NHK 8K放送の特に音楽ライブ放送は22.2chというとてつもないチャンネル数で放送されている。
フルレンジのスピーカーを使ったとしても22個+ウーファーが2個の合計24個のスピーカーを設置できるものか?
と思うかもしれない。

あくまで音の定位が立体的に保持されるだけで、必ずしもチャンネル数だけスピーカーが必要というわけではない。

今ではDSPを使って演算することでフロントスピーカーだけで後ろから音が出ているように見せかけることさえ可能である。

本品もそういった概念で作られたものだ。