2018年06月17日

癒しのアイリッシュ音楽に温かみのある笛の音を添えて…

大学で音楽系サークルに入り、独学でフルートを始めた際、大学図書館にあったフルートのCDを片っ端から聴きまくっていた時期がありました。
 
そんな頃に出会ったのが、フルート奏者ジェームズ・ゴールウェイ(James Galway)さんです。
 
初心者で、フルートの音色や技巧の違いもよく分からない自分でも、この人のフルートには「これは他と違う!」と感じたのを覚えています。
 
技術的なことは正直よく分からないのですが、この人のフルートには何というか、人間味があふれている気がするのです。
 
あくまで個人的な感覚ではありますが、ツルっと滑らかな音と言うよりは、どこか布や木肌のようで、ざらっとした手触りがあるような、自然で、あたたかみのある柔らかな音色に感じました。
 
後で調べてみると、このジェームズ・ゴールウェイさん「黄金のフルートを持つ男」という二つ名を持ち(※)、2001年にはエリザベス女王から「ナイト(騎士)」の称号まで授与されているような有名なフルーティストでした。
 
(なので現在の正式な呼び名はサー・ジェームズ・ゴールウェイ(Sir James Galway)なのです。)
 
そんなジェームズ・ゴールウェイさんのCDの中でも特に気に入ったのが、このCDです。
   ↓
 
In Ireland
James Galway
RCA Victor
1990-10-25

 
 
(CDの曲すべてにジェームズ・ゴールウェイさんが参加されているわけではないのですが、それでも自分の中でのジェームズ・ゴールウェイさんのベストCDはこのアルバムだったりします。)
 
元々アイリッシュ音楽アイルランド音楽)の、どこか切なく哀愁の漂う感じは好きなのですが、そこにさらにジェームズ・ゴールウェイさんのフルートの音色が加わって、あたたかな郷愁に満ちた、とても癒されるアルバムになっています。
 
このCDは、メジャーなクラシックのように華麗で洗練された音楽というよりは、まさに民俗音楽郷土音楽という感じで、素朴で自然体で、どこかノスタルジックな曲にあふれています。
 
中でも特にお気に入りなのが「Down by the Sally Gardens(思い出の庭)」と「Danny Boy(ロンドンデリーの歌)」の2曲なのですが、目を閉じて聴いていると、アイルランドの平原で夕風に吹かれながら、流れてくる笛の音に耳を澄ませているような、そんな感覚に浸れます。
 
 

  
 
    ↑
(上の画像リンクから商品詳細ページへ飛んでいただくと、一部分だけ試聴可能です。←端末によっては聴けない場合もあります。)
 
ちなみに管理人・津籠が別ブログで書いている恋愛SS(Short Story)に「あなたの声は、フルートの吐息。」というものがありますが、主人公が恋する相手のフルートの音色には、このジェームズ・ゴールウェイさんの笛の音色をイメージして書いています。
 
(人物像についてはほとんど存じ上げないので、モデルにしたのは、あくまでフルートの音色だけですが…。)
 
 


(※)ジェームズ・ゴールウェイさんが近年愛用しているというフルートには金が使われています(ボディが24金、キィが14金)
 
 
黄金のフルートをもつ男 (名演奏家シリーズ 11)
ジェームズ ゴールウェイ
時事通信出版局
2011-09

(楽器メーカーの「ナガハラフルート」さんでは、彼の使用するフルートとほぼ同じ仕様の「サー・ジェームズ・ゴールウェイ・モデル」なるものも販売しています。)
 
もっとも、フルートの音色は材質となる金属には左右されないというデータもあるようなので(←専門家ではないので、真偽のほどはよく分かりませんが…。)、ゴールド・フルートだから銀のフルートより良いのかどうはか分かりませんが…。
 
(そもそもジェームズ・ゴールウェイさんご本人が「フルートについて特定の金属を推奨したことはない」「フルートの材質を(耳だけで)言い当てることはできない」というようなことを語っているようです。←ネット調べ情報。)



 
 


 
<ジェームズ・ゴールウェイさんのその他のCD>
  
ベリー・ベスト・オブ・ジェームズ・ゴールウェイ
ゴールウェイ(ジェームズ)
BMG JAPAN
2002-12-18

 
 
バッハ : フルート・ソナタ集(選集)
ゴールウェイ(ジェームズ)
BMGビクター
1995-02-22


 
ゴールウェイ・プレイズ・バッハ2
ゴールウェイ(ジェームズ)
BMGメディアジャパン
1998-03-21


 
 

 
 



プロフィール

mtsugomori

管理人サイト紹介
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
banner
記事検索
オリジナル・ネット小説紹介
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」
hanasaku-ban

魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」
ban-mahou-miko

異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」
ban-princess

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」
ban-yume-a

乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


↓こちらもどうぞ↓



アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ