もうすぐ幼稚園生活も1年になろうとしています。

いつも帰宅したら、スプーンやコップなどを洗うときに
一緒に歯ブラシも洗うのですが、
最近歯ブラシに歯磨き粉がついているのです。

・・それでいいんじゃないの?
と思われそうですが、
いくない。

ムーチンに、歯磨き粉、最近つけてるの?
なんか、味する?

とききますと、

「オレンジの味がする」
と言います。

うーーーん。

どうしよう。幼稚園に言おうか言うまいか迷いましたが、
毎日のことだし、あと一年通うし、
ここはきちんと言おう・・と思い、
先生にお便りノートで相談することにしました。

内容は、
歯磨き粉の使用をしないように指導してほしい。
なぜなら、どのような歯磨き粉を使用されているか
知らないが、市販のものは毒性が強く、
そのくせ、子供が好むようなおいしい味付けにして
あるので、子供が飲み込む可能性大。
たとえ飲み込まないとしても
口の中は粘膜なので、普通の皮膚より、
吸収力が強く、ましてや小さい体の子供が
使用することは危険だと思う。
幼稚園では甘いお菓子も出ないし、
水みがきで十分。
歯磨き粉を使うと、すっきりした気になるが、
実際は泡がたって、すぐにゆすいでしまい
しっかり磨けていない。
しかもながした歯磨き粉は、河川を汚すので
数百人の幼稚園児が毎日流す歯磨き粉の量を
考えると、園自体の使用を見直してほしい。

というようなことを書いてムーチンに持たせました。

今日はどんな返事が先生からいただけるか・・・

そうそう、新聞に書いてありましたが、
2月に入ったら、約一ヶ月間生活排水を見直そうと
いう運動が始まるそうです。
大和川の水質を調べて、どれだけ効果があるかを
年に数回実施しているそうで、
今までの調査の結果、その運動期間中の
水質は、明らかにきれいになっているというので
うちでも頑張って気をつけてみたいと思います。

油モノの食器はふき取ってから洗う。
軽い汚れのものは、水だけで洗う。
お風呂に入浴剤は入れない。
合成洗剤は使わない。

ちょっとしたことだけど、主婦をしていたらよくわかります。
台所の排水溝がどんだけ汚いか・・・
こういうことが、河川でも同じように起こっているのだなぁと。

お魚は、どんな思いで生きているだろう。

いっぱいいっぱいごめんなさいしても
足りません。

あやまってるだけじゃ何も変わらないから、
今すぐ、できることから始めよう。