全く一般には情報が開示されていなかった、4K Blu-ray レコーダの記録フォーマットであるが、ファイル構造が判明したので報告する。

当初、本放送がスタートするまで書き出して調査することもできないと思っていたが、よく考えれば4K テスト放送が流れているので、これを録画して書き出せば良いとひらめいた。

BS朝日4K 放送のテストパターンを30秒ほど録画してBlu-rayに書き出した。

ディスクフォーマットに最大3分かかる。

IMG_8281

書き出したBlu-ray ディスクをBlu-ray コンボドライブにかけたところ認識できてファイルとしても読み込めた。 UHD Blu-ray が非対応のドライブではメディアとして認識しないのに対してこちらのほうがユニバーサルである。

ディスクのルートはこのようになる。
BDAV と  AACS2_av のフォルダだ。
AACS2_av が AACS 2 のプロテクトキーが含まれるのだろう。
2K番組は AACS フォルダに含まれるプロテクトキーが互換性を保つために使われると思われる。

スクリーンショット 2018-11-29 23.50.59




AACS2_av フォルダを覗く。
MKB がこの階層。
スクリーンショット 2018-11-29 23.51.30



AACS_av にunit キーがある。
スクリーンショット 2018-11-29 23.51.46



AACS フォルダは見慣れたキーが。
スクリーンショット 2018-11-29 23.52.25






BDAVフォルダもおなじみのものだ。
スクリーンショット 2018-11-29 23.53.57

CLIPINF
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.06



PLAYLIST
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.27



STREAM  こちらは拡張子がmmts となる。 m2tsと互換があるファイル形式だ。
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.44