我が家が宅配を頼んでいる「よつ葉」と「グリーンコープ」
どちらも、青森県六ヶ所村にある
使用済み核燃料再処理工場の本格稼動阻止に向けて
署名運動や、さまざまな活動に取り組んでいます。

再処理工場って、なんだろう・・と思ったら、
日本全国の原子力発電所から運びこまれる使用済み核燃料から
ウランを抽出する施設なのです。

そこから、毎日毎日大量の放射能が海の中や大気中に排出されるのです。

既に、同じ施設を稼動しているイギリスやフランスでは
取り返しのつかない汚染を世界中にばらまき続けています。

海に流れた放射能は魚や海草に、
空気中に放出された放射能は山や畑の農作物に降り注ぎます。

それぞれを苦しめることはもちろんのこと、
排出したもの全ては時間を経て、
濃縮した形になって我が身へ還ってきます。

地震国、日本で、またひとつおそろしい爆弾を
抱えることになるのです・・。

どうして、被爆国が、一番放射能の恐ろしさをわかっている日本が、
こんな恐ろしく馬鹿な施設をたてたのか。

これを作る資金で、もっと世のため、人のため、
未来のため、地球のため、子供たちのためになることが
できただろうに。

魚も、じゃがいもも、鳥も、風も、雨も、土も、
もとをたどれば、同じ命

それらを汚すことは、苦しめることは
己を汚すこと、苦しめることになるのに。

そんなことを作る大人は、一体何を学んできたんだろう。
あほな人がそんな難しい施設なんか作れないでしょう
なら、一流の人が、どうして、簡単で一番大切なことが
わからないんだろう。

作った人たちに、面と向かって大声で文句言いたい気持ちで
いっぱいだ。

むなぐらつかんで、どつきたい気持ちでいっぱいだ。

なんとか、止めないとだめです。
みんなで止めないとだめです。
今なら間に合うかもしれない。

まずは知ることから。
知らなかった、ではもう済まされないって!!!