いつのアップデートで対応したのか不明だが、最新OSバージョンではBDAVディスクの再生が可能だ。
BDAVはBlu-ray レコーダーの録画モード。 市販Blu-ray はBDMV。
両者の一番の違いはメニューを持つかどうかで、前者はレコーダーの機能で実現している。

DVDレコーダーの VRモードよりは市販パッケージのフォーマットに近い。

ただ、未だにバグがある。

レコーダーで録画したAACSで暗号化されたディスクの再生は可能だが、自作Blu-rayで暗号化していないディスクの再生はできない。
これはなんとかして欲しいものだ。

もちろんBDMV形式で作成すればクリアできるのだが、BDAVであってBDMVで無いのは、音声フォーマットで、後者は放送音声で使われるAACがサポートされない。 AACがソースの場合、PCM や AC3に変更する必要がある。

また、この問題は XBOX ONE S に関するものであるが、他プレーヤーでは 媒体が BD-R の場合、BDMV形式の再生をサポートしないものもある。

一般的には Blu-ray レコーダーで作成されたBD-Rの再生にしか使わないだろうから、このような障害が見過ごされるのだろう。