trail day

マウンテンバイクガイドとトレイルビルディングそしてきこり、自然を思いっきり楽しみながら土と木と戯れながら暮らしてます。忘備録的な意味も込めてのブログです。

搬送路崩壊

9月27日(火)の9時頃ツアーで使用している林道が崩れたという連絡がありました。
大慌てで現場に行ってみるとご覧の通り。
27  2
コンクリート擁壁がバッタリ倒れていました。
先日までの長雨で斜面に水が溜まり崩れてしまったのでしょう。

後ろ側の斜面も大きく崩れ落ちています。
27  1
道路を管理する、市の関係者と話したところ路側が広い場所なので通行止めにはせず横に迂回して通行できるようにするとのことなので、何とかツアーの開催は出来そうです。
ただ、今後の雨で再び崩壊する可能性も捨てきれないので、雨の様子によっては中止になってしまうツアーもあるかもしれません。
そんな訳で、このあとツアー申し込まれている皆さん、一応ご承知おきください。
雨等による状況が変わらなければ今まで通りツアーは開催できます。

それにしても自然相手だといろいろ起きますね。

この後はとりあえずトレイルの整備に登ります。
雨で倒れた倒木を片付けます。
27  3
雨の重さで腐った木が倒れてしまっています。

油圧ショベルの作業も進めていきます。
27  5
もう少しで粗道は開通予定。

 

長雨の影響

ここ最近断続的な降り続いた秋の長雨、連日の雨続きでうんざりです。
ツアーの中止も続いています。
ようやく雨の降り方も落ち着いてきたので、山の見回り行ってきました。

影響は各所に出ていますね。
23  2
川になっている林道。

トレイルも湧水が流れ込んでるところがあります。
23  3
 
一部ルートは湧水のためしばらく使えなそうな箇所もありますね。
23  4
 ここ伊那は、内陸で普段から降水量も少なく比較的乾燥している地域なのですが、この長雨で山はたっぷりと吸水しているのを感じます。
この週末は何とかツアーは出来そうですが、一部ルートはこの水が抜けないと使えなそうですね。

トレイルで崩れた箇所は無かったですが、道路は崩れた場所も出ていました。
23  1
改めてかなりの量が降ったことを感じます。
ただこの雨でしばらくすると、きのこがいっきに生えてきそうです。こちらは恵みの雨というところでしょうか? 

子育てフェスマウンテンバイク体験コーナー

伊那スキーリゾートで開催される子育てフェス2016&伊那谷肉祭りの会場で9月17日(土)、18日(日)の2日間マウンテンバイク体験コーナーを開催させていただきました。

先日制作した木製パンプトラックも登場です。
 17  3

体験コーナーの全景はこんな感じ。
17  1
伊那谷が一望できる最高のロケーションです。 

17  2
子供たちを中心に楽しそうに走っていただきました。

1本橋も大好評。

17  5
結構な長さがありましたがクリアできる方が多かったです。

木製パンプは少々高さがあるので難易度は高め。
17  4
上級者は最高に楽しいかと思いますが、初心者の皆さんは苦戦していました。
ここはもう少し練る必要がありそうですね。
1日目は皆さんとても楽しんでいただくことができました。

さて2日目は、 
17  6
台風接近の大雨で危険との判断から体験コーナーは中止となってしまいました。
残念・・・。 

木製パンプ制作

イベント用に木製のパンプトラック作りしています。
15  2
自分だけでは木材加工の知識も機材もないので今回は家具工房和さんにお手伝いしていただきながら制作。
手持ちの材料でできるだけシンプルに、軽く作ることを心がけてみました。
15  3
出来栄えとしても悪くない感じです。
さてこれが連なるとどうなるか?
土で作るのとは全く違うアプローチが必要で四苦八苦。
15  1
 走るのももちろん楽しみだけど、こうやってモノを生み出していくのってやっぱすごく楽しい!!
 

9月11日バックカントリールート草刈り

バックカントリーツアールートの草刈りです。
 10  3
笹の繁茂が半端ないです。
場所によってはこんな感じで道が消滅しています。
10  1
一応真ん中あたりが道です。
よく茂ってますね〜。今までこれを食べ尽くしていたシカが以下に減ったかを痛感します。

ここの所かなり気温が性ってきたせいでここら辺の高標高帯のカラマツはだいぶ色がくすんできています。
10  2
紅葉というほどにはまだ遠いですが秋の訪れを感じます。

草を刈ってすっきりした道となりました。
10  4
まだまだ刈らねばならないところは多いですがちょっとづつ進めていきます。 

9月6日トレイル整備作業

トレイル整備作業。
棚状の緩い地形のアリアに入ってきています。
06  1

掘っていると針金とか金具が出てくるのでかつての炭焼き場、山土場の跡ではないかと推測します。
昔から山に関わって地域の皆さんが生活してきた痕跡ですね。

斜度が緩い分作業は順調に進んでいきます。
岩も少なくていい感じ。
06  2
だいぶ尾根が近くなってきました。
もうちょっとです。
 

トレイル整備

トレイル整備作業、
尾根を巻き込む急傾斜部分を無事通過することができました。
05  1
それにしても急だった。1か所岩盤が出てダメかと思ったけど何とか繋がりました。

ここからは傾斜が緩くなるので作業スピードもアップ!
05  2
奥に見える尾根まで行きます。
もうちょっと!
 

芝フェス

大芝高原で開催のアウトドアイベント芝フェス2016でマウンテンバイクの体験教室行わせていただきました。
03  1
ここ大芝高原内は普段はマウンテンバイクの走行は禁止ですが、今回のイベントに限り特別に走行させていただきます。
マウンテンバイクの走行が禁止されていることもあり普段なかなか入る機会が無かった場所ですが、緩やかな傾斜の森の中に芝生の広場や池が広がり各種運動施設やキャンプ場、温泉などもあり家族で訪れるにはすごくいい場所です。
今回のイベントはこの大芝高原を中心にマウンテンバイク以外のもたくさんのアウトドア体験ができます。
トレイルランやカヌーヨガ等々いろいろあります。参加者も結構いてにぎやか。
03  2

さてマウンテンバイクは初めて乗る方がほとんどなので基本的な乗り方講習を行います。
03  5
子供を中心に結構賑やか。

その後はバランスを取る練習
03  3

曲る練習
03  4
広大な公園施設を存分に使用させていただきます。

さてこの後はいよいよ公園内の森の中を走ります。
03  6
子供たちイケイケです♪

このイベントのために園内に特設シングルトラックも作らせていただきました。
03  7
登りもあるルートだけど子供たちエンドレスに回ります。

緩やかで気持ちいい森がここの特徴。
03  8

スゲー楽しそうに走ってます。
03  9
ここを思いっきり遊び切る頃にはみんなすごくうまくマウンテンバイク乗れるようになってきています。

上達したところで最後は公園内の遊歩道をなどを繋いでトレイルライド。
途中起伏を使ってスタッフがマウンテンバイクはこんなこともできるよというデモンストレーションも。
03  10
これは大受けしていました。

午前、午後それぞれ開催しましたがマウンテンバイクの楽しさを感じてもらえたと思います。
03  11
03  12
マウンテンバイク知らなかった人がこれに乗って目をキラキラする光景は、案内する側としては本当にワクワクします。
こんな機会をこれからも作っていきたいなと思います。
参加のみなさんまた一緒に走りましょう!

こんな機会を作ってくれた南箕輪村の皆さんありがとうございました!! 

久々整備作業!

夏の間忙しくて入れなかったトレイルの整備作業をやっと少しづつ再開してきています。
作りかけのこのルートの作業を進めていきます。
02
一番の急斜面区間。
1歩間違えば大事故になるのでいつにもまして慎重に作業中。 

バックカントリールート草刈り

草の伸びがっとってもいい今シーズン、
いつもツアーで走るルートだけでなくバックカントリーツアーのルートもモリモリ草が伸びてきます。
伸びた草は刈らねば道が埋もれてしまうのでここも草刈り!
この日午前中は濃い霧に覆われています。
26  1
標高高いので草ではなく主に笹、しっかり生えるので草よりたち悪いかも。
道が消え入りそうなくらいに伸びています。

完全に消えてる箇所も多数
作業前
26  2
ほぼ道がわからない状態・・・・。
もう1年そのままにしていたら完全に消えちゃうだろうね。

さて作業後は
26  3
見事にトレイルっぽくなったでしょ。
刈った笹をどかすともっと道っぽくなるけど、これを置いたままににしたほうがトレイル路面の保護になるので放置します。

この場所実は里からすごく遠くて車で1時間、更に歩いて1時間、片道2時間かけないと来れない場所。
往復の移動で4時間かかる場所なので実際作業できる時間は限られます。
ここに来るだけでもちょっとした冒険気分。
そんな場所で食べる昼飯は格別。
26  5
ブヨが多いので蚊取り線香焚きながら握り飯をほおばる。
至福の時間♪
晴れて来て吹き抜ける風が気持ちいい!

午後からの作業は更に深い笹の場所を刈っていきます。
26  4
まだ草刈りせねばならないところは山ほどあるけど、これでだいぶ気持ちよく走れるようになる事でしょう。

夏のキノコ、タマゴタケ。
26  7
気温が低い高山帯は里とはちょっと違った時期に生えるようです。



 
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

'いいね!'をクリックしてね

記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ