FZ1のECU書き換え情報

FTecuを使ったECUの書き換えでフルパワー化やリミッターカットを行っています。 また通常セッティングではPCVを使ってセッティングを詰めていきます。

FZ1を車検に出してきました。
と言ってもユーザー車検ではありません。
土日もやっている自動車メインのお店です。
地元ではバイク車検も非常に安いと有名なお店です。

ECU書き換え後の初車検だったので少し心配していましたが
排ガス検査全く問題なく合格しましたw
既にネットでは書き換え後に車検通ったと情報がありましたが
BMWさんは書き換えると車検通らないという噂も聞いていたので
ちょっと心配していました。

ECU書き換えだけでなくEXUPも外してたし…。

ただ1点、重大な整備不良を指摘されました。orz
リアブレーキランプのスイッチが効かない事があるようです。。。

たしかにリアブレーキってあまり使わないのと
海沿いに住んでいるので接点部が錆びていたのかもしれません。orz
これは明確な整備不良なので仕方ないです。。。

しかしフロント側は朝確認したのに・・・。
非常に悔やまれます。

接点復活剤での追加整備費を取られてしまった。。。
それでもトータル3.5万円弱なので
大手バイク量販店よりは安かったのでいいとしましょう。

ECU書き換えても車検通った事を喜んだ方が良いですねw


  IMG20170521HDR

午前中に車検出したので、箱根に行ってきました。
車検シールが貼ってないと違和感ありますね。
そういえば車検シールも大きくなるとか言ってました。

YAMAHAさんお得意のEXUPサーボモータを外してみました。

というのも今月車検があるので
無駄な物は外しておいた方がいいかと思い
貴重な3連休(世間様はゴールデンウィーク)を使って作業を行いました。

と、大そうなことを書きましたが実際は
マフラーへの配線は外してあるので本体を外すだけです。

EXUPのサーボモータを取り外すにはまずバッテリーを取り外します。
   IMG_20170507_103525

あとは6角でサーボ固定用のナットを取り外すだけです。
(ナットは紛失防止のために同じ場所に取り付けておきました)
   IMG_20170507_103652

無残に取り外されたサーボです。
   IMG_20170507_103952

あとはバッテリーを装着してコネクタ類を元に戻すだけです。

で、どうなったのかというと
何も変化ありません。。。

というか変化がないことが成功なのですが
やっぱ変化欲しかったかも。。。

ECU書き換えでEXUPを殺しているので
何も変化がありません。
ノーマルECUのままEXUPを取り外すとエラーコードが出るようです。

車検時にエラー表示が出ていると車検通らないようになるとか
ニュースで見たので、車検前にチェックしてみましたが
全く問題なかったです。

     

AIS(エアインダクションシステム)の解除

最近のバイクにはAISがついています。
正式名称はエア インダクション システムといいYAMAHAさんの商標登録らしいです。
他社では別の名称になっているらしいですが原理は同じです。
wikiでは二次空気導入装置と出ていました。


◆AISとはどのような物?
エンジン内部で燃え切れなかった排気ガス(ガソリン)に対して
シリンダーヘッドの排気ポートに新鮮な空気を送り
燃え残った排気ガス(ガソリン)を再燃焼させるシステムです。

お国のCO2削減政策にメーカも対応するために取付けられています。

◆AISのメリットとデメリットは?
 メリット
  ・排ガスに含まれるガソリンを燃やすため環境にやさしい。

 デメリット
  ・マフラーからパンパンとアフターファイヤーが出る。
純正でも実は発生しています。
    社外マフラーに変えエンブレを使うとハッキリとわかります
  ・燃調をかなり薄くしないといけないため
   始動性やアイドリングの悪化(不安定)やトルク不足を感じる。
  ・燃調(混合気)が薄いため排気温度の上昇も早くなり、エンジン温度の上昇につながる。
    →エンジン内部の摩耗・劣化にもつながる。


マフラー交換したらAISをキャンセルするという風潮があります。
アフターファイヤー対策だと思いますが
個人的には純正マフラーでもAISはキャンセルすべきだと考えています。
本来持っているトルクを削られている点が非常に残念なところです。

FZ1の国内仕様の場合は
特に低速時のトルクがないと感じることがあります。
また信号待ちから出発する際にエンストするという
ライダーとしてはあまり遭遇したくない事態になることもあります。
(海外仕様だとドンツキの改善にも役立つようです)
これらを改善して乗り易くなるのであれば純正マフラーでもAISをキャンセルした方がいいかと思います。

ただし社外マフラーの場合はマフラーの種類や状態によっては
排気ガスの再燃焼が無くなるため
車検にひっかかるリスクが上がるので要注意です。


少し話がずれますが、YoutubeにUPされている動画をみると
外人さんはドリルで触媒もブチ壊しています
そんな大胆なことは国内ではやらない方がいいかと思います。
車検に通らないとサーキット専用車であればいいかもしれませんが
公道が走れなくなってはもったいないですしね。



↑このページのトップヘ