red
原付バイクは50cc以下の減少傾向が続くなか、いわゆる「原付2種」と呼ばれる125cc未満の売上が伸びている。

「小型二輪」の免許が必要というものの、30Km/hという非現実的な速度規制の適用を受けず、また保険代が安いのがポイントだ。
自家用車を持っていると特約契約で安価に任意保険をかけることができる。

高速道路や自動車専用道路を走行できないのが玉にキズであるが、下駄代わりなら気楽に乗れるのも良いところだ。 もちろん2人乗車も可能だ。

その流れをくんでHONDA からCBシリーズのエントリーモデルとして、CB125Rがリリースされている。
最上位モデルのCB1000Rに通じるデザインは125ccとは思えない。
また、このクラスであっても新たな法令によって、ABSを搭載しているがそれが故に価格もアップしているのが辛いところだ。

正直、44万8200円はちょっと高いと思う。

対してSUZUKI は「割安」だ。
ライバルたる GSX-125 ABS は35万4240円と10万円も安い。

pc

フルカウル仕様でさえ、38万6840円だ。
pc
そして、ファミリーバイク特約の適用外の150ccでインド生産となるが、GIXXERはなんと32万1840円だ。
pc