のほほん育児日記

息子二人の成長日記。

2009年11月

自転車こまなーし!

昨日、とうとう、とうとう、ムーチンが
こまなしの自転車に乗ることができましただー!!!

ぬおおおおお〜!!!!!!!!!!!!

ほんまにうれしくて涙でました

なかなか乗れなくて、もう・・このまま・・
乗れないのでは・・・と、あきらめかけていたとき
いきなり突然、乗れるようになりました

実は、7月に、有名な大仙公園にある無料でやってくれる
自転車教室に行ったんです

そこに行っても乗れない人は、一生乗れないって言われて
これは、一日で乗れるようになるんや〜やった〜
と、気軽に申し込んで特訓してもらったのですが

まぁ、見事、ムーチンだけ乗れなくて、
教えてくれるおじちゃんも、首をかしげて、終いには
「こいつ、へたくそやなぁ!」と、愚痴る始末。

さすがにその言葉には無料で、朝から6時間も特訓してくれてはる
ということが頭にありながらも、
ムカーっと来ましたけど、
おじちゃんのいらだちもよくわかるくらい、とにかく、
乗れない。5mも足を上げてバランスを取れなかったムーチン。

でも炎天下、朝9時から4時前まで弱音を吐きながらも
投げ出さずに必死でがんばってる姿を見て
なんとか、乗れるようになってほしい!
と、見守ることしかできなかったのです。

その特訓のおかげで、余計にトラウマになって自転車が怖くなってしまったムーチン。

怖いというか、嫌いになっちゃったんですね・・


全然、楽しくないと。
別にこんなん乗れなくても死ねへんわいと。

普段、ちょっと自転車で行くときは私が前にカイくん
後ろにムーチンを乗せて、変速機もない、ママチャリに
乗っていますが、そろそろ限界に近づいてきてまして
二人あわせて35キロ、上り坂をこぐのはふらふらして
非常に危ないのです。

ぼちぼち、ムーチン1人で自転車に乗れるようになってほしいなぁ
お友達もみんな乗ってるし・・・

そう思う毎日でした。

さて、自転車嫌いになってしまったムーチンを
まず、自転車を好きになってもらわないといけません。
ということで、毎週末、お弁当もって、車に自転車4台つんで
公園まで通いました。

コマつきでもいいから。とにかく自転車をこいで
風切って走ることの楽しさを感じてほしい。

2〜3ヶ月は毎週通ったでしょうか・・

そろそろコマをとってみよう、と、昨日とうとうはずしたんです。

そしたら、5分もしないうちに乗れるようになって。

よかったね。ムーチン。本当によくがんばったよ。
いっぱいいっぱいほめてやりました。
長男くんは、いつまでたっても、きっと初めてできたことに
私はいちいち感動するんだろうなぁ。

・・・その一部始終をすぐそばで何食わぬ顔をして
見ていたのがカイくん。

ずっと、ママもパパもムーチンばかり
自分はまだコマがとれない
ほめてくれない

・・・そんな風に本人も無意識のうちに思ってたんでしょうか。
今日はものすごいかんのむしが出てしまいました。

何をするのもいや。ぐずぐず ぎゃーぎゃー

怒られるからまたイライラたまりーの

お風呂のあと、鍼をしてやり、カッチカチにこった首と肩を
マッサージしてあげて、おっぱいもみもみしながら
やっと眠りました

二人いると、どちらの気持ちも想像してやらないと
家庭内でバスガス爆発になりますでなー

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

水周りのおそうじ

いよいよ年末が近づいてまいりましただ

大掃除・・・子供がいてると(子供がいてるせいにして?)
毎年腰を入れてできない・・・

なので、できるだけ、目に付いた汚れはそのつど
落とすように気をつけていますが・・

特に毎日ひどい汚れがたまるとこってーと
やっぱり水周りですよねぇ

松井一代が(字あってるっけ?)以前テレビで話してたの
いつも思い出すんやけど
キッチンの流しの排水溝のゴミ受けのザルを
常時、ぴっかぴかにしてるので、
ほうれん草なんかをゆでたときは、
その排水溝のザルに、バっ!と受けてお湯を切るんです〜
って・・・

ひええええええ〜
絶対無理無理!!!
どんだけぴかぴかやねん・・・
一回見てみたいわ

毎日晩御飯のお皿洗い後に、排水溝を掃除してても
日に日に黒かびが発生しーの
ぬめりが発生しーの
ヘドロが発生しーの・・

そこで、救世主登場!
「重曹」です〜

重曹を、小さじ2杯くらい網に振りかけて、
さらにまた小さじ2杯くらいをぱぱっと排水溝に振りかけて
あとは、スポンジでこすると、全然カビも発生しません。
ぬめりもなし。

ただし、ほぼ、毎日が条件です。

ほんの1分ほどの手間を毎日することで
年末の大掃除もずいぶん楽になりそうです

あと、お風呂の床の黒ずみ、油よごれなんかは
「酸素系漂白剤」で。

これを気になるところにササ〜っとふりかけ、
キッチンペーパーでラップし、床に密着するように
その上からシャワーで水をササ〜っとかけて
キッチンペーパーを湿らせます。

朝、お風呂掃除するときにここまでやっておき、
あとは夕方まで放っておきます。

夕方になったらペーパーをとって、水で流しながら
ごしごしブラシでこすると、面白いほど汚れが浮き上がって
モロモロと取れていきます〜

きつい塩素系漂白剤を使いたくないので
うちでは刺激臭も全くない、手についても安心な
酸素系漂白剤のお世話になってます。

塩素系漂白剤は、短時間で汚れが落ちるけれど
使うとき、神経を使うし、とにかくすごい劇薬!って
体が警報鳴らしてる感じがします。
吸っちゃだめ!さわっちゃだめ!って。

お風呂の汚れがきれいになったかって、
その劇薬が排水に流れていくんだもん。
お魚がそれを飲んで、苦しみ、
生き残った魚をまわりまわって
自分たちが食べることになるんやから。

ちょっと考えたらわかること。
安い、便利、即効性あり、のものには要注意。

スローでいきましょう・・。

14人に1人が新型・・

新型インフルエンザ、おそるべし伝染威力!!

拍手したいくらいだなー
ウイルスだって、必死に生き延びて子孫を増やそうとしてるんやもんなー

さて、死亡者数もかなり増えてきましたが、
絶対、解熱剤を飲まないように〜!!!

アセトアミノフェンはよしとして・・

それ以外のきつい解熱剤は飲まないように〜!!
脳症になる確率がぐーんとあがるそうです!!

医者もその事実は知っているくせに、
解熱剤を求められれば出しますし。
解熱剤くれへんかったから、こうなったじゃないかー!
と後で文句言われるのがいやなのです。
1人1人に、「解熱剤をのんだら・・こうこうこういう理由で・・」
と説明してたら、一日何百人もさばかないといけないのに
とうてい、時間が足りませんし・・・

そして、気になるのが、やっぱりワクチン打った直後に
死亡している人も増えてきてますよね。

ワクチン打たなければ死ななかったのに!
こんなあほらしい無念な死があるだろうか・・・


もっと、詳しい情報を開示してほしい!!ほんまに。

罹患して死亡した人は、なんの薬を飲んでいたとか、
こういう状況、症状で死亡したとか、

数字だけ出されても、なんの参考にもならへんちゅうねん。

タミフル、こわいですよ・・・

ネズミさんで実験したら、タミフルを投与したネズミさんの
大きな特徴というのは、
元気にしているのに、突然ばたっと死んでしまうそうです。

高熱が出て、苦しんでそのうちに死んでしまったというのでなくて
いきなり、死んでしまうというのが特徴だそうです。

飲んでもせいぜい一日早く熱が下がる程度、
しかも喘息がある患者さんなら、タミフルを飲んだほうが
治りが遅くなるという結果が出ているのだとか。

世界中のタミフルの実に8割が日本で使われているそうです。
カナダではインフルエンザは自然に治る病気ですと
感染症のパンフレットにも書かれているそうです。


テレビや新聞に惑わされないようにしなくては。

そして、インフルエンザは、風邪じゃないというフレーズが
ありますが、インフルエンザは、風邪じゃ。
と、本で読みました。

すごく参考になった本なので、ご紹介します。

「今年はどうする?インフルエンザ−疑問だらけの予防接種と特効薬」
筆者:母里啓子

とにかく、公園とかで、ママさんたちが、
バーゲンの話をするかのように、どこかのランチの噂を
情報交換するかのように、予防接種の話題でもちきりなんで、
打たないというと、「ええ?!・・しーん・・」
みたいな雰囲気なんすよねぇ。

悪いのはマスコミ、メディアじゃい!

ほんまのこといわんかい!

朝ごはん

朝ごはん・・最近よく作るのが、
小麦粉とそば粉半分ずつくらいに、はちみつ少々、
あとは残り冷ご飯をお茶碗に半分くらい混ぜて
水を少しずつ加えて菜ばしで溶きのばし、
ホットケーキの生地よりももう少しタラタラのゆるいめの生地
になれば、フライパンでうすくのばして焼きます。

膨らまないです。でも、もちもちしていくらでも入る感じです。

焼けたらハチミツを好みでかけて。
メープルシロップの方がよりよいでしょう〜

バターとか、マーガリン、牛乳はなしで。卵もなしで。

ハチミツがなかったら別にお砂糖(黒砂糖か、てんさい糖がよい)
でもかまいません


朝が寒くなってきたので、食欲もなく、
かといって、がっつり朝から熱々の味噌汁にごはんを
食べれるタイプでないムーチン・・

この「おやき」ならぶあつくなく、フーフーするとすぐ
冷めるので、ぱくぱく口に入っていきます。

食パンみたいにぼそぼそしないし、水分とらなくても
食べやすいので、いいみたいです。

そば粉がなければ、もちろん、小麦粉だけでかまいません。

小麦粉は体を冷やしますが、フライパンで、火にかけて焼く
ことによって、陽性の食べ物にしてくれます。

おやつにもグー

風邪は薬なくてもなおるんだ!

先週は、不摂生のせいで、喉が痛くなってちょっと風邪ぎみに。

オオーノー

薬はできるだけ飲みたくない私は、
ちょっと喉が痛いなと思ったとき、すぐに生姜湯を作って飲みます。

これで、嘘みたいにほんまに治るんですよー

作り方は生姜をすって、・・これが面倒なんで
最近はもっぱら、健康食品のお店で手に入れた
粉末になって瓶に入ってる生姜を小さじ半分ほどと、
蜂蜜少し、これに熱湯を入れて飲むだけでもいいし、
私は紅茶のティーパックで飲んでます

紅茶も体を冷やすんで、あんまり濃いもんはあかんと思って
生姜湯のときは、パパが飲んだ後のティーパックを使ってます

パパがおらんときは、もちろんさらぴんのティーパック
使いますけど〜ひひひ〜

生の生姜をすりおろすときは
結構多めに!

のどが、ぎゃああああ!!ってしみるぐらいがよし!

これで、風邪のウイルスも
ぎゃああああ!!!ってなってお陀仏。

あと、タオルでもいいので、喉にぐるぐる巻いて
一日中過ごしたら次の日は全く痛くないです

これで毎年何回も初期風邪をやっつけてます

薬を飲まなくなってから、たまにひどーい風邪をひいて
仕方なく薬を飲んだときは、きつすぎて
ラリってる?!て感じになります

風邪薬って、こんなにきつかったんや・・と思いましただ

こわいだす

だって、大量に飲んだら死んでしまう薬なんやもんなー
それを少量とはいえ、飲むんだから

やっぱ、薬は毒なんやなー

大根大量に食べても死ねへんもんなー
あ、醤油は大量に飲んだら死ぬらしいけど・・
あれはほんまやろうか・・めちゃからいやろうなー
から死や〜

風邪ひくときは、決まって体を冷やしたときだと
最近気づきました

寒いのに、冷凍マンゴーをほくほく食べてしまったり、
子供につきあってアイスを食べてしまったり、
あと、砂糖も体を冷やすので要注意!!
みかんも生だと体を冷やすので食べすぎたらあかんのね

皮ごと火であぶって食べたらものすごい陽性に変わるらしい
一回やってみたら、まぁ、あつあつで、中からじゅわーっと
果汁が出てきておいしかったけど、
皮がやっぱり口の中で、こう、いいいーーーーってなるし
みかん食べるのに、いちいち火であぶって食べてたら
一個食べるのに20分はかかってしまうがな
でも、ビタミンCが豊富なんで、一日3つ〜5つくらいはOKよね〜

ということで、やはり冬は体をあたためましょう!
パンも体を冷やしますよ〜
気をつけて自分の体を観察してたら、
パンを食べた後、手足がものすごい冷えるのを実感します

なんで、冬の朝ごはんにパンはNGだと思う
パンのときは、あったかい飲み物を一緒にとりましょう

朝ごはんは、ごはん、味噌汁、これでいいでしょう

風邪、インフルに負けるな!!!

秋深し

一気に寒くなってまいりました

朝晩の気温差が激しいと、ムーチンの咳喘息が悪化します

咳喘息は、喘息とはまた違って、
たとえば熱いおうどんなんかを食べたら鼻水がたらりと
出てきます。その感じで、気温差が激しいと
鼻の粘膜が敏感になって鼻水が出てきて
それが喉の方まで垂れ込み、喉の粘膜も
敏感になり、痰、鼻水を出そうとして咳が出るという症状です

幼稚園の年中さんから突然発症して、今に至りますが、
小児鍼のおかげか、かなり良くなりました

ひどかったときは、特に夜中に咳をするので
眠れず、時には嘔吐するまで咳こんで、
それはつらそうでした

咳をすることは、エネルギーがいるみたいで
食べていても痩せてしまいますし
寝不足だから、食欲もなくなり、日中フラフラしていました

鍼に出会ってからは、ちょっと咳出てきたな・・と思ったら
早い目に鍼にいくようにして、夜中咳をすることは
なくなりました

朝、起きたときに、冷たい空気を吸い込んだ時だけ
ひどく咳するくらいです

あんだけ、飲み続けていた薬も今は全く飲んでいません

飲んでも全然治らないし、飲み続けても害はないですと
言われても、やっぱり薬って毒だと思うから
やめて良かったなぁと思います

飲み続けていたときは、薬で胃が荒れて、
口臭がひどくなったり、食べる量が減るしで
他の病気になるわい!ってな危機感を覚えました

鍼の先生にみてもらっても、ずばり、
「胃がほとんど機能してない」と言われるし・・

それに、知り合いのママさんに聞いた話、
そのママさんは子供のころ喘息がちで、やはりずっと
薬を飲み続けていたそうなんです

大人になってから、歯の色や歯質が気になって
歯科の先生に尋ねたところ、
「子供のとき、何か薬をずっと飲み続けていたかな?」
と訊かれたそうです

それで、はっとなって、そういえば喘息の薬を毎日飲んでいたことを
思い出したと。

先生は、「ああ、多分、そのせいやね・・」
と言われたそうです

喘息には効くかもしれんが、やはり体のどこかには
悪影響があるもんだと思いました

鍼は、副作用もなく、なんてすばらしい!!!

もっともっとみんなに知ってほしいなぁ。

生駒山上遊園地

画像 069



BlogPaint



BlogPaint


生駒山上遊園地に遊びに行ったときです
遊園地って、思ったよりお金がかかる!けど、
しょっちゅう行くものでなし、たまにはいいよね〜
子供はおおよろこびするし

生駒山上から見る夜景は、ほんとにお金に換えられないほどの
美しさ・・
どこからの夜景より、きれいだと思う

いつつぶれてもおかしくないお客さんの数・・
あちこちの遊園地が閉園していくから
ちょっと心配だなぁ
ここは、絶対閉園してほしくないなぁ

ここのふれあい動物広場みたいなアトラクションがあって
アトラクションっておおげさなものでもないけど・・
そこで、モルモットのベイビーがたっくさんおって、
それを見たのが私の尻に火がついた原因なんだなー
あの日以来、モルを飼おうかどうしようか、
毎日悩みに悩んで、週に何日もペットショップをはしごしたりして・・

そうしてやってきたのが、茶々なんです〜



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

海!

画像 161

画像 163

画像 159



これはちょっと前になりますが10月のあたまに
貝塚の二色浜に遊びに行ったときです

まさか泳げると思っていないので
実際誰も泳いでなかったし、ガラガラやった・・

水着も何も持っていかなかったのですが
あんまり暑くて、水温もびっくりするくらい高かったので
泳がずにはおれず、すっぽんぽんで泳がせました

すっぽんぽんはあまりにも無防備なので
パンツーだけはかせてやりました

ひとつ、残念なのは、海草が多すぎる!!!

見た目、ワカメにそっくりなんで、思わず
味見してみましたところ、
劇まずでした〜ぐえ〜

ワカメって、なんておいしいんだ・・としみじみ思ったのでした

インフルエンザ

新型インフルエンザ、ムーチンの学校でも大流行

先日季節型のインフルエンザワクチン接種が開始されましたよね
どこの病院、クリニックもものすごい列で、びっくりしました!

あんなので、通常の診察できるんかなぁ・・
こんなに長蛇の列ができてるの、初めて見ました

新型のワクチンは、まだちょっと情報が乏しくて
接種するのはおっかないから、やめとこう・・その代わり、
季節型のワクチンは打っとこう・・ってな感じなのでしょうか

うちは、とりあえず、というか、もうこれまでも、これからも
ワクチンを打つつもりはないのです

他の人が聞けば、「まぁ・・子供がかわいそう・・」
と、思われるかもしれないですけど・・

いやぁ、ワクチン打っても重症化している子、周りでも見かけるし
これまで打たずに、インフルエンザにかかってしまった時、
確かに普通の風邪よりはしんどそうにしてましたが、
2、3日、安静と食事、水分補給を気にしてあげれば
栄養状態の良いこの時代に育ってますから
そんなに死ぬほどのことはないと思ってます

熱が高いから解熱剤を飲ませると脳症を発症することも
わかっているので、高熱でつらそうなときでも
解熱剤を飲ませることはほとんどしません

子供にも
「今、体の中で悪いバイキンと闘ってるから高いお熱が
でてるんやで〜熱で殺してるところなんやで〜がんばれ〜」
と説明してやると、男の子ですから、
「そうか、そうなんや。ほんならがんばろか」
と、目に力が出てくるようです

新型インフルエンザのワクチンの接種基準も日々コロコロと
変わって、全然、信用おけません

妊婦には接種不可、としていたのに180度変わって
最優先順位となるし、
接種回数だって2回しないと免疫がつかない・・と言ってたのに
1回でも十分な効果あり・・とか

なんせ、出始めでデータがないのはわかるけれど
ちょっとこわすぎる・・

当の新型ウイルスは、日々、刻々と進化しているので
ワクチンができるころには、全く違う型に変化しているだろうし

本当のことを、だれか責任もって説明してくれる人って
なかなか表に出てこないものだなぁと、
つくづく思い知らされるこのごろだす

ワクチン打たなかったから、死んでしまった!
どうしてワクチンを早く手配しなかったんだ!!と言われないために
必死こいてとりあえず打たせてしまうんだー!
と、国民が踊らされている気がしてならないんだー!

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

Recent Comments
livedoor 天気
プロフィール

むーまま

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ