DVD MovieWriter 5 の入力ファイルとして、MPEG-2PSデータを用いますが、チャプター毎に切り出したものをそれぞれ別ファイルで入力すると、同ソフト上は別トラックとして扱われてしまいます。

後で、ひとつにまとめる事は可能なのですが、間抜けな事に変更のあったところだけを再エンコードすれば良いのに、最初から全部繋ぎなおします。

これでは全く意味がないので、入力側で再エンコードしてから入力することにしました。
使用しましたのは TMPGEnc EDITOR 2.0で、これは再エンコード部分を最低限にしますので時間もあまり掛かりません。

TMPGEnc MPEG Editor 2.0


また、恥ずかしい事に初めて知ったのですが(まあ考えれば当たり前ですが)MPEG2−PSはリニアPCMデータを音声として扱うことが可能です。
従って、簡易フローで紹介したVLCを用いずに、最初の段階で映像(m2v)と音声(aac)を分離し、aac→リニアPCM→ac3とする事で極力音質の劣化を防ごうと考えました。

結構良い感じでできました。