「ribbon」がリリースされて30年になる。
このアルバムの収録曲は
  • 1. センチメンタル カンガルー
  • 2. 恋したっていいじゃない
  • 3. さくらの花の咲くころに
  • 4. Believe (Remix Version)
  • 5. シャララ
  • 6. 19才の秘かな欲望 (The Lover Soul Version)
  • 7. 彼女の彼
  • 8. ぼくでなくっちゃ
  • 9. Tokyo Calling
  • 10. 悲しいね (Remix Version)
  • 11. 10 years
  • 12. Half Moon
  • 13. New Boyfriend
  • 14. 君の弱さ

12-14 はオリジナルには含まれない。
コンセプトアルバムながら、「手を抜いた楽曲」がなく全曲シングルでリリースできるくらい気合いが入ったアルバムだ。
その中でも「
Believe (Remix Version)」」および「悲しいね」に対して「10 years」。
小室哲哉、大江千里のぶつかりあいで、美里を巡る三角関係を窺い知る良曲だ。
個人的にはこのアルバムが彼女のベストだと思う。 

ちなみにハイレゾ配信もされている。
http://www.e-onkyo.com/music/album/smj4547366361995

配信だとおまけのDVDやブックレットが付属しないのが悩ましい。

さて、この年、1988年の「渡辺美里 『MISATO & THE LOVER SOUL "ribbon power"』」と称されたスタジアムコンサートは
西武球場だけでなく、大阪球場で先行して開催された。
1988年7月22日(木) 大阪球場
西武球場は2日後
1988年7月24日(土) 西武球場
筆者は大阪球場のコンサートに参戦した。

ちなみに後者はNHK BS で生放送された。
音声は衛星モードB(48KHz 16it)と非常に高音質で、筆者はS-VHSで録画したものを所有している。

IMG_0421


セットリストは以下の通り
 
01. My Revolution
02. BELIEVE
03. New Boyfriend
04. 言いだせないまま
05. ぼくでなくっちゃ
06. 悲しいね 
07. 彼女の彼 
08. 雨よ降らないで
09. 18才のライブ
10. Long Night
11. センチメンタル カンガルー 
12. 19才の秘かな欲望 
13. Resistance
14. Tokyo Calling 
15. It's Tough
16. GROWIN' UP
17. 恋したっていいじゃない 

−−ENCORE−−

18. 10 years 
19. Boys Cried (あの時からかもしれない)
20. さくらの花の咲くころに 
21. シャララ 
22. HAPPY TOGETHER 
 
「eyes」の30周年記念コンサートが開催されたが、今回もZeepで開催される。
そして、そのあとのツアーも千秋楽が、大阪NHKホールと悩ましい。