2018年12月07日

副読本としても、新たな魅力発見ツールとしても

NHKEテレでやっている「100分de名著」という番組が、結構好きです。
 
古今東西の著名な本の内容を100分――すなわち25分×4回の番組で紹介してくれるというものなのですが、「名前は知っていて、そのうち読みたいとは思っていたけれど、なかなか手が伸びなかった」ような本の内容を、ざっくり分かりやすく図解場面場面をアニメにしたものも交えて紹介してくれるので助かります。
 
とは言え、100分だけではさすがに「その本の全て」を網羅することまでは無理ですので、「だいたいこんな内容なんだ」というのを知ることができる、というだけのことではあるのですが…。
 
今回ご紹介するのは、そんな「100分de名著」の「テキスト」です。
   ↓


 
NHKの教育番組では割とこういう「テキスト」が存在していて、番組の最後にちらっと表紙写真が出て来たりするのですが…自分は最近になって初めてこの「100分de名著」の「テキスト」を購入しました。
 
…と言うのも、予約録画に失敗して(その上、再放送も録画し損ねて)4回あるうちの1回を見逃してしまったことがあり、その間に語られていたことをどうしても知りたくて、テキストを買ってみたのでした。
 
テキストは普通に書店(の雑誌コーナー?)に置いてありますし、最近のものは電子書籍版も出ています。
 
(電子書籍版と紙のテキストとでは一部内容の異なるものもあるようです。その辺りは電子書籍版のサンプルをダウンロードすると書いてあります。)
 
自分が現在所有しているテキストはウンベルト・エーコさんの「薔薇の名前」とルーシー・M・モンゴメリさんの「赤毛のアン」、エーリッヒ・フロムさんの「愛するということ」の3冊なのですが…
 


 
(「赤毛のアン」は特に録画失敗もせず全ての回が見られたのですが、個人的に内容が良過ぎたので「テキストも買おう!」という気になりました。)
 


 
読み比べて思ったことは「テキストと言っても、書き手によってだいぶ印象が変わるな」ということでした。
 
(番組では取り扱う“名著”が変わるたびに、解説するゲストの先生が変わり、そのゲストの先生がテキストを書いています。)
 
「番組」では解説の先生の他に、司会の伊集院光さんとNHKの女子アナウンサーさんがいて、その三者の会話のキャッチボールがありますので、ゲストの先生が一人で書いている「テキスト」と印象が違うのは当然なのですが、「だいたい番組に沿った内容で、そこに+αの知識が追加されている」と感じるものもあれば、「番組のテキストと言うより、独立した解説本と思った方が良いかも知れない」という印象のものもあります。
 
もちろん、取り扱っている“場面”はだいたい番組と同じなのですが、情報量が段違いに濃密過ぎて、番組を見て「あぁ、何となく分かった」と思ったものが「いや、全然分かってなかった。この本、こんなに難しいんだな」に変わってしまうものがあるのです。
 
…まぁ、どちらが良いかは人それぞれでしょうが…。
 
ところで、この「100分de名著」、名著の内容を“解説してもらう”という面はもちろんありますが、その他にも、名著の“魅力を再発見する”という側面もあるように思います。
 
既に読んだことがあって内容を知っているような本でも、他の方が独自の視点で読み解いた“解釈”を知ることにより「この本って、そんな深いことを語っていたんだ」「そんな読み方もあるんだ」という、新たな“本の楽しみ方”を発見できます。
 
「赤毛のアン」は脳科学者茂木健一郎さんが解説を担当していて、脳科学の観点から物語を読み解いてくれているのですが、それが今まで(自分には)なかった視点でとても面白く、ついついテキストまで買ってしまったのでした。
 
この番組、今後も気になる本の回はチェックしていこうと思っています。
 



 



<電子書籍(Kindle)版> 

Kindle版はサンプルをダウンロードすることができますので、まずはそちらをダウンロードしてみて購入するかどうかを決める、ということもできます。
  ↓
 


 

 
 
 



記事検索
プロフィール

mtsugomori

管理人サイト紹介
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
banner
記事検索
オリジナル・ネット小説紹介
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」
hanasaku-ban

魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」
ban-mahou-miko

異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」
ban-princess

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」
ban-yume-a

乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


↓こちらもどうぞ↓



アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ