2018年07月20日

小学生の時にこんな特別な夏休みが欲しかった

今回ご紹介するのは、管理人が小学生の頃に大好きだったファンタジー児童文学です。
   ↓
 
 
初版が1975年と古い物語ではあるのですが、実はこの話、一度ジブリ・アニメの新作映画候補として名前が挙がったこともあるそうです。
 
結局この物語がそのままジブリ映画になることはありませんでしたが、その時代わりに作られたのが、ベルリン国際映画祭で金熊賞(グランプリ)を獲り、今なお破られぬアニメ映画の興行収入記録を打ち立てた「千と千尋の神隠し」でした。
 
(その辺りの詳細はジブリの教科書「千と千尋の神隠し」に書いてあります。)
   ↓
この2つの物語、比べてみると、いろいろと“似ている”部分があります。
 
小学生の女の子が不思議な町に入り込むところ、カラフルで変わった町並みと、彼女を待ち構えている意地悪なおばあさん、そして、一人では何もできなさそうだった少女が、町で働き自分の頭で考えて様々なことをこなしていくうちに“成長”していくストーリー……。
 
(もちろん「千と千尋の神隠し」には宮崎駿監督の独特の世界観や、ハクとの淡い恋(?)、カオナシとの攻防など、「霧のむこうのふしぎな町」には無い要素もいくつもありますので、全くの別物になってはいるのですが。)
 
この「霧のむこうのふしぎな町」には派手なアクション・シーンがあるわけでもなければ、胸キュンのラブ・ロマンスがあるわけでもありません。
 
ただ主人公の女の子が町のお店で夏休みの間“お手伝い”をしていくという、いわばそれだけの話です。
 
(ただ、そのお店が魔法関連のお店だったり、不思議な人物が訪ねて来たりと、いろいろ変わっているのですが。)
 
ただ、小学生の頃の自分はむしろ「そこが良い」と思っていた記憶があります。
 
この物語は現実ではあり得ないようなファンタジー要素をふんだんに含みながらも、どこか現実との“地続き感”があるのです。
 
物語冒頭の町(霧の谷)への辿り着き方にしてもそうです。
 
最初に駅がどうの、夜行列車がどうのとリアルな交通手段の話が出て来たり、東京・仙台・静岡など現実の地名がぽんぽん出て来たり、途中までは、実在する土地へ現実的な方法で向かっていく、というような体で話が進んでいきます。
 
ひょっとすると自分でも、ひょっこり霧の谷へ辿り着けるのではないか――そんなリアリティー親近感が持てる構成になっているのです。
 
それと、夏休みという“特別な期間”に、親の庇護の下を離れ自分だけの力で一日一日を過ごしていくという“未知へのチャレンジ”、“ちょっとした背伸び体験”が、子どもの冒険心自立心を絶妙にくすぐってくるのです。
 
けれど、それより何より小学生当時の自分がうらやましかったのは、それだけ濃厚な体験をしながら、霧の谷の外では時間がまだ数時間ほどしか経っていないという時間の流れの差です。
 
夏休みがいつもの年より1、2日長いというだけでも嬉しく思うのに、もっと多くの日数を“余分”に過ごせるなんて、最高ではありませんか。
 
そんなわけで、この物語、小学生当時は「いいなー、うらやましいなー、自分もここへ行きたいなー」という気持ちで読んでいました。
 
でも、実際に霧の谷へ行くことはできなくても、物語を通して主人公の少女・リナの体験したことを自分も“疑似体験”することで、自分もリナと同じように、ちょっとだけ成長できていたのではないか――そんな気もします。
 
子どもの頃の読書体験というものは、自我や人間性を育てる上でとても大切なものだと元々思っていますが、とりわけ夏休みに読んだ本というのは、また格別に心の中に強く残っていたりするものです。
 
現実世界で霧の谷を見つけることはできませんでしたが、あの小学生の夏休みに、この本を見つけることができただけでも、自分の子ども時代は幸せでした。
 
この物語に限らず、本の中には現実世界では味わうことのできない“特別な夏休み”が数多くあります。
 
「読書離れ・本離れ」が叫ばれる今の時代ですが、できれば一人でも多くの人に、そんな“特別な夏休み”を過ごせるような――そしてそれが自分の人生の糧となるような“大切な一冊”と出会って欲しいな……などと思う、今日この頃です。



 

 
<その他の刊行情報>
 


(新装版。挿絵が変わったようです。)
 


(単行本版)
 
霧のむこうのふしぎな町 The Marvelous Village Veiled in Mist
柏葉幸子 著/クリストファー・ホルムズ 訳
日本文学出版交流センター
2014-09-03

(翻訳されて海外でも読まれているようです。)
  
 

(電子書籍(Kindle)版です。)




プロフィール

mtsugomori

管理人サイト紹介
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
banner
記事検索
オリジナル・ネット小説紹介
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」
hanasaku-ban

魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」
ban-mahou-miko

異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」
ban-princess

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」
ban-yume-a

乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


↓こちらもどうぞ↓



アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ