1962年 堀江謙一氏の太平洋単独ヨット横断を描いた映画である。
前から観たいと思っていたが、今回の「24時間石原裕次郎特集」でようやく目にする事ができた。
もうかなりのお歳かと思ったら、1938年生まれ77歳と失礼ながらも意外に若いと思った。

氏はアマチュア無線のライセンスもお持ちでJR3JJEのコールサインだったが現在は失効しているようだ。
最初の太平洋横断で通信手段が無く、このためにアマチュア無線のライセンスを取られた。
現在なら衛星電話もあるが当時は短波通信が有効だった。

1996年の足漕ぎヨットによるハワイからの横断の際にアマチュア無線による支援交信が行われ、その際JR3JJE/MMと交信させていただいた。

当時はヨットによる海外への渡航など許可されてなく密出国になったこと。
サンフランシスコでは英雄扱いされて日本国内においても不起訴になったこと。

石原裕次郎の大阪弁がなんともコミカルであった。