のほほん育児日記

息子二人の成長日記。

2007年04月

お手てつないで♪



パパと登園です。

後姿がそっくり・・歩き方とかも遺伝するんだなぁ。

ムーチンはパパにそっくり。
手足の指も細くてながーい。

私のふと短い指は・・ごめんねー!!カイくーん!!
あなたに遺伝してしまったようです・・。
・・ま、まだわからんね!赤ちゃんだからふと短いだけかも!

ほんと、遺伝てこわいわ・・。何が似るかわからん。

こんなところ似ないでおくれよぅ・・というところに限ってそっくりになったりするもんでして。

先天性の遺伝は仕方なしとして、
生活習慣で悪いところをマネされないように気をつけなくては。






マンションのまん前にあるムーチンの幼稚園部屋。

送ったあと、窓が開いている日はこっそりのぞいてみてます。
この日は、窓の隙間からのぞく母に気が付いてくれたムーチン。

手を振ってくれました。

週末は風邪がぶり返してしまって、微熱が続いてました。
鼻もずるずる〜
昨日から午後まで保育が始まっていましたが、
小児科に行って、大事をとって休ませておりました。

今日は久しぶりの登園!
みんなと初めて食べる給食〜
ちゃんと座って食べてくれるかしら・・・。

今日の献立はコロッケとウインナーと・・・と、
ムーチンがまぁまぁ食べれそうな内容。

食育とはだいぶかけ離れた献立ばかりなのがちょっと不満な母。
牛乳とパンとか、コロッケにミートソーススパゲティとか、
ビーフカレーにハンバーグとか

もちっと油少な目の、ごはんに合う和食にしてほしいんだが、
そうするとたくさん残すんだろうなぁ。子供たちが。
幼稚園児がひじきとか、大根の煮物とかあんまり食べんよなぁ。

他の貧しい国のことを考えたら、毎日給食が出るだけでも
ありがたいとせにゃあいけませんが。

やっぱりお弁当と併用にしてよかったなー
毎日毎日のことだから、「お子様ランチ」的メニューを
食べさせるのは嫌だもんなー

福岡にある高取保育園というところは
本当に理想的な献立。
無農薬の季節の野菜をたっぷり上手に料理されています。
もちろんごはんは玄米に雑穀プラス。
ふりかけは、ぬかにちりめんじゃこやわかめや鰹節など
トッピングして子供たちが好きなだけかけれるようにしていたり、
おやつは、ごはんの補助食と考えて、
プリンやゼリーなどではなく、
豆ご飯のおにぎりや、野菜たっぷりのお好み焼きだったり。
味噌は毎年園児と共に手作りし、
毎日お味噌汁は献立にあります。
味噌汁と、納豆と、玄米。にんじんにお揚げ。
園児の虫歯率も他と比べるとかなり低いんだとか。

よくかまないといけないメニューは初めは食べにくい子供たちが多いけれど
慣れてきたらこんなにおいしいごはんはないと言うくらい
みんな残さずに食べてくれるようになるそうです。

食べたものがすぐに身体に出る大切な幼児期だからこそ
本当においしいものを食べて欲しいです。

でもなかなかこういう理想的な幼稚園はないっすね。

なーにが食育だー
政治家は子供のことなんか全然考えてないんじゃない?
毎日高いお肉だの、高級料理だの食べて肥えてるおっさんらが
玄米やらひじきやらの良さをわかるはずないべそ。

ばーかばーか。

あんよ

かいくん、だいぶんあんよが上手になってきました。
よちよちとフランケンシュタインのように歩いてます。げらげら。

歩けてよかったなぁ。

元気でよかった。ほんとに。

最近はムラ食いが始まりました。
今までは口にスプーンがきたら、なんの躊躇もなく
ぱくぱくと食べてましたけど、
口に入って、これはいやだ・・と思ったら
べぇーっと出します。

これも成長かぁ。

あと、「バイバイ」ができます。
手を振りながら、「ばうばうー」と言います。

「たっち」も言えます。

なかなか言葉も早そうですねー。

ムーチンが初めにしゃべった言葉は
「ママ!」
でしたが、かいくんは、「たっち」でした・・・なぜ・・


ムーチンが「ママ!」と言ったときは、
うれしくてぽろぽろりと泣きましたね〜なつかしや〜なつかしや〜

そういえば、幼稚園に行き始めてから
カイくんをいじめなくなりました。

幼稚園に小さい年少組の子たちとも縦割り保育で遊ぶようで、
カイくんがその子達よりもずっとずっと小さいってことが
わかったみたいですね。

やさしいムーチンに戻ってくれてほんとにうれしい。

朝から晩までずっと一緒だと、やはり嫉妬の気持ちから
いじめたくなるみたいで、毎日何回も怒られてました。

ちょっとカイくんと距離が置けてよかったみたい。
明日は通園できるかなぁ!

風邪です

先週は幼稚園に機嫌よく通ってくれました。

日に日に登園する時間が早くなって、
朝起きたら、
「ママ、早くパンケーキつくってよー」

と催促。

パンケーキを焼いてあげたら
いそいそと自分で食べて、
食べ終わったら歯磨きして、制服を着、

「さ、パンケーキも食べ終わったし、先生とこに行こうか」

と言って、嬉しそうに帽子とピカピカのエナメル靴を履いて出発します。

かわいすぎるー

制服姿ってかわいいなぁ。

幼稚園にお迎えにいくと、先生に呼び出してもらっても
なかなか帰ってこない。

お友達と遊んでるのが楽しいらしくて・・
ああ。よかったなぁ。

嫌がったらどうしよう・・と思ってましたが、
そんな心配はなんのその
本人は家でいるよりずっとずっと楽しいみたいです。

そりゃそうだなー
あれしちゃだめよーこれしなさいよー
早くたべなさいよー
かいくんいじめないでー

と家におったら何回も小言と注意されるもんなぁ。

自由に同じ子供同士で走り回るのが一番楽しい年頃に成長したんだなぁ。

うるうる・・

と、喜んでおりましたら、週末から風邪ですわ。

鼻たれて、熱もすこーしあります。

月曜、火曜とお休みさせました。
休み癖がつかんように早く治して通園させたいですねー

幼稚園が終わって帰ってくるとき、
「もうおなかぺっこぺこやねん・・ムーチンふらふらやぁ。
今日はなんのご飯なん?ウインナー?」

とほんまにふらふら死にそうな顔をしながら歩いてました。

今までそんなこと言ったことない!!
ご飯を待ち遠しい様子なんて見たことない!!

ママもうれしいよー

家のすぐ前だし安心。寝坊ママには安心!?

かいくんに風邪がうつるのも時間の問題だにゃー
今日はちょっと鼻でてきてるもんなー
おーこわ。

ああ。春だなぁ。

初登園

ムーチンくん、本日、初登園でした〜

びしっと制服もきまりました。

しかし、行く前はやはり
「さみしいよ〜幼稚園いやだよぅ〜いやだいやだ〜」
と言ってぐずってました。

ママもついていくがなー今日はすぐに帰ってくるがなー

と言ってなんとかだましだまし連れて行きました。

玄関入ってすぐ先生に、
「じゃぁ、いきましょか〜ママにバイバイいいや〜」
と、捕らわれた宇宙人のごとく有無を言わさず手を引かれて連れて行かれました。

しーーーーん

家の中が静か。

ううーん。さみすぃなー

でも家事がはかどるなー

おっと、ゴミ捨てに行こう・・と捨てにいき、
ゴミ捨て場のすぐ前がムーチンのいる教室だと気づいて
のぞいてみる。

窓が3センチほど開いている。

必死でのぞいてみる。

ううう・・他の子は見えるが・・ムーチンが見えないいいい。

なぁぜぇじゃぁー
どうしてじゃぁー

とのびあがってのぞいてみる。

ううう・・・不審者と思われそうなのでやめよう。

ムーチンと目でもあったりしたら、ママんとこ行くーと
泣かれても困るので退散いたしました。

しかし、一目でいいから様子が見たかったー
泣いてないかしら・・喧嘩してないかしら・・

何してるのかな・・

うなじでもいい、かかとでもいいから
ムーチンを一目見たいよぅ・・・

などと思いつつ。

お迎えに行くと、案外機嫌よく帰ってきたのでほっと胸をなでおろしました。

今日も無事終わったー
明日も無事楽しく帰ってきてくれますように。

おっぱい



おっぱい・・・と書くだけで、えらいヒット数があがるんですけど
そんな人たちには、きっと読んだらがっかりするだろうな・・
おっぱいっつっても、母乳、お乳のお話でごんすよ。残念。

かいくんも先日11ヶ月を迎えました。早いなぁ!!
ほんまにびっくりします。

それはさておき、いつ断乳するべきかなぁ・・とそろそろ悩む時期でもあるのです。

断乳かぁ。つらいなぁ。

かいくんは初めのころ、そんなにおっぱい星人じゃなかったのに
近頃は知恵もついてきて、おっぱいの良さがわかってきたのか
すっかりおっぱい星人になってしまいました。
こうなるとやめにくい。

教科書どおりならば、離乳食が始まれば日中の授乳は2、3回ほどにし、
夜中の授乳はなくしていく

というのが理想なのですが、実際はその3倍は授乳してますな〜

日中もしょっちゅうおなかが減って・・というよりは
ただおっぱいが恋しくなり、ちょっと吸い付きたい・・という欲望に
駆られるのか、飲む、というよりは愉しんでいるという感じですな〜
ちょこちょこっと吸って、いざおっぱいが出てきたら
もういらんっと口を離すもんだから、びゅうーっシャーっと顔に
乳シャワーを受けたりしてます。

おっぱい星人になると何が困るかというと、食事をあまりほしがらない。
あとは前歯の虫歯になる確率がものすごく高くなること。
夜中に深く眠ってくれない。

などですが、一番困るのはやはり虫歯でしょうか。

幸い、かいくんはムーチンほど歯質が弱くなさそうで、
エナメル質がぼろぼろと溶けて剥がれ落ちることはありませんが、
それでもよく見れば白濁していて初期虫歯状態のところもあります。

まぁ、今はまだ何も考えんとこう・・
一歳過ぎるまではたっぷりあげよう。

おっぱいをあげている時って、「完全なる平和」という感覚になると
本で読んで、まさにその言葉がぴったりだなぁと思います。

おっぱいを吸っているかいくんのふわふわとした髪の毛が
私のほっぺたをくすぐる。
石鹸のやさしい甘いいい匂い。
かいくんの満足そうな、なんとも幸せそうな上目づかいの視線を眺めつつ
むにむにと動く手や足をなでながら抱きしめてあげる。
まだ、こんなにも小さい我が子。
よく無事に、元気に生まれてきてくれたね。
ありがとうね。

この時がずーっと続けばいいのに
時が止まればいいのに
ほかの事全てがどうでもよくなるような
そんな感覚

似た様な感覚に、恋愛中感じたような気がしますが
そんなものとは比べもんにならんくらい
強くて深いものです

母親の私がそう感じるのだから、
赤ちゃん・・ほかにしたいことや、楽しいことなど
まだわからない赤ちゃんにとって、
授乳中の幸せな気持ちが、きっと生きている中で一番の愉しみなのでしょうね

その愉しみを、いつ終わらせるか・・
ううーん・・・

つらいなぁ。

桜・春休み・・



週末は、例年桜の季節につきものの風雨もなく、桜満開、良いお花見気候でしたね〜

ムーチンの入園式が土曜日にありました。

担任の先生は今年から初めて教員になったという新米先生。
プラスベテラン20年の先生が指導につくそうで、一安心・・。

ムーチンも若くてきれいな先生と、おかあさんのような先生が二人もいて
安心、うれしい様子。

週末は幼稚園が始まる前に・・とちょっとした春休みを過ごしました。

久しぶりの王子動物園。
かいくんもゾウさんを見て興奮してましたよ〜

あんなに人がたくさんいる王子動物園は初めてでした。





次の日はオモチャ王国へ。

ムーチンが一歳半の時以来なのですが、二回目だからか、
感動が薄かった・・・。

平日で客数は言うことなし、おもちゃ触り放題で良かったんですけど・・
初めてのときは、親もえらい楽しんだ気がしたんですが・・

ディズニーランドでも初めてと2回目では感動が違うんだから致し方ないか・・


なんでもすぐになめなめするかいくんは、やはりここでも手当たり次第に
おもちゃをつかんではなめなめしてました。やめれ〜

つくしんぼ

先日、うちの母が兄家族と一緒に滋賀の琵琶湖土手まで
つくしを取りに行きました

琵琶湖まで〜

遠いがなこれ〜

しかし、このつくしがまた立派でして。
太さといい、長さといい、形といい、そして味といい・・
申し分ないものなのれす。

つくしに、そんな差があるんかい。

それがあるんじゃい。

つくしに関しては、わりとうるさいよー(知るかっ!)

子供の頃は毎年春になったらつくしを取りに行ってました。
スーパーのビニール袋にたっぷし3杯は取れました。

そんなに取ってどないすんねん・・もうこれくらいでやめよう・・
と思うのに、手元のつくしを取り終えて、ふと、視線を遠くにやると

あるわ、あるわ、にょきにょきと生えてるわ、生えてるわ。

そのつくしを見たら最後、あんさん止まりまへんがなこれ。

足が自然と進み、つくしのなる方へ・・・

多分、大昔、木の実やらを採っていたころの遺伝子が・・血が・・
さわぐんじゃないか・・(んなわけないか)


しかし、つくし、おいしかったなぁ。
おしたし。涙でたなぁ。
子供の頃を思い出して胸がつまりました。
つくし採りにいくときは、いつも決まったお店で巻き寿司を買っていきました。
ひばりが高い高い空でぴーちくぱーちくさえずっている下で
おとんと、お姉ちゃんと、時にはおかんと(ぱくりかよー)
一緒にその巻き寿司をほおばりました。
大量のつくしを持って帰ってテーブルに新聞紙を敷き詰め
そこへつくしをひっくり返して、家族総出ではかまを取ります。
色々しゃべりもって、笑いもって・・
指も、爪も、爪の中も真っ黒になりながら、
その真っ黒になった指をにおうと、土の匂いが・・


どんなに高価な料理よりも、つくしのおしたしが
私にとっては何よりもごちそうなのです・・

コンクリートで土手が覆われたら、このつくしもなくなるんだなぁ。
どうか、そうなりませんように。


味噌作り

今年こそは、今年こそは・・・と毎年思いながら
できていなかった「味噌作り」

やっと仕込み完成しましただ

一年後、うんめぇ味噌がでるがや
楽しみだべ〜

味噌を作るなんて・・・大変そう!と思いまっしゃろ〜
これがいたって簡単。

ケーキやパンを作るより簡単なのれす。


子供と一緒にできるので毎年冬の家族行事にしたいと思います。

作り方を簡単にいいますと、
大豆をゆでて、塩と米麹を混ぜ、
それをおにぎりのように手で丸めてカメに投げ入れ、
ふたをして、重しをしてできあがり。

半年たったら天地返しといってよーくかき混ぜる作業をします。

なんでも手作りの味噌を食べたら、どんなに「無添加」とか
表示されていて、有機大豆などを使っている市販のお味噌でも
太刀打ちできないそうで・・
ぬをををを・・たのしみではないですか〜

今年は梅酒もつけてみようと思っちょります。

普通の氷砂糖とリカーで漬けるやつではなくて
ノンアルコール、ノンシュガー・・でも味はうんめぇ梅酒になるという・・

ええーそんなんできるんか〜と半信半疑ながらも取り組みたいと
思っちょりますけん、また後ほどご報告いたします。

手前味噌・・お味噌って、家でも作れるんやぁって目からウロコな体験でした。
昔はみんなそうしてたんだなぁ。えらいなぁ。

ムーチンもカイくんもお味噌汁大好きなので
今年の秋にはおいしいお味噌汁を食べさせてあげれるはず・・

どうかおいしく、無事できあがりますように・・・

お花見ピクニック



先日のお休みは近くの公園ヘピクニックへ行きました。

久しぶりにお弁当を作って、ゴザを持って・・

去年のお花見以来です

去年のお花見のときにはまだカイくんがおなかの中にいたのになぁ

もうよちよちと歩いているなんて、早いもんです

カイくんはおにぎりを手づかみでわしわしと食べておりましたよ

お空のしたで食べるのはいくつになってもサイコーだな



明日はムーチンの入園式!!!!!!

とうとうです・・
実際に始まるのは10日から

うををを〜なんか緊張するな〜
そして感動だなぁ・・

花鳥園



ポーアイにあります花鳥園・・
あまり期待しないで行きましたら
なかなか楽しかった〜

花が見事!!

天国のよう・・



ハスのプールがありまして、色んな色のハスがそれはそれは
見事に咲いておりました

かわいい金魚さんもたくさんおりまして
お兄さんが金魚さんにエサをやっていてなついているらしく
金魚さんが手でさわれます。

・・さわりたくはないか・・・びちびちびち・・




よく似た親子・・

花がほんとうに活き活きとしていて
そのパワーをひしひしと感じます。



花だけでなく、花鳥園というだけあり、
鳥の種類がものすごい。

フクロウだけでも数十種類もいて
かなり興奮ぎみっく


しかし、フクロウなんて何キロもテリトリーを持つような
立派な鳥なのに、こんな狭いところに
とじこめているんだなぁ・・と思うと
やはりこんな施設は人間のエゴだ・・・とも思えてきます
実物と触れ合って、動物を思いやる心を持ってもらいたい・・
と本当に思うなら、本や写真、映像などでも十分伝わるのでは・・
施設内で希少な動物を繁殖させる目的もある・・・
という偽善者的な意見を盾に動物園が運営されているけれど

こんだけ自然を破壊しておいて
数年に数頭増やしたところで
焼け石に水でしょうに

たとえばスナック菓子に使われている菜種油
その菜種を栽培するためにマングローブの森を伐採してしまったり

植物性からできています〜なので安全です〜という
最近増えてきている洗剤だって
そのヤシの木を栽培するために
大規模な森林伐採が行われたり

知らんかった・・では、
もう済まされないです
知らないなら調べましょう

大人が地球を汚して壊してるって
本当に恥ずかしい

小学校から大学まで15年ほども勉強してきて
いったい何を学んでいるんだろう

こんだけ勉強して、実際学歴のある人が先頭きって
地球を壊す手段を身につけ、それを世に広めているなんて

自分が死ぬまでとりあえず地球が今のままであればいいや

ってどこかで思っているからなのか

花を見て、鳥や動物たちにふれあって
思うことは

この子たちは生きていくうえで全く地球を汚さないということに
尊敬し、感動してしまいます

私たちなんて、ごはんを食べるときには
例えばお弁当を買ったりすればプラスチックやらのゴミを出す。
トイレで用を足せばトイレットペーパーを大量に消費し、
水質汚染になる色つきや匂いつきのトイレットペーパーを流します。
・・だいたい、おしりをふくために何で色をつけたり
匂いをつけたりしなあかんねん!!あほか!!あほな企業め!
ファーストフードで小中学生がうれしそうにおいしそうにぱくつく
ハンバーガーやポテトは、
目を背けたくなる環境でハンバーガになるためだけに
生まれて殺されていく、何の罪もない牛たちをミンチにし、
遺伝子組み換えポテトを摂取しているのです。

お風呂で体や髪の毛を洗うだけでも
動物実験でたくさんのかわいそうな動物たちを犠牲にして作られた
ソープとシャンプー類を使い、
たくさんの化学物質を河川に流しているのです。
目にちょっと入っても真っ赤になって激痛なのに
その原液を皮膚や目の中に注入されて苦しんで死んでいく
おびただしい動物たちが毎日、今日も、明日もいるんです
それを思うと、いつも、いつでも涙が出てなりません
他の動物や自然を少しも壊さずにできる生活が
どれほど難しいことか
ちょっとでも考えたことがありますか

でもそれはちっとも難しいことではなく
すぐに改善できることばかり
企業に踊らされないこと
テレビや広告にだまされないこと
思考能力を奪うテレビを見過ぎないこと
想像力を高めることが大事だなぁと思います

もし、自分の飼っている犬やネコが動物実験されたら・・
もし、自分が、動物実験されるとしたら・・
もし、自分が、牛さんのような環境で一生を過ごすとしたら・・
もし、もし、もし・・・

・・・自分がしたことは結局自分にかえってくるのだから
自分が汚した水は結局自分が飲むことになるし
その汚れた水で育った魚を食べることになるんです

今はゆるやかに地球温暖化が進んでいるけれど
いつか近いうちに一気に変化が起こるような気がしてなりません。

空が青いこと
鳥が自由にとんでいること
花が咲いていること
それらを見て心がなごむこと
一緒になごめる家族や友人がそばにいること


それ以上の大切なことなんてなにもないと思うのです






Recent Comments
livedoor 天気
プロフィール

むーまま

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ