中古車オークション代行専門店。名古屋市発、愛知県岐阜県三重県静岡県エリアをカバー。カーオークション

2013年08月08日

緊急地震速報は誤報だったが…そこの奥に見える陰謀めいた話  (3297投稿)

静岡県にきているときに、あの出来事に遭遇しました。
夕方5時前に、新店舗の開店準備の応援で現場の事務所の中で作業をしていると、一斉に周囲のスタッフたちの携帯が鳴りはじめました。

最初は????でしたが、、、、

なんだなんだ!?

・・・なんだかいつもと雰囲気が違う。。。。

地震?

『緊急地震速報』?!




奈良で最大震度7!!

ただ事ではないっ!

と感じるとともに屋外の広いところに皆で避難。

外に出ると同時に、あの緊急地震速報の音が地域の防災無線のスピーカーからも鳴り響く。

なんとなく落ち着きを取り戻すまでに数分は時間がかかった気がした。


MP900144592[1]



〜産経新聞ニュースより〜
==============================
気象庁「予想は過大、肝に銘じておわび」 震度7誤速報
産経新聞
産経新聞
2013年08月08日21時48分
 気象庁は8日夕、奈良県と大阪府で震度6弱から7程度の揺れを予想し、関東甲信から九州までの広範囲に緊急地震速報を発表したが、震度1以上の体に感じる揺れを観測した場所はなかった。

 気象庁の橋田俊彦地震火山部長らは同日会見し、「予想は過大で、広範囲でご迷惑をかけた。誤報を深く肝に銘じておわびし、再発防止に務める」と謝罪した。

 気象庁によると、和歌山県北部で午後4時56分、地震の揺れを検知。マグニチュード(M)が最大7・8と予想して速報を発表したが、実際にはMは2・3だった。

 気象庁は誤報の原因について、地震発生と同じタイミングで、三重県沖約60キロに設置した海底地震計に電気信号が一時的に途切れる不具合が発生したためと説明。「揺れが震源から約170キロ離れた三重県沖まで到達した」との誤ったデータを震度予想の計算に含めたという。

 この結果、奈良県、大阪府南部・北部で震度6弱から7程度の揺れが発生すると速報したほか、東京都でも震度3から4程度が予想されると発表した。

 橋田部長は会見で「速報への信頼を損ね申し訳ない。ただ、身を守ってもらための情報なので、速報を発表した場合は引き続き身の安全を確保してもらいたい」と話した。

 緊急地震速報は、2地点以上の地震計で揺れを観測し、震度5弱以上の揺れが予測される地域と、震度4が予測される地域に発表される。平成19年の運用開始以降、今回を含めこれまでに137回発表しており、観測した震度が2以下だった地震は33回目だという。
==============================



ここで少し考えてみよう。
誤報は実は意図的であったりしないか?ということ。
実は本番さながらの抜き打ち訓練のように、危険状況を恣意的に作り出し、それによる人々や社会経済への影響を実際に試してみるという意図があったとしたら?
一種のストレステスト・・・。
警報(地震速報)を発したときの大規模な地域単位の動きや、経済や国民の暮らし、自治体や交通機関等への混乱などの実際の影響を調べるためのテストかもしれない・・・。

実は相当に大きな地震のような大災害の現実的かつ切迫した状況を高い可能性として最高レベルでは察知しており、それを正式発表すると相当な混乱とパニックが起こるため、あえてそれは伏せておき、万一それが発生したときの対応策として、人々がどのように行動するのか?を学び、その時の対応策に生かすため、また人々に耐性をつけさせるための実戦訓練が今回の誤報だということ。
福島第1原発事故の際も、「最悪の場合、関東エリア3000万人の避難に関しては発表したくてもできなかった…」という話が関係者から漏れ伝わってきました。

例えば、1か月後で名古屋で大自然災害が起きることが分かってしまった瞬間、それを公表すれば、街全体は避難民で大混乱を起こし、治安上の問題は当然、地域の経済活動自体が大混乱を起こしマヒします。住宅、土地の取引は途中でストップしたり、契約の問題、保険の問題、工場や取引先への発注、納品契約なども影響が出ます。雇用の問題、しかもそれらには従来の法律では対応できないことも沢山あるでしょう。生活物資の買い占めも起こりそうです。

実はこうした噂が過去も出ていました。
ネットでは話題になったのは、少し前に発生した「みずほ銀行」のシステム障害で銀行の預金が下せなかったり、送金が出来なくなったりしたことがありました。一説ではデノミと同時に”新円”での通貨切り替え(=デノミネーション)を想定した「預金封鎖」に備えたストレステストであるという都市伝説めいた話がでていました。

今回の緊急地震速報の誤報も裏側には実は深い意味が隠されているのかもしれない。



まぁ、そんな都市伝説はさておき…


実はこうしたストレステストはビジネスでも意図的に使われることがある。
様々な会社の状況や業務にストレスをトライアルとしてかけて、その反応を見る。例えば、その業務の仕組みやシステムが様々なエラーが同時多発的に発生したときにどれくらいの耐性を持てるかどうかを、わざと分かった上でミスを見逃して遠くから様子を見る。それは当然最悪を回避できるように外側に防護壁は立てているのだが、当事者にはそんな様子はわかるはずもない。
その中で、結果としての問題点を抽出していくということも時に必要だ。

業務は常に100%であることが求められるが、少しマクロ的な視野で言えばスピードを重視するあまり、多少の些末なミスやエラーは無視しても80%の完成度でも致命傷にならない限りは前に進むことを優先すべきときは実際にある。どこまでのミスやエラーを許容するかは経営者が判断することなのだが、それは事前にストレステストをしていることが多い。


「リスクマネジメント」、「クライシスマネジメント」、そして「ストレステスト」は常に経営者の頭の中に渦巻いていること。
業績が順調で社内が前向きで楽しくあるとき、ただ一人経営者は最悪の状況を想定して悩んでいる・・・これが多くの経営者の憂鬱ではなかろうか。
決してその立場にならないと理解されにくいことですが。
一方で、業績不振で社内がごたごたしているマイナスの状況下で、いかに前向きな思考でいられるか・・・という逆説的なこともまた上記の3つをを常に意識してシミュレーションを重ねている経営者にとっては真であると思う。

経営者にとってすべては予測、予見、予知の深さが命だということだな。


PS:面白おかしく書いていますが、社会のトラブルや混乱を容認する意図はございませんので悪しからずご了承ください。表で報道されているニュースには実はその裏側に潜む事実がよくあります。大きく報道される事件や事故のニュースの裏側に、じてゃ国民にとって大切なニュースが小さく報道されている。マスコミや体制側の恣意的な理由があるのかどうかは分かりませんが、そんな視点で常にアンテナを立てておくことも重要かと思います。そんな例えで書いてみました。自身は来ない方が勿論良いですし、警報システムがないよりは多少の精度に問題があったとしても人の命が救える確率はそれにより圧倒的に高くなりますので、不可欠だと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ こちらのブログランキングは何位でしょう?
人気ブログランキング2
こちらのブログランキングにも参加中です!
FC2ブログランキング←こちらにも新しく参加しました!

”毎日更新”の励みになります。ワンクリックでランキングアップの応援を!
あなたの1票で順位が変わりすっ。「面白いっ!」「頑張れっ!」と思ったら応援ワンクリックを!


◆『facebook』でも情報発信中!ブログで書いていないネタも満載です!◆
◆フェイスブックに参加されている方は是非そちらもご覧くださいませ!◆


**********************************

■中古車オークション代行専門店■
くるまオークションドットコム
(http://www.kuruma094.com/)
名古屋市名東区、名古屋市港区、愛知県岡崎市の3店舗でサービス全開中です!

■中古車の均一ショップ■
「クルオク」
(http://www.9609.biz/)
名古屋市港区イオンモール名古屋みなと内、愛知県小牧市イオン小牧店内、愛知県豊田市、愛知県岡崎市レスパ岡崎店内、愛知県稲沢市パールシティ内にて展開中!

**********************************

なかのひと赤い点がアクセスして頂いている官公庁、大手企業、団体の所在地を示してます。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
楽天市場
Amazonライブリンク
Archives

株式会社メディアトラスト 愛知県公安委員会自動車商許可NO.541420101100
 〒465-0054 名古屋市名東区高針台1丁目110番地 TEL:052-734-3094
Copyright c 2006 Media Trust Co.,Ltd. All Rights Reserved.
掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。