storage-products/specialty/mq03abbxxx.html

OS用や少量データのストレージとしてはSSDが主流になってきたが、大容量データに関してはHDDの独壇場だと思ったら、既にSSDが価格下落と何よりアクセス速度の点で威力を発揮している。

3.5inch は8TBクラスが出現するなか用途は限定されるものだろう。

Every Little Thing e-onkyo music で待望のハイレゾ配信開始



新作を含めてハイレゾ音源がリリースされている。
Every Little Thing/Tabitabi
Every Little Thing/ELT Hi-res ballad selection
Every Little Thing/Every Best Single 2 〜laTe period〜
Every Little Thing/Every Best Single 2 〜middLe period〜
Every Little Thing/Every Best Single 2 〜Early period〜


但し、96KHz/24bit とかではなく、48KHz/24bitと現実的なものだ。

ELT Hi-res ballad selection
さよなら
Time goes by
fragile(Acoustic Version)

を買おうか考え中だw

iPhone 6s Plus 用保護ケース

DSC_2772
せっかく綺麗な色なのに隠してしまうのはもったい。
かといって裸で持ち歩くと、すぐに傷だらけになりそう。
何よりもちょっとした落下で故障の原因になるので、今回はノンシリコン クリアケースを購入した。

【送料無料】iPhone6s/iPhone6s Plus iPhone6/iPhone6 Plus クリアケース iPhone6 4.7/5.5対応 TPUクリアケース(0.5mm厚) ケース 上海問屋 DN-11858
【送料無料】iPhone6s/iPhone6s Plus iPhone6/iPhone6 Plus クリアケース iPhone6 4.7/5.5対応 TPUクリアケース(0.5mm厚) ケース 上海問屋 DN-11858
上海問屋のリアル店舗で290円であった。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ