Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

2016年01月

YUMING SURF & SNOW NAEBA VOL.36 2016 に参ります

IMG_0677
ユーミン冬の定例コンサートは苗場プリンスホテルにおける、SURF & SNOW 。
今年で36回目を迎える。

SURF & SNOW
松任谷由実
EMI Records Japan
2013-10-02


同名のアルバムが発売されたのが1980年。
当時としては珍しい「リゾート・アルバム」であった。
全曲シングルA面で行けそうなナンバーが並びつつ、ベスト盤のようなちぐはぐではない「神アルバム」だ。 
1. 彼から手をひいて
2. 灼けたアイドル
3. 人魚になりたい
4. まぶしい草野球
5. ワゴンに乗ってでかけよう
6. 恋人がサンタクロース
7. シーズンオフの心には
8. サーフ天国、スキー天国
9. 恋人と来ないで
10. 雪だより

80年代からこのアルバムをクルマで掛けながら、あるいはWalkmanで聴きながらスキーにでかけたものだ。
収録曲で一般的に知られている曲は「恋人がサンタクロース」くらいだろうか?

「私をスキーに連れてって」をご覧になった方であれば、テーマ曲として使われた「サーフ天国、スキー天国」をご存知かもしれない。
ただ、これだけ名曲が揃いながら1曲もシングル・カットされていないのが不思議だ。

この当時、彼女はスキーができなかったと言う。
想像だけで創ったのは本当に凄いと思う。
ユーミンの描く世界の「女の子」。 ふつうのOLがちょっと手を伸ばせば届く「プチ贅沢」がプリンスホテルの提供するサービスと一致していた事で35年も継続している理由だろう。
宿泊とリフト代がセットになった、お特な「プリンス・スキーパック」。 当時は「スキー エンジョイ パック」として販売されていた。
http://www.princehotels.co.jp/ski/pack/plan/

ずっと行きたかったのだが、大阪から苗場はあまりにも遠い。
今回 FaceBook の別アーティストのファングループの方からのオファーを受けて行く事になった。

毎年正月にスキーに行っているが、今年は "Yuming & Ski" である。
もう2週間ほどとなった。
苗場だけの曲。
「雪だより」
「ロッジで待つクリスマス」

昨年は日替りであった様だが、どちらも生で聴いたことがないので楽しみだ。
特に前者は「Surf & Snow」アルバムの最後を飾るタイトルであり、最もお気に入りのナンバーだ。
関東の方にとっては、「上越」のスキーエリアを意識するのもかもしれない。
我々関西人にとっては「神鍋高原」「ハチ高原」といった兵庫県のスキー場を思い出す。

本Blog でのコンセプトに沿って、当日のセットリストやネタバレ情報をアップする予定である。

オフコース、小田和正 貴重な映像がBlu-ray化

オフコース
(株)アリオラジャパン
2016-02-03



小田和正
(株)アリオラジャパン
2016-02-03






過去のコンテンツが「Blu-ray化」との事だが、オリジナルはSDのビデオ映像である。
ハイビジョンへのアップコンや音声データの再エンコードが行われているのだろうか?

単に媒体をBlu-ray にしただけならがっかりを通り越して詐欺みたいなものだ。

それよりもこちらのハイビジョン版を望む。


「風のようにうたが流れていた 」は2004年に制作された。 放送はSDであったが、ハイビジョン収録されていたので Blu-ray ハイビジョンでリリース可能なはずだ。

更に言えば「クリスマスの約束」も第1回からハイビジョン収録されていた。
これも是非リリースして欲しい。

また、SONY BRAVIA のCM、「今のこと」のフルバージョンは 4K Blu-ray でのリリースを切望する。

KAZUMASA ODA TOUR 2016 チケット先行予約

img077
いよいよツアーの先行予約がスタートした。

初日の静岡は外せない。
次週の四日市は近いだけに悩むところだ。
逆に神戸は平日なので、会社終了後では間に合わない。

今回は6/15 さいたまスーパーアリーナまでなので3回に分けてチケット販売されるのかもしれない。

上海問屋 オート調光サンバイザー

mt2016012251-0
日差しが強い日は眩しくて車を運転できない・・・。けどサングラス(ドライバーグラス)をつけると、カーナビやメーターまで見えづらくなってしまう・・・。あるいは、メガネをかけてるからサングラスをかけられない・・・。

こうしたお悩みを抱えるドライバーさんは、決して少なくないのではないでしょうか。

そんなお悩みを解消してくれるのが、この『オート調光サンバイザー』。センサーで光の強さを感知して、ドライバーが眩しくないよう自動で調光してくれます。
https://www.donya.jp/item/73465.html

これはなかなか魅力的だ、だがちょっと高い。
5,000円以内になってくれないだろうか?

Apple Car Play for LEXUS


株式会社ビートソニック(本社:愛知県日進市 代表取締役:戸谷 勉)は、2016 年1 月6 日〜9 日にかけてアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大の電気機器の展示会、CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショウ)に出展いたします。その会場にて、Apple 社製の車載OS「CarPlay」を、Lexus 車に純正装着されたAV システムに後付け可能とする新システム「OEM Connected(仮)」の開発を開始したことを発表いたします。また、実際にLexus 純正マルチファンクションコントローラー「Remote Touch」で「CarPlay」が動作するプロトタイプモデルを展示いたします。
http://news.beatsonic.co.jp/post-624/

いったいどれくらいの価格になるのだろうか?
また走行中は操作ができないといった縛りが存在するのだろうか?

そもそも LEXUS は「G-Linkのオペレーターサービス」で「人間」のオペレーターによる各種情報検索やそれに基づく目的地をナビにセットするようなサービスを展開している。
現状ではSiri より遥かに使い勝手が良いだろう。

小田和正ツアー 2016

DSC_0074-1
いきなりビッグなニュースが飛び込んできた。

4月20日発売の3枚組ベストアルバムに引き続き、ツアーが始まる。

『明治安田生命Presents「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』

4/30(土)静岡エコパアリーナ
5/01(日)静岡エコパアリーナ
5/07(土)四日市ドーム
5/08(日)四日市ドーム
5/14(土)別府ビーコンプラザ
5/15(日)別府ビーコンプラザ
5/21(土)函館アリーナ
5/22(日)函館アリーナ
5/28(土)富山市総合体育館 第一アリーナ
5/29(日)富山市総合体育館 第一アリーナ
6/07(火)神戸・ワールド記念ホール
6/08(水)神戸・ワールド記念ホール
6/14(火)さいたまスーパーアリーナ
6/15(水)さいたまスーパーアリーナ
6/21(火)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
6/22(水)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
6/30(木)東京体育館
7/01(金)東京体育館
7/06(水)盛岡市アイスアリーナ
7/07(木)盛岡市アイスアリーナ
7/13(水)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
7/14(木)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
7/23(土)さぬき市野外音楽広場テアトロン
7/24(日)さぬき市野外音楽広場テアトロン
7/30(土)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
7/31(日)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
8/05(金)ビックパレットふくしま
8/06(土)ビックパレットふくしま
8/11(木・祝)出雲ドーム
8/12(金)出雲ドーム
8/17(水)マリンメッセ福岡
8/18(木)マリンメッセ福岡
8/24(水)大阪市中央体育館
8/25(木)大阪市中央体育館
8/30(火)名古屋・日本ガイシホール
8/31(水)名古屋・日本ガイシホール
9/6(火)大阪城ホール
9/7(水)大阪城ホール
9/17(土)広島グリーンアリーナ
9/18(日)広島グリーンアリーナ
9/27(火)国立代々木競技場第一体育館
9/28(水)国立代々木競技場第一体育館
10/09(日)高知県立県民体育館
10/10(月・祝)高知県立県民体育館
10/18(火)横浜アリーナ
10/19(水)横浜アリーナ
10/29(土)宜野湾海浜公園屋外劇場
10/30(日)宜野湾海浜公園屋外劇場
http://live-events.a-jp.org/soko/a/50.html

前回2014年レギュラーツアー最終公演のあった、「静岡エコパアリーナ」を皮切りに沖縄までの半年間の長期に及ぶ。

恐らく年末あるいは1月になってから追加ツアーもあるだろう。

https://www.yahataya-park.jp/osaka_arena/main/index.html
関西のものにとっては、「大阪市中央体育館」が珍しい。

image

DSC_1228
個人的には毎回行っている「さぬき市野外音楽広場テアトロン」と「宮城セキスイハイムスーパーアリーナ」が蓮チャンなのが悩ましい。
また前回ツアーで唯一開催された金沢のホールに変わる会場が無いのが残念。

また来月からチケット争奪戦が繰り広げられそうだ。

上海問屋 靴用 携帯滑り止めスパイク

靴用 携帯滑り止めスパイク [大雪、ドカ雪、路面凍結の日も滑らない!靴やブーツに1分で装着できる、携帯滑り止めスパイク] P23Jan16
靴やブーツの裏側に装着することで、雪道や凍結した道で滑らなくなる携帯滑り止めスパイクです。

ここ数年は、突然のドカ雪で道路が凍ったり、大量に雪が積もることが増え、転んでケガをするリスクが高まっています。凍った固い路面で腰を打ったり、道路の横断中に転んだりすると、大ケガにつながる危険性も・・・。

ですが、10本のスパイクピンで路面をとらえるこのアイテムがあれば、凍結した道でも安全に歩けます。

デート、商談、受験日など、絶対に遅刻できない日の強い味方でもあります。
https://www.donya.jp/item/27566.html

雪国では当たり前の装備も都会ではめったに無い事だけに備えがないことも多い。
この値段なら持っておいて損はしないのではないだろうか?

Amazon LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk240 ブラック MK240BK

12
Amazon のタイムサービスで¥ 2,409が¥ 1,765 であった。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00Q9RO8TM?_encoding=UTF8&ref=csld_0d863435

これは安い!

残念ながらキャンセル待ちへのエントリーとなった。

国内線機内インターネット「ANA Wi-Fi サービス」開始

34
ANAはお客様の声を受け、2016年1月25日(月)より国内線機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」を開始いたします。すでに開始している国際線に続き、国内線でも無料のエンターテイメントコンテンツおよび有料のインターネット接続をご提供いたします。
https://www.ana.co.jp/pr/16_0103/pdf/15-103.pdf

ようやくスタートするが、伊丹や関空便に導入されるまでは、まだ少し時間が掛かりそうだ。

新型 AUDI Q7

my16_q7_top_main_visual_v3
夏タイヤを冬タイヤに交換しにいったら、担当営業がやってきた。

《coming soon》The new Audi Q7
圧倒的な存在感、俊敏さとパワーを併せ持つプレミアムSUV
並外れたポテンシャルを発揮するパワートレインと、驚くべき軽量化を遂げつつも高い剛性を誇るボディを身に纏った堂々たるデザイン。新型Audi Q7は、プレミアムSUVを物語るに相応しい存在感に満ちています。従来のSUVの概念を超えるダイナミズムを、ぜひ体感してください。
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/q7/q7.html

車体がコンパクト化されたと言えど、5070×1970×1735mm。
2m近い車幅はかなり制限されてしまうだろう。
それにしても、このデカさに2リッターで走るのだろうか? もちろん上位車種は3リッタースーパーチャージャーで大丈夫だろうが。
このクルマにこそディーゼル・ターボが求められるのだろうが、VWの不正事件のために導入が遅れる。あるいはされないかもしれない。

【4K】井上陽水 コンサート2015「UNITED COVER 2」

39
既に2Kでの放送はされているが、いよいよ4Kで登場する。

2015年9月大宮を皮切りに全国19か所21公演開催された井上陽水 コンサート2015「UNITED COVER 2」。2015年7月にリリースされたアルバム『UNITED COVER 2』にて数々の名曲をカヴァー。そのアルバムを中心に構成された今回のコンサート。ツアーのファイナル公演、12月5日東京国際フォーラム ホールAの模様をお届けいたします!
http://www.skyperfectv.co.jp/4k/program/all.html

1/30(土)後7:00〜 忘れず録画予約を入れておきたい。

マスプロ 左旋4K/8K衛星放送対応アンテナ BC paRabo

bc45rl_02
もし、BS/110度CSのアンテナを建てるなら、こちらにして置いた方が良いだろう。
マスプロ電工は、従来右旋円偏波で送出されているBSデジタル放送と110°CSデジタル放送に加え、将来左旋円偏波でも送出される4K・8K衛星放送を受信するための、BS・110°CSアンテナ 6機種を2016年1月下旬より順次発売します。
http://www.maspro.co.jp/new_prod/bc45rl/index.html

まだまだ先と思っていた、110度衛星による4K/8K放送が近付いてきた。

Parrot Zik 3


おしゃれな Bluetooth ヘッドフォンの代表たる Parrot の新型が発売になる。
http://www.parrot.com/usa/products/zik3/
前作 2.0 からは
・USB接続での再生
・ワイヤレス充電 Qi 対応

がポイントだろうか。

Channel 4K からの番組終了のお知らせはがき

img076
2016年3月21日で放送が終了するのは既報であるが、改めて案内のはがきが着た。

img075

DENON PMA-2500NE

de_pma_dcd_dnp_2500ne_jp_ot_bg001_lo
DENON から 新世代のミドルレンジ・プリメインアンプが登場する。

デノンは、「2500NEシリーズ」のプリメインアンプ「PMA-2500NE」、スーパーオーディオCDプレーヤー「DCD-2500NE」、ネットワークオーディオプレーヤー/USB-DAC「DNP-2500NE」を2016年2月中旬に発売いたします。

2500NEシリーズは、「Beyond the Best」のコンセプトの下に、ミドルクラスのオーディオコンポーネントにおけるベストセラー「2000/1650シリーズ」で20年間に渡り磨き上げてきたパフォーマンスを遥かに超え、これまで到達することのできなかったレベルのクオリティを実現することをターゲットとして開発されました。

そして、最もポピュラーなソースであるCDと急激に拡大するファイル/ストリーミングの双方において、更なる音質のグレードアップを果たすために、新たにネットワークオーディオプレーヤーをラインアップに加えた2つのプレーヤーによるソリューションを提案します。これら2つのプレーヤーは、ソースが多様化する新しいオーディオ時代へのデノンからの回答です。
http://www.denon.jp/jp/news/news/926

PMA-50 と違って、DAC + アナログアンプ のトラディショナルな構成だ。
USB DACは、上位「SX11」シリーズと同じものを搭載しているとの事でミドルレンジながら期待できるのではないだろうか?

multiAVCHD でAVCHD仕様ディスクを作成する

21
multiAVCHDは動画データをAVCHD仕様に変換してくれるフリーソフトだ。

最新バージョンは4.1.771 でJuly 04, 2012が最新更新日となる。
公式サイトより、ダウンロードページの方が最新版があるというちょっと怪しげだ。

multiAVCHD allows you to turn a bunch of MKV, M2TS, TS, VOB, AVI files and a bunch of DVD, Blu-ray/AVCHD/BDMV folders into disc with a simple menu structure that should play on Blu-ray players. Put up to 252 different files, MPEG2, Quicktime MOV, MKV/AVC, M2TS/MTS, TS and AVCHD/BluRay folders in one place and navigate all these via nice 1080p top menu. One click DVD to Blu-ray/AVCHD(no reencoding). Convert Blu-ray/AVCHD to SD DVD ( Standard DVD-video).
http://www.videohelp.com/software/multiAVCHD

頑張れば凝ったメニューも作成可能。
Blu-rayメディアの価格が大幅に安くなっているので、時間を掛けて変換する価値がどれほどあるかは?であるが、比較的ラフに取り扱えるDVDメディアに記録できるのがポイントだろう。

オーディオテクニカ AT-LP60-BT Bluetooth ターンテーブル

07
CES 2016 で発表にあったものだ。
Stow, OH 01-06-2016 – At CES 2016 Audio-Technica is introducing its AT-LP60-BT Wireless Turntable, which enables listening to records using Bluetooth wireless technology. The fully automatic AT-LP60-BT provides vinyl playback through compatible Bluetooth wireless speaker systems, headphones, A/V receivers or other wireless playback devices.

“The popularity of wireless technologies like Bluetooth wireless speaker systems, smart TVs and multi-room wireless A/V has broadened our expectations of what home entertainment can provide,” noted Crystal Griffith, Audio-Technica Marketing Manager. “Our new AT-LP60-BT adds to that experience – it allows you to keep your turntable and vinyl in one room while enjoying your records virtually anywhere in the house. On top of that, it’s available in a choice of black, white and navy finishes to complement any decor and personal style.”
http://www.audio-technica.com/cms/news/d9ed874b62c695b7/index.html

Bluetoothによるワイヤレス伝送が可能となっている。
日本では有線接続が一般的であるが、彼の地では携帯電話のBluetoothによるハンズフリーと相まって利便性を重視した無線伝導が多用されている。

発想は良いのだが、ひとつ残念なとこがある。
未だに伝送プロトコルはSBCだけだ。
SONY のLDAC は別としてせめて AAC や apt-X をサポートして欲しい。

次世代音声フォーマット AC-4

image
CSを利用した現在の4K放送は早期立ち上げを優先したこともあり、映像フォーマットにH.265/HEVCを使う他は既存の技術で支えられている。

それに対して次世代の放送向けとしてAC-4 が策定されている。
DVDメディアのAC-3に比べて圧縮率を倍にしても同等の品質を得られるという。
2017年発売の民生テレビでの導入に向けて進行しているようで、相変わらず利用者を無視したような製造者やコンテンツ・プロバイダーの理由によるものだ。

腕時計のベルトも壊れた!?

IMG_0559
自宅にいるとき、いきなり腕時計が落ちた。
本体を止めるピンが折れている。
購入から5年で毎日のようにはめているので、部品にストレスがきたのだろう。

時計屋さんに持っていったら3分で直してもらえた。
300円+税金で324円。 気の毒になるような金額であった。

Geteway DX4870-F78FのSDCARD リーダー

dx2012_default_390x300

今更ながらなのだがSDXCに対応しているようだ。
少なくとも64GB はOKであった。

IMG_0530
3年前のPCで、しかも台湾製なので微妙なところだが、あっさり認識した。
実は micro SDHC 32GB を下駄を履かせて読ませるつもりが間違ってmicro SDXC 64GBであった。
SDHCしか対応していない機器にSDXCを入れるとカードが壊れることがあるので、冷や汗ものだ。


SONY ハイレゾ アナログ ターンテーブル PS-HX500


CES 2016 に出展されて大いに話題となっている。

アナログ機器でありながらハイレゾロゴが貼られているという訳の判らない商品だ。
プレーヤー部の詳細は不明であるが、ベルトドライブらしい。
予価7万円からしてアナログ部にお金を贅沢に掛ける訳にもいかないだろう。
おそらくカードリッジもMMだろう。



60万円くらいするオルトフォンのMCカートリッジなら10-60,000Hzまで再生可能とされているので、「多少」は有効かもしれないが、それ以前にレコード盤にどれくらい可聴領域を越えた音が含まれているか疑問である。

DSD 5.6MHzをダイレクトに録音できるのは魅力であるが、それもしっかりしたピックアップがあってからのこそだ。
アナログはお金が掛かる。 音を良くする為に掛かるコストと得られる結果はリニアに比例するものではなく、対数的に必要となる。

中華製の怪しい商品ならまだしも、「大SONY」がこの様な商品を出すとは、昨年の「音楽用SDカード」に引き続き残念すぎる。

My Play List オフコース(ライブ)編

OFF COURSE BEST "ever"
オフコース
Universal Music =music=
2015-12-16


オフコース ハイレゾ音源ベスト盤 ever が配信1位を獲得するなど好調らしい。
筆者がオフコースを本格的に聴きだしたのは1974年からだ。
その前夜、日本のフォークソング界はかぐや姫の「神田川」に代表されるような「四畳半フォーク」の隆盛には「貧乏臭い」といった印象で洋楽に傾倒していた時期であった。

オフコースに関してはスタジオ録音だけでなく2枚のライブアルバム。FM放送のライブ。 そして今や伝説となった「1982.6.30」を加えてライブ音源だけでライブ・ベスト盤を作成していた。

今回は音源の出典と合わせて紹介する。なお4人時代のものはライブ音源が乏しく、音質もイマイチであることから含めていない。 唯一 1987年のツアー as〜asはLDから取り出したデジタル音声があるが、これもブチキレであるので対象としていない。
「over ツアー」を下敷きとして、幻の「next 1987」のコンサートセットリストを妄想したものだ。

01 NEXTのテーマ〜僕らがいた        1982.6.30
02 愛を止めないで              LIVE
03 愛の中へ                  1982.6.30
04 メインストリートをつっ走れ        1982.6.30
05 愛の唄                  NHK FM LIVE 1980
MC1                     NHK FM LIVE 1980
06 その時はじめて              NHK FM LIVE 1980
07 季節は流れて               NHK FM LIVE 1980
08 愛あるところへ              NHK FM LIVE 1979
09 風に吹かれて                LIVE
10 思いのままに               LIVE
11 僕のいいたいこと             1982.6.30
12 でももう花は咲かない           NHK FM LIVE 1980
13 水曜日の午後               秋ゆく街で
14 僕の贈りもの               秋ゆく街で
15 別れの情景(I)              秋ゆく街で
16 さわやかな朝を迎えるために        LIVE
MC2                     NHK FM LIVE 1980
17 私の願い                  NHK FM LIVE 1980
18 歴史は夜作られる             LIVE
19 生まれ来る子供たちのために        LIVE
20 いくつもの星の下で             NHK FM LIVE 1980
21 心はなれて                1982.6.30
22 言葉にならない              1982.6.30
23 SAVE THE LOVE               LIVE
24 愛を止めないで               LIVE
25 YES-NO                  1982.6.30
26 I LOVE YOU                1982.6.30

uncore
27 時に愛は                  NHK FM LIVE 1980
28 僕らの時代                 NHK FM LIVE 1980
29 YES-NO                  1982.6.30
30 YES-YES-YES                1982.6.30
31 NEXTのテーマ               1982.6.30


上記、解説する。

01 NEXTのテーマ〜僕らがいた        1982.6.30
02 愛を止めないで              LIVE
「Three and Twoツアー」のオープニング。 ジャズピアノ風アレンジは
もう一度聴いてみたい。


03 愛の中へ                  1982.6.30
04 メインストリートをつっ走れ        1982.6.30
「overツアー」のオープニング2曲

05 愛の唄                  NHK FM LIVE 1980
MC1                     NHK FM LIVE 1980
06 その時はじめて              NHK FM LIVE 1980
07 季節は流れて               NHK FM LIVE 1980
「LIVEツアー」初めての武道館コンサート。
「その時はじめて」の「♪時間をとめて」で演奏が、時間が
止まったような演出は、今聴いても新鮮。「季節は流れて」へのつなぎも
これ以上ないような完璧さ。


08 愛あるところへ              NHK FM LIVE 1979
この曲は「Three and Twoツアー」で演奏されたものの「LIVE」アルバムには
未収録。 NHK FM が唯一の音源だが、正直アルバムアレンジを越えているとは
言いがたい。


09 風に吹かれて                LIVE
10 思いのままに               LIVE
「Three and Twoツアー」の流れて2曲

11 僕のいいたいこと             1982.6.30
松尾さんの曲。 唯一の登場

12 でももう花は咲かない           NHK FM LIVE 1980
13 水曜日の午後               秋ゆく街で
14 僕の贈りもの               秋ゆく街で
15 別れの情景(I)              秋ゆく街で
16 さわやかな朝を迎えるために        LIVE
懐かしの曲コーナー

MC2                     NHK FM LIVE 1980
17 私の願い                  NHK FM LIVE 1980
18 歴史は夜作られる             LIVE
19 生まれ来る子供たちのために        LIVE
20 いくつもの星の下で             NHK FM LIVE 1980
21 心はなれて                1982.6.30
22 言葉にならない              1982.6.30
バラード曲が続く

23 SAVE THE LOVE               LIVE
本来であれば「一億の夜を越えて〜のがすなチャンスを」だと思うが
個人的にはこの曲


24 愛を止めないで               LIVE
25 YES-NO                  1982.6.30
26 I LOVE YOU                1982.6.30
「鉄板」3曲で本編ラストを括る

uncore
27 時に愛は                  NHK FM LIVE 1980
「眠れぬ夜」ライブアレンジを入れたいところだが音源が存在しないので
「over ツアー」アンコール2曲目のこの曲から


28 僕らの時代                 NHK FM LIVE 1980
「We are ツアー」のアンコール。 アコギで登場

29 YES-NO                  1982.6.30
30 YES-YES-YES                1982.6.30
31 NEXTのテーマ               1982.6.30
最後はやっぱりこれしかない

Samsung UBD-K8500 4K Blu-ray Player

57
CES 2016でSamsung から 4K Blu-ray プレーヤーが展示されている。
既にベストバイでは予約が始まっているようだ。

http://www.bestbuy.com/site/samsung-ubd-k8500-ultra-hd-4k-wi-fi-built-in-blu-ray-player-black/4853800.p?id=bb4853800&skuId=4853800

$399.99 はパナソニックの"4K録画のできない"Blu-ray レコーダーに比べると、ぐっと現実的だ。
日本国内はPlayer需要は限りなく少ないが、是非とも、この価格帯でリリースして欲しいものだ。

My Play List 渡辺美里編

IMG_0421
筆者は昔からお気に入りのアーティストが新しいアルバムがリリースされるごとに、徹底的に聴き込み
その中でもこれはと思う曲をピックアップして過去の曲と合わせてFavorite盤(いわゆるベストとはちょっと違う)を作成、コンサートのセットリストを予想してきた。
新アルバムから、この曲はスタートで、アップはこれで、本編最後はこれでといった具合だ。
実際にツアーが開始され、想定通りであれば、ニンマリとしたものだ。

昔であればカセットテープ。 90年代中頃からはCD-R。 そして、ここ10年くらいはプレイリストで実現している。
音源もレコードからCD。 そしてCDからリッピングしたものや配信されるものに変わってきた。
レコードからカセットテープへのダビングはとても手間が掛かるもので、1本のテープを仕上げるにも実時間の3倍くらい掛かった。

それぞれのファンの方には賛否あるかもしれないが、自分がイメージするコンサート・セットリストを公開して行きたい。

第一弾は渡辺美里さん。
年末にコンサートに行った記事を挙げたところ、多くの方から「いいね」をいただいている。
彼女に関しては80年代で時間が止まっている。
90年に開かれたミニ・コンサート(CD1枚)を想定して作成したものだ。

01 君にあえて
02 Boy's Cry
03 RESISTANCE
04 天使にかまれる
05 Teenage Walk
06 悲しいボーイブレンド
07 そばにいるよ
08 Long Night
09 嵐が丘
10 すき
11 Lovin' You
12 My Revolution
13 さくらの花の咲くころに
14 悲しいね
15 Believe
16 10 years


「サマータイムブルース」、「夏がきた」、「ムーンライトダンス」も入ってない。
「ベスト盤」なら入れるだろうが、全体の流れを重視したものだ。
「天使にかまれる」や「悲しいボーイブレンド」は、まず入れないと思うが、後者は今年のツアーの前半で演奏されたのは嬉しかった。

いかがでしょうか?

原付バイクがパンク

IMG_0399
筆者は最寄り駅までの往復に原付バイクで通勤している。
片道1.5Kmほど駅に向かって坂を下るので往きは良いのだが、帰りはずっと登り道なので夏場も冬場も歩きや自転車だと辛い。

自宅まであと50mくらいのところでリアに違和感を感じた。
最後はヘロヘロでようやく帰着した。
タイヤをチェックしたところ完全にエアが抜けている状況だった。
夜遅かったので翌朝みたところ、ご覧の様にビスねじが刺さっていた。
前輪で跳ね上げて後輪に突き刺さったのだろう。

バイク屋さんに取りにきてもらって修理した。
IMG_0401
パンクはこれまで2回経験がある。
またこのバイクは8年目であるが後輪のみ1度タイヤ交換している。
ほぼ駅との往復した使わないので、距離は6,000Km。 但しエンジンが温まらないうちに駅に着くような距離なのでバイク自体には良く無いだろう。

Geteway DX4870-F78Fの前面USB端子の制限

dx2012_default_390x300

アイオーデータのアウトレットで購入した3TB USB外付けHDD を接続して気がついた。

IMG_0530
前面USB端子に接続すると、ブートアップ時にUSB接続キーボードを認識できずにOSが立ち上がらないのだ。
これはバックパネルのUSBに接続することで回避できた。 最もバックパネルでないとUSB 3.0 端子がないので実用上は問題ない。
6884_big
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=4389#
最も、こっちは交換したGIgabyte社製M/Bの制限かもしれない。


「なぞの転校生(1975)」日本映画専門チャンネルに登場


2014年にテレビ東京系列で放送されたシリーズに引き続き、元祖たるNHK少年ドラマ 1975版が日本映画専門チャンネルに登場する。


2014年版は「アカギ」で熱演した本郷奏多が転校生を。
それに対して1975年版はNHK少年ドラマのヒーロー星野利晴だ

40年の時代の違いを痛感する。 NHKとテレビ東京の差もあるが、後者が今風を越えて「チャラい」。


NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 I [DVD]
高野浩幸
アミューズ・ビデオ
2001-04-27



本作品に関しては、小中和哉監督、新山千春が」主役の映画版「なぞの転校生」も存在するが評判がよろしくない。
残念ながら観ていないので、是非日本映画専門チャンネルで放送して欲しい。
なぞの転校生 [DVD]
新山千春
バンダイビジュアル
2003-04-25

渡辺美里 「eyes -30th Anniversary Edition-」ハイレゾ版



渡辺美里さんのハイレゾ音源に関しては、昨年4月1日にCDと同時発売された「オーディナリー・ライフ」があるが、12月に発売された30周年記念のデビューアルバムのハイレゾ版の配信も開始されている。
yes -30th Anniversary Edition-/渡辺 美里
渡辺 美里
レーベル
配信開始日
収録曲数
販売データ
Sony Music Labels Inc.
2015.12.16
全14曲
ハイレゾ|FLAC|96.0kHz/24bit
http://mora.jp/package/43000001/4988010072810/

なんと良心的な3,200円とハイレゾ音源としては安い。
リリース当初のCDはオーサリングが未熟なのか、今となっては「薄っぺたい音」だ。
これはハイレゾで買い直しても良いと思う。

日本映画専門チャンネル「太平洋ひとりぼっち」



1962年 堀江謙一氏の太平洋単独ヨット横断を描いた映画である。
前から観たいと思っていたが、今回の「24時間石原裕次郎特集」でようやく目にする事ができた。
もうかなりのお歳かと思ったら、1938年生まれ77歳と失礼ながらも意外に若いと思った。

氏はアマチュア無線のライセンスもお持ちでJR3JJEのコールサインだったが現在は失効しているようだ。
最初の太平洋横断で通信手段が無く、このためにアマチュア無線のライセンスを取られた。
現在なら衛星電話もあるが当時は短波通信が有効だった。

1996年の足漕ぎヨットによるハワイからの横断の際にアマチュア無線による支援交信が行われ、その際JR3JJE/MMと交信させていただいた。

当時はヨットによる海外への渡航など許可されてなく密出国になったこと。
サンフランシスコでは英雄扱いされて日本国内においても不起訴になったこと。

石原裕次郎の大阪弁がなんともコミカルであった。

上海問屋 後方安全バックセンサー

後方安全バックセンサー [駐車や車庫入れなど、車でバック時の安全確認に。後方の障害物に近づくとアラームで知らせるバックセンサー]
後方安全バックセンサー [駐車や車庫入れなど、車でバック時の安全確認に。後方の障害物に近づくとアラームで知らせるバックセンサー]
うちのクルマには前方及び後方の障害物検知ソナーが搭載されている。
メーカーオプションで組み込まれたもので、非常に重宝している。 何よりギリギリまで寄せて駐車することやミラーで見えないところにある障害物を避ける事ができる。

逆にどんな小さなクルマであってもバックセンサーを搭載していないクルマだと不安で仕方ない。
テクノロジーは人間を助けてくれるものの退化を促すようだ。
オートマチック・トランスミッションが今ほど優れていなかった時代はマニュアルが当たり前であったが、現在では人間よりも的確に素早くアップ&ダウンをしてくれるデュアル・クラッチ・トランスミッションが登場している。

自動運転も「補助ブレーキ」の時代から、やがて目的地を入れれば自動的に連れて行ってくれる、文字通り「自動」車になるのだろう。

それにしても、この値段で買えるとはビックリだ。

2016年に向けて

image
新年を迎え、今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は4K対応の下ごしらえの年であった。
本年はBSによる4K放送も開始されるが引き続きCSプレミアムにおけるスカパー!4K総合も放送される。 ただ、残念なことにChannel 4K 試験放送が3月で終了となる。
決して多くはないが、筆者が4K放送開始前に終了となった4Kコンテンツのリピート放送を期待する。

オーディナリー・ライフ
渡辺 美里
ERJ
2015-04-01


ハイレゾ・コンテンツは新作では渡辺美里さんの「オーディナリィ・ライフ」を購入したが、今年はCDとの同時リリースを望みたい。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ