このブログでも何度か書いてるけど、今シーズンはとにかく雨が多い!いつも夏になるとカラカラに乾くことが多いが、今年は連日の雨で森の中はしっかり湿っている。
もちろんトレイルも、いつもわずかにみずが滲み出し水が浮いている箇所、雨が多いせいでわずかどころか常にぐちょぐちょ。
写真じゃわかりにくいね・・・。
13  1
黒っぽい土の部分が水がしみてる部分、
走ると必ず泥をはね上げ服が汚れる感じ。
ここを泥跳ねなく走れるようにしようと思う。

湧き出し口となる山側に集水のための溝を掘る。
13  3
瞬く間に水が湧き出し、掘り返した土が水を含んでいく。
水を吸った土は激重。重い土は水と共に体力も吸っていく。

何とか山側に溝を掘り、トレイル横断するところにパイプを埋め込み排水開始。
13  4
出てくるのはこんなちょろちょろ、たったこれだけでトレイルはコンディションを維持できなくなる。
土の道がいかに水に弱く繊細かを感じる。
そんな土の道を滑りにくいごつごつのマウンテンバイクのタイヤで走るのだからインパクトを少なく走るには繊細なライディングが必要。
TRAIL CUTTERのトレイルは走る人一人一人が意識してもらう事で気持ちいいコンディションが維持できている。

最後に水を含んだ土で再度路面を修正。
13  2
これでこの箇所でトレイルに水が浮いてくることは無くなった、晴れて土の中の水が抜けるまでの間、お客様にはこの区間だけ迂回してもらうようになるが土の水が抜けさえすればしっかり固まったきれいな路面になるはず。
また少しトレイルが快適に走れるようになった。