お世話になっているサイト様ヘッドライン
アンテナサイトヘッドライン

記事紹介サイトヘッドライン

国内:J2

2012年05月24日

1 名前:発狂くんφ ★[] 投稿日:2012/05/23(水) 16:24:28.24 ID:???00000000000014717
経営危機に陥っているサッカーJ2のFC岐阜は23日、今季の運転資金が1億円足りないことを表明し、地元経済界などに支援を要請した。

岐阜県庁で開かれた意見交換会には、FC岐阜の今西和男社長が出席。昨季の債務超過は約1億4千万円に達したほか、今季は経費削減をしても資金が1億円が足りず、早ければ6月にも手持ち資金不足に陥る恐れがあると説明した。

今西社長は「4300万円は人件費などで削減できるが、それでも資金が足りない可能性がある。ぜひとも皆さんの支援をお願いしたい」と述べた。意見交換会に出席した古田肇知事は「喫緊の課題は6月をどう乗り切るかだ」と、経営に危機感を表明した。

FC岐阜は、岐阜県と岐阜市が2千万円ずつ、他の県内全41市町村が100万~200万円を出資し、資本金2億7800万円の4割を占める。経済界と県、市町村は、FC岐阜の経営改善策を見定めた上で、具体的な支援を検討する。

FC岐阜は昨季、7100万円の赤字を計上。累積赤字は4億2400万円で、4月にJリーグから経営改善の指導を受ける「予算管理団体」に指定されている。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012052390141719.html

続きを読む

2012年05月23日

1 名前:宵宮祭φ ★[] 投稿日:2012/05/22(火) 17:16:43.08 ID:???0tri
J2大分が1億円募金、リーグ融資完済目指す

経営難が続くサッカー・J2の大分が1億円を目標に募金活動を始めることが22日、関係者への取材で分かった。チームはJ1復帰に向けて6位と好調だが、昇格を決めるプレーオフ出場にはJリーグへの借金3億円の完済が条件。自力返済は難しく、運営会社「大分フットボールクラブ」の青野浩志社長が同日午後に記者会見し、協力を訴える。

大分は資金繰りが悪化した2009、10年にJリーグから計6億円の融資を受けた。今年1月までに3億円を返済したが、残る3億円を含め、債務超過額は9億1800万円に上る。

関係者によると、募金は一口5000円を想定。選手たちが試合会場や街頭などで協力を呼びかける。3億円のうち、残る2億円は県や協賛企業に支援を要請するとみられる。

J2は今季から1、2位が自動昇格。3~6位の中から1チームが昇格するプレーオフを導入した。参加はJリーグへの借金を10月12日までに完済することが条件になっている。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20120522-OYS1T00779.htm


続きを読む

2012年05月12日

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage] 投稿日:2012/05/11(金) 07:03:39.29 ID:???0
日本サッカー協会の田嶋幸三副会長(54)が10日、JリーグORG_20090403000103の日程改革に強い意欲を示した。日本協会とJリーグの幹部で構成される「日程改革検討委員会」の委員長を務める田嶋氏は、14年シーズンからJリーグを欧州リーグと同じ「8月開幕→5月閉幕」の「夏→春制」に移行する案をJクラブに提案。「一方的なものではなくJと煮詰めて提案した」と話した。

15年1月のアジア杯(オーストラリア)は天皇杯決勝(1月1日)直後の開催が決まっており、現行日程のままでは代表選手がオフを全く取れない。そこで同委員会は15年までにJか天皇杯の日程を変えることを前提に会合を重ねてきた。

これまで何度も議論されてきた「秋→春制」と大きく違う点は夏休みに開幕し、降雪地に配慮して1~2月に中断期間を設ける部分。来月の臨時実行委員会でJクラブの意見を集約し今夏までに結論を出すが、田嶋氏は「Jが絶対不可能と言えば意見は尊重する。ただ、降雪地クラブも真っ向反対ではないと聞いている」と自信を見せた。

また、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が15年から「9月開幕→5月決勝」に移行する可能性が高いことが判明。このままでは日本が世界のカレンダーから取り残されてしまうことも懸念される。日本協会とJリーグには、慎重かつ迅速な決断が求められる。


http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120510-OHT1T00275.htm


続きを読む

2012年05月09日

1 名前:宵宮祭φ ★[] 投稿日:2012/05/09(水) 09:03:12.11 ID:???0
2015年に秋春制へ完全移行 J1&J2合同実行委で提示30336

JリーグのJ1&J2合同実行委が8日、東京・本郷のJFAハウスで開かれ、J日程改革検討委の提案として、現行では3月に開幕する春秋制のJリーグを、来季から段階的に秋春制移行に着手し、2015年に完全移行を目指す計画が提示された。提案を受けた各クラブの実行委員は反対が多数を占め、今月末に臨時実行委員会を開き、引き続き検討を続けることになった。秋春制移行を願う日本協会と、現行の春秋制継続を求めるJクラブ側のシーズン制をめぐる綱引きが再び始まった。

突然の打診に、J1&J2合同実行委が騒然となった。会合の最後に、日本サッカー協会の田嶋幸三副会長がJリーグ日程改革検討委の提案を携え、会議に出席。秋春制への移行を求める提案がなされた。

日程改革検討委員で、Jリーグの中野幸夫専務理事は「来年はコンフェデ杯、東アジア選手権もあり、日程づくりが大変なので、ひとつの案として提示した」と提案理由を説明。検討委の提案は、2015年の完全移行を目標に、来季は6、7月に試合を開催せず、14年春まで18カ月かけてリーグ戦を行うことや、降雪地に配慮して1月、2月は試合を行わないとする内容だった。

出席した実行委員の1人が「18カ月? 1年契約でやっている選手契約、スポンサー契約はどうなる?できるわけない」と話したほか、他の実行委員も「突然の提案でやり方が汚い」と話すなど反対意見が大半。この日は結論は出さず、今月末に臨時実行委を開き、再検討することで会議は終了した。

日本協会が秋春制移行を模索するのは今回が初めてではなく、犬飼基昭・前日本協会会長が2010年の秋春制移行を強く推し進めようとしたが、降雪地の反対によって断念している。ただ、日本協会内には「欧州とのシーズンを合わせた方が、いろいろな面でやりやすい」と秋春制移行を求める声は根強く、今回はJリーグの日程改革委からの提案となった。しかし、今回もJクラブ側の反発は激しく、秋春制をめぐる論議はすんなりと決着しそうにはない。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2012050902000163.html

続きを読む

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage] 投稿日:2012/05/09(水) 08:33:15.73 ID:???030336
Jリーグは8日、都内のJFAハウスでJ1、J2実行委員会を行い、アジア各国でのテレビ中継の進捗(しんちょく)状況が説明された。6月にはタイでJ1の地上波中継が始まり、カンボジア、ラオス、ベトナムでも準備に入っている。

中西大介競技・事業統括本部長は「まず実績を作っていければ。3年がかりで取り組んでいきたい」と話した。また、川崎の監督に就任した風間八宏氏が、4月20日付で理事を辞任したことが承認された。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120508-OHT1T00202.htm


続きを読む

新着記事(アンテナを含む他サイト様)

人気ページランキング
申請中のサイト様ヘッドライン
申請中のアンテナサイトヘッドライン

申請中の記事紹介サイトヘッドライン
記事検索
サイト紹介
このサイトについて

RSS Twitter はてぶ

相互リンク、RSS、ツイッターの
フォロワー募集中です。

ご意見、ご要望はこちらまで↓
mtmsoccer1
@(アットマーク)yahoo.co.jp

またはメールフォームまで

相互リンク、RSS登録済みのサイト様は上部、私から相互リンク、RSSの登録を依頼中のサイト様は下部のヘッドラインに表示します。抜けがあればご連絡ください。
アクセスカウンター

    ランキング