Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

ソフトウエア

iOS 12.0 で ANA 国内線 機内WiFi サービス利用不能

Image-1 (2)

先日、iOS12.0 にアップしたが、まさかの障害発生だ。
全く接続できなくなってしまった。

これは早急なる対応をお願いしたい。


MQA Tag Restorer

これがハイレゾCDだ! 邦楽で聴き比べる体験サンプラー
オムニバス
ユニバーサル ミュージック
2018-09-19


MQA方式のCDをそのまま再生できる機器は限定されるので、通常PCでリッピングして、PC、スマホ、専用再生機を使う。

その際ヘッダー情報が失われてしまう可能性がある。
そのための修正ソフトがこちらだ。
http://www.mqa.co.uk/customer/tag435sdf43te
今のところ Windows 版の提供となる。

Andorid 用アプリ 「録音ラジオサーバー」で Radiko を録音する

39509345_537016380086358_1162685541523652608_n

かつて、「Radiko」 の放送を録音するアプリとして、「Raziko」があったが、本家からの抑圧により配信、運用停止に追い込まれた。

同樣の機能はPC用ソフトでは、いくつかあるのに、スマホ用ではどうかと思っていたら本アプリを発見した。 Andorid用アプリで予約機能も有している。
EPGによる選局や予約が可能だ。 もちろんリアルタイムでも聴取可能だ。

これはなかなか使える。 しかも無料だ。

Parallels Desktop 14 for Mac 登場

スクリーンショット 2018-08-21 23.49.46

毎年、MacOS新バージョンに合わせて行われるParallels Desktop の新バージョンが登場している。
https://www.parallels.com/jp/

アップグレード料金は5,300円。 Pro EDiton は1年間のサブスクリプションで同じ5,300円だ。
毎年新しいOS(MacOS & Windows)に対応することを考えると年間契約でも問題がないように思う。

ANRI CONCERT TOUR 1994 16th Summer Breeze

Anri 16 Summer Breese BD

先に紹介した映像を高画質化するソフト「Video Monster」を用いて、1994年ツアーのビデオを高画質化してみた。
オリジナルはアナログハイビジョン実験放送でフジテレビが放送したもので、ソースがハイビジョン。 但し、その時代にハイビジョン受信環境を持っているということは、今でいえば「8K放送」に例えられ、とても一個人では所有できるものではなかった。

筆者はS-VHSで録画したビデオテープを所有していたが、さすがに経年劣化も出てきており、できるだけ綺麗にデジタル化したいと考えていた。
先のソフトの試用版で評価してみたところ、明らかに改善が見られたので購入したというものだ。
2,786円は本当にお買い得だ。 もちろんある程度速いマシンでないと変換時間がかかりまくる。

Core i7  3770 と世代的にはかなり旧いが、まあ許容範囲の速度で変換してくれる。
CPUをぶん回すようなソフトで残念ながらGPGPUには対応していないので、CPUの速度が全てだ。

オリジナルは640×480 でかつ縁ありなので、より解像度が低い。
それをBlu-ray用の1920×1080および DVD用の720×480 にアップコンバートしてみた。

これがなかなかいける!
ジャギーがうまくカットできて更にノイズカットが効いている。

さて、同年のコンサートは同名のセルフカバーアルバム(CD 2枚組)に基づくツアーであった。

16th Summer Breeze
杏里
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
1994-07-08


正直、微妙なアレンジが多くアルバム自体は?であったが、コンサートのセットリストは非常に良く、今年のコンサートを全く相手にしないほど完成度が高かった。
何よりダンサーが5名も居て、杏里本人も踊りまくっていた。

まあ、24年前と比較するのは無理があるのだろうが、間違いなく当時の杏里は「一流」であった。
なお、1994年は武道館でコンサートが開催された最後の年(9月26,27日)だ。

肝心のセットリストは以下の通り。

ANRI 16 BD-2

このセットリストと今年のでかなりダブる曲があるのがわかるだろう。
今年のツアーでは「Love Letters」がハイライトと述べたが、この年は「MERCURY LAMP 水銀灯」だろう。
アルバム「COOOL」に収録されて、コンサートでの演奏は久しぶりであり、筆者自身はこのコンサートが初めて聴かせてもらった。
今年は「出すぎる」と思った鈴木明夫氏のサックスも、この時は非常にマッチしていて良かった。

ちなみにDVD/Blu-rayのジャケット写真は、ツアーパンフレットをスキャンしてレイアウト&文字入れしたものだ。 ツアーパンフレットが発売されなくなって久しいが、当時のツアーパンフレットを開くと不思議にコンサートも思い出せる。

それだけに最近のコンサートは同じようなセットリストに僅かな新曲のミックス状態が続いており、全盛時を知っているだけに非常に寂しく感じる。
もはやツアーパンフレットを発行できるほどコストをかけることは不可能なのだろう。

iPhone アプリ 「Star Walk」で天体観測

37598946_1917745311625763_7424092047650324480_n

Star Walk は iOS / Android 用 星座観測アプリ。 空に向けることで、そこで見えている星や星座の名前を表示してくれる。 
昔は星座早見盤でやっていたことをソフトウエアで実現するもので、かつての「天体観測少年、少女」の琴線に触れるアプリかと。

かなり以前からあるアプリで、筆者が初代iPadを購入して使う「キラーアプリ」のひとつであった。

火星が接近し、大きく見えていることもあり、寝苦しい熱帯夜の自宅を離れ、山中の開けているところまででかけた。

37586666_1917564528310508_4039337388072239104_n

こちらは木星。 こちらも大きく輝いていた。

37512013_1917741688292792_4698714073162842112_n

土星が意外に見えていた。 流石に肉眼では「輪っか」は厳しいが、持参した双眼鏡でははっきり確認できた。

True 4K出力可能な「Xbox One X」

Xbox One X (CYV-00015)
日本マイクロソフト
2017-11-07

筆者のUHD再生プレーヤーは こちらの1世代前にあたる Xbox One S である。
それに対して HDR(10)に対応したのが「X」だが、その分価格もアップしている。

ようやく国産Blu-rayレコーダーも「再生」に対応しだしたが、「録画」に関しては年末待ちだろう。

Pegasys TMPGEnc でデコードできない音声

00

筆者は未だにMP4⇄MPEG2 の変換にTMPGEnc 4.0 Xpress を用いている。
もう10年ほど前からのソフトであるが、Windows XPからVistaを経て、8.1まで軽くて安定しているので重宝している。

ところが最近のH.264/AVCでエンコードされた映像+音声に関して読み込んでくれない動画が出ている。
そういった場合、TMPGEnc MPEG Smart Render 5で映像と音声をエレメンタリーファイルに分離してそれぞれを読み込ませることで上手くいくのだが、今回、それさえも通らない映像ファイルが出現した。

映像はデコードできるのだが、音声がスキップされる。
そこで最終手段として、VLCの変換機能でなんとか音声ファイルを分離できた。
この際のポイントとしては、なるべく劣化を避けるため、再エンコードが掛からないように、LPCMで取り出す。
LPCM化した音声と分離した映像ファイルを再度、TMPGEnc MPEG Smart Render  で合成する。
これでようやくTMPGEnc 4.0 Xpress  に読み込める映像ファイルが完成する。

IC7100BKT / Icom IC-7100 CAT Control

05
IC7100BKTはiCOM製 オールモード(D-STAR含む) HF〜430MHz帯までのオールバンドの運用可能な万能機を制御できるソフトウエアだ。
http://www.maniaradio.it/en/ic7100bkt.html
しかもフリーというのが嬉しい。

DSC_0539

iCOM 純正のRS-BA1はインターネット経由で制御はおろか音声や電信のコントロールも可能であるが、こちらは現在のところ対応できていない。
逆にローカルで利用するのであれば使い勝手は遥に良いように思える。

ブーベからのDXペディションが中止となって、かなりテンションが下がっているが、モチベーションを高める意味で今年は無線に回帰してみようかと思う。

ShurePlus™ MOTIV VIDEO 動画撮影アプリ




SHARE から気になる高音質マイクおよびiOS用コントロールアプリがリリースされている。
業務用音響機器の分野において、その圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つShure Incorporatedの日本法人シュア・ジャパン株式会社は、MOTIVシリーズ製品の優れたオーディオパフォーマンスと動画撮影機能を統合し、コンテンツクリエイターが音質に妥協することなく決定的瞬間の映像を捉えることができる無料のモバイルアプリケーション「ShurePlus™ MOTIV™Video 動画撮影アプリ」を発表しました。
https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2018/Shure-Announces-ShurePlus-Motiv-Video-Recording-App
これは、「某目的」にはぴったりではないだろうか!?

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 を導入する

11

ペガシス社はAudio/Visual用各種ソフトをリリースしている。 筆者はアマチュア時代のフリーソフトから利用させていただいている。

本ソフトは TMPGEnc MPEG Editor 3 の後継ソフトであるが、特に機能上不満がなかったので移行してなかったが、MPEG2入力以外にH.264/AVCへの編集が増えてきたのでこちらも利用することになった。

機能は豊富であるが、その分オペレーションも煩雑になっているのが導入を遅らせた原因だ。

お絵かきソフトで未だに簡単な処理ではWIndowsの「ペイント」を利用するのと同じ理由である。

TMPGenc MPEG Editor 3 で BDAV をオーサリングする際の課題

21

全くもって今更なのだが、最近のハイレゾ再生環境を鑑みて、Blu-rayもハイレゾ仕様で作成しようと考えた。
ところが、いつもBDAV仕様のBlu-rayをオーサリングしている、TMPGEnc MPEG Editor 3 では音声にLPCMの設定がない。 いわゆる MP2 および AC3 しか対応できないようだ。

唯一指定できるのはビットレートのみで最高で448Kbpsとなる。

そろそろ継続ソフトへの乗換を検討した方が良さそうだ。

CurioSound で擬似ハイレゾ化を試みる

curiosound
CurioSoundはビットレートの低い音源を元に擬似的にハイレゾ音声化するソフトである。
この手のソフトは色々あるが、今回はこれを評価してみた。

一番の特徴は変換済み音声をファイルとして保存できること。
これによりアップコンバートした音声をデータとして他の機器でも再生可能だ。

BD-R 6倍速 メディアへの書き込みとParalles Desktop環境

パイオニア BDR-XD06J-UHD USB 3.0接続 ポータブルブルーレイドライブ
パイオニア BDR-XD06J-UHD USB 3.0接続 ポータブルブルーレイドライブ

IMG_5772

今まで6倍速 BD-R を使ってなかったので問題にならなかったが、かなりの確率で失敗することがわかった。

25

当初、転送速度が追いつかず、バッファー・アンダー・ランかと思ったが imgburn の動作を見てる限り問題ない。
供給電流の問題ではないかと考えて補助端子に供給して見たが症状は改善しない。

Core i-7 3770 機で繋いで見たところ、こちらは問題ない。
ただ、Device Buffer が激しく変動し、0〜100%まで動きまくる。
MacBook Pro の環境ではこれほど動きが見えないので、どうやらデータ転送が間に合わずエラーになっているのは確かなようだ。

4倍速メディアまでは問題なかったのでこれ以上高速対応メディアはMacBookでWIndowsソフトを用いた書き込みは避けた方が良いようだ。

それにしても6倍速と言っても最後の方になってようやくこの速度がでるだけだ。
それでも4倍速メディアが、ほぼ2倍速程度なのに対して3倍速は安定して出て、さらに4.4倍速程度で進むのでやはり速く書けるのは魅力だ。

Audirvana Plus 3.2 SoXアップサンプラー

13

Audirvana Plus はMac OS 用音楽コンテンツ管理ソフトだ。
アップサンプリングして擬似的に音声を補完して高音質に聴かせてくれる機能は他でもあったが、今回高精度に行うと言われるSoXに対応したようだ。

SOXとIZOTOPEの内部
次の世界ベンチマーク処理:
SoXまたはiZotope 64ビットSRC  、クラス最高の  サンプルレート変換テクノロジ
MBIT +ディザリングボリュームコントロール(ディザリングは、デジタルボリュームコントロールを使用しているときに起こる、ビット深度を減らす際のオーディオ信号精度の必然的な低下の可聴インパクトを低減することを目的としています。可聴スペクトル)。これらのフィルタは、高度なパラメータを設定することによって正確に調整することができます
https://audirvana.com/?page_id=4433

どれくらいのものかトライしてみたい。

TV Side Show がようやく最新iOSに対応

image

iOS11 特にiPhone Xとの組み合わせで、フルスクリーンで画面が切れる。
また、外出先での視聴ができなくなっていたが、ようやく解消された。

相変わらず、新しいOSのバージョンでは想定外の事が発生すると痛感した。

iPhone X 早速のOSアップデートでつまづく



初期ロットのiOS 11.1.0 だったので、iTUNESを利用して、11.1.1にアップデートしようとしたが、またしても躓いてしまった。

USB が Paralles Desk TopでWindows とシェアされているのが悪かったのか、見事に途中でストップしてして「文鎮化」してしまった。

そこでParalles Desk Topを終了させて、復旧を試みたが、途中でエラーになる!
今度は何度やってもうまくいかないのでWindows デスクトップ機で行おうとしたところ、ふと気がついてケーブルを純正に戻したところうまくいった。

iOSのバージョンアップはiPhone本体で行うのが間違いないと感じた次第だ。

iPhone 新機種へのデータ移行



新しい機種に変更するにあたって、最も欝陶しいのは移行作業だ。
特に自分が使いやすいように設定してしたものでは尚更だろう。

今回は店頭では電話帳の移行のみで、アプリ等は自分とでというスタンスであった。
結論としては、iTUNESで管理するより、iCloudでバックアップする方が
圧倒的に簡単に移行できることが分かった。

iTUNESでは色々と制限が多すぎる。
またバックアップしたiOSのバージョンと新機種で異なると、これまた問題があるようだ。

そして何より「えー」と感じたのはキャリアメールの設定は自分でということだ。
My DOCOMO からプロフィールをインストールする必要があった。
前回、iPhone 6S Plusへの Xperia Z からの移行の際はドコモショップが対応してくれたのにだ。

これはある程度、分かる人でないと無理ではないだろうか?

iPhone X 初期設定 その前に

iphone x ケース iPhone7 iPhone8 ケース iphoneX iPhone8Plus ケース iPhone7 Plus ケース iphone6 ケース iphone se ケース スマホケース iPhone 透明 iphone8 ケース iPhone7 ケース iPhone6 plus ケース カバー クリア シリコン バンパー 透明 カバー クリア アイフォン
iphone x ケース iPhone7 iPhone8 ケース iphoneX iPhone8Plus ケース iPhone7 Plus ケース iphone6 ケース iphone se ケース スマホケース iPhone 透明 iphone8 ケース iPhone7 ケース iPhone6 plus ケース カバー クリア シリコン バンパー 透明 カバー クリア アイフォン

筆者はiOS機器をMacOS上で管理している。

ただ、MacBook PRO は Mac OS 10.9.5 で、最新の10.13.1を使ってなかった。
特に不自由を感じてなかったのが一番だ。
何よりWIndows や LINUX 等をParalles Desk Topで仮想OSとして使っているので、こちらが9でバージョンアップを行なっていなかったという理由もある。

Mac OSのバージョンを上げると、こちらも有料バージョンアップする必要があったからだ。
したがってWindowsも8.1を愛用しているが、こちらに関してはClass Shell のおかげで全くWinows10の必然性を感じない。

旧iPhone 6S Plus は iTUNES 12.6で管理していた。
ところがiPhone X では iTUNES 12.7が必要になる。

これは全く想定外であった。

そこでiTUNESをバージョンアップしようとすると、今後はMac OS 10.9.5ではサポートされない。
玉付き状態で
iOS → Paralles Desk Top ⇨ iTUNES とバージョンアップしていった。

まあ、MacOS は最新のバージョンでないと極めて大きなセキュリティーホールが存在するので、速やかに対応する必要があったので、タイムリーではあった。
 

iPhone 6S を iOS 11.1 にアップデート

IMG_5478
ようやく iOS 11.1 がリリースされたのでアップデートした。
マイナーバージョンは不具合が含まれることが多いので、安定化するバージョンまで待つのが鉄則だ。

XBOX ONE S Blu-ray プレーヤーソフトの制限事項

Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3 同梱版)
Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3 同梱版)

今まで、XBOX ONE S では 4K UHD の他、通常のBlu-ray セルソフトしか再生したことが無かったのだが、Blu-ray レコーダーで録画したBlu-rayディスクを再生しようとしたが、画面がブラックアウトしてできない。

どうも BDAV形式に対応してないようだ。
セルBlu-ray は BDMV形式になる。

自作BLu-ray も今まで BDAV形式で作成してきた。
これはレコーダーとの互換性を保つためだ。

BDAV形式であればレコーダーのHDDに書き戻し可能だからだ。
だが、ちょっとこのようなことがあると方針を変えざるを得ない。

TMPGEnc KARMA Plus 2 動画管理ソフト

managed_folder

ペガシス社から久々に魅了的なソフトが登場している。
TMPGEnc KARMA.. Plus 2 は、ハードディスクに保存された多数の動画ファイルの内容確認、閲覧、検索、分類、比較などを可能とする動画管理専用アプリケーションです。近年、通信インフラやスマートフォンをはじめとするデバイスの進化による手軽さから、記録フォーマットやコンテンツフォーマットが画像から動画に大きくシフトしています。以前は画像であったものが、現在のPCでは動画ファイルが多くを占めるようになった現在、増え続ける動画ファイルをどのように管理するかという問題に対してペガシスが提案する製品、それがTMPGEnc KARMA.. Plus 2です。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tmkp2.html

体験版もあるようなので早速試してみたい。

iOS 無料アプリ mora player(v2.0.0) でDSDに対応

IMG_5086

無料アプリでDSDに無制限で対応してくれるのは非常に嬉しい。
もちろん外部DACを接続しないと44.1KHzのサンプリング周波数に変換されるし、DSDネイティブという訳でもない。 それでも簡易的にでもDSD音源が再生できるのは良いのではないだろうか?

「Sony | Music Center for PC」を評価する

25
従来、SONY製のAudio/VIsual 管理ソフトは Media GO があったが、音楽に特化した形で新たな管理/プレーヤーソフトが登場している。

MQAなど最新のフォーマットに対応しているのがポイントだろう。
また、DSEEが使えるので圧縮音声の疑似高音質化を計ることが可能だ。
イコライジングと併せて改善した音声をWAVやFlacで落とせると良いのだが。


FaceBook の動画を「Cast」 する

24

FaceBook の動画はGoogle Chromecastを用いることでTVに映し出すことが可能。
ブラウザは Google Chrome を用いる必要があるが、動画にマウスをフォーカスさせると、Chromecastのアイコン(右から2つ目)が現れるので、これをクリックしてCAST先を選択すれば再生がスタートする。

なお、動画再生が終了すると待ち受けになるのではなく、同じ方が投稿された関連映像が次々と再生されていくのもポイントだ。

「KORG iMono/Poly」 iOSアプリ

IMG_0922

筆者がかつて所有していたアナログ・シンセがiOSアプリとして復活する。

これは欲しい気もするが、あえて最新のシンセより機能が劣るものをというと微妙だ。
https://itunes.apple.com/jp/app/korg-imono-poly/id1256218493?mt=8

CurioSound 音楽再生プレーヤー

47

CDや圧縮音源を元にハイレゾ音源化するソフトだ。

CurioSoundは、CD音質音源や圧縮音源をリアルタイムで、ハイレゾ相当の高音質で再生できるサウンドプレーヤーです。
ハイレゾ相当の音源をファイルとしても保存もできるので、ハイレゾ対応ポータブルデバイスに持ち出して楽しむこともできます。
http://n.shop.vector.co.jp/service/catalogue/curiosound/

3,000円ちょいで買えるなかではなかなか良い音を聴かせてくれる。
ハイレゾ音源をファイルにSAVEできるのがポイント。

推薦できるソフトだ。

iOS 10.3.2 適用

IMG_3804

iOS 10.3.1 は問題があったので、適用を回避していたのだが、ようやく解決されて安定した10.3.2がリリースされたので適用した。

セキュリティに関するアップデートを含むものは適用すべきであるが、同時に安定性を欠いたりダウングレードしてしまう場合がある。
この点は悩ましい。

DiXiM Digital TV for iOS

26

DLPA 対応のソフトで、家庭内だけでなく、外部から自宅の機器にアクセスしてコンテンツ再生を楽しめるアプリである。

従来、SONYであればSONY用といったメーカーに依存したアプリが必要であったが、本アプリは汎用的に使えるのがポイントだ。
しかもビデオだけでなく音楽コンテンツや写真などにもひとつで使えるのが嬉しい。

筆者はいまのところSONYだけなので困ってないが、他メーカー製品を購入した際には検討したいアプリだ。 for iOS だけでなく for ANDROID もいずれ発売されるだろうか?

SONY PC TV Plus

06
PC TV Plus は DTCP-IP に対応したプレーヤーソフトだ。
筆者の場合、SONY BDZ-EW510 と組み合わせて評価してみた。

旧バージョンも評価したことがあるが、スマホ/タブレット向け TV SIde Show で十分事足りていたので購入を見送った経緯がある。

今回のバージョンアップでSONY製品以外でも利用可能となったのが」一番のポイントだ。
Mac Book Paralles Desk Top 環境下の WIndows 8.1 でも問題なく利用できる。
但しH/W支援の再生はできないようだ。

iOS版 foobar2000 でハイレゾ音源を再生する

IMG_3379

iOS版 foobar 2000 でハイレゾ音楽を再生するのはハイレゾ音源を機器に転送する必要がある。
手順を自分自身の備忘録として記す。

iTUNES を用いる
02iOS機器をクリックして選択する。





31App をクリックする。













54

ファイル共有で foobar2000を選択する。
右側に「foocar2000の書類」が表示されるので、こちらに転送したいファイルをドラッグ&ドロップする。

57

「同期」、「完了」をクリックすることで転送が開始される。
終了したら、通常の手段で取り出す。


KORG Gadget for Mac

57350bc2570c800bc8457cb57a718501_pc

KORG からMacintosh向け、オーインタイプのDAW(Digital Audio Workstation)が登場している。
発売特価で19,800円とのことだ。
各種音源データを内蔵しつつ、MIDIで楽器をコントロールできる。
また音声トラックで録音に対応している。

DTM(Desk Top Music)なるものが登場してから、これほど進化を遂げるとは思わなかった。
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
KORG Gadget for Macは、30個以上に及ぶすべてのガジェットを網羅した究極のコレクションを搭載しています(※1)。それぞれ強烈な個性を主張する多数のシンセサイザーに加え、大容量でプロフェッショナルユースな高品位ピアノ、インスピレーションを加速するサンプラー、アコースティックでリアルなドラムマシン、バンダイナムコスタジオとの共同開発で生まれたビデオゲーム・サウンド、さらにKORG M1やWAVESTATION、ARP ODYSSEYという往年の名機をソフト化したガジェットも最初からすぐに使用することができます(※2)。

またこれらすべてのガジェットは楽器カテゴリーや音楽ジャンルによってタグ付けされており、好きなタグをクリックするだけでガジェットがソート表示されるニュー・ガジェット・セレクターを新たに採用。膨大な数のコレクションの中からガジェットを素早くセレクトし、洗練されたパラメーターで音をスピーディに作り出していく。KORG Gadgetは、自分の求めるサウンドやインスピレーションの源となる音色を最速で提供します。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf
数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG Gadgetが、ついにMacで登場します。KORG Gadget for Macは、iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。またMacの大きなディスプレイを活かした1画面完結のインターフェイスで、直感的な音楽制作ワークフローを実現。iOS版とのiCloud連携や、Ableton Liveへの強力なエクスポート機能のほか、新しいテクノロジーを次々と取り込んでさらなる機能性と楽しさを提案します。たくさんの楽器を提供し、それでいてシンプルに使いやすく。ハードウェア楽器メーカーのコルグだからこそ創り出せる、まったく新たなコンセプトのDAWソフトウェアです。 - See more at: http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/for_mac.php#sthash.Jf1PUCj3.dpuf

Yahoo メールトラブル

最近 PC からYahooメールにログインできないトラブルが続いている。
パスワードの再入力を求められるのだ。

最初、不正アクセスを受けてパスワードを変更されたのかと思ったが、iPhoneでは問題なくアクセスできるし、またログイン履歴を見ても怪しいものは何もない。

今までこのようなことは無かったので悩ましい。

iOS版 foobar 2000

IMG_3379

Foobar2000 はWindows用の音楽再生で定評のあるソフトだ。
IOS版 Foobar2000をダウンロードして評価してみた。

iPhone の標準アプリに比べて一歩進んでいるのがオーバーサンプリング機能だ。

IMG_3380
リサンプリングで98KHzまで上げて処理することが可能だ。



Corel VideoStudio Ultimate X10

【送料無料】 その他ソフト 〔Win版〕 Corel VideoStudio Ultimate X10 ≪通常版≫
【送料無料】 その他ソフト 〔Win版〕 Corel VideoStudio Ultimate X10 ≪通常版≫

VIDEO編集ソフトで定評のある、VideoStudio の新版がリリースされている。
静止画編集に関してはオープンソースが商用ソフトに負けないくらいだが、
動画編集に関してはまだまだ商用ソフトには敵わない。

但し、それを使い倒せるかは別問題だ。

画像拡大&ノイズ除去を人工知能技術で自動変換してくれる「waifu2x-caffe」

01

筆者が作成したスマホカバーが好評だ。
元画像を如何にうまく作るかがポイントとなる。
もちろんレイアウトや色々なノウハウがで、いかにも素人然したものから売り物を越えるようなものを作成できる。

・元画像
できるだけ高解像度のものが良い。
大きな紙原稿を元にスキャンするを良い結果を得られやすい。
また初期スキャンではJPEGなど圧縮系フォーマットではなく、RAWデータが良いだろう。

ただ、そうはいかない場合もある。
そういった時に頼りになるのが、「waifu2x-caffe」である。
https://github.com/lltcggie/waifu2x-caffe/releases
からダウンロードしてくる。

これで画像を拡大しつつノイズ除去が可能だ。

オリジナルの画像
1









ペイントで単純に縦横2倍すると、どうしてもジャギーなどノイズが載る

2

それに対して、本ソフトを用いて変換したのが下の画像だ。
すっきりシャープに仕上がっているのが判るだろう。

000000)



iTUNESで作成したプレイリストを編集する

DSC_0130
 
4年半前の記事なのに、「Audi MMI SDカード・オーディオのプレイリストをiTUNESから持ってくる」は当Blogの人気記事だ。

当時はAACの圧縮音声が中心であったが、SONY ハイレゾ Wallkman WM-ZX2 の導入に伴ってプレイリストもハイレゾ対応にしたい。

さて、iTUNESからのプレイリストの書き出しは、以下の手順である
プレイリスト選択→ファイル→ライブラリ→プレイリストを書き出し

05


m3u形式のプレイリストのフォーマットは
1行目 #EXTM3U 
2行目 #EXTINF:曲の長さ(秒数),アーティスト名"-"曲タイトル
3行目 ファイル名(絶対パスを記述)
以下2-3行を繰り返し
※アーティスト名と曲のタイトルは、-で区切る。

AACおよびALAC形式は音源ファイルの拡張子は.aac であるが、FLACは.flac DSD は .dsf などになる。
これはそのままで良いようだ。
あくまでファイル名であり、コーデックは再生時に読み込んで判断される。

Google Cast で動画ファイルを再生する

02
従来、ChromeCast で動画ファイルを再生する際、VideoCastのように専用ソフトが必要であった。

それに対して今では Google Chrome が対応している。
ブラウザを開いて動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけだ。

もちろん対応している動画形式には限定的だが簡単に再生できるのがポイントだ。

TMPGEnc Authoring Works 6 満を持して登場

03

ペガシス社より新製品の案内が着た。
==========================================================
PEGASYS MAIL NEWS   2016年12月6日
==========================================================

                                            ◆◆新商品発売のご案内◆◆
─────────────────────────────────────────────
新製品「TMPGEnc Authoring Works 6 (ティーエムペグエンク オーサリングワークス 6)」
                                  発売のお知らせ 
                           本日より体験版を先行公開!
─────────────────────────────────────────────
ペガシス製品ユーザーの皆様 平素より大変お世話になっております。
長らくご愛顧いただいておりました 「TMPGEnc Authoring Works 5」の後継製品
「TMPGEnc Authoring Works 6」 の発売のご案内をさせていただきます。

ダウンロード版の販売開始は2016年12月15日を予定しております。
* パッケージ版は2017年3月発売予定。

────────────────────────────────────────────
        5年ぶりのメジャーアップデートですべてのエンジンを大幅刷新。
 速度も、機能も、そして自由度もすべてが進化した DVD/Blu-ray/AVCHD 作成ソフトウェアの決定版。
────────────────────────────────────────────
体験版は以下からダウンロード可能だ。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/download/taw6.html

とりあえずダウンロードしてきた。
17

本格的な評価は週末に行ってみたい。

iPod 5G の「Rockbox」 を評価する

IMG_2625

先日 RockBox を導入した iPod 5G の音を評価する。

IMG_2626

まず、通常のAACの再生であるが、全く問題ない。
イコライザー等の細かい設定ができるのが美点だ。
表示文字フォントの書体や大きさ、色の変更が可能だ。

さて、本命のハイレゾ FLAC 96KHz/24bitの再生。 些細なことながら問題があった。

IMG_2627

ジャケ写真が出ない。 Walkman WM-ZX2 では問題ないのでこれは RockBox のバグのように思える。
音に関しては流石に ZX2 と比べるべくもない。ただ、オリジナルでALASで聞くより良いのは確かだ。

iPod 5G に 「Rockbox」 を導入してハイレゾ音源対応

IMG_2625


「Rockbox」は MP3プレーヤー用のカスタムファームウエアでオリジナルでは再生不可能な音楽フォーマットをサポートするものだ。

iPad向けには2005年頃から移植がスタートし、第1世代(1G)〜5.5GまでのiPod、iPod mini、iPod nano(1G〜2G)がサポートされる。
2016年11月現在の最新バージョンは1.4.0で2014年1月5日のリリース。

57

https://www.rockbox.org/wiki/RockboxUtility#Download

注意すべき点として
・FAT32 でフォーマットされていること(Window を母艦としている必要はない)
・音楽データ等は一度消去されるので再度同期をとる必要がある
・ディスクモードでPCに接続されていること
・サポートソフトは Mac OS Windows LINUX があるが、筆者の環境(Mac OS 10.9.5)では
 iPod にアクセスする権限がないと怒られてインストールできなかった
・Windows は 2000/XP/Vista/7 まで 8/8.1/10 はサポートされない

14

そこでParalles Desk Top 上の仮想環境、 Windows XP でインストールを行った。
流石に「安定のXP」で旧いソフトを動作させるには一番だ。

なお、「Rockbox」専用機になるのではなく、電源投入時 Appleマークが表示された直後にホールドスイッチをHOLD側にスライドさせると、オリジナルの「純正ファームウェア(以下、iPod OS)」で起動する。

この状態では「無改造のiPod」として認識されるので、iTunesライブラリの音楽データをiTUNESで転送できる。
「Rockboxモード」に戻すには、HOLDを解除した状態でiPodを強制再起動(MENU+SELECTボタンを押し続ける)すればOKだ。
FLACデータ等iTUNESで管理できない音楽データは iPod をディスクモードでコピーする。

なお、「Rockbox」で日本語表示するには
1)トップ画面から「Settings」→「Theme Settings」→「Font」の順にメニューを選択して
 日本語フォントを選択
2) 「MENU」ボタンを数回押してトップ画面へ戻り、「Settings」→「General Settings」→
    「Language」→「japanese」の順に選択
でOKだ。

筆者はFLAC 96KHz/24bit の再生を確認している。

KORG Audio Gate 2.3.3 で DSDディスクを作成する

00

Korg社のAudio Gate はハイレゾ音源をフォーマットの相互変換の他にSA-CD互換のDSD作成が可能だ。
残念ながら最新バージョンではKorg社の機器を所有していないと出力のサンプリング周波数が48KHzまでに制限される。

そこで今回、Audio Gate 2.3.3 を用いて、FLAC音源(96KHz/24bit)を元にSA-CDを試作してみた。
まず、FLAC→DSF 変換を行う。一度にディスクの書き込みまで可能であるが、DSFデータも保存したいので2段階で行う。
ファイル→フォルダを開く で一度に読み込むことが可能だ。
ファイル→エキスポート
 ファイル形式→DSF
 ファイルの種類→ステレオ
 サンプリング周波数→2.8MHz
 量子化ビット数→1 bit
以上の設定でSA-CD 互換のDSD形式に変換する。

49

改めてDSF形式のデータを読み込ませる。 フォーマットが DSF(2.8MHz)となっているのが判るだろう。
ファイル」→「ディスク書き込み」を選択して、空のDVDメディアをドライブに入れる。
出力するソング→すべて
ディスク形式→DSDディスク(2.8MHz)
で「作成する」

36

TMPGEnc MPEG Editor 3 のトランスコード機能を使う

12

エンコード済みの動画をDVDに焼く場合、できるだけビットレートを稼げる様にDVDの容量を越えるファイルを用意しておいて、最後にトランスコードして1枚ぴったりに収めている。
DVD一層(4.7GB)に収めるのにDVD二層で余裕を持って作成して、一層にする際にDVDShurink を用いる。

この方法だと二→一層はOKだが、二層を越えるものを二層に合わせることはできない。
そこで、TMPGEnc MPEG Editor 3のトランスコード機能を使ってみた。

出力設定→映像設定→レート調整モードをVBR(トランスコード)に変更。
トランスコード設定でターゲットとなるモードを選べばOKだ。

iPhone 6S Plus を iOS 10にアップデートする


IMG_2139

早速アップデートしてみた。
ダウンロードは3分。
アップデートは30分ほど掛かったが無事に終了した。

TEAC Hi-Res Editor

14

なんと無償で提供される。

『TEAC Hi-Res Editor』は、ハイレゾ音楽ファイル(DSD/PCM)の編集が可能なソフトウェアです。
DSD は11.2MHz、PCM は384kHz/32bitまでのハイレゾ音楽ファイルに対応し、DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割/結合といった基本的な編集に加え、画面に表示された波形を見ながらイン/アウト点で直接指定した区間の変換/書き出しを行うことが可能です。

DSDファイルの基本的な編集が可能な『TEAC Hi-Res Editor』があれば、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-503」やポータブルヘッドホンアンプ「HA-P90SD」等のDSD対応製品における再生用ファイルの編集用途に活用することが出来ます。曲間なしで録音されたDSDファイルの曲ごとの分割やファイルの結合、DSDの音源ファイルをPCMにフォーマット変換することも可能となります。加えて、TASCAM のステレオマスターレコーダー「DA-3000」で収録したDSDファイルの活用範囲も広がります。

https://teac.jp/jp/product/teac_hi-res_editor/top


しかも WIndows だけでなく Mac OS に対応しているのがうれしい。
従来、DSDファイルの編集は大変だっただけに有償でも良いくらいだ。

Media Go が11.2MHz DSD対応

DSC_2577「SONY製 iTUNES」たる、Media GO がバージョンアップした。 Media GO の良いところはiTUNESからインポートできることで、流石に一度取込んだものを再度となると誰もしない。 もはやiTUNESよりも高機能になっている。 筆者は未だにCDに関してはiTUNESで取込んでいあるが、ハイレゾ音源に関してはMedia GOで管理している。

4K TS → MP4 変換を DVD Fab の無料ツールで試みる

21

DVD FabというとDVDやBlu-rayをリッピングするためのツールと思うかもしれないが、実は映像フォーマットやコンテナ変換が可能なツールだ。

そこで、こちらを元に4K TS → MP4 のコンテナ変換を試みた。
上手く行ったか?

残念ながらエラーとなった。
無変換での4K コンテナ変換の道は長いようだ。

iOS 9.3.5 セキュリティアップデート

IMG_1995

8/26にiOS 9.3.5がリリースされている。
前回 9.3.4は端末によっては問題を引き起こすものであったが、今回はどうだろうか?

セキュリティアップデートだけに安心して利用するには掛けない訳にはいかないだろう。

SONY PC TV Plus

04

従来、Android や iOS用の視聴アプリがあったが、PC用に関しては積極的な提供はされてなかった。
「SeeQVault書き出し」に対応しているのがポイントで、筆者の様に同規格に対応していないBlu-ray機であってもPCに接続したSeeQVault対応 HDD に書き出せるのがポイントだろう。

体験版が無料提供されるのでダウンロードしてみた。


iOS 9.3.4 にアップデート

IMG_1853

8月5日に新しいアップデートが供給された。
重要なセキュリティの問題を修正・改善するものであるので、速やかな適用が望ましいだろう。
記事検索
Archives
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ