2007年03月28日

ブログを引っ越しします!

2005年3月〜2007年3月まで書き綴ってきた「そうだ、コーギーを飼おう!」ですが、
この度、FC2ブログへ引っ越すことになりました。
現在移行作業と動作確認をすすめておりますが、2007年4月から本格稼働いたします。

『新・そうだ、コーギーを飼おう!』はこちら。

大変お手数で申し訳ないのですが、リンク先の皆様、ブックマークをされている皆様は、
リンク、ブックマークの変更をお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

また、今までのエントリーは移行致しませんので、
こちらのブログはそのまま過去ログとして残す予定です。

これからも宜しくお願いいたします(^▽^)/



muemue1002h at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月22日

しつけ教室復帰2回目

日曜日、復帰2回目のしつけ教室に行ってきました。
今までの項目を一通り復習した後、前回の最後にやった、座らせて犬の周囲をグルグルまわる訓練をちょっと進めた形で練習。
先生にこの訓練の内容について聞いてみたところ、これはマテの練習なのだそうです。

以下またまた覚え書きです(^-^;
ロングリードにつけかえ、少し離れた状態でリードを握る。
飼い主は足をとめてから「スワレ」で犬を座らせて、犬の正面に立ち一歩下がる。
そこから半円を描くように移動する。
犬が動かないで待っていられるようなら、少しづつ半円の移動速度を上げていく。
速歩で待っていられるようになったら、一周回れるように練習する。
後ろをまわる時はゆっくり移動すること。
できたら褒める→おやつ→「ヨシ」の合図でスワレ解除。
無理に成功させるのではなく、できるところから少しづつ成功を積み上げるのがコツ。

今回、何の要因があったのかは不明なのですが、セイバーが中盤を過ぎた辺りから集中力を切らしてしまい、最後にはスワレのコマンドも聞かないようになりました。
結局、ほぼ1時間座って待たせて周辺をぐるりと回る練習でした(;´д`)トホホ
いい状態で訓練が終了できれば良かったのですが、続ければ続けるほどひどくなっていくので、
スワレができた時点で褒めて終了という形になりました。

うーん、訓練では初の壁にあたったような気がします。
できないほうが練習のしがいがあるので、ちょっとやる気がアップしました。
来週は先生がJKCの訓練競技会に出られるそうなので、お休みです。
九州では訓練競技会が1年に1回しかないので、見に行きたいのですが会場が北九州なんですな…。

ちなみに去年はパンジーさんの応援に行ってました→3/22のエントリー
今年は体力的にしんどいのと、4月8日に同じく福岡で仲間内のお花見会があるので、
さすがに連続は辛いということでお休みです。
来年はどちらかに出場できるようになってるといいなぁ・・・( ̄  ̄;) うーん


訓練の後、いつもの公園にロング散歩に行くと、なんだかシェルティとコリーだらけです。
しかも駐車場にはトリミングテーブルやらテントが展開されている…。
そう、JCC(日本コリークラブ)のドッグショーをやってました。
久し振りにショーを見るなぁ〜と思いながら見学するものの、
シェルティとコリーのスタンダード基準などわかるはずもありません(^-^;
とりあえず普段はなかなか見られない、巨大なコリーを眺めつつ楽しませて頂きました。

JCCのドッグショー(コリーの部)














結構ラフな格好のハンドラーさん多し、JKCだとスーツが基本なのですが…いいのかな?
広角レンズしか持ってなかったので、これが精一杯でした(ーー;)


その日の夜、友人がうちに遊びにきました。
オークションに出そうと思っていたHDDMP3プレイヤーを引き取りにきたのでした。
普段、宅配便のお兄さんぐらいしか来訪しないので、うちのコーギー達は大興奮(>▽<;;

歓迎の舞い

















先を争うように、お客さんにしがみつくうちのコギさんたち…。
しつけってなんじゃらほい?状態です(ーー;)
でも、犬好きの方には、この歓迎の舞いは大好評です(^▽^;)

容赦なく甘えるセイバー(ーー;)














ここぞとばかりにお客さんにナデナデを要求するセイバー
とても甘え上手、撫でるのをやめると前足で「もっともっと」と手招きします(笑)

満足顔のミーティア















それに対して、ある程度時間がたって慣れると落ち着くミーティア
女の子のほうが落ち着くのが早いような気がします。満足顔ですね(^-^)

こんな感じで日曜日が過ぎてゆきました。
で…、今日はすでに木曜日なのに、まだ練習1回もしてないのはどういうことデスカ?(ーー;)



muemue1002h at 22:02|PermalinkComments(8)TrackBack(0)【セイバー】 | しつけ教室

2007年03月18日

室内撮影にチャレンジ!

私が身を置いている業界としては、忙しさの最盛期でもある恐怖の年度末を迎えておりますが、
やっと折り返し地点を通過することができました。
この時期の仕事進行を誤ると、へたするとGWまでダラダラと引っ張る可能性があるので、
今月は頑張って、4月からはまったり過ごしたいと思う所存でございます。

そんなこんなで、今日お昼ご飯を食べに家に帰ってきたところ、
足下でミーティアが好物のヒヅメをカジカジしていたので、カメラを向けてみました。
日中で日が差しており、窓からそこそこ明るい光源がきていたので、一応ISO400にして撮影。

ミーティアフラッシュなし













撮影パラメータ:EF35mmF2 1/200秒 F4.0 +2/3EV ISO400 絞り優先(Av)
…(´・ω・`)ショボーン
となってしまうことがあると思います。
露出アンダーなので、レタッチソフトで修正すればそこそこ見られる画像になるのですが、
今回はフラッシュを使って撮影しなおしてみたいと思います。

ミーティアフラッシュあり














全体的に明るくなり、表情がより生き生きと見えるようになりましたO(≧▽≦)O ワーイ♪
撮影パラメータは上とまったく同じ条件。webサイズに縮小した以外、比較のためノーレタッチです。
同じ写真のように見えますが、右下のヒヅメの位置が違うのがわかると思います。

通常、カメラについている内蔵フラッシュを使うと、目が緑色に光って写ったり、
犬の後ろに濃い影がついてしまって、なんだかのっぺりした写真になってしまった…。
という経験がありませんか?


実は上の2枚目の写真は、外部ストロボ(スピードライトとも言います)を使って撮影したものです。
機材はEOS30D(本体)+EF35F2(レンズ)+580EX(スピードライト)の組み合わせです。

でかすぎ






















なんだかとても仰々しい姿ですが、室内撮影には最強の組み合わせだと思います(^-^;
この写真の状態のように、スピードライトの発光面を正面に向けるのではなく、
角度をかえて天井に向け、その反射光を利用して写真を撮ります。

これは天井バウンス(略して天バンとも言われます)と呼ばれている技術です。
正面から光を当てるのではなく、天井からの反射光なので光が柔らかくなり、影がでにくくなるという利点があります。
直接被写体(犬)に向けて発光させないため、犬の目にもやさしいです。
弱点としては、カメラが大きく重くなる、天井の色が白以外だと色かぶりしてしまい、写真の全体の色が変わってしまうことがあるということです。

また、現在発売されているスピードライトの中で、唯一キヤノンのスピードライト580EXのみ、この首振りを後ろに向けることができます。

後方天井バウンスモード






















この状態で発光させると、自分の斜め後ろに光が反射して、より効率の良い光源が得られます。

また、瞳の中のアイキャッチ(白く反射した部分)が大きくなっているのも確認できると思います。
キレイにキャッチが入ると、より犬の可愛さを引き立てる写真を撮ることも可能です。

他の使い方として、外で撮影しているときに、夏など影が色濃く出てしまう場合に、
強制的にフラッシュを発光させて、影を取るという方法もあります。
これは、今後の日中撮影でテストしていきたいと思います(^▽^)/

違いがわかる男のゴールドブレンド














あくびん














明日(もう今日)は、またしつけ教室の日です。
結局、1週間何もしませんでした(爆)
とりあえず頑張ってきます(T∇T)ノ~~フリフリ



muemue1002h at 00:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)【ミーティア】 

2007年03月16日

ひさびさにまとめ買い

今日もEF35mmF2レンズのテスト撮影。EF50mmF1.8兇鉾罎戮襪函⊆柴發任茲蟷箸い笋垢ぞ播整茲任后でも、なかなかジャスピンがこなくて、ピンボケ写真を大量生産しています(´・ω・`)ショボーン

珍しいセイバーの横顔←珍しいセイバーの横顔。普段はこっちばかり見るので正面顔ばかりなのです。










ひづめカミカミ中のミーティア←等倍で見るとピンボケでしたが、webサイズに縮小したらわかりにくくなった例(笑)
ヒヅメに夢中だったミーティアを、ちょいと呼んで(・∀・)パシャリ!!








半年ほどセイバーとミーティアがいなかったため、
補給を怠り、生活に必要なものがいろいろと不足してきていましたので、まとめて通販で注文しました。


まずはドッグフード。
セイバーとミーティアは特にアレルギーがないのと、健康上も問題がないので、
基本的にブリーダーさん指定のドライフードを食べさせています。
現在のフードは、アメリカ産の17kgで約5000円のフードです。
銘柄はブリーダーさんの都合があるかもしれないので、伏せておきます。

2頭になると、単純に食費も2倍になります。
1日180gづつ食べるので、消費量は360g/日
17000÷360で約47日…1ヶ月半ぐらいで消費することになります。

このフードは地元では売っていないので、通販で購入しているのですが、
先月、通販先で17kgの在庫が切れるという事態が起こり、あわてて在庫のあった9kg×2個を購入した、というヒヤヒヤ感を味わいました(^-^;
9kgパックも次の日には在庫なしになっていたので、危ないところでした。
なので、今回は焦ることのないよう一袋は在庫しておこうと思った次第です。


次に消臭剤。
手持ちのバイオチャレンジを切らしていたので、マルチ洗剤のシンプルグリーンを希釈して使っていましたが、やっぱり消臭効果が弱いため、専用の消臭剤を使うことにしました。
今までは日優犬高松さんから、バイオチャレンジを購入していましたが、
以前フードの通販でよく利用していた、ドッグパラダイスぷらすニャンさんで安く販売していることを知り、原液10リットルを購入しました。
水で2倍に希釈して使えるので、正味20リットルです(^-^;4箸斑傭覆余りかわらないのはなぜ?
←バイオチャレンジ原液10リットル。気兼ねなくガンガン消臭剤が使えます\(^▽^)/












粗相の処理のほかにも、クレートの消臭に使ったり、犬がちょっと臭うけどシャンプーは今度の日曜日まで延ばしたい…という時にも、直接犬に吹きかけて消臭ができるので便利です。
気になる保存期間は、常温保管・直射日光を避けて12ヶ月。
ガンガン使っていたら無くなりそうですが、たぶん残るかも…?
仲間内で10リットル原液を購入して、分けて使うという手が良さそうな気がします。


そして、バリカン。
通常トリミング無しでOKと言われるコーギーですが、足裏のパットの毛をハサミで切るのは
必要で、これが結構めんどうで時間がかかるものです。
また、おしりの毛にウンがついてしまう場合も、周辺を少し苅った方が清潔に保てると思います。

これまではスピーディクの小型部分バリカンを使っていたのですが、
長く放置していたので刃先がサビてしまい、切れ味がガックリ落ち込んでいました。
刃先だけ販売しているので、それに交換すればいいのですが、
違うものを使ってみたいという気もあったので、国産のナショナル部分バリカンER803Pを買ってみました。さすがメイドインジャパン
←セット内容はバリカン、カバー、掃除用ブラシ、注油用オイル。


















単3はエネループで←電池は単3×2だったので、三洋エネループを使用しました。
電池が消耗してもパワーが落ちにくいのと、気軽に追充電できるので、この手の電化製品には最適です。
充電池は1.2Vですが、動作は問題ありませんでした。




















大きさ比較←スピーディクのバリカンと比較すると、幅が約2倍。カットにちょっとコツが必要です。スピーディクも刃を交換して復活させようかと考えています。








使い心地としては、さぞスパスパと気持ちよく切れるだろうという期待を裏切り(笑)
思ったより安全方向に作られていました。
刃先もスピーディクの2倍ぐらいの幅があるので、パットの間を苅る時にちょっとコツが必要です。
これは概ね満足。バリカンがあるとないでは効率が全然違うので…。


後はサークルを何にするかで悩んでます。
今のアイリス×2にするという手もあるのですが、リッチェルのトイレ付きも気になるので、
もうしばらく後で購入することになるかと思います。
それにしてもお金がかかる・・・( ̄  ̄;) うーん



muemue1002h at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お買い物 

2007年03月13日

しつけ教室再開〜!

3月10日、セイバーに続いて私もまた1つ歳を取りました。
セイバー、ミーティアも、犬としては最も気力が充実した年齢でもありますので、
今年1年、気合いをいれて頑張りたいとおもう所存でございます。

さて、序盤も序盤で中断していた(訓練系)しつけ教室ですが、訓練士の先生に連絡を取ったところ、3月11日から訓練を再開して頂けることになりました。

訓練場までは車で10分かからないので、15分前に準備をすませて、
セイバーを車に乗せようとバリケンを開けたところ、私の横を避けていきなり全開ダッシュ!Σ(´д`ノ)ノ
そして広々と解放された玄関から脱走…_| ̄|○

前回の脱走エントリーから1ヶ月…、気をつけてはいるのですが、
ふとした隙に2回ほど脱走されています(;´д`)トホホ
回数を重ねるごとにだんだん脱走距離も長くなり、今回はあと200mで主要道路というところまで行ってしまいました。
こんな状態なので、何としてでも呼び戻しは完成させなければなりません。


結局5分ぐらい歩いて追いかけ、セイバーが道路際の空き地に入ったところで身柄を拘束。
急ぎで車をとばして、訓練場についたのは約束の時間ギリギリでした(^-^;

7ヶ月ぶりに先生と再会して、これからの内容についてちょっとミーティング。
先生「今まで訓練した分はどうですか?」
私「いえまだ試してません(爆)」
先生「じゃあ復習からやりましょう(笑)」
ということで訓練再開となりました(^-^;

以下、忘れないようにするための、私のチラ裏(覚え書き)です。
百聞は一見にしかずという言葉の通り、訓練は実際に教えて頂かないと理解することは難しいと思います。
見て覚えろやって覚えろの慣習があるショーハンドリングとは違い、
素人でも解るよう丁寧に教えて頂けるということは、とても有り難いことなのです。

■脚側行進
飼い主さんの左について歩くという内容。
これは散歩中に練習しながら歩いていたので難なくクリア。
セイバーが私の横より、ちょっと(10cm〜20cmぐらい)前に出て歩いているようなら、
左ターン。
後ろを歩いているようなら、右ターン。
ターン中に犬が足にひっかかるようならば、左後ろにリードを引き、2,3回に分けてショックを与えるようにしながらターンする。

■停座
飼い主の号令「スワレ」で座るようにする。
または脚側行進していて、飼い主が止まったら自然と座るようにする。
余談ですが、ショードッグのマナー入れの場合、美しく立つことをメインとするので座れは絶対に教えません。
これも1回目で座り、特に問題なくクリア。
座った後、何らかの要因により腰を浮かしてしまう場合は、犬の斜め後方にリードを引きショックを与え(後ろにひっぱる感じ)再度座るように元の位置まで誘導して繰り返す。

■招呼
呼び戻し。
先生がセイバーと遊んでいる(誘惑している)間に、飼い主は10mほど離れ名前を呼んで呼び戻す。
呼んでもこない場合は、ロングリードを手前に引っ張りショックを与える。きたときはホメホメ。
6回中2回クリア。
ただ、なぜか弧を描きながら走ってくるが、今のところこれで問題はないらしい。

■座った状態で待つ
座れの号令でその場に座らせ、飼い主が犬の周りを一周する。
座れ→一周の間に、一度犬の斜め後ろにショックを与えてから行う。
途中で立ってしまったときは、元の位置、元の向きに犬を戻して再度同じことを行う。
犬の視角から飼い主が消えると、動いてしまう場合が多い。

できない場合は、右手におやつを持ち犬の目の前にかざし、犬の視線を固定して一周する。
これでできるようになったら、右手だけを目の前にかざして一周。
だんだん右手を上に上げてゆき、最後には右手なしでできるようにする。
また右回りだけではなく、左回りもできるようにする。
最終的にはおやつ無しで、右左回りクリアできるようになった。
しかし、これは何のためにやっているのか不明な部分があるので、今度聞いてみたいと思う。


以上の項目を50分無休憩でやりました。
緊張した状態で、これだけの時間集中力を維持するのは犬にはキツイと思うのですが、
途中で疲れる様子も見せずついてきてくれるセイバーは、子供の頃からショーに出ていたためか、集中に対しての持久力が高いような気がします。

結果、セイバーはなんとか内容を覚えている。人間のほうはリードの扱い方や、おやつ、ホメホメのタイミングなど忘れているかと思ったのですが、結構体に染みついていたらしく、思っていたよりスムーズにできたので、復帰1回目としては合格点かなと思いました。
あとは飼い主のハンドリングと、反復練習次第ですね…。
セイバーのためにも、自分のためにも頑張ろうと思います。


訓練の帰り際、「すみません、さわってもいいですか?」と聞いてきた小学生ぐらいの子供さん3人組がいました。
特に拒否する理由もないので「いいですよ〜♪」と答えたところ、
セイバーは初対面の子供たちに、デレデレとお腹見せて甘えてました(^▽^;)
相変わらず、撫でられることを至上の喜びとするセイバーらしい変わり身の早さに、
ちょっと笑ってしまいました( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

子供たちも、犬の扱いに慣れているようで、丁寧にナデナデして遊んでくれました(*^▽^*)
周囲を見てみると、この子供たちの親と思われる、ミニチュアダックスを2頭連れたご夫婦がいらっしゃいました。
子供にきちんと犬の扱い方やマナーを教えているところなど、素晴らしいなと思いました。
犬も綺麗にグルーミングされており、きっと意識の高い方なんだなと思いつつ帰途につきました。

その後、先生とちょっと雑談(トイレのしつけ、ミーティアをどうするか)などお話して、
来週の予定を決めて訓練終了。


その後は、いつもの公園でセイバー&ミーティアを連れて、1時間ぐらいロング散歩して帰りました。
犬は元気ですが、飼い主はε= (++ ) バテバテ!!
でも、いつもの暗闇行軍散歩に比べると、日が当たるところでゆっくり散歩できる事は、
癒しの時間だなあと思う、今日この頃でした。

花壇には花











先週まで冬景色だった公園の花壇にも、春らしく花が植えられていました。
EF35F2レンズのテスト撮影のため、構図適当なのはご了承下さい(ーー;)



muemue1002h at 12:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)しつけ教室 | 【セイバー】