IMG_3731

MPEG-4 ALS はNTTが開発した、ロスレス音声フォーマットである。
14496-3 3rd ED AMD 2(通称ALS:Audio Lossless )」として正式に国際標準として承認された。

なかなか実装製品は出てきてなかったが、ようやくアプリとして対応したものが登場している。
Rdius社の「NeSTREAM」がそれだ。

ちなみにMPEG-4 ALSの技術的特徴として

◇ 符号化によりファイルの圧縮後も元のままに復号化(解凍)することが可能
◇ 圧縮性能は世界1のレベル
◇ 解凍に要する手間は小さく、伝送や蓄積コストの大幅な削減が可能

・ サンプリング周波数192 kHzまで(コンパクトディスク(CD)は44.1 kHz)
・ 32ビットまでの各種整数PCMオーディオフォーマット対応(CDは16ビット)
・ IEEE754 32 ビット浮動小数点対応(CDは整数のみ)
・ チャネル数65536まで (CDは2チャンネル)
http://www.ntt.co.jp/news/news05/0512/051227.html

といったことが挙げられるようだ。