vmax12

VMAX も排ガス規制の洗礼を浴びて2017年で製造中止となっているバイクだ。
今回試乗させてもらったのは2003年型だから15年前の車両。
写真を撮り忘れたので、ありもので恐縮だが、前型の後期モデルとなる。
1985年に初期型がリリースされて、2007年まで製造されたロングセラーモデルだ。

ちなみにVMAXは文字通りV型4気筒 1197cc エンジンを搭載し当時としては高出力の145馬力を出した。 もちろん、最近のスーパースポーツモデルの方が馬力もフレーム剛性も、そして何よりもブレーキ性能は上。
ただ、その独特のデザインで人気モデルであった。
なお、2型では1,7リッターまで排気量が拡張され、もはやクルマだ。

さて、乗ってみるとアップライトなアメリカンなポジション。 手を伸ばせばハンドルがあるというもので、座席も低い。 逆に前傾するバイクばかり乗ってきたので、このポジションではとても飛ばす気にはならない。 ただエンジンは粘るし凄く楽なバイクだ。
何よりトルクがあるのでクラッチミートに気を遣う必要はない。
3速に入れておけばオートマ感覚で乗れる。
不用意にアクセルを開けない限り従順なしもべとして仕えてくれるだろう。

20万円くらいで手に入るようなので、これはこれで下駄代わりに良いかもしれない。