AUDI A3 SB
 筆者の新しいクルマのAudi A3であるがメーカーオプションのカーナビゲーションを選択している。 クラリオン社のOEMであり、同社の最上級機種からネット対応の機能を省き、代わりにステアリングに装備されたリモート機能とドライブコンピュータ(主に燃費等の表示機能)が付属する。
国産メーカであるとカーナビは新車発売時のものが、モデル末期まで継続され市販機種に比べると機能面で見劣りする場合が多いがAudiの場合、年次モデルの発売に合わせて逐次カーナビの機種も更新されているようである。
従って筆者の2009年モデル(2008年10月より発売開始)に対しては2008年仕様のカーナビをベースとしている。

 さて、A3はAudi社の日本に輸入されるモデルではエントリー車種となるが、元々AVシステムには定評がある。
"Audiにoをプラスすると「Audio」になる"と称されるほどで、上級モデルのA4やA8にはBang & Olufsen (B&O)のオーディオシステムを選べるほどである。(中間のA6ではBOSEになるなど一貫性はないが、モデル末期という事もあり、新モデルではB&Oに変更されるのであろう)
比較すると歴然とした差があるのだが、地デジやiPod再生用としては十分だと言える音質を提供してくれる。
もちろん、iPodビデオに対応しているのでナビ側からコントロール可能である。 但し、ビデオ再生に関してはiPodから出力されるアナログビデオ信号を表示するだけであるので、5G iPod Videoでは再生画質に問題がある。(最新のiPod Classicに比べるとDVDビデオとビデオCDくらいの差を感じる)
iPod Touch 1Gはビデオ再生のサポート外なのだが再生はOKである。 但し、「ビデオ プレイリスト」が使えない。アーティスト毎になるので、ビデオクリップをコンテンツ順に再生する事ができないのだ。 これはちょっと辛いところである。