今年から環境省が保健所に引き取られた犬や猫を殺処分せず、
新しい飼い主に引き取ってもらおうと、インターネットを
使った仲介を始めるそうです。


犬や猫の写真、性格などをネット上に登録して、好きな動物を
引き取ってもらう仕組みだということです。


今までなんで早くそうならないのかなぁとずっとずっと
思っていました。
保健所のしくみや、年間約11万匹(犬)、27万匹(猫)もの
尊い命を苦しみぬいて死なせるということを、
もっともっと広く世間に知ってもらいたいと
毎日何回も思ってきました。

だけど「思うだけ」というのは、なんにもしないのと同じなんです。


ALIVE
の方々やたくさんの人たちが地道なパネル展や署名活動、
手紙を送ることなどを何年もかけてした結果がやっと現れてきたのだと思います。

1980年代には7万匹を超える犬たちが、
保健所から大学や企業などへ動物実験用に譲渡されていました。

それも地道な反対運動の成果で、ようやくゼロになるそうです。

日本はペットショップで犬猫を買うのが当たり前みたいですが、
海外では、逆。ペットショップで買ったとご近所世間に知れれば、
えらいつまはじきに遭うそうです。
なんて、非常識な・・本当に犬猫が好きならば信じられない・・と。
動物に関する法律も先進国の中では唯一日本だけが
ほとんどないに等しい。


日本も一日も早く法律が整い、罪もない動物たちに対する
むやみな殺戮がなくなりますように。


日本人は犬が好きなのか、それとも、
まるでブランドものを買うかのように
プードルやら、チワワやらの「ナントカ犬」がほしいだけなのか。

よく芸能人なんかが流行りの犬種を自慢げに紹介したりして
さらに世間に流行りを促したりしていますが、
その行為が逆にその犬種の犬たちを不幸にしていることに
気づかないんかなぁ・・と思います。

テレビの力はすごいです。

CMでチワワがかわいいしぐさをしただけで、世の中は
チワワだらけになっています。

その需要に応えるために、どれだけのかわいそうな母犬が
存在するか・・ちょっと考えて想像してみればわかることなのに

テレビのニュースや新聞は
「CMの影響でペットショップではチワワの価格が急上昇。」
などとは報道するけれど、
その影響で、毎年何回も受精されて、ボロボロになるまで
子供を産まされる母犬がいるということは
なぜか、報道してくれない。

「名も無い雑種犬を里親募集でもらいました」
なんて言ってくれる芸能人が一人でもいるだろうか・・

イギリスでもニュージーランドでも、犬猫がほしいときは
まずショップに行かずに殺処分される子達を引き取るか、
里親募集している団体から譲り受けるか、するので、
かなりの数の命を救えるそうです。

ペットショップのケージの狭さ、不衛生さに
いつも暗い気持ちになって、店員に文句言ってしまう私・・

食べ盛りの幼犬なのに、ごはんをあげすぎれば
すぐに成長してしまう。
すぐに成長してしまえば、売れなくなる。
なので、ごはんは最低限、死なない程度にあげていると聞きました。
なんてかわいそうなことを・・

ちなみに私は雑種が一番すき。

世界でその子だけの個性。
もちろん立派な血統書つきの子も、
見た目は同じ種類で、個性的ではないけれど、
タマシイはそれぞれ唯一つの個性。
それは重々わかっているのですが・・

全部にんげんが遺伝子操作して作った犬なんて。

きっと近い将来、もう既にそうかも?
雑種が一番めずらしくて価値のある犬種になるんじゃないのかなぁ。