2018年12月19日

人生や世界の儚さを思わせる哲学的名曲

花火というものには何となく、物悲しいイメージがつきまとっている気がします。
 
線香花火はもちろん、打ち上げ花火にしても、一瞬咲く光の華は派手できらびやかでも、次の瞬間にはもう消えてなくなってしまっている――そんな儚さが、花火をどこか切なく、刹那的なものに感じさせるのかも知れません。

今回ご紹介するのは、そんな花火をタイトルにした、こちらの一曲です。
 
 
HANABI
Mr.Children
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
2008-09-03

 
ドラマコード・ブルー」の主題歌でもあり有名な曲ですので、既に御存知の方も多いかも知れませんが…。
 
元々Mr.Childrenさん(←グループ名に「さん」付けするのもナンだとは思うのですが、何も付けないのも何だか落ち着かないので…。)の書かれる曲は、歌詞が日常のさりげない一場面を切り取りながらも、その向こうにある哲学的な何か人生の機微のようなものを捉えていて、とても奥深く勉強になるのですが、この曲は、よりその印象が強い気がします。
 
それは医療ドラマの主題歌ということで、一瞬で開いて消えてしまう花火の儚さに、人の命の儚さ人生の儚さのイメージが重ね合わされているからかも知れません。
 
美しく輝いても、一瞬で消えて、この手の中に形として留めておくことができないもの――思えば花火や人の一生のみならず、この世界自体がそんな風に“限りある儚いもの”なのかも知れません。
 
そんな風にいつかは消えてしまうものたちに、価値や意味はあるのか、時々空しく感じることがある――そんな感覚は、自分もふとした拍子に考えてしまうことです。
 
この曲はそんな空しさ、そしてその“空しさ”さえ“日常の忙しなさ”の中に紛れていってしまうという感覚を、さらりと描いてくれていて、とても共感できます。
 
さらには、ただ空しく物悲しいだけで終わるのではなく、それでもそこから何かを掴みたいというひたむきさ切ない希望のようなものを感じさせて、とても胸に刺さるのです。






<HANABI収録アルバム一覧>
 
SUPERMARKET FANTASY [通常盤]
Mr.Children
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)
2008-12-10


 
Mr.Children 2005-2010<macro>(通常盤)
Mr.Children
トイズファクトリー
2012-05-10

 
<デジタル・ミュージック> 
 
HANABI
TOY'S FACTORY
2018-05-18

 

 



記事検索
プロフィール

mtsugomori

管理人サイト紹介
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
banner
記事検索
オリジナル・ネット小説紹介
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」
hanasaku-ban

魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」
ban-mahou-miko

異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」
ban-princess

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」
ban-yume-a

乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


↓こちらもどうぞ↓



アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ