Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

ソフトウエア

iPod 5G の「Rockbox」 を評価する

IMG_2625

先日 RockBox を導入した iPod 5G の音を評価する。

IMG_2626

まず、通常のAACの再生であるが、全く問題ない。
イコライザー等の細かい設定ができるのが美点だ。
表示文字フォントの書体や大きさ、色の変更が可能だ。

さて、本命のハイレゾ FLAC 96KHz/24bitの再生。 些細なことながら問題があった。

IMG_2627

ジャケ写真が出ない。 Walkman WM-ZX2 では問題ないのでこれは RockBox のバグのように思える。
音に関しては流石に ZX2 と比べるべくもない。ただ、オリジナルでALASで聞くより良いのは確かだ。

iPod 5G に 「Rockbox」 を導入してハイレゾ音源対応

IMG_2625


「Rockbox」は MP3プレーヤー用のカスタムファームウエアでオリジナルでは再生不可能な音楽フォーマットをサポートするものだ。

iPad向けには2005年頃から移植がスタートし、第1世代(1G)〜5.5GまでのiPod、iPod mini、iPod nano(1G〜2G)がサポートされる。
2016年11月現在の最新バージョンは1.4.0で2014年1月5日のリリース。

57

https://www.rockbox.org/wiki/RockboxUtility#Download

注意すべき点として
・FAT32 でフォーマットされていること(Window を母艦としている必要はない)
・音楽データ等は一度消去されるので再度同期をとる必要がある
・ディスクモードでPCに接続されていること
・サポートソフトは Mac OS Windows LINUX があるが、筆者の環境(Mac OS 10.9.5)では
 iPod にアクセスする権限がないと怒られてインストールできなかった
・Windows は 2000/XP/Vista/7 まで 8/8.1/10 はサポートされない

14

そこでParalles Desk Top 上の仮想環境、 Windows XP でインストールを行った。
流石に「安定のXP」で旧いソフトを動作させるには一番だ。

なお、「Rockbox」専用機になるのではなく、電源投入時 Appleマークが表示された直後にホールドスイッチをHOLD側にスライドさせると、オリジナルの「純正ファームウェア(以下、iPod OS)」で起動する。

この状態では「無改造のiPod」として認識されるので、iTunesライブラリの音楽データをiTUNESで転送できる。
「Rockboxモード」に戻すには、HOLDを解除した状態でiPodを強制再起動(MENU+SELECTボタンを押し続ける)すればOKだ。
FLACデータ等iTUNESで管理できない音楽データは iPod をディスクモードでコピーする。

なお、「Rockbox」で日本語表示するには
1)トップ画面から「Settings」→「Theme Settings」→「Font」の順にメニューを選択して
 日本語フォントを選択
2) 「MENU」ボタンを数回押してトップ画面へ戻り、「Settings」→「General Settings」→
    「Language」→「japanese」の順に選択
でOKだ。

筆者はFLAC 96KHz/24bit の再生を確認している。

KORG Audio Gate 2.3.3 で DSDディスクを作成する

00

Korg社のAudio Gate はハイレゾ音源をフォーマットの相互変換の他にSA-CD互換のDSD作成が可能だ。
残念ながら最新バージョンではKorg社の機器を所有していないと出力のサンプリング周波数が48KHzまでに制限される。

そこで今回、Audio Gate 2.3.3 を用いて、FLAC音源(96KHz/24bit)を元にSA-CDを試作してみた。
まず、FLAC→DSF 変換を行う。一度にディスクの書き込みまで可能であるが、DSFデータも保存したいので2段階で行う。
ファイル→フォルダを開く で一度に読み込むことが可能だ。
ファイル→エキスポート
 ファイル形式→DSF
 ファイルの種類→ステレオ
 サンプリング周波数→2.8MHz
 量子化ビット数→1 bit
以上の設定でSA-CD 互換のDSD形式に変換する。

49

改めてDSF形式のデータを読み込ませる。 フォーマットが DSF(2.8MHz)となっているのが判るだろう。
ファイル」→「ディスク書き込み」を選択して、空のDVDメディアをドライブに入れる。
出力するソング→すべて
ディスク形式→DSDディスク(2.8MHz)
で「作成する」

36

TMPGEnc MPEG Editor 3 のトランスコード機能を使う

12

エンコード済みの動画をDVDに焼く場合、できるだけビットレートを稼げる様にDVDの容量を越えるファイルを用意しておいて、最後にトランスコードして1枚ぴったりに収めている。
DVD一層(4.7GB)に収めるのにDVD二層で余裕を持って作成して、一層にする際にDVDShurink を用いる。

この方法だと二→一層はOKだが、二層を越えるものを二層に合わせることはできない。
そこで、TMPGEnc MPEG Editor 3のトランスコード機能を使ってみた。

出力設定→映像設定→レート調整モードをVBR(トランスコード)に変更。
トランスコード設定でターゲットとなるモードを選べばOKだ。

iPhone 6S Plus を iOS 10にアップデートする


IMG_2139

早速アップデートしてみた。
ダウンロードは3分。
アップデートは30分ほど掛かったが無事に終了した。

TEAC Hi-Res Editor

14

なんと無償で提供される。

『TEAC Hi-Res Editor』は、ハイレゾ音楽ファイル(DSD/PCM)の編集が可能なソフトウェアです。
DSD は11.2MHz、PCM は384kHz/32bitまでのハイレゾ音楽ファイルに対応し、DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割/結合といった基本的な編集に加え、画面に表示された波形を見ながらイン/アウト点で直接指定した区間の変換/書き出しを行うことが可能です。

DSDファイルの基本的な編集が可能な『TEAC Hi-Res Editor』があれば、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-503」やポータブルヘッドホンアンプ「HA-P90SD」等のDSD対応製品における再生用ファイルの編集用途に活用することが出来ます。曲間なしで録音されたDSDファイルの曲ごとの分割やファイルの結合、DSDの音源ファイルをPCMにフォーマット変換することも可能となります。加えて、TASCAM のステレオマスターレコーダー「DA-3000」で収録したDSDファイルの活用範囲も広がります。

https://teac.jp/jp/product/teac_hi-res_editor/top


しかも WIndows だけでなく Mac OS に対応しているのがうれしい。
従来、DSDファイルの編集は大変だっただけに有償でも良いくらいだ。

Media Go が11.2MHz DSD対応

DSC_2577「SONY製 iTUNES」たる、Media GO がバージョンアップした。 Media GO の良いところはiTUNESからインポートできることで、流石に一度取込んだものを再度となると誰もしない。 もはやiTUNESよりも高機能になっている。 筆者は未だにCDに関してはiTUNESで取込んでいあるが、ハイレゾ音源に関してはMedia GOで管理している。

4K TS → MP4 変換を DVD Fab の無料ツールで試みる

21

DVD FabというとDVDやBlu-rayをリッピングするためのツールと思うかもしれないが、実は映像フォーマットやコンテナ変換が可能なツールだ。

そこで、こちらを元に4K TS → MP4 のコンテナ変換を試みた。
上手く行ったか?

残念ながらエラーとなった。
無変換での4K コンテナ変換の道は長いようだ。

iOS 9.3.5 セキュリティアップデート

IMG_1995

8/26にiOS 9.3.5がリリースされている。
前回 9.3.4は端末によっては問題を引き起こすものであったが、今回はどうだろうか?

セキュリティアップデートだけに安心して利用するには掛けない訳にはいかないだろう。

SONY PC TV Plus

04

従来、Android や iOS用の視聴アプリがあったが、PC用に関しては積極的な提供はされてなかった。
「SeeQVault書き出し」に対応しているのがポイントで、筆者の様に同規格に対応していないBlu-ray機であってもPCに接続したSeeQVault対応 HDD に書き出せるのがポイントだろう。

体験版が無料提供されるのでダウンロードしてみた。


iOS 9.3.4 にアップデート

IMG_1853

8月5日に新しいアップデートが供給された。
重要なセキュリティの問題を修正・改善するものであるので、速やかな適用が望ましいだろう。

SoundEngine Free版 を利用してマキシマイジング処理を行う

21
先の記事、「ANRI Melodies Smooth & Groove」で「マキシマイジング」して音レベルを合わせたと記した。
どのようにしたのか質問を受けたので紹介する。
まず、SoundEngine Free版をダウンロードしてインストールする。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/soundengine/

商用利用でなければ無償で利用可能だ。

入力する音源はWAV形式で用意する。
1)「開く」で選択
2) 「解析」のタブを選択
3) 「音量」→「オートマキシマイズ」を選択

24
レベルを「-13.0 db」とする。
「OK」をクリックする。
4)「ファイル」→「名前を付けて保存」で「必ず違う名前」で保存すること
 そのまま保存すると上書きされて、しかもエラーになる。

これでOKだ。

PS4 メディアプレーヤー

PlayStation 4 本体(ジェット・ブラック)プレイステーション4 通常版 【お一人様一台限り】 【税込】 ソニー・コンピュータエンタテインメント [PS4 CUH1200AB01 プレステ4]【返品種別B】【送料無料】【RCP】
PlayStation 4 本体(ジェット・ブラック)プレイステーション4 通常版 【お一人様一台限り】 【税込】 ソニー・コンピュータエンタテインメント [PS4 CUH1200AB01 プレステ4]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

PlayStation 4 の「メディアプレーヤー」ソフトが Ver 2.0.0になり、ようやく MPEG2-PS とMPEG4 に対応したようだ。
それにしても画期的なメディアプレヤーであったPS3に比べてPS4の劣化ぶりはいかがなものか?

本来であれば H.265 に対応して、4Kプレーヤーとして期待したいところだが、全くその気配はない。

TASCAM TRACKPACK iXR

TASCAM タスカム / TASCAM TRACKPACK iXR レコーディングスタートアップパッケージ《予約注文/6月下旬発売予定》
TASCAM タスカム / TASCAM TRACKPACK iXR レコーディングスタートアップパッケージ《予約注文/6月下旬発売予定》

バッグに入る音楽スタジオ。

iXRは、普段iOSデバイスにお使いのLightningケーブルを使ってiPadと直接接続できる、ポータビリティにあふれたオーディオ /MIDIインターフェースです。iPadの良さは、気軽にどこへでも持ち運べること。このiPadのポータビリティを損なわないことをコンセプトにし た、新しい音楽制作スタイルの提案です。

ポータビリティを損なわないよう角や突起物のないスリムなデザインを採用。加えて筒型のアルミ材を採用したことで、持ち運びの衝撃にも耐えるタフな ボディを実現しました。前面の端子はガードで保護され、背面の端子は表面から一段下がって配置されているため、端子などの破損を気にすることなく持ち運ぶ ことができます。

もちろん、音楽制作機器に相応しい高音質も追求。業務用レコーダーに搭載されその音質が好評のUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載。ノイズ の少なさを示すS/N比は101dB、マイクアンプEINは-125dBu以上と非常に高いスペックを実現し、ボーカルやアコースティックギター、管楽器 など様々な楽器をクリアに、ハイレゾフォーマットで録音できます。

操作子も少なく使い方はいたって簡単。レコーディングに特化して機能を厳選していますので、はじめての方でも使いこなすことができます。

マイクをお持ちでない、これからレコーディングをはじめてみたい方には、マイク、アクセサリー、ケースがセットになったレコーディングパッケージ、TASCAM TRACKPACK iXRもご用意しています。

https://www.teac.co.jp/jp/support/news/2379


どれくらいの価格かと思ったら結構安い!
これはなかなか買いではないだろうか?

JRiver Media Center 21 Vecter 特価セール中

59
現在Vecterで特価セール真っ最中である。

なんと31% OFF で4,780円だ。
http://n.shop.vector.co.jp/service/catalogue/jriver/buy1.php

DigiOnSound X 登場

22
PC用サウンド編集ソフトがハイレゾ対応して満を持して登場する。

Windowsパソコン向けサウンド編集ソフトとして15年以上の歴史を持つ DigiOnSound(デジオンサウンド)シリーズは、非破壊型の波形編集機能を基本とした豊富な機能と、直感的で分かりやすい操作性が評価され、ハイ アマチュア向け高機能アプリケーションとして支持されています。

後継製品となる DigiOnSound X(デジオンサウンド テン)シリーズでは、高周波成分を生成するエフェクトエンジン「DHFX」の新規追加や、対応フォーマットの追加など、ハイレゾ音源編集機能が強化されたほか、Gracenoteが提供するGracenote MusicIDR(*1)にも対応し、ファイルフォーマットへ含まれる楽曲情報に付属するきめ細かなメタタグ編集機能も強化されました。

http://www.digion.com/digionsoundx/


これは楽しみだ。

Windows NT 互換 ReactOS 0.4.0 を Mac OS Paralles DeskTop 9.0 環境にインストールする

57
ReactOS は Windows NTファミリー互換のオープンソースOSだ。

Windows互換を目指し開発されているオープンソースOS「ReactOS」の最新版v0.4.0が2月16日にリリースされました(アナウンスPhoronix)。現在公式サイトよりインストール用のBootCDとインストールせずに実行可能なLiveCDのISOイメージをダウンロードすることができます。

ReactOS 0.4.0は0.3.17リリース後以来1年以上かけて開発が続けられてきたReactOSの新バージョンです。昨年末の0.4.0 RCリリース以来、正式版の公開が待たれていました。主な新機能として以下の項目があげられています。

ユーザー視点:

  • ext2リードライトとNTFSのリードサポート
  • 新しいエクスプローラーのシェルとテーマのサポート
  • SATAサポート
  • USBサポート
  • VirtualBoxとVirtualPCのサポート
  • 無線ネットワーク

開発者視点:

  • CMakeがGCCとMSVCコンパイルをサポート
  • コンパイルタイムが顕著に改良
  • カーネルデバッギングのためのGDBリモートデバッギングインターフェイス
  • WinDBGのサポート
http://www.softantenna.com/wp/software/reactos-0-4-0/

筆者のMacBook PRO のParalles DeskTop 9.0 仮想環境にインストールしてみた。
https://sourceforge.net/projects/reactos/?source=typ_redirect
からインストールCDイメージファイルをダウンロード。
新OSを仮想環境にインストールする設定であっけなくインストールができた。
インストールするOSをWindows NT とするのがポイントだ。

なお、日本語のローカライズされている方がおられるが、こちらはまだ、0.3.17である。
早晩 0.4.0 に対応されるかと思うが、まずは使ってみたかったので「本家の」0.4.0 を選択した。

multiAVCHD でAVCHD仕様ディスクを作成する

21
multiAVCHDは動画データをAVCHD仕様に変換してくれるフリーソフトだ。

最新バージョンは4.1.771 でJuly 04, 2012が最新更新日となる。
公式サイトより、ダウンロードページの方が最新版があるというちょっと怪しげだ。

multiAVCHD allows you to turn a bunch of MKV, M2TS, TS, VOB, AVI files and a bunch of DVD, Blu-ray/AVCHD/BDMV folders into disc with a simple menu structure that should play on Blu-ray players. Put up to 252 different files, MPEG2, Quicktime MOV, MKV/AVC, M2TS/MTS, TS and AVCHD/BluRay folders in one place and navigate all these via nice 1080p top menu. One click DVD to Blu-ray/AVCHD(no reencoding). Convert Blu-ray/AVCHD to SD DVD ( Standard DVD-video).
http://www.videohelp.com/software/multiAVCHD

頑張れば凝ったメニューも作成可能。
Blu-rayメディアの価格が大幅に安くなっているので、時間を掛けて変換する価値がどれほどあるかは?であるが、比較的ラフに取り扱えるDVDメディアに記録できるのがポイントだろう。

sMedio TrueLink+ Hi-Res Edition が Windows Store で100円

25
今までハイレゾ再生ソフトはフリーのFoober2000を使ってきた。 有料ソフトの試用版も試してみたが価格設定に対して価値を見いだせなかった。
ところが本ソフトは元々1,500円と安い上に6日まではキャンペ−ンで100円で購入できる。
sMedio TrueLink+ Hi-Res Editionはハイレゾオーディオ再生対応の、多機能メディアプレーヤーです。
他のネットワークプレーヤーに入っているビデオ、写真、音楽をワイヤレスで自由に再生することができます。
写真、ビデオ、音楽の再生が楽しめる、低価格かつ高品質なマルチメディア・プレーヤー・ソフトウェアです。
Windows Store 価格 1,500円 発売記念特価100円!(期間限定: 2015/12/4~12/6)
http://www.smedio.co.jp/soft/products/dlna/tl-hi-res/

早速ダウンロード購入してみた。
時間の関係でこれ以上試せていない。

K-Lite Codec Pack 11.7.0 最新版がリリースされる

37 1
ビデオ再生用コーデックとプレーヤーを同時にインストールできる、「K-Lite Codec Pack」の最新版がリリースされている。
http://www.codecguide.com/

Channel 4K の放送映像をMY2012 MacBook Pro 15inch (Core i-7) / Paralles DeskTop Windows 8.1 環境で再生したところ40fpsで再生できた。
旧来であれば30fpsもおぼつかない状況であったので,H.265 / HEVC への最適化が進んだ感じだ。

Yaffmi を FFmpeg のフロントエンドに用いる

30
先のFFmeg のテストでTS→MP4へのコンテナ変換ができるようになった。
バッチファイルにドラッグ&ドロップさせても良いのだが、GUIで操作できるようにYaffmiで使えるようにした。
YaffmiはGitHubからダウンロード可能だ。
Binary も落とすことができる。
https://github.com/PunMaster/yaffmi

FFmpegも同時にインストールされるがバージョンが古い。
2015年11月現在の最新版 はこちらからダウンロードしてファイル名を変更してホルダにセットする。

Yaffmi のインストールが終了したら立ち上げて以下のように設定する。
Output タブ
  File format → mp4
  FIlename Extension → mp4
Videoタブ
 Codec → copy
Audioタブ
 Codec → mp2
 Bit rate → 384k

Presetタブに戻って
 Save As → MP4 HEVC TS→MP4
これでPreset にSaveされるので、次回からはこれを呼び出すだけでOKだ。

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 による TS→PS変換

26
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 に4K録画ファイルを読み込み、コンテナをTSからMP4への変更を試みた。
カット編集は問題なく行える。
さすがにGPGPUのH/W支援なき、 Core i-7 3770 では、リアルタイムでのタイムライン表示はしんどいが、なんとか使えなくは無い。

32
ところがだ、出力しようとすると問題が発生する。

14
むむむ! まだまだ多難なようだ。

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 による H.265/HEVC ファイルの解析

26
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 に4K録画ファイルを読み込まして解析してみた。

38
ちなみに「高度な分路ツール」を使って Demux したところ、映像データ部はHEVCの拡張子で分離できた。

待望の TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5

27
待望の H.265/HEVC のスマートレンダリング対応ソフトの登場だ。

本バージョンでは、MPEG-1/2、H.264/AVC に加え、新たに次世代映像フォーマット "H.265/HEVC" にも対応。更に幅広い範囲でのスマートレンダリング対応を訴求すると共に、カッティングツールは「編集作業が高速に、そしてスムーズに行えなければならない」という原点を見直すことをコンセプトにおいています。内部処理を一から見直すことはもちろん、シーク動作やカット手順の精査など、プログラム以外の要素にも多く追求しています。また、CM候補検出などをフォルダー監視で自動実行する新たなツール「プロダクションツール」など、編集の事前準備にも効率化がされる機能を追加しています。Blu-ray(BDAV)出力や iVDRR-S 編集機能なども搭載し、高画質で高速なカット編集、出力を実現します。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tmsr5.html

筆者は、本ソフトの祖先たる、「TMPGEnc MPEG EDITOR 3」を愛用している。
文字通り「MPEG2」までのスマートレンダリングに対応したソフトだ。
ちなみに、「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は H.264/AVCに対応しているが、H.264/AVCを再編集する機会はほとんど無かったのでバージョンアップを見送っていた。

それに対して「5」はいよいよ H.265/HEVC に対応しているのがポイントだ。
4K/8Kデータを取り扱うためには必須のソフトだと言えよう。

11月11日の発売を前にして、体験版のダウンロードがスタートしている。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/download/tmsr5.html#content

Microsoft Edge がMiracast と DLNA に対応

edge-cast
Media Casting in Microsoft Edge: You can now use Microsoft Edge to cast video, picture, and audio content from your browser to any Miracast and DLNA enabled device on your network.

http://blogs.windows.com/windowsexperience/2015/10/29/announcing-windows-10-insider-preview-build-10576/
との事だ。

ただし、PCのローカルデータをキャストするのではなく、インターネット上のコンテンツ。
ビデオはYouTube が可能なだけだ。
Cast a video from YouTube: Go to YouTube.com in Microsoft Edge. Click on the “…” menu and the top left, and select “Cast media to device” and select the Miracast or DLNA device you want to cast to.

TMPGEnc Video Mastering Works 6 を導入

34
4K/8K 映像を取り扱うには、次世代映像コーデックである、H.265/HEVC のエンコード/デコード、編集が必須だ。
H.265/HEVC は前世代のH.264/AVCに比べて2倍の圧縮率を有する。
但し、4K は 2K の4倍の情報量となるのでデータ容量は2倍となる。 8K となると4Kの4倍になるのでH.265/HEVCといえど、かなりの容量となることが判るだろう。

実際、4K映像のエンコード/デコードはCPUの演算だけだとかなり苦しい。
Pentium 4 1.5GHz 時代のMPEG2 HD エンコードと同等だ。
GPUによる再生支援が必須だ。

KORG AUDIO GATE 4

54
PC用ハイレゾ音楽プレーヤーの雄たるたる AUDIO GATE が魅力的なアップデートをして新バージョン「4」が11月下旬に登場する。

AudioGateに新たに録音機能が加わりました。AudioGate 4がインストールされたコンピューターと、DS-DAC-10RをUSBケーブルで接続するだけ。これまでの最もシンプルな高音質再生システムが、最もシンプルな高音質録音システムに進化しました(※1)。

録音 / 再生ともに、DSDなら5.6MHz、2.8MHz、PCMなら最大192kHz/24bitのフォーマットに対応。これからは配信サイトからのリリースを待つだけでなく、お手持ちのソースをDSD録音し、いつでも好きなときにいい音で聴くことができます。

※1. ADコンバーター搭載のDS-DACシリーズ(現在はDS-DAC-10Rのみ)との組み合わせでDSD録音に対応。従来のDS-DACシリーズは録音機能に対応しておりません。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate4/#sthash.48KifHwQ.dpuf

http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate4/

42
同社の新製品DS-DAC-10Rと組み合わせないとDSD録音には対応しないが、AudioGate 4単品の購入が18,500円もすることを考えると、6万円と想定されるオープン価格も決して高いものではないだろう。

録画サーバを Windows 8.1 デュアルブートに

dx2012_default_390x300
 ようやく回復した録画サーバであるが、なんと Windows 8.0 のままであった。
既に Windows 8.1 にアップデートしたものと思っていたが、そうではなかった。

そこで現環境をバックアップして Windows 8,1 にアップデートを掛けた。
Windows Update を掛けようととしたら、通らない?
Windows アカウントが認証されていないためらしい。
ローカルアカウントから変更したのが仇となったようだ。
こちらも登録メールアドレスへの認証でなんとか通るようになった。
幸い非互換のドライバーはなかったので助かった。

次に両立できないWindows環境を切り替えて使えるように別ディスクにもWindows 8,1をインストールすることにした。

ところがこれが難儀であった。
別HDDにインストールする為に、まずはパーティションを再構築してインストール用スペースを確保する。 ここまでは問題なかったのだが、ファイルを移動させる為に1時間ほど掛かった。
これでインストールできると思ったら、MBRディスクはダメと!?
すっかり忘れていた。 そこでMBR→GPT変換を掛ける。

良し!
と思ったら、今度は、このディスクにはインストールできないと!
ネットで調べると複数HDD接続されている場合、2nd HDDにはインストールできない場合があると。
そこで、Blu-ray とインストール先のHDDを除いてSATAケーブルを引き抜く。

これでようやくインストール可能となった。
それにしても「初期 WIndows 8.0」インストールディスクから157個のアップデートがあり、これの処理で1時間以上掛かった。
Core i7 3770 + eo光(100M プレミアム)でこれだけ掛かるのだから、遅いCPUやネット環境だと嫌になるだろう。
これでやっと Windows 8.1 あるいは Windows 10 にアップデートできるようになるのだから。

iPhone 6s Plus 機種変更から2週間のインプレッション

DSC_2772
iOS機器は仕事では初代iPad mini。 個人的にも 初代 iPod iPod touch 4G iPhone 3G (WiFi 運用のみ) 初代 iPad 。 家族利用では iPad 2 iPhone 6 Plus iPad Air 2 と結構な機器を使ってきた。

お財布携帯機能が重要だったので、初代 Xperia に機種変更した時もガラケーとの2台持ちしていた。 今回も Xpria Z にOCN Mobile のSIM を入れて2台持ちだ。

3年前の XPeria Z に比べて、あらゆる動きがキビキビしている。
何よりびっくりしたのは電話が接続される速さだ。
ダイヤル接続の待ち時間を全く感じない。 逆に間違って掛けてしまっても取り消す間もなく呼び出し音が聞こえる。 これは iPhone がというより、VoLTE の恩恵かもしれない。

アプリのUIに関しても、例えば FaceBook などは iOS版の方が洗練されている。
FaceBookからメッセンジャーを呼び出して戻る際にワンアクションで戻れるといった細かいところだが美点だろう。

今では主要アプリはどちらでも使えるようになってきたがiOSだけのもの、Andorid のみのものが存在する。
例えば、ネットラジオ録音に対応した Raziko。
このアプリのためだけに Andorid は手放せない。 

また、ハイレゾ対応ではないにしてもオーディオ品質の向上も著しい。
この点では、初代 Xperiaは負けている。 iPod touch 4G とのでは比較をするのも愚かしいくらい上だ。
もちろん付属イヤフォンではなく愛用する SONY XBA-40iP を接続してのもの。

それにしてもアクセサリー類の豊富さには改めて感心する。

iOS 9 をめぐる互換性トラブル

iphone6sp-select-2015
待望のiPhone 6s/Plus が発売となり、関連用品市場も活況を呈している。
OSのバージョンアップ、H/Wの変更に伴う従来製品との非互換が出ている。
これに関してはiOS 7 → 8 よりも多いようで、特にLightning周りのドライバーに問題が出ているようだ

iOS機器でハイレゾオーディオを聴くには別途外付けDACを持ち歩く必要があり、そこまでしなくても単体で動作可能なDAPを持ち歩く方が良いのではないかと思う。

Move to iOS をインストール

34
iPhone 6s Plus への機種変を決めたので、Xperia Z から「お引っ越し」する必要が出てきた。
写真や音楽コンテンツは良いが電話帳やメールはなんとかしたいものだ。

今回、タイミング良く、Move to iOSがリリースされた。
ただ余り評判は良く無さそうだ。

Windows 10 パッケージ版は USBメモリーで提供

マイクロソフト Windows 10 Pro 日本語版
マイクロソフト Windows 10 Pro 日本語版
Homeエディションが1.4万円ほどとDSP版と変わらない価格で手に入るようだ。
ドメイン運用が不要なホームユーザーには嬉しい価格設定だと思う。

もちろん、Windows 8 の時のようにアップデートが1,000円などであればもっと嬉しいが、それは難しいだろう。

Raziko の録音ファイルを取り出す Google Drive編

14
以前、
> その際、録音ファイルは仮想SDCARD内のrazikoフォルダ内にできる。
> Andrid 4.x は外部SDCARDに直接書き込みができない制限の為だ。
> ところが最近のアップデートでPCからみえなくなってしまった。
> Android 端末からは見えるのだが、外部SDCARDへのコピーも移動もできない。
と記した。

こんなややこしい事をしなくても、Google Drive を用いれば一発で他デバイスに持って行けるようだ。
スマホからクラウドのGoogle Drive にアクセスして、ファイル指定でアップロードすれば何ら問題なく解決した。

MediaInfoXP で radiko.jp のストリームデータを解析する

02
radiko.jp は日本国内の放送局が聴けるサービスである。
これを Andorid 用 アプリ raziko を組み合わせる事でタイマー録音可能だ。

ストリーミングのフォーマットとして、AACが用いられるが詳細な情報を知るため、Windows 用メディア解析用ソフト MediaInfoXP を用いてのぞいてみた。

MediaInfoXP は下記URLからダウンロード可能だ。
https://github.com/lordmulder/mediainfo-gui/releases

Windows 10 を MacBook PRO の Paralles Desk Top環境に入れる

DSC_0679
Windows 10 の検証環境を構築するため、手持ちのWindows 8 のライセンスを利用してアップグレードしてみた。

既にMacBook PROにWindows 8.1 環境を構築しており、Classic Shell のお陰で全く問題なく利用できている。 これをWindows 10 に移行するのはリスキーなので、新たにWindows 8をインストールした。
これをアップグレードして Windows 10 にしようとする訳だ。
できればクリーンインストールしたいところだが、当然ながらWindows 10にはWidnows 8のプロダクトキーは使えないので、この様な手順を踏むことになる。

これで上手くいった。
新たに復活したスタートメニューは残念ながらWindows 8.1 で使っていた Classic Shell より使い勝手が劣る。 また、どうでも良い変更が行われており、Windows Update がどこに隠れているのか判らず、ネットで検索してようやく判った。
本来OSは影の存在、ユーザインターフェースは変更ないようにしてもらいたいものだ。
新たな機能を加えるのは良いが、従来あった機能や方法が削られるのは勘弁して欲しい。
何より呼び出し方法が変わるのは謎としか言いようが無い。

Xperia Z4 の AV機能まとめ

Screenshot_2015-07-07-00-08-06
Xperia アンバサダープログラムのモニター企画で「Xperia Z4」をお借りしておりました。

既に8月3日に返却させていただいた。 毎度どうもありがとうございます。
我が家には 初代 Xpria 、 Xperia Z、 Xperia A 、Xperia Z Ultra そして Xperia Z2 と合わせて5台もある。
初代やAは既に退役済みであるが世代が新しくなるにつれて機能と性能がアップしてきた。
特に今回は画面の綺麗さでは Z2→Z3 とは比べられないくらい向上している。

ただ、ひとつ疑問になのがCPUだ。 確かにサクサク動くのだが、その代償として消費電力が大幅に増えている。 何より熱を発するのが困ったところだ。
もちろん、富士通 F-05D ほど酷いものではないが、これはなんとかしないとダメだろう。

市場ではXperia Z3 の中古価格が大幅にアップしているようだ。
開発陣は承知だと思うので次作での改良を期待したい。

Walkman NW-ZX2 + Raziko + PMA-50 + EXCLUSIVE 2402でネット放送を聴く

DSC_0027
DENON PMA-50 のデジタル入力は有線だけでなく、Bluetooth にも対応している。
もちろん 今のところ SONY ローカル規格の LDAC は無理だが、apt-X や AAC は使える。

DSC_2290
親機となるのはスマホ Xperia Z でも良いのだが、ここは折角なので NW-ZX2 でいきたい。

正直、インターネットで流れているFM放送の音質レベルはビットレートが低いこともありコーデックはSBCでも良いくらいだ。

それでもアナログのFM放送が上限15KHzまでしか音声帯域を持たないのに対して、ノイズが乗らないこともあり高音質と言えるだろう。
st-j75
かつて、ダイレクトコンバージョン方式のFMチューナー SONY J-75 を使って「エアチェック」をしていた。 もはや、このようなアナログ機器は過去の遺物となってしまったようだ。

MacBook PRO の仮想環境に Android 4.4 をインストール

21
X86用Andorid 4.4をダウンロードしてきて、MacBook Pro の Parallels DeskTopにインストールしてみた。
Android-x86 - Porting Android to x86
http://www.android-x86.org/download

Android-x86 4.4-r2 live & installation iso
を試用してみたが、WiFiが認識されない。
擬似的に見える mobile network 通信なら問題ないが、WiFi前提ソフトは使えないようだ。

TASCAM Hi-Res Editorを使ってDSDにギャップを付加する

14
先に紹介した同ドフトであるが、デフォルトで曲間ギャップを追加してくれる。

従ってギャップレスDSD音源にギャップを追加するのに使ってみた。
全く問題なくでき、ノイズも抑えることができた。

が、しかし一つ問題が!

なんとタグ情報が飛んでしまうのだ。
後から再度追加する必要がある。

なんとも痛し痒しだ。

SONY WALKMAN ギャップレスDSD音源再生における問題点

DSC_2290
同形式の音源を再生する際、曲の切れ目で「プチ」とノイズが乗る。

音源がおかしいのか?
と思ったが、他の機器では問題ない。

原因を検索してみたところ
ノイズの件ですが、Walkman の「仕様」のようだった。
ウォークマン本体で、曲間を空けずに再生する「ギャップレス再生」ができません。(ウォークマン A/E/F/S/X/Zシリーズ、ZX1) ライブCDなどから取り込んだ、ノンストップの楽曲を再生する際、曲と曲の間が途切れたり、ノイズが入ったりします。
曲同士の間を空けずにウォークマンで再生したいです。
曲間に「プチっ」という雑音が入ってしまいます。


「Media Go」のご使用をおすすめします。
ATRAC、FLAC、WAV、AIFFなどの形式の楽曲がギャップレス再生可能です。

http://qa.support.sony.jp/solution/S1204109003814/

ギャップレス音声再生に対応していない機種もあり、対応して居ても限定的なようだ。

そもそもDSDには対応していないとは!

TASCAM HI-RES EDITOR

14
『TASCAM Hi-Res Editor』は、2チャンネルまでのDSD/PCMのハイレゾファイル編集が可能なソフトウェアです。
DSD は11.2MHz、PCM は384kHz/32bitに対応し、DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割、結合といった基本的な編集に加えイン/アウト点で指定した区間の変換/書き出しが可能で、画面に表示された波形を見ながら設定ポイントを直接操作することができます。

http://tascam.jp/product/hi-res_editor/overview/

DSD/PCMに特化したハイレゾ音源編集ソフトが無料で提供されている。
ダウンロードはこちらからだ。

何より嬉しいことに、PMA-50でDSD再生が可能なことだ。
自社製品以外使えなくするような制限を加えないのは好感がもてる。太っ腹だ。

DeNA ナビアプリ ナビローはどうか?


DeNAから後発となるカーナビ・アプリがリリースされている。
http://www.naviro.jp/#dr

・ドライブレコーダー機能
・オービス・取り締まり情報も音声でアナウンス
が嬉しいのではないだろうか?

ただ、まだ完成度の点でYahoo カーナビには追いついていないようで、これからが楽しみだ。

LINEの定額音楽配信「LINE MUSIC」を試してみた

Screenshot_2015-06-13-13-25-59
150万曲のLINE MUSICが6月11日よりスタートしている。
8月9日まで無料で利用できるのでインストール、試用してみた。

エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントの三社共同出資という事で同社所属のミュージシャンが充実しているようだ。

例えば、「西野カナ」で検索する。
Screenshot_2015-06-13-13-26-20
なかなかのラインナップ。

曲を選択するとジャケ写が表示される。
Screenshot_2015-06-12-12-37-16

歌詞も表示される。
Screenshot_2015-06-12-12-37-41
ビットレートは320Kbpsまでサポートされるようだ。

翻って「小田和正」で検索する。
Screenshot_2015-06-12-11-09-48
なんとオルゴール曲ばかりだ。

まあ、レーベルの関係で仕方ないが150万曲といっても、かなり偏りがあると考えて良いだろう。

Chordana Composer iOS用自動作曲アプリ


普段の生活の中でふと思いついたメロディー…これが曲になったらいいな〜って思ったことありませんか?でも作曲って知識が必要だし楽譜も読めないとだめ?それに時間掛かりそう。そんなあなたのお悩みを「Chordana Composer」が解決してくれます。
あなたは思いついたモチーフを2小節分入力するだけ。あとは自動で1曲分仕上げてくれます。

http://world.casio.com/app/ja/composer/

自動作曲プログラムと言って、思い浮かぶのは EXPO 70。
大阪万博 古川パビリオンの展示だ。
http://www.nihonnotoba3.sakura.ne.jp/2006to//furukawa14.jpg
こちらを懐かしく思い出す方は40代後半以降の方だろう。

あれから34年の歳月を経て、大型汎用コンピュータで実現していた事が、手のひらにのるスマホに、そして機能は遥かにアップされて利用できるようになったと思うと感慨深い。

Yahoo カーナビ のバージョンアップ

47
Andorid版に関して渋滞情報機能に独自のプローブを用いて収拾した情報を付加するサービスを開始したようだ。

VICSにも対応!リアルタイムな渋滞回避ルートを、見やすい地図で案内します。
満車・空車がわかる駐車場検索や、安心安全をサポートする音声ナビゲーションなど、充実機能が満載です。
これさえあれば、あなたのスマートフォンがカーナビになります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.apps.navi&referrer=/carnavi/app/android/install_referrer/promo/pr_pc/store/googleplay/badge1/

何より無料で利用できるのがありがたい。

PS3 4.70 Downgrade to 3.55 Official Release [Free Download]

DSC_2372
PS3 4.70 にしてしまって、今になって、「何かと便利な」3.55に戻したいと思っても通常はできないと思っていたら、神の様なダウングレードツールが出ているようだ。

PS3 4.70 Downgrade to 3.55 Official Release [Free Download]

Notice:

If you already updated to Official 4.70 use this downgrade! You must be on OFW 4.70 if not, then update your Firmware to 4.70
You DON’T need Flasher (E3 flasher, progskeet) or Cobra ODE, E3 ODE. You need only USB Stick with minimum capacity 256mb.
Features:

100% legal
NO BRIKS
Work on ALL models include new super slim
Bugs free
Easy installation
Fast download and instalation
You can access to PSN after downgrade
You can play multiplayer games
Games from disc work normal
You can use it many times
Does not require opening the console and any modification



> 100% legal
はともかくとして;-)

> Work on ALL models include new super slim
が本当なら高いお金をだして初期バージョンを手に入れる必要はないと言う事か?
まだSACD Hack用であればSACDに対応した初期機のバージョンに拘る必要がなくなるということだ。

これはちょっとしたニュースではないだろうか?

twonky beam の DTCP-IP 機能を評価

Screenshot_2015-05-03-11-03-38
先日、SONY WM-ZX2 のDTCP-IP 機能を使ってみたが、やはり小さな画面とCPUの能力不足が不満だ。
同機のハードウエアスペックに関しては非公開だが Andorid 4.2 で動作している事を考えると、今となってはミドルレンジ以下だろう。

さて、同様の機能を提供する、twonky beam はサードパーティ製アプリでDTCP-IPに対応している。
今まで samba サーバへのアクセスにしか使った事がなかったが、動画を観るなら大画面という事で、SONY Xperia Z Ultra で試してみた。

Screenshot_2015-05-03-11-03-10
ご覧の様に Blu-ray レコーダー BDZ-EW510 のコンテンツが一覧が表示され再生可能であった。

それにしても改めて、 BDZ-EW510 の潜在能力とコストパフォーマンスの高さを実感する。
2波同時録画しながら裏番組を視聴可能。 500GBのHDDも外部USB接続で3TBまで増設可能と、今や忘れされかけつつ有る、3D再生機能を除いて2K機として必要な機能を安価で提供してくれる。
継続のBDZ-EW520が発売され、更に 次機種と想定される BDZ-EW530が発売されても悲観することはなさそうだ。

iPad 2 を iOS 8.3 にアップする

DSC_2326
既にサポート打ち切りか? と思ってた 第二世代 iPad。
なんと最新の iOS 8.3 のアップデートが着てました。

初代iPad がとっくの昔にサポート打ち切りになっていた事を思うとビックリです。
iPhone 3GS も iPhone 3G が早々に新バージョンの対応が無くなったので、初物を購入するリスクをつくずく感じます。

動かすアプリにも寄りますが、iPad 2 と最新 iPad air 2 でできる仕事に差がないのは凄いことかと。

DTCP-IP対応メディアプレーヤー「StationTV Link」

01_s
StationTV Linkはピクセラ社が発売している、DTCP-IPアプリだ。
従来、Windows版があったが、今回MacOS版がリリースされた。
http://www.pixela.co.jp/products/tv_capture/stationtv_link/support.html#download-mac

但し、同一ネットワーク上でないと使えないのは、未だに制限として残っている。
この点ではスマホの対応アプリの方が上手と言えるだろう。

ハイレゾ音源対応 音楽再生アプリ Ne PLAYER

NW-ZX2
ハイレゾ音源のポテンシャルを引き出すためにradiusが考えたこと。それは、ハイレゾ音源を最高の環境で聴くための、ユーザビリティを徹底的にこだわり抜いた、新たなミュージックアプリケーションの開発でした。これまでのミュージックアプリケーションは、ハイレゾ音源を聴くことはできても、ハイレゾ再生に特化した機能はありませんでした。radiusのNe PLAYERは「視覚化」「リスト化」「マネジメント」という、3つの視点からユーザビリティを見つめ直し、より快適な環境で純度の高いハイレゾ音源を楽しむことが可能です。

http://www.radius.co.jp/Portals/0/neseries/applications.html

Radius社製 ハイレゾDAC対応プレーヤーであるが、単独で使ってもなかなか良い性能を発揮する。
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ