日本一

「日本一」。今まで言ったことも言われた事も一度もない言葉。生まれて初めて、身近な意味を以て俺の耳に届く。この年になるまで経験ない出来事に、呆れ納得で笑ってまうぜ。

日本一がどーゆー有様か想像できず。っつーくらい縁なかった俺の生活と周辺。今日明日には全く関係なさそな世界。先々を考えるの苦手だし。だがしかし今この瞬間の不思議は、どのクオリティにも対応するマジックをよぶ。オープニングのカウントから、そのフレーズならしてくれて感謝だい。感服したのさ。

日本一になり得るスターターキットはできるだろー。たぶん。初めは簡素でいーのだ。今やりたしパッションは、ユルくまとまる。先ずは在るモノづかいで点てる立体の構図。地面のこうてい。

マディのおじさん

幾つかの保育園に、よからぬ予告メールとか入ったらしく、朝から緊張感漂う現場。折角、東京の保育園まで土いじりに来たのに、残念な開始直後。気分取り直して成り行き見守り再びシスターと話せるタイミング。
「...な状況なので作業は極力避けて頂きたいんですが」
「おっとそれは違うなシスター」「マディのおじさん達はちびっこにやさしいんだぜ」
「あっそれもそうでしたね」
「そいでみんなリアルパパなのさ」
「それではフツーに作業やっちゃいましょう」
「あとーんす。おまかせ番長」

職人が出入りしてるとこに、不埒千万な輩は来難いだろな。ナチュラルな形でのガードマン効果か。曖昧な関係であり多様な役割り。きっと昔日の日本には多かったと記憶す。

分業分担が合理的で明確すぎの昨今。規格ルール外れても、舞い込んだ役は楽しんでテキトーに全うしよ。大自然リズムでは当たり前のシーソーゲーム。

グレーゾーン多様化して物々しさは避けられる。みんないい加減な塩梅にてちびっ子と遊べば、結果守ることになるやもしれん。

604a81d1.jpg

地の不利を知る

2b88f6f2.jpg








犬のフクちゃんの庭。この地の不利を知る。難ある事態をフツーと認識するのだ。只それだけそこまで、後はリリースし高みの見物。対応策に心を囚われるのよそー。身体の勝手な動きと、その時の流れに任せるべし。然れば数々の偶然御縁によって、誰もが予想しなかったクールな形に落ち着く。

フクちゃんのポジション取り絶妙。不利な地だからの不思議マジック。

が、これも流れの渦中。本質への方便な気もす。次は上手くいくか全く分からん。
20080

4472

4476
4555H

4666

20122



露地植え観葉植物

4fbffe0e.jpg








室内用観葉植物が、既に露地植えしてあり。こいつらを移植して越冬できるかできないかって、どーなんだろか。結果はやってみないと分からない。先を案じて止まるより、動き続け変化していたし。プランツは生きている間は全力で生き続ける。余命日数など些末な問題。切り花、エアプランツも然り。

今此処の時点で、共に生きているのが何より大事な現実。移植する事で、新しい道ができ、多くの関係を結び付ける。俺だけに感ずる辻褄合わせなのかもしれんが、不思議な符合だらけ。

現場既存ある物づかい。足りないものはない。ありがたい。やれることはやろー。生きている限り。
3581ad9a.jpg

はじめの一歩

cad14dfd.jpg









カリフラワー、キャベツ、パセリ、バジル、ワケギ、ワサビ菜、サンチュ、ルッコラ、ブロッコリー、ハクサイ、ブルーベリー、ローズマリーそいと草花いくつか。畑を作り作物を育ててるのだ。全く初めての体験。稼業にてリクエストあれば拵えてたが己自身は縁がなかった。

新しく物事始めようとすると、何故か急な用件が一つ二つ現れ、最初の機会を失い、そのまま遠くになってまう事あり。だが気になる物事は不思議といつも身近にある。何時でもできそーな近くにあり、結果やらない巡り会わせ。わりと長い月日。

そんな状況、時には己自身から事を起こす。99%後手後手お任せ受け身の俺が主導権を取り先制してみる。んーこれはこれで楽しい。流れがあり道ができ、道があり流れができる。

ホーム菜園にも足場は必須。道を作るはじめの一歩。
34a7c877.jpg

af92ed5a.jpg



3b2d0b28.jpg


所により一時雨

所により一時雨の天気。車の移動中は随分と激しい雨風に出くわしたが、行く先々では何故か降られず、殆ど濡れずに済んでまう一日。御の字安堵の笑い種。

お外活動してて奇跡のよーな事が稀にある。まるで俺が動いている半径10mくらいだけ雨雲が避けているよーだえ。

だがまあこれは唯の偶然だろー。天気はみんなのもので俺だけに都合よくある訳ない。再現を期待するのはよそー。期待しないのもよそー。

次は俺の居る所だけ雨が追っかけ降ってくるかもしれん。たとえそんな状態になっても今と同じ平常心は保っていたし。っつーか本当にそんな体験したら、それはそれで大笑いしてまうな。

日日是好日

俺んちに両親を呼んで一献したのだ。エールビールお外ランチ好日BBQシャンティ家族寄り合うた。常のよーテキトーに色々全部が並列に開始す。ってな直後、考えてもなかったセリフが俺の口から勝手にでた。「今日はゆっくりしていってくれい...あんまし喋らないで...」。

これがよかった。みんな静かに耳傾けてる空気の音。お外の自然世界は驚きだらけ不思議ばかりで、それを家族で共有できるはデデかい喜び。それを会話が邪魔するのも否めず。


この感覚かつて経験ありかもしんまい。まだ俺が喋ることができないキッズの頃か。会話に参加してはなかったが、場を味わい共に作っていた記憶。かなり楽しかったな。あるいは全く思い違い思い込みか。


941e7a41.jpg

No Time To Think

長―い5月がまだ終わらない。一年で最も時間のスピード遅く、生活内容が詰め込まれ感ずる日々。好い陽気の光と風も味方し、一日中お外で動き回り喜ぶ身体。予定外突然アドリブで始まる祭りの数々。自ら望んで計画したのは10回に1回くらいなのに。

俺が最高にコンディション上がる大好き季節は梅雨なんだが、その前夜祭を毎日繰り返しているみたいじゃん。これから始まるワクワク盛り上がりに、極陽ハイになりすぎないよーせねば。…って気が付くと、既に自然にヘラヘラ笑ってまうばかり。憂いは傍らに大体いつもいるのに、薫風の力はすごいね。

時の流れはゆっくりしても、時間を持て余すなんて全然ならない。そもそも、そんな気分は物心ついてから凡そないよーな記憶。ヒマを感じない生活っつーのも人としてどーなんだろ。かだが、こればっかりはしょーがない。俺は身体使い動き回ってないと、思考も進展してかない仕組みになってるよーだえ。

発見も感動もマスターピースも日々更新されてんのに味わってる間はなし。そいで直ぐに忘却し最早思い出せず。記録してる時間は更になし。これでいーのだ。過去の余韻に浸って、今此処の楽しさ鮮度は落とす方が勿体ない。身体のテキトー勝手なアドリブ反応も鈍ってまう。

ゆったりとした5月の流れに、色々沢山の事象が同時並列に動いてらあ。参加し生きているだけで腹一杯精一杯充分満足。考えてる時間はいらないのかもしんまい。

Bob Dylan「No Time To Think」思い込み訳

No time to choose when the truth must die
No time to lose or say goodbye
No time to prepare for the victim that's there
No time to suffer or blink
And there's no time to think.

真実はいっちまって もう選んでる場合じゃなく
別れの御挨拶や 断捨離してる時間もなし
対岸の被災者のため 支度してる余裕もなく
かっちょよく苦悩し 瞬きしてる合間もない
畢竟 考えてるヒマ時間なんて 要らずなんだえ

困ってないのに人工物により平等される違和感

俺がこれまでの人生で使い続け、今なお頼っている人工物にメガネ、コンタクトレンズがある。初めから違和感だらけの代物だったが、最近ますます邪魔くさ面倒くさ。結局、裸眼が自然本来の好い心持ちで、そのうえ最もよく見えてる気もす。何でこんなモン長い間世話になってんだろ。

確かに随分と助けられてきたのも否めず。この矯正器具のおかげで俺は、人並み社会生活ができてきたのやも。メガネ嫌々で使用してなかったガキ頃は、表層的な状況理解シャバくて、理不尽なイジメにも遭遇してたんだえ。能力劣った者に一方的な強制矯正させる人間社会だが、俺自身は少しも困ってなかった。よく見えないとも不便とも感じた事は全くなかった。

やがて原チャリ免許取得し、条件付きで運転するようなっても、当然メガネかけず乗り続け、一か月くらいの間に三回連続眼鏡不使用取締りくらい免停なり、この辺きっかけでメガネ生活が始まったのだ。当初は車運転時のみ使用だったが、少しずつ普段の生活でも頼るようなり、数年十数年後には必要でない時までつけっぱしてる有様。

人は簡単に弱い方へ流れ傾く。人工的な矯正器具によって、己本来以上の力を得ると、その状態を次々常に求めてまう。生活には裸眼の方が適した場合もあるのに、自然の感覚が鈍り、思考停止惰性で顔の一部となるメガネコンタクトレンズ。

人間社会から不安を煽る情報暗示によって、必要と刷り込まれ習慣となり、本来の能力以上を当たり前と錯覚し、それを失いたくない恐れによって、ますます装着し続け、やめられない中毒者のよーな愛用者。思い切って外してみれば、案外フツーに活動できる人は多いだろー。メガネかけたから問題なしと気を抜いてやるより、裸眼のまま緊張感もってやる方が間違いはない。失敗しても後悔なし。平等でない大自然界の掟に納得。

同じよーな物事比較に「素手と手袋」「地下足袋と安全靴」「手ぬぐいとヘルメット」とかある。危険回避のつもりで鎧をつけさせる変なヒューマニズム。あるいは社会のクレーマー対策なのか。人工的なモノに過保護されすぎて、動物野性が鈍ってまう方が危ないぜ。

やがていつか俺はメガネ捨てる日が来るんだろか。それは同時に車の免許証を捨てるにつながる。他にも様々なモノが減っていくだろー。身軽生活の心象風景は、おバカ俺に妙な落ち着きを齎す。素顔の目で見つめ味わう世界。

M.ミステリーツアー

恒例の年中行事を十数年続けてると、恰もそれが大好きでやってるみてーだが、当初は然程の興味あった訳でなく、何処に行くか分からない遠足ミステリーツアー気分ばかりで、じゃあ嫌いなのかよっつーと、これだけ長くやっといて、そりゃあねーだろ。

長く続いたのは結果そーなっただけで、そこを目指してた訳でなし。目指してなかった訳でもなし。毎回毎度その場その時メムバーにて笑い楽しく動いていたのみ。それが繰り返されてく好い心もちの深呼吸。

より良い未来のため活動するのも大事だろが、そのために今をつまらなくしちゃあいけねえ。今楽しくやりたい事やるのが、人が生きる第一義。そいで無理違和感なくフツー自然に辿り着いた、長い御縁のもえぎ野プラザとジョブコーチ。

この祭りを最初に始めた時は、十数年後ここに来るとは全く思わなかった。おそらく家族メムバー誰もがそーだえ。長期継続だけ目標としていたら、現時点この感性感覚感情に至ってないだろー。たまたま偶然、俺はこの舞台この役回りだが、醍醐味は毎回更新、成り行きを満喫してるのだ。

常から仕事、旅、祭りでも自ら企み計画練るのはやらず。柄じゃねえ。っつーかやれない。苦手な手段。これから先、未来の話は絵空事。さっぱり盛り上がらないうえ、微に入り細をうがつと、却ってやる気がなくなってまう。

予定に従い事を進めても想定外は当たり前。その時、人々に現れる恐れ迷いが面倒くさいのだ。かと言って、やる前にその事を打ち合わせするのは、更に面倒くさい。言葉を使い理解し合えるのは、全体ほんの僅かな部分。むしろ言葉によって回り道してまうも多し。出たトコ勝負こそ己の命と向き合える企まない企み。99%受け身にてお任せリリースだえ。

無計画アドリブの渦中でも恐れや迷いは同じよー出現する。だがその時その場の今に、心静かアジャストしていけば、大きく乱れる事はなし。そいでもしや好ましくない方に転ぶ運命なったなら仕方がない。それはそれで御免なさいなのだ。

過去を悔い未来を憂いたくなるは、人間に仕組まれてるプログラムやもしれん。だがしかし今の今だけ集中す庭仕事。多くのメムバーと遊び場作りしてると、バッドエナジー霧散してく不思議。恐れ迷いもまだ傍らにあり、状況何も変わらずにもかかわらず、気づくと平常心に落ち着いてる。人間が生きる幸不幸の境界は、解釈の違いでしかなく、ただの言葉だ。

多くの人が関わる行事であれば猶更、俺は先を目論まずに今を味わい堪能す。もはや己個人の思惑が何処から何処までなのか、さっぱり分からん。人数が増えるほどに、自分の意思で動いているのか、何かに動かされてるのか曖昧になってくる。それでいて好ましい集いは、それぞれが自立していて、頼り求め合っていない。

俺はここに集う人々を皆家族だと感ずる。自立しあった関係でありながら、各々自然体の振舞いで、勝手に持ちつ持たれつしながらの大団円。日々完全燃焼すピリオド。誰も先を案じて計らう必要はない。計らわない必要もない。善悪白黒デジタルと違う、99対1にもあるド真ん中。

放っといても結果は同じになる法則もあり。完全に決まっている運命は全くの自由。浮世はひとりじゃねえんだ。家族メムバーみんなで生きている。大切なのはひとりひとり個人が感ずる楽しいかどーか。それこそ肝要に今セルフコントロール。そして自分以外のメムバーに対しては愛だえ。

俺は遠足が何処に行くか、いつも知らなかった。みんなが乗るバスにテキトーに一緒してただけ。
75790c0f.jpg

最も尤も

寒くてかなわん時は身体を動かすのが最もに尤も。そいでも手足が濡れたり泥んこなったり冷たく感覚なくなると、心身頭ボンヤリし機能下がってきてまう。

陽や火があれがいーけど、いつもいつもありつけるとは限らない。冷たい手を温める最もな尤もは、己自身の身体に素で接触さすのだ。腋とか腹とか胸とか。足は腿とか股とかに挟んで動かし擦ろー。

誰にも何にも頼らず寒さやり過ごすと、天然さん自然児度またまた活性化し頭脳明晰だえ。ムリムリやせ我慢でなく性に合うやり方。

やはり保温は長持ち。たくさんたくさん動けるよーなる。初動スターターは成るべく己の中から燃やしてこっと。もっともっと。

楽しさの本質

一週間経ち雪だいぶ融け、道姿現し。やはり動線から先に開通してらあ。人はみな動いてくべきトコ、動いていきたいトコ、動けるトコがあって、其処から先に道できるのだ。

今まで見たことない余白の世界から、シンプルなラインできる美しさ。なんでえ誰々でも必要なればシャベル持って雪かきすんだな。すごっカッケェー。みんなちゃんとにできてる。自立してる家庭と町内ばかり。生活の用あるとこから道はでき、それは勝手に美しい景色。人、動物、お日様、風の動線から世界は繋がりだす。

毎日雪かきでも楽しいだろーが常から似たよーなコトやってって、本質は99パー同じな気がす。


暖を取るならば

実際に火を焚いて暖を取るのが好い心持ちなのだ。数字で計った温度には現れない暖かさ。心身芯に深く染み込む炎の熱。

凍えた手を焚き火に当てるとドキっとした鼓動が鳴り、ロングトーン息吹き深し。お天道様を浴びた時のよーな長い呼吸とろける快感。焚き火だけでなくストーブ、コンロ、ロウソク、ライター、ランプ、火鉢、炭火でも直火はみんなそーなる。そいでそれらから暖取れば、己の発電スターターは活発活動。時折、火に当たるだけで暖気は保温長持ちするのさ。

エアコン暖房の奇妙な人工的空気は、安全手軽に温度だけ高くする。俺はそこに居ても全然暖かくならん上かえって薄ら寒くなったりも。寒空お外に出て焚き火してる方が断然にいー。動いていて温まるのが、自然な冬の在り方。身体も自然と動かしやすしお外。

お天道様と目の前で燃えてる火は、本当に暖かくて信じられる。それ以外のエナジーは難しそーでおバカ俺には分からんな。それが如何にエコでロハスで自然エネルギーであっても何もワクワクしない。人間にとって素晴らしい発明だと宣伝されるほど、胡散臭くなってくる。身体を使わず暑さ寒さも感じられない世界は、生き物として到底生きていけねーや。脱原発は当然として脱電力、脱エナジーでも構わんのだ。

いきなり今日明日には捨てることできんだろけど、もー少し先まで生きて最期くらいは火と陽だけで生活したし。
b96bd577.jpg

フっとあれっ

普段生活で習慣してる事をフっと一回だけやめたり、やってなかった事をあれっでやってまったりする。100っ回に一回あるたまたまその時は己の都合だけで選択してるよーで、同時に完全に仕組まれてる物語のよーだえ。

右左、黒白と絶対断定せず成り行きてると、たまーに巡ってくる自然な流れの正反対アクション。やってる事をやらない時も、やってなかった事をやった時も同じく大体いつも心が軽くなる。みんなが笑ってるっつーのがいーんだな。

5f68762d.jpg

たまにある一回

常からシャンプー使って髪を洗わないのだが、ごく稀に己自身が決定し行う時あり。年に一回か二回くらいか。身体洗いはもっと少ない。石けんつけては数年に一回くらいか。その一回は自ら望んで在り思わず笑ってまう。極まってない己を発見しほっと安心す。

その日その時は突如として起こる。以前から計画し実行するもんでなく、気まぐれ丁度いータイミングの今に揃う諸要素。

そもそも俺は頑固にシャンプー洗剤を拒否ってないのだ。汚れひどく必然あれば使うもありうる。毎日湯に入る都度、今日かもしれんと思うとも思わず、どっちでもいー自由ゆるゆ意識。その天然状態で欲すること日常なく、湯洗いだけで事足りてまう。

たまーにある一回によって己の真ん中が自覚しやすし。徹頭徹尾に極まらず。何故か何処かでブっと吹き出し笑ってまう。ひとつ滑稽な発見すると様々に繋がり次々連鎖す大笑い。

99対1にある日常。当たり前フツーの小さな一日。安心する今日。


5eea8d3e.jpg

楽で疲れない通訳

障がい者や聾唖者と向かい合い話をしていても、内容は俺には何が何だかさっぱり理解できん。日本語なのに言葉が聞き取れず、表層的な意味は殊更に分からん。彼らの身内がいたりして、通訳やってくれたりすると、ますます入ってこなくなる。

ところが俺以上に彼らとのコミュニケーション不慣れな者たちに、彼らが接触し話している場に出くわすと、不思議と聞こえてくるメッセージ。表層的には相変わらず聞き取り不能でオウム返しもコピーもできんが、話の本質は伝わってくる。この場合は俺が通訳をやってるみてーじゃん。かなり饒舌に説明までできてらあ。普段、自分自身事を語る時より格段に話が上手く通り、楽で疲れない役回り。

そいでまたサシで話しだすと頓珍漢なやり取り関係。先程までのヒアリング能力は偶然か思い込みか。同じ場所に逆戻りしてるよーで道はスパイラルに拓いていく。

d0923a0e.jpg

発掘される道具と材料

材料は在るもの使いが、性に合っている。最近は材料だけでなく、たまたま其処に落ちている何かが道具になり活躍す。本来の仕様とは異なる使用で再び活きるもあり。

シンプルな道具ほど一台数役可能。人類最古の道具だろーか石器。やはり随所にゴロゴロ転がってらあ。泥まみれの石ころは、やがて何かの材料となり道具となりえる適材適所。

世界最古の仕事するに相応しい使われ方。今此処に在るもの使い拓く道。其処からまた発掘される見立て素材。深く埋まっている泥っぽいやつもあてよー。

寄りかかった姿勢

足裏どの部位にも体重が掛かることない立ち方。日常あらゆる設定にての対応は、まだまだ全くできてはいない。瞬間まぐれ偶然できても世は無常。次の場面ではもー違う展開なってらあ。

浮遊の感覚は現状維持の守りに入ると薄れ、気が付くと閉じ固定されてる。何処か何かに頼り寄りかかっている立ち姿勢。

まぐれが続く時は俺も変化無常。上下左右に偏ることなく真ん中に道あり。これが自立ってやつか。

だがしかし本当の自立などありえないな。あっちにもこっちにも世話になりお助けされながらの生活。自分だけで立ってるよーで、実は支えかなりあり。軽みの浮きが分かり初めて発見。

これが分かった以上極力、寄りかかるのはよそー。一旦居ついた心身は重く、浮遊からは程遠い。

夢に最も近い現実

俺がガキッズの頃から持ち続けてる妙な夢。空を浮遊し動いているビジョン確かな経験。過去にあった記憶でなく、今の今にもできるよーな思い込みがあり。自分でも呆れてまう可笑しな妄想だえ。

本物の人間で自力だけで一時間浮いてるなんて誰もいないだろー。見たことなし。だから俺もできないのかもしんまいが、似たような体感は日常にブラブラ転がってるっち。

二本足で自立時、重みを全体に散らす。全部を使って立つ。足裏は全体が重心とす。

っつーことは重心は全体のどこにも偏ってかかってないと同じじゃん。重心は踵でもなくつま先でもなく、何処にもかけない立ち方。腰も足も何処にも重みのない姿勢。

おっこれは俺が見てきた夢と最も近い現実。シャバイすごく嬉しい。願いもお祈りもしなかったけど夢が叶った。今この段階でも十分有り難い贈り物。生きてるってのは驚き不思議だらけだい。

この立ち居振舞いは更に精度高められるよーで、静かに日常の所作が楽しみ。生活の中で、人は立ってる時間がわりとあるのだ。





よくもわるくもなくふつーのまま

収穫したもんを友達や兄弟にシェアすると、また新しい旬を頂き、物々交換のセーリングは軽みの浮遊感。ものがものに移っていく面白さ。風と波は変化し続き止まることなし。このゲームに己の作法も1%くらい作為し、残り99受け身にて遊ぶのさブラブラ。

この社会関係だけで生活やってても構わん気もす。今日明日では金要らずにならんだろけど、あっても少しで済む。買い物が少なくなりそーで、それだけでも俺の性にはあってる。

今此処にあるもの食べるだけでヘーケきゃもしれん。だいたい自然に回ってくる食材だけで食ってくのが簡単だろー。ドンシンク フィールであれそーだえ。

そいで時には柿を一日七個食い、ナッツやドライフルーツだけにもなるが、コンディション全く常のまま。具合は良くも悪くもならん。それは受け身99%で自然に回ってきた状態だからか。

b83f6635.jpg

おさらばギリまでやりたし一歩

室内の観葉植物にも勝手に生えてくる雑草。態々こいつらを引っこ抜く理由はなし。放っといても悪さしないし何も困らない。100回に1回くらいは面倒あるかもしれんが、そのために今から恐れ予防すんのは疲れてまう。面倒になった時に100倍身体を動かすはめになっても、それは疲れないでできるのだ。

雑草でも好いポジションくればビジュアルも上がり、カッケー余白の道。地表面が剥き出しだった時より、風よび空気旨し。そいで俺が手入れてる時の心持ち好さは、他のプランツと全くセイムセイムだえ。

俺が計らうても、らなくても枯れておさらばの時やがてくる。俺が先におさらばだってあり得る。ならばその刹那ギリまで、どー自分が在りたいかなのだ。最もやりたく楽しいそーなのは手を入れてる一歩一歩。

d53f2172.jpg

踏みつける動線上の雑草

雑草を根っこから取り除くの事、抵抗あり。土がひっくり返り耕され砂漠化す。乾燥した土だけ部分は不自然な地帯、異常な事態。やる前より却って事を荒立ててらあ。フツーな循環が狂わされ病害虫が蔓延りそー。大事な草花や樹木まで影響受けてまうぜ。

邪魔な雑草は地際で切るだけでいーじゃん。その方がまだマシ。グランドカバー地被面に波風立てず秋風当てる。

そいで審美眼とヤマ勘を以てタチの悪そーなのだけ抜くのだ。動線円滑も肝要なエレメント。

最も相応しい雑草との付き合い方は踏みつけてやる。場所にもよるが動線上なら問題なし。チョクチョク踏んで掃除してれば思いのほか綺麗な緑の絨毯。

大事大事の草花にも踏みつけられ地被植物に変化するのもあり。教科書に書かれてなく、そもそも興味研究もたれてない確かめだが、俺が感ずる適正な種は案外ある。一年草でも農作物でもヘーケだ。

RaNJ

俺とランJは時折お外で一緒に寛ぐのだ。本日AM10時、俺は茶ブレイクし彼女は朝飯を食らう。二人きりだと相変わらず殆ど喋らないで過ごす時間。以前、一緒に買い物出かけ道中ひと言も会話なしだったこともある。らしー。
360cb92f.jpg


匂いのスピード

匂いが飛んでいくスピードって相当に早いな。風に乗ってくるのもあるが、それよりもっと早く鼻に届くセンスあり。

時折、目や耳と同じようにリアルタイムで感ずる臭覚。10mほど離れたの距離で、風に乗った匂いなら数秒で到着するような状態でも、目耳同時鼻にも情報入ってく。奇怪なのは追い風の方向に情報源あるのに匂いがすること。

ずーっと以前から気になってた事だが、あんまし誰にも伝えてない。日常は次々流れてくんで思いは簡単には伝わないのだ。思い込みの可能性もあり消極的な常のスタイル。

人が中継すると同時自然派生で、匂いの報せが更に行ったり来たり。凄まじい速さ。俺がハーブを摘み自分の鼻に刺激が来たと同時に、数メートル先の数人が反応したこと数十度。逆風無風であって相変わらず。以心伝心テレパシー第六感と呼ばれてるよーな現象も、鼻が絡むと分かりやすく簡単に解釈できる。

俺は自然界の匂いは相当臭いもんでもフツーにヘーケだが、人工的な化学臭プンプンは誰よりも早く反応しお外に出てまう。これはアレルギーになる何歩か手前で防いでいるのかも。過敏に鼻が捉え過敏症にならずにすんでいる。違和臭を嗅ぎ分けよー。案外早く届いてるんだぜ。

やる気まんまん

多くの友達や兄弟から様々な助言を与えられる。お見舞いあとーんす。別々の二人以上から同じ趣旨の考え聞き、俺も同感嬉しく頷くとフワっとした空気の揺れ。快方に吹かれるよーな風。今此処からできる笑いと深呼吸。

森羅万象最大の力は変化力かと思ってたけど、笑い力もチョー強し。と気がつきまた笑い。自然と気持ちいー呼吸。

痛みがなくなると、それまでの苦しみ忘れてしまう話も、御二方からシェア。そーだなあ俺もいつもいつも一切合財忘却で同じよーな場所をグルグル。と思い出しまた笑い。おっ若干変化の新しい兆候。似たよーな場所であるが全く同じではないスパイラルな道。

この度は忘れないよーしとこー。痛みが軽く残っててもらうのもありか。ごり押しアゲアゲにて復活するより、動物っぽい自分でテキトーなリリース。不完全状態もまた楽しい。そこから這い上がるのはもっと楽しい。

って何処に這い上がるんだっけ。今まで完全無欠な状態って経験した事あるのか。痛みや不具合なんて常に傍らにあったじゃねえか。這い上がる先は明確イメージできず。だがしかしやる気まんまん。

天然さん

e604954d.jpg腰痛になってから十七日目まだまだ痛み続き、こんなに長く復活困難は初めてやもしれん。俺はカスリ傷は茶飯事だが病気怪我は滅多にしないのだ。今回のギックリ腰は過去最強レベルの相手だえ。

痛みの大きさも質もかつてない味わいで、もしかすっと重大な病ではないかと脳裏よぎるが、何故か誰か何か頼る心持ちなし。ケミカル鎮痛剤や湿布は無論要らず。マッサージ接骨院の類も、車に乗り出掛ける大儀さ、時間消費を慮るとても億劫。

手遅れな病であれば、どーにもならんのだし、軽微なモンならば大騒ぎしたくなく、俺にとって検査は無駄な人生の使い方。数字数値、病名など何の興味が湧かず。名前は何でもかまわん。己が今感ずる痛み苦しみが全て。今まで過ごしてきた生活を最も正直に分かってるのは己自身。何より他人専門家の判断により暗示かかるの避けたし。

昔から俺は心ある人のアドバイスに、影響受けやすい性分。この度も機会あった幾人かに伝え、様々な治療法をシェアされた。その殆どの話に、いちいち尤もだと感じてまうのさ。正反対のセオリーなのに両方納得すいー加減な受け身人生。このリーダーシップ主導権のなさ故に、病院は最も苦手な場所なんだえ。

こればっかりはどーしょーもない。もしそれが人間ルールから外れる俺の過ちだとしても、その負は俺だけのもんにして笑えるし、こっちはこっちの段取りで、ゆっくり成長してくんで、今はムリムリなのだ。

この一発目にきた腰痛の瞬間以降、まさかの巡り会わせ連続にて、大自然野生っぽく過ごす生活。幾つもの理由が降ってきて病院や薬から勝手に遠ざかる事態。結果チョー天然してて心身が欲するアクション最大優先に生きられる数日間。

粗食薄着多動早寝早起。我慢苦行することなく暖衣飽食からテキトー成り行きで移行。何故だか体重は減らず。腰は痛い過ぎで動きスローリーだが、身体頻繁に動いて気分は格段落ち着き寛ぎ中。何かと思わず滑稽な空気でき爆笑。最強な敵だから気が付いた発見多。今まで見ることなかった自分驚きで当たり前。

そいで今だに痛みあり何処にどー転ぶのか分からん。結果は俺に決められず。俺が主導権取れる唯一瞬間は今のみ。故に天然さん野性獣性にて探りたし。

やり残しあり当たり前

ほうきの掃除はテキトーに始まり、大抵大体好い加減でピリオド打てる。やり残しあっても当たり前、その都度チョクチョクやればいー。チョイとした隙間に勝手ブチ込まれるノーモーション一拍子の太刀。

掃除機でやろーとすっと、スタートから構えて腰重く息混み意気込み感。やる前から疲れてまうぜ。自然本来のリズムから程遠い作業。他者が行ってる時間は更に騒々しい。

そいでそれやって得られる利って、人が生きるための本質とは、あんましカンケーないな。効率的に短時間で身体は楽できるだけを利とするならば、今のところは俺には必要なしのマシン。やらないで得られるモンは強力で新しい遊び道具オモチャ。

そもそもフツー掃除はオンオフ作らずの軽みだえ。遊びながら喫茶しながら音楽聴きながら何時でもやりたい時に娯楽と同時進行。流転早し浮世に対応変化相応しい所作なのだ。日常次々と片付けばっかしてるよーで、それが次の用意になり段取りも早し。

簡素整理された空間にいると身体は動かし続けていても、気分は落ち着き、時間は伸びてリラックス満喫。こりゃあ休息も兼ねている驚き。

人が営む掃除は常にやり残しある当たり前。だがそれがテキトーほうき使いにはストレスならず。

a874c5be.jpg

ノーミュージック ノーライフ

俺は音楽プレーヤーをラジカセひとつしか持ってない。それを仕事に持ち運び大体何処でもテキトーに鳴らしてる。ホームに帰るとき持ち帰り、やはり大体何処でもテキトーに鳴らしてる。オーディオやらウォークマンやら数種複数所有する必要は俺になし。心身は一つしかなく、同時に二つの音楽を聴くことないので、ラジカセひとつあれば充分すぎだろ。

ホームでは、その時々の状況気分次第で様々な場所に置くっち。まだこの季節は全部屋の扉が開けっ放しで、大体何処にでも音は届いてくぜ。お外で鳴らして部屋で聴くこともあれば反対もある。A4サイズ厚さ60mmなんで場所取らずに手軽に移動易し。コンセント差すと電気通り稼働するアンビリーバブル魔法のような現実ありがたさ。

休日は一日中トイレに置いて音鳴らしとく。不思議と好い鳴り響き音する場所。トイレ使う者がうるさいと感じたら止めても下げてもチューン替えてもよし。

もし電気が湯水のよーに使えない事態になり、ラジカセですら厳しくなったら、それはそれでしょーがない。音楽ない生活はつまらんが、電気なくとも何とでもなるのさ。過去の記録された音源再現よりも目の前のライブこそ本質の今を表せ笑わせる。

電気も楽器もない状況に陥ったとしても、その時に目の前にある何かで音楽は作ろ。以前そんな国そんな村でそんな時もあったな。俺は叩く楽器が好きなんで、何でもかんでも打楽器にしてまうぜ。有志は自然に集まりセッション楽しさは常と然程変わらず。

静謐な世界の散歩

秋が進むと日本は静かになってく。村でも町でも道でも落ち着いた印象。実際の音数は分からんけど、生活の電気音だけは減ってる。たぶんエアコンオフってるからじゃないか。少し前まで村でも町でも道でも何処でも稼働してたえ。

この静謐な世界、以前は夏にもあり。俺の少年時代は格段に静かな夏だった。そいでも人々の生活音はたくさん聞こえてた。俺んちの音も筒抜けだったろー。暮らしの鳴りもセミの声も、岩に染み入るほど閑かな世の中だった。

最近よーやく近所隣りの生活音が鳴り響きだしてくる。電気を使わず窓開けての過ごし方。様々な御家庭の動きが肌で感ずる。

何処をブラブラしてても活気が響いてきてんな。そいで散歩範囲は俄然広がるんだえ。ブラブラ中は村でも町でも道でも人々との繋がりを意識できてシャンティでトリッピーな時間。車もエンジン音だけならクールでゼンゼン気持ちいー。

スマホ、PCを使った繋がりにはあんましときめきないが、肌と匂いが届く繋がりは、たとえ会ったことない人々にでも親近感を抱く。

蜜月中

美しいお月様、ホントは石ころ砂だらけの所。輝くお日様に照らされ反射し、俺たち地球に姿を現す。そいで何でか俺たちの日常生活暮らしの中で美しく見えてまう。そー感ずる人間の感性が好きだえ。美し過ぎて哀しいぜ。

人々が月の魅力に反応するって当たり前の自然現象。おっ母さん地球からしてモロに影響受けてんじゃん。月が無くなったら大変な事態になるらしー。現在の地球上とは全く変わり人類もどーかなってまう。これから少しずつ離れていき、やがて何処かに行ってまうとも聞いた。

そいでも今の時点では絶妙な距離で吊り合うてる。俺たち住んでる星と砂の星。限られた時空間で、お互いだから美しい姿で在りあえる。

人間が月に対して抱くセンスは、そんな地球の心が反映されてるのやもしれん。やがて離れ離れになる寂莫。深遠な宇宙時間で奇跡な蜜月中の今。そいでこっちの運命を握ってるお月様。

俺はボケっと見てるだけで、妖しい魅力が身に染み込んでくる。青く照らされたモノトーン世界。確かに狂わされたり惑わされたりする心持ちも否めず。だが大丈夫。おっ母さん地球も同じように味わってる。自然界の全ての生き物たちもそー。

人間は運がいーぜ。このポジションで役割りを全うできる。かなり哀しく寂しくなっても観月やってまうのだ。


ごぼう抜き

年配者との一献が増えてきたのだ。得難い日々御縁に感謝。年寄り方々とのセッションにて、言語の正確確認し合いは、然程重要でなし。お互いの些末な脱線や頓珍漢は、4回りと3回りし12でかみ合うてる不思議快感。伝えたかった本質は俺が教わり、築きたい雰囲気は既にそこにあったりしてらあ。

コミュニケーション速度もロジカル者同士の会話に比べて何も変わらん。。テキトーで落ち着いたやり取りの時空間。物事は進展してないよーにもダラダラしてるよーに見え、俺たちは遅れ取り残されてるよーでもあったが、ある瞬間一足飛びで理解が深まり繋がる。ごぼう抜きし到着する想像してなかった世界。此処までをロジカルにて辿り着くのも、やったらやったで一興だろけど、最初から考えると面倒くさ。やる前から疲れてまう。

結果を案じ企む譜面図面工面より今を笑えるアドリブフレーズ。

ほんの僅かな清浄

たまたま訪れ立ち寄ったトコを、ほんの僅かだけでも綺麗にし、好い心持ちな場所にしてく遊び。義務もノルマもなくユルいー加減に行うゲーム。やり難くかったり必要なければ、別にやらなくていーし、どっちでもいーのだ。

飲食店トイレなど入るとやりたし事多し。全部色々やっててもキリがなし故、テキトーに詰め込みの切り上げ。少しだけトイレペーパーを使い、窓や桟を拭き最後は床も拭く。1分間あれば充分な時間。店にとって悪い事はしてないのに、不思議と後ろめたさ少々。

余計な御世話やもしれんが、窓は汚く閉め切ってばかり。一旦は全開し風通しとこー部屋。

更に余計な御世話だろけど、置物調度品も配置替えしてまう。カッケー余白があれば余裕生まれ落ち着きテーブルウェア。

そいで更に更に全く以て余計な御世話だろけど、消臭剤とかは無くしてしまいたし。芳香剤も入れて4本も置いてある店もあり。俺が捨てる訳にもいかんのでアンタッチャブルにて持参ピュア精油をシェア。

やがて時間が経ち再びトイレに入ると、前回に出た時よりも僅かに綺麗になってる事、稀にあり。店の者がやったのか、あるいは俺のよーなヒマ人が他にもいるかねだ。


胸騒ぎの年月

朝の寝起きが憂鬱なる時、稀にあり。睡眠の過不足にカンケツなく突然感ずる。主に胸騒ぎとして現れ、様々に姿を変えてく。だがこれは俺の内部世界の事なんで、誰にも気取られぬよー細心はしてるのさ。わりと長い年月。

そのダークサイドっぺえ雰囲気が日中を支配する事は粗なし。っつうか今のところ一回もなし。稼業に出かけお外で土いじりした途端に霧散す。日中の日々毎日は今今今センスオブワンダー溢れ続け、ドキドキワクワク好奇心は流転止まず。

朝っぱらに訪れた感情は一体何だったんだい。綺麗さっぱり忘れてのめり込むでらあ。重要な事だったやもしれんって思い出そー試み、僅かに浮かんではきても、その時の今に必要なきものは滞らず直ぐ流れ去ってまう。太陽の魅力か魔力か日中四六時中熱中。そいで晩方そのまま夜の部に突入。

この事態の正否は分からん。俺が思い悩むでる時間が朝だけでもあるって現実事実が安心す何より。慎重に探っていきたしメッセージ。

大切な人たちの優しさ

俺が人間として大天然そのままに暮らせる生活。そこにマシン、ケミカルは極力要らず。全否定はできんが自分ひとりであれば更に使わず楽しく生きてけるだろー。

だがしかし俺の大切な人達が、それらによってシャンティ醸し出し仲良くやってるならば、しょーがない。時にはエアコン部屋にも入ろー。テレビやゲームもよかろー。脱走しないで過ごす努力もできるのだ。

そーやって我慢してると最近は、勝手に別件の用事が降ってきて、其処から去る理由が無理なくデッチ上がる。俺が動かねばならん必然の流れとなる。

もしかすっとそれは彼らの優しさから来る引きやもしれん。

調和町内

今日が終わりそうな深夜まで、俺んちの夏場お外パーティーはほぼ毎日続いて、楽器鳴り火焚いたりで、ご近所に騒がしいじゃねえかと案じていたが、さしあたって何も問題なさそーな調和町内。

とにかく数種のセミや生き物が大合唱していて、宴から少し距離がでるとパーティーチューンは全く融合してまってる。お隣お向かいの家庭にも虫の鳴き声にしか聞こえないだろー。

そいと実は、近所の家はみんな窓閉めてエアコン入れてるんで、それぞれの室内には何も届いてないかもしんまい。ましてやテレビなんて付いてたら、折角の季節音まで消されててそれはそれで残念な暮らしだえ。

この暑い時期にしかできない最高贅沢。外気を浴びながらの生活。食事喫茶会話読書遊興だけでなく人間の営み色々かなり可能。自然風にあたり揺れてるだけで、今までの思い込み心身リセットされ、またまた軽みになってくよーだい。

生き物の鳴き声が小さくなり眠る時間になる程に、外気浴の効き目は如実に分かりやすくなる。静まった世界からも様々な声が響いて、風は意外な匂いも運んでくる。眠ってる間は殊更染み込みやすし原始回帰。解放されるセンス堪能満喫。

人間にとって窓閉まった室内で活動休息する利点て何なんだろか。

洗剤は要らず

手が汚れて洗わなきゃならん事態になっても、わざわざ改めて手だけ洗うっつうのは殆どやらん。雑巾ゆすぐか顔洗うか食器洗うかで同時に汚れは取れてまう。暑い今の時期であれば、身体ごと水浴びる方がよっぽど簡単。

手だけ洗いタオルで拭くのが洒落臭い。それやるくらいなら全身水浴び汗流す。わりと短い時間で方付く。前後の着替え入れても三分あれば余裕。

洗剤は身体にも衣類にも食器にも要らず。大人ルールに従い致し方なく使用する時でもナチュラルもんにしたし。

最近、よーやく芳香剤などのアクシデント報道されてきた。スメルハラスメントって呼ばれてるのか。ケミカルによって臭覚狂わされたくねーよな。俺が教室を脱走してた理由だえ。

あい しゃる びー りりーすと

人生二台目のPCを買う。最初のは10年弱と長持ちした。まさかこんなに長く使い続けるとは。ホントのところ第一印象から俺には不要と感じていた代物。今度のPCがおそらく生涯最後の一台になるやもしれん。そー決めてはいないが、そんな心持ちが勝手にする。

年齢を重ねるにつれ憶えてきた大人ルール。元来できないことだらけだったのに、大分マシになってきた俺の作法。これまでの時間に素敵な発見気づき多くあり。其れらは大切にいかしていきたし。だがなあもー違和感もんはやめにしよー。今できる事から素早く捨ててくのだ。

本来、得手でないことムリムリ行うのは大不自然。俺もチョイとは努力したが、そーゆー器ではないよーだ。三歳時くらいに楽しいと感じたことだけで生きていこっと。誰にも何処にも何にも迷惑かけないフツーに当たり前の中で。もし、そいで食いっぱぐれたら、それはそれで決まっていた自由の大自然で笑えて納得す。

今日明日にPC捨てるのは、まだできない浮世。みんなに迷惑かけそーだし、現時点で楽しいことも若干あり。生き続ける限り残務整理し最終回を迎える。同時進行にてやりたい事は、更に一層手足をリリース。

重心に重い心

身体の重心に己の重い心を乗せると、妙なおさまり方。わるい気はしない。

人は常から立ってるだけで、バランスを取り続けてる。その重心点。力が集中し流れ重量感生ずる下半身。そこで俺の最も重ったいモンを気楽に遊ばせとこー。頭や心臓に置いとくより相応しいや。今までの出来事も全く違う解釈にて見えてくるっち。

重心の移動だけで動いてれば、無駄にエナジー消費せず。大地が引っ張る重力って凄まじい力。身体を操作する事でより使用していきたし。人が一人で出せる筋力は小さく弱く限りあって尊く美しい。大地の力はみんなの総意とも取れる。己の力は重心の変化ぐらいに用いて、後は万有引力の成り行きでかまわん。

重心に重い心あると重力の体感も高まる。俺にとってヘビーなモンでもあるが、所作する上で精妙な拠り所にもなってる。

沢山の人々が携わった道

新しい道ができると何かワクワクするな。近所の道も街道も高速道路も大体そー。作ってんの見てる時からチョー高揚感あり。

それはそーと山の中に新しい道が1本できるだけで、生態系は大きく乱れるらしー。大自然に畏敬の念を抱く当たり前のフツー。オーバーディベロップメントには細心しなければいかん。

それはそーとしても道ができるだけで、込み上げて来るこの盛り上がりハイは何だろか。こればっかりはどーにも抑えられん。自分の中にある拡大上昇志向バブルなのか。より静かに落ち着き探っていこー。

道ができると、あっちこっちが一気に繋がる。脇道からのアクセスが膨大になり、寄り道回り道さらに繰り返してまうブラブラ。

今まで俺が通ってきた道は、かなり沢山の人々が携わって作られたんモンなんだろ。そいで今現在、使っている人々も膨大な数。

夏の住まい仕様

俺んちは全ての部屋が一部屋みたいなんで風が通って夏はチョー好い心もちだぞ。東風は上から揺らし、南風は下から舐めてくる。窓全部開けっぱで扉も全部開けっぱ。トイレはもちろん窓扉開けっぱだけど蓋は閉めてんだい。

自然風ない時は、庭に水打つと風起きて部屋の中まで涼しくなる。やや人工的なやり方だけどまーよかろー。電気やエンジン使うよりゼンゼンいー。蛇口ひねるだけで水が出るなんて奇跡みてーな利器あり現代ニッポン。好きなだけ使える環境を弁え対応したし。

風はあっちからもこっちからも吹いて吸って廻る。夏の住まい間口は全部開いてて、開けっ広げ筒抜けで流れてく。夜眠るのが快感。熱帯夜でも何でもカンケツなし。時折の風を少しでもキャッチできれば、それだけでずっとやってけるのさ。

最終回

己が臨終を迎える時、断末魔の苦しみから逃れるため、楽なケミカルを欲するだろか。完全絶対否定はできず。熱すぎたらクーラー求めるやも。痛すぎたらケミカル薬を頼むやもしれん。

そもそも俺が現時点で生きてんのも近代医学ありの御蔭だ。あん時オートバイから落ちて頭割れて、もし外科手術なければ最終回だったんだえ。あれで生き延びてまい、ここまでの長い年月あり。ありがとう。もう充分に頂いた。近代医学、マシン文明、便利社会たくさん味わえて面白かったぜ。

だからもーできる限り世話にならんよーやってみるぜ。無理もやせ我慢もしてない。ナチュラル本来の己センスと大自然お任せが性に合っている。俺の器はこんなもんなんだろ。

断末魔の刹那、部屋の柔かいベッドより、外の土、木、水に囲まれたし。暑くても寒くてもエアコンより自然風を受けていたし。だがしかしその時は今ではなく、まだ来てない。最終回のそん時に俺が何を選択すか完全絶対な答えはない。

盛夏

去年夏に一度も使わなかったエアコン。要らずで捨てて大正解。今夏今のところ全く必要とならん。扇風機も1年ぶりに出したら違和感ありあり。団扇がちょーしいーのだ。そいから水あび。そいと沢山呼吸する。

晩方川辺サイクリング

川辺を自転車で走る晩方。老若男女様々な人々と擦れ違う。もーすぐ21時だっつうのにまだ沢山ブラブラゴロゴロ。ポン人の真夏生活始り。他の季節ではありえねえ開放的で土着臭。どいつもこいつもお外いるのが好い心持ちな顔。そんな続々家族に誘われ俺は道草回り道でニヤニヤうつってまうぜ。

川は遠く長い距離繋いでるデデかい水の通り道。川面の涼風に共感共振共有。袖すりスルーも多生の縁。体感しやすし夏。

梅雨

一年間で最も好きな季節梅雨のド真ん中だえ。夏至スーパームーン越え、お日様お月様ピークから下がってんのに、俺自身のコンデションきゃなりご機嫌。毎年この季節に高揚する身体。つられて心は盛り上がりハイ。心もまた身体を先導主導す。

この状態が良いか悪いか分からん。幸か不幸かはもっと分からん。先々にでる答えなどどーでもいー。己が感ずる好い心もちが錯覚でないよー今をセーリングすのみ。今此の刹那に息を引き取ったならば結果俺はめでたいってだけだ。

困難な方法を選択

近頃妙に同じような状況が重なり、同じような選択を繰り返す。重要な局面で在るほど困難な方法を選び行動してる。何故ならそれが最も楽しそーだからだえ。難儀ではあるがゼンゼン面倒くさくなし。以前より何倍か多く動けばよいことで、何倍も動き廻る口実にもなってる。

それは同時にとても静かな時間。楽だと云われる方法を選択していた頃には得られなかった生活の過ごし方。最大の贅沢してる心もちあり。好きな方法を選べる自由に感謝。

これもまた一過性の出来事なんだろか。未来には正反対の選択を繰り返し続けることもあんのか。何にせよ今刹那の選択は主導権己自身にあり。

訓練により折り合う程度

風呂が苦手で、頭シャンプーもっと苦手なキッズの話を聞く。友達の息子3歳。三日に一回くらい誤魔化しながら洗うらしー。おっ今の俺と一緒じゃん。

キッズは大きくなるにつれ、社会に訓練され大人ルール覚え、やがて毎日シャンプーするやもしれん。もしかすっと元来苦手だった事も忘れてまうもある。どっちでもいーのだ。

デデかくなった時、違和感ずるセンス思い出し、実行できるポジション取りであれば、すきにやればいー。テキトー天然キッズ時代の感性に従うは酔狂。正否善悪カンケツなくハマる己。

あるいは大人になるまでずっと、苦手のまま貫く奴もいるだろー。社会に訓練されても折り合わない正直者だ。それもなってもならなくてもまーどっちでもいー。

物々交換

本来の自分が無理なくできる事を第一義にアクションす。俺にとっては自然外気肉体労働ってことだえ。それやってるだけで静かなセンスオブワンダー突入す喜び。運好く御縁あり、疲れない体感続くありがたい毎日。

そこに至るまでは、長ーく曲がりくねった道。可笑しいくらいに行き違い脱線空回り邪魔入り滞り遅延す企画計画。俺が現場作業に熱中しすぎなのやもしれん。日中のゴールデンタイムが粗そこで費やしてまう。

だからっつって俺が身体動かさなかったら本末転倒。何のために好きな事やってんのか分からんぜ。この遊びに終わりなし。プランニングのために今現場を疎かにできん。

このやる事満載状態を修正改善したし。モノ捨て簡略す生活。残ったツールに回答情報あるかもしれんし、ないかもしれん。既に頂いた数多くの有形無形には、ありそな気はす。

気になるフレーズ思い出す。物々交換。現時点では、言葉にワクワクしてるだけで具体策は浮かんで来ない。だが勇気と決意覚悟が湧いて来る。カッケー御流儀だえ。物々交換。

疲れない生活

かつてないくらいやる事満載にて、本来ならば追い込まれ焦ってそーだが、以前より格段に落ち着いた静かな世界毎日。己のやりたい事に集中できるありがたさ。その状態を活かし続ける場所時間ならば、たくさんたくさん動いても全く疲れないのだ。

あるいは何かに憑かれてる催眠状態ゆえに丈夫健康頑丈なのか。っつう奇妙キテレツ結果くるのも全否定せず恐れず。現時点の望ましい答えに対しても全肯定せず。どっちもありうるとしつつ、その時の今を点ててくんだえ。

この全く疲れない静寂な時の過ごし方は、キッズ時代の感覚そっくり。やりたくない事を訓練しやってるうちに忘れてまってた。不本意な流儀所作でも反復練習すれば一応手には慣れる。それなりに扱えるよーになる。そいでも柄にもない事は直ぐにヘトヘトだい。

キッズ時代のやりたい放題生活は、無理なく湧き上がる無限の体力。作為人為天然能動受動の境が曖昧融合。こんな行き当たりばったり好き勝手が、兄弟友達家族の役に立ってるのかもしんまい。ならば何より嬉しく、思い込みにならんよーより今に集中。


家族との景色

日々年々刻一刻、今此処現場での集中入れ込み具合が盛り上がる。この遊びに終わりはなし。以前にまして楽しくなってきゃあがる。やる事満載同時並列にて進んでいく旅祭仕事。時系列には一歩一歩の大変化連続。

対応しきれない先々数々の計画。企画事務事さっぱりできん。メール連絡返事が滞り、ごめんなさいだらけなんだえ。

連絡は直接ケータイ電話が手っ取り早く伝わり楽しいぜ。俺は電話も苦手だがメールよりは全然マシ。本当は会って話すのが断然好し。そのために時間かけるのは構わないが、メール返事はムリムリ不毛茶番。リアルタイム現場渦中に未来絵空事の言語化はできず。ただネットワークに繋がってたい返事関係なら猶難しい。己の未熟頑固さは困ったもんだ。

己のなっちゃねえ箇所修正更新は慎むでかけてこー。だが訓練によって手馴れたモンは危うく脆くつまらない。最初から違和感なくできる事のみやってくが自然。

お外遊びは、熱中のめり込みまくるも全然疲れず、むしろやるほどコンディション整い身体は動く。熱中渦中においてもマックス20パーセントくらいの余裕内。テキトーなユル加減ならばオンオフ必要なし。

お外で遊べるお呼びの喜び。呼んでくれた御縁あるメムバーに感謝だ。更に最近、家族のよー感ずる方々ばかり濃厚連続。緩やかには数年前から始っていたのやもしれん。だが、この二、三年は分かり易く大っぴらな新しい関係性顕在。景色は一段と決まり、円滑に通り好くなる道。

俺の物語にて、新たな誰かが登場人物となり。誰かの物語の登場人物に、俺がなっている。モノを少なくシンプルにするほど体感する一人では成り立たずの大きな舞台。

俺達は一つのデデかい家族。時間を気にせずに電話をくれい。声が聞こえればアジャストできるのだ。






捨てるほど入ってくる

さっぱり衣服を買わず。二年くらい店に行ってないや。そいでも貰い物プレゼントが運好く続き、何とかかんとか暮らしてるんだえ。

衣服が沢山あったとこで、今この瞬間には一枚ずつしか着れないし、日々でも気に入ったのしか着ないし、必要以上は要らず邪魔くさ。時折相当捨てたりすっと、翌日また相当新作入ってくる貰いモン。

何か可笑しな水脈が開いてまってるよーだい。その場その場の在る物使いが、極まり過ぎてきたのか。これも変化渦中の一過性な出来事やもしれんが、俺の性にはぴったり合ってる。以前から衣服の買い物は偶然やってるフリマか、70パーセントOFFのセール品ばかりなのだ。

面白いから、もー暫らく此の動きを見守ろー。来るものは拒まず。去るものは追わず。捨てるものは、自ら主導権取り選択決定するず。捨てるほど入ってくる当たり前で有り難い最新更新アドリブ変化の大きな力。
プロフィール
中島顕
ナカジマ ケン 
1963年12月16日生 AB型
海洋少年団入団
マスターヨーダに師事
日々旅にして旅を住処としてえ
ナチュラルボーン漂泊人
空き数寄隙透き漉き鋤数奇好き
偶数多し生年月日は気にいらず
イニシャルのKNJには大満足
最新コメント
  • ライブドアブログ