HD-DVDは今のところ再生ソフトも殆どなく、購入する人は余程のマニアと思われます。
実際、家電量販店の店頭でも一般の方の興味は殆ど引かない様子です。
まあ、再生機に10万円を掛けて、しかも多くのソフトを手にする事ができるのであれば値打ちがありますが、それさえ叶わぬ状況では仕方ないことでしょう。

ところで、コピーワンス以前のハイビジョン・コンテンツをD-VHSやRec-Potに録り溜めて居られる方も多いでしょう。 あるいは一歩進んでPC上のHDDに保存されて、ひたすら次世代DVDを心待ちにされていたかと。
私自身、現在発売されている"旧BD機"をどれだけ買おうかと迷いましたが、クローズドな環境で断念しておりました。

HD-DVDあるいはBDには規格として、媒体はDVDでありながら、論理フォーマットがHD-DVDやBDであるディスクを許可するようになりました。
これはDVDの黎明期にCD-RにDVDの論理フォーマットで書き込んで再生したのと同じノリです。 但し、民生DVDプレーヤはこれを許可せず、PCだけの話でした。

現在のところ、
プレーヤー:東芝 HD-XA1

オーサリングソフト:Ulead DVD MovieWriter5
の組み合わせで実現できております。

実現に関するハードルとノウハウに関して解説していきますので宜しくお願い申し上げます。

TOSHIBA HD DVDプレーヤー HD-XA1

DVD MovieWriter 5 乗り換え/アップグレード版