Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

オーサリング

Div X 10 で H.265 を試す

logo
久々に 「Hivisionデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です」の記事である。

DivX HEVCでH.265への変換ソフト及び再生ソフトが無料でダウンロード可能となっている。
http://www.divx.com/ja

4Kサンプル映像も同サイトからダウンロード可能である。
それにしても4Kはやはり奇麗である。
是非試して欲しい。

4Kに関してはSONYから民生用カムコーダーが発売になる事も追い風だろう。

[TOP GUN 3D」

SALE OFF!新品北米版Blu-ray 3D!【トップガン 3D】 Top Gun [Blu-ray 3D/Blu-ray Combo]!
SALE OFF!新品北米版Blu-ray 3D!【トップガン 3D】 Top Gun [Blu-ray 3D/Blu-ray Combo]!

近年の2D映画の3D化の流れに沿って作成されたものである。
米国ではIMAX 3Dで今年の2月に上映されたものがBlu-ray化されたものである。


以前からここで書いているが、筆者が一番好きなジェット戦闘機はF-14である。

最近のCGで作成された映像ではなく、実機が登場する、本作品は、それだけでも大満足であった。
3D+2DのBlu-ray 2枚組で、4,985円とリーズナブルである。

残念ながら3D再生機器は所有していないが、将来に備えて購入しておきたいと思う。

映画「リンカーン」を観てきた


GW初日に観てきた。 アクション・スペクトル大作も良いが、この様な作品も好きである。
リンカーンと言えば
・第16代アメリカ大統領
・奴隷解放
・南北戦争
・暗殺あれた
といった世界史暗記のキーワードとして思い浮かべる。

映画のストーリーは南北戦争後期から暗殺されるまで、議会で奴隷解放、アメリカ合衆国憲法修正第13条を成立させる過程を描いたものだ。
3時間ほどの上映時間は短いと感じるくらいであった。

放送MPEG2-TSデータ処理の備忘録

ブルーレイディスク対応。ハイビジョン映像との連携を更に強化したMPEG動画カット編集ソフトウェアの決定版ペガシス TMPGEnc MPEG Editor 3 【PC家電_003P2】
ブルーレイディスク対応。ハイビジョン映像との連携を更に強化したMPEG動画カット編集ソフトウェアの決定版ペガシス TMPGEnc MPEG Editor 3 【PC家電_003P2】

 最近は色々なツールが対応してきただけでなく、Blu-rayメディアの
値段も下がってきたので、敢えて、AVCHD化するまでもなくなって
きた。
その反面、NAS導入によって、特に音楽コンテンツはBlu-rayで
保持するのではなく、NAS上に曲単位で保存したいと思う。
 5.1chは未だ手順が多く掛かるとはいえ、2ch音源のものに
対しては非常に簡単に編集できるようになってきた。

現状の編集方法に関して、備忘録としてまとめる。
1)TsRename
 まず、ファイル名を放送波から取り出した番組情報を
 元にファイル名を変更する
2)TMPGEnc Editor 3.0
 ファイル名を変更したTSファイルを当ソフトでCUT&PASTEする
 ・音質を重視する
  →LCPMで出力
 ・音量変更
  →150%にする
 ・トラジション編集
  →フェードアウト・イン(黒)

これだけでOK。

TMPGEnc Authoring Works 4 がいよいよ登場

TMPGEnc DVD Author 3 with DivX Authoring

 ペガシス社から満を持してBDMVに対応したオーサリングツールが登場する。 BDAVに関しては、TMPGEnc MPEG EDITOR で対応済みであるが、やはり自由にメニューが作成できるBDMVが良い。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/taw4.html
MPEG-2TSファイルにAAC音声が使用されていた場合に、2chまでの音声入力に対応いたします。
これが唯一残念なところだ。
今回もAAC 5.1ch対応は持ち越しとなったようだ。

TDA3からのアップグレード価格 5,880円

従来ユーザを尊重してくれるのが嬉しいところである。

TMPGEnc MPEG EDITOR のAAC対応

TMPGEnc MPEG Editor 3

 ようやく待望のAAC対応である。 流石に5.1chまでは無理なようであるが、TSデータをそのまま読み込み、音声をAC3に変更することが可能である。
何より、従来ユーザが無料でアップデートできるのがうれしいところだ。

iTUNES Mac版とWindows版での差

iTUNES
 MacBook導入に伴って、iPODの母艦をMac版に乗り換えた。
細かい使い勝手に関してはやはり基本となったMac版の方が良い。
続きを読む

TMPGEnc 4.0 XPress によるBlu-rayオーサリング前処理

TMPGEnc 4.0 XPress FLV4出力プラグイン 同梱パック

 ようやくじっくりテストする事ができた。
但し、今回評価したのはAAC音声の取り扱いに関してである。続きを読む

Ulead DVD MovieWriter 7 への期待

先端の技術を搭載したUlead DVD MovieWriter 6のフルスペックバージョンUlead DVD Movie Writer6 乗り換え版先端の技術を搭載したUlead DVD MovieWriter 6のフルスペックバージョンUlead DVD Movie Writer6 乗り換え版

 前回から1年を経てのアップデートである。7月25日に発売されるようだ。
相変わらず現バージョンでのバグは放置されたままである。
今回のアップデートのハイライトはH.264/AVC対応のBlu-rayオーサリングが可能となった事だろう。

これはAVCHDオーサリングにおいても極めて大きいな意味を持つ。
続きを読む

VLCによる 音声AAC 5.1ch→AC3 5.1ch変換

VLC 0.86f
 以前から出来ていたのだが、いまいち不安定であった。
バージョンが上がって久々に試してみたが、使えるようである。続きを読む

TMPGEnc MPEG Editor 3 で5.1ch音声を扱う

TMPGEnc MPEG Editor 3

 TMPGEnc MPEG Editor で 5.1ch音声を取り扱う際の注意事項をまとめる。続きを読む

改めてH.264TS Cutterを評価する

H.264TS Cutter
H.264TS Cutter


 昨年の3月29日に紹介させて頂いたものである。
当時はH.264/AVCのTSファイルがあっても活躍する場は
限定されていた。

 しかしながら最近は再編集してBlu-ray化するツールが発表され
何よりH.264/AVCに対する敷居が低くなった事もあり、当ソフトの
出番となった訳だ。

ダウンロードは以前のリンクが切れている様であるが、doom9のフォーラムからダウンロード可能だ。

最新バージョンは111である。

tsMuxeR の評価

tsMuxeR GUI
 tsMuxeRはTSデータの分離や再結合を行うソフトである。
最近バージョンアップがあったので、今週末にでも
テストしようと思っていたところ、レポートを頂いた。
どうもありがとうざいます。

さて、問題点に関して原因の特定をしてみる。続きを読む

TMPGEnc MPEG Editor 3 Trial版を使ってみた

TME3
TME3

正式発売を前にトライアル版がダウンロード可能となっている。
しかもなんと嬉しいことにTME2Pユーザのアップグレードは0円だ。

とりあえずトライアル版をダウンロードして使ってみた。
ここからダウンロード


続きを読む

WAV to AC3 Encoder を評価する

WAVtoAC3

先にWaveSwapperを紹介したが、こちらはその後処理のプログラムである。
即ちWAV→AC3を行うものだ。


続きを読む

WaveSwapperによるAAC 5.1ch→AC3 5.1ch音声チャンネル配置変更

AACとAACで音声のチャンネルアサインが違うのは御承知かと思う。
従来の方法として
AAC→WAV→AC3が標準的な手法であったが、5.1chの場合はこれにチャンネルアサインの入れ代えという非常に鬱陶しい作業を伴う。
続きを読む

TMPGEnc MPEG Editor 3への期待

TMPGEnc MPEG Editor 2.0

●待望のTMPGEnc MPEG Editor 最新バージョン登場!
TMPGEnc MPEG Editorとは?
「TMPGEnc MPEG Editor」は、MPEG-1/2動画ファイルのカッティングに特化した高速編集ソフトウェアです。
1フレーム単位での精密な編集に加え、編集点以外を無劣化出力することで高画質を維持する事が可能なスマートレンダリング機能を主な特長とし、ボタンサイズまで熟考したインターフェースとサブメニューの充実で、初心者の方から上級者の方まで幅広くご支持いただいている製品です。

最新バージョンではHDVカメラからのキャプチャ機能を標準搭載し、DVD-Video 出力、さらにブルーレイディスクライティングに対応いたしました。これによりハイビジョン動画編集との親和性を大幅にアップしています。また、Windows Vista対応に伴い導入したWPF技術の精査・研究により、高速化が難しかったカット編集のフィーリングを大幅に向上。従来に比べ格段の高速編集を実現しております。


とまあ、ついにBlu-rayに対応である。
問題は音声仕様だろう。

ベストは入出力共にAAC対応であるが、最低でも入力を許可してくれると嬉しいのであるがいかがだろうか?

TsRemuxが待望のバージョンアップ

TSRemux


TSRemuxがVer0.19でBlu-rayディスクのTrueHDに対応したようだ。
その他にも色々と機能が増えていて、魅力的なツールになっている。
doom9サイト
続きを読む

AVCHD 5.1ch音声はどうするべきか?

Ulead DVD Movie Writer 6 通常版


BDAVやBDMVのオーサリングソフトが2chまでなのに対して、AVCHDは5.1chに対応している。
せっかく規格として使えるのであれば使ってみたいと思うだろうが、なかなか大変である。
続きを読む

DVD Movie Writer6 の新たな障害発見 2

Ulead DVD Movie Writer 6 乗り換え版


いい加減、ユーザをテスターとして使うのは止めて欲しいものだ。
またもやAVCHDオーサリング時の新たなバグを発見した。
続きを読む

DVD Movie Writer6 の新たな障害発見

Ulead DVD Movie Writer 6 乗り換え版


以前、同ソフトを用いてAVCHDのオーサリングを行った際に、HDではなくSDになるといった障害の報告を頂いた。

先日、同じ状況に陥ったので、ようやく原因を特定できた。続きを読む

Ulead VideoStudio® 11 Plusは何ができる?

Ulead VideoStudio® 11 Plus
Ulead VideoStudio® 11 Plus


Ulead VideoStudioはビデオカメラの映像編集ソフトと思っていたのだが、次期バージョンでは映像編集だけでなく、次世代メディアへのオーサリングにも力が入っているようだ。

なんとも、筆者の使用範囲では、DVD MovieWriter6よりこちらの方が良さそうである。
http://www.ulead.co.jp/about/release/2007/070925.htm続きを読む

Blu-rayディスクを経由した、5.1ch コンテンツのPCへの取り込み

Panasonic DIGA 地上/BS/110度CSデジタル内蔵 Blu-rayハイビジョンレコーダー500GB DMR-BW200-S
SONY スゴ録 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー内蔵ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-V9


同じBlu-ray機であっても、ストリームデータの収録方式には違いがあるようだ。
松下は1つのストリームデータになるのに対して、SONYはチャプター毎に分離される。
後者はAVCHD方式のビデオカメラと同じ考え方である。
続きを読む

「DVD MovieWriter 6」を試す ITmedia +D PC USERのレビュー記事

Ulead DVD Movie Writer 6 通常版


ITmedia +D PC USER に同製品のレビュー記事が出ている。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0709/20/news010_3.html

まあ、内容は特にどうって事はないのだが、性能評価で一部気になる記述があった。
続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 AVCHD作成時「テンプレート問題」の解決策

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


テンプレートの作成に関して、教えて頂いた情報を元に、ようやく解決できたが、腑に落ちない。
対処療養なのであるが結果を報告する。
続きを読む

Easy Media Creator 10 Suite も第2世代に

Easy Media Creator 10 Suite
Easy Media Creator 10 Suite


筆者はこの前のバージョンを所有している。
UDF2.5の書き込み等のツールは良いのだが、肝心のBlu-rayオーサリングが全くだめであった。

とにかく使いにくいのだ。
続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 AVCHD作成時「テンプレート問題」の回避策

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


テンプレートの作成に関して暫定的であるが、回避策を発見したので公表する。
これによって、低ビットレートの設定がようやく可能となった。
続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 AVCHD作成時の問題点 その3

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


前回、色々と問題がある。
と書いたが、Vista 64bit だけの問題ではなく、XP 32bitでも共通の問題があるので報告する。

今回はUDF2.5に関して


続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 AVCHD作成時の問題点 その2

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


前回、色々と問題があると記述した。
今回はテンプレートの問題である。
Vista 64bit 固有の問題でなく、XP 32bitにも共通の問題である。

続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 の問題点

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


Vista 64bit版での利用である。
インストール自体は全く問題なく終了したのだが、色々不具合があるようだ。
続きを読む

ulead DVD MovieWriter6 ダウンロード版 発売開始

ulead DVD MovieWriter6
ulead DVD MovieWriter6


当初、8月末と言われていた、同製品の発売である。
本日サイトを見に行ったところ、いきなりダウンロード版が先行発売されていた。

筆者は5のユーザであるので、「アップグレード・ダウンロード版」を購入すれば7.329円でOKである。

サイト

オンラインショップ続きを読む

BSデジタルコピーフリー時代のコンテンツを再度観る(ウォーターボーイズ)

ウォーターボーイズ (通常版)

先週の金曜日に地上波で放送された。
実はBSフジでは2003年8月11日の『映画大王』枠で放送されている。
こちらは5.1chであった。

家人が観たいというので、久々にD-VHSテープを取り出して、DMR-BW200にコピーを兼ねて再生させた。
続きを読む

MPEG2Repairによるm2tsファイルの修復

Panasonic DIGA 地上/BS/110度CSデジタル内蔵 Blu-rayハイビジョンレコーダー 200GB DMR-BR100-S


Blu-rayから書き出したm2tsファイルであるが、録画時の障害であるのか不正なMPEG2になっている事があるようだ。
DMR-BW200での自己再生に関しては問題ないのだが、PS3で再生しようとすると、ここで引っかかってしまう。

AACSでスクランブルされたデータであれば、これ以上、どうしようもないのだが、コピーフリーコンテンツであれば、m2ts自体も平文であるので、修復可能か試してみた。
続きを読む

激安 学習リモコンはなかなか使える

Panasonic DIGA 地上/BS/110度CSデジタル内蔵 Blu-rayハイビジョンレコーダー500GB DMR-BW200-S
SONY RM-VL501 リモートコマンダー


録画コンテンツをDMR-BW200で編集するにあたり、ちょっと不便な事がある。
まあ、これはいたる所で語られている事であるが最大の欠点はチャプターをセットする場合、リモコンのテンキーを蓋をあけて操作する必要がある。

それに対して早送りや戻しを行うのには蓋を閉めておく必要がある。

これが非常に鬱陶しいのだ。
続きを読む

【続報】 スカパーコピーフリー番組のBlu-ray化の問題点

SONY DST-MS9
SONY DST-MS9

Panasonic DIGA 地上/BS/110度CSデジタル内蔵 Blu-rayハイビジョンレコーダー500GB DMR-BW200-S


先日のスカパーのBlu-rayデータであるが、m2tsデータ自体はVLCやPowerDVD7.1で再生可能であった。

元々自己再生は可能であるのでテストされていない項目でエラーが出ているように思われる。

また、PowerDVD上のBitレートは平均6Mbpsくらいあった。
オリジナルデータは2Mbpsなのでm2ts化の過程で水増しされた可能性が高い。

従って、スカパーのコピーフリーコンテンツに関してはDMR-BW200を経由してPCに取り込むのはあまり意味がないというのが結論である。

スカパーコピーフリー番組のBlu-ray化の問題点

SONY DST-MS9
SONY DST-MS9

SKY PerfecTV!
SKY PerfecTV!


先日、スカパーのコピーワンス番組のBlu-ray化に際して、Rec-POTがMOVEできないと記したが、コピーフリー番組はOKであった。
ターゲットとしたのは、昨年のFIFA W CUP のスカパー特番である。
続きを読む

TMPGEnc Editor 2.0 Premium アップデート

TMPGEnc MPEG Editor 2.0



TMPGEnc Editor 2.0 Premium
がアップデートされた。
最新バージョンはVer.2.5.3.151となるが、以前よりまだ直っていないバグがある。
続きを読む

MPEG2Repair 利用の功罪

MPEG2Repiar メニュー
MPEG2Repair


先日、ファイナルバージョンを紹介したMPEG2Repairであるが、思わぬ副作用がある事が判った。 まあ、考えてみれば判る事であるが、D-VHSやBlu-ray機への書き戻しをするためには必須のソフトと言えるだろう。



続きを読む

【速報】 NERO7 AVCHD 設定に関するまとめ

Nero 7 Premium 通常版


作成方法に関する質問を受けたので、改めてNero7を使ってAVCHDを作成するときの設定に関してまとめる。
なお、新バージョンのリリースがアナウンスされているが、本Blogで述べてきた障害は直っている可能性もあるのでご了承根願いたい。

続きを読む

Nero7 AVCHD変換に関する障害報告追加 2

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する追加記事。

BDMV形式のオーサリングを行ったり、夜中に無人運転をして、終了した際にシャットダウンさせる。
この際にメディアに書き出す設定にしておくと、オーサリング作業が終了したまま、UDF2.5ディスク作成に関する制限事項の同意を求める画面でストップしてしまう。
従って、ファイルとして書き出すのであるが、これに問題がある。
続きを読む

Nero7 AVCHD変換に関する障害報告追加

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する追加記事。

以前、1920×1080はダメだと記述したが、変換品位を中間に変更する事で、逃れる事が可能であった。
但し、また新たな障害が発生している。

続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 は Blu-rayオーサリングが可能

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

AVCHDとBlu-rayのプロフェッショナル向けオーサリング仕様であるBDMVは見た目のフォルダ関係は著作権保護関連のファイルを除いて同等である。

そこで、これを検証すべく、AVCHDでオーサリング済みデータを元にBlu-rayのデータディスクとして書いてみた。
続きを読む

TMPGEnc Editor 2.0 Premium はWin XP SP2.0以上

TMPGEnc MPEG Editor 2.0


以前の紹介記事で書いたように、かなり強力になっている。
が、それと同時に動作条件も厳しくなっているので頭が痛い。
続きを読む

MPEG2Repair ファイナルバージョンリリース

MPEG2Repiar メニュー
MPEG2Repair


昨年の5/28の記事で紹介した、MPEG2Repairであるが、改良が進み、ほぼ完成を見たと思ったら、これで最終版となるようだ。

続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 設定上の注意

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

色々とテストする上で、やってはいけない設定、エラーが出た時の回避方法に関して判った事を備忘録代わりに報告する。

MPEG2→H.264/AVC変換時のエラー回避方法
変換がスタートして、直ぐにエラーストップする事がある。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 入力MPEG2データの注意事項

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

1920×1080コンテンツが直接読めないので、1440×1080に変換する必要がある事は先日述べた。
プロファイルをMP@HLで作成するのは当然として、見落とし勝ちなポイントがある。
筆者もうっかり引っかかってしまった。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の障害報告

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

画面解像度に関して、デフォルトは1440×1080かと思う。
しかしながらWOWOWやHNK-hiなど、1920×1080コンテンツに関しては当然こちらを選択したいと思う。
しかし、これができないのだ。

続きを読む

AVCHDオーサリングに掛かる時間

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

筆者の旗艦PCはPentium 530J(3.0GHz)/1GBである。
Mpeg2-HDのBlu-rayオーサリングに関しては、ボトルネックがCPU性能でなくHDDの転送速度であったが、H.264/AVCを取り扱うAVCHDではやはりCPUのパワーが必要である。

続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の注意事項

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

オペレーション上、改善してもらいたい部分と注意事項に関して述べる。
続きを読む

AVCHD Nero Vision 4 の設定

Nero 7 Premium 乗り換え/アップグレード版

基本的にはデフォルトで良いかと思うが、筆者がデフォルトから変更している部分を紹介する。
続きを読む
記事検索
Archives
最新記事
訪問者数

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ