DeAGOSTINI 第二次世界大戦傑作機コレクション第55弾は 「日本海軍 艦上偵察機 中嶋 彩雲」

IMG_6277


彩雲」は世界的にも珍しい艦上偵察機だ。
日本海軍機最速を誇り、また航続距離の長さも特筆ものであったが、残念ながら大戦後期の登場により、艦上機としての活躍は叶わなかった。
例により中島「誉」エンジンの不調により、試作機の650Km/hに達した最高速度も量産機では610Km/hほどに低下した。
それでもF6Fより優速であった。
「我レニ追イツク敵機ナシ」の電信を発したのは「あ号作戦」、「マリアナ沖海戦」で硫黄島からサイパン方面への強行偵察においてであった。

さて組み立ててみる。
IMG_6278



細長いのがよくわかる。


「百式司偵」と並べてみる。
IMG_6281

IMG_6279


双発にも関わらず「百式司偵」が意外にコンパクトなのがわかる。