1月中旬あたりから、いよいよ咳が酷くなり始め
利尿剤が1種類増えてしまった。
正直、劇的に回復する見込みはほぼゼロなのだけれど
とりあえず1ヶ月続けてみることに。

/ ぷっす〜 \

一見気持ちよさそうな寝顔だけれど、
夜中〜明け方にかけては、30分〜1時間置きに激しく咳き込む。
痰が絡んだり、鼻水が出たり…
とにかく、とっても苦しそう。
病気の特性上、出てしまうものは仕方ないとは思っても
少しでも緩和してあげたいと思うのが親心ってなもんで。
むぎと同じ病気の子のことを色々調べてたら、
蓮根団子をあげてるって人の投稿を見つけまして。
な、なぬ?!れんこんっ?!
と、さらに調べてみたら
咳を鎮める民間療法で蓮根の絞り汁を飲むってゆーじゃ、
あーりませんか!

ってなわけで。

早速しゅうちゃんの失効間際のTポイントで蓮根を仕入れ、
皮ごとすりおろし、
絞り汁は、夜だけ甘酒に少し加えてあげて、
絞りかすは、15gずつの小分けにして、
毎日のご飯に混ぜることに。

そんなことをInstagramに投稿したら、
友人のオレママからとってもありがたい情報が…!

/ オレママにおせーてもらったのダ! \
す、すばらすぃ〜〜❤️こんな便利なものがあるのね!

いやね、
けっこう大きめな蓮根を夢中ですりおろしたはいいけれど、
右腕パンパンになっちゃったのよ。あはは。

(翌日の夕飯から蓮根登場率が高くなったのは気のせいよ😜

悲しいかな利尿剤と同様、蓮根を始めたところで
なんの気休めにもならないし、
むしろ、少しでもむぎが苦しまずに最期を迎えるための
準備をしているとゆーか…
そんな気持ちで毎日過ごしています。

それでも。

蓮根を始めた日から、寝間着ではなく
部屋着で寝るようにしているのは、
もしもの時にすぐに夜間救急へ駆け込むため、
だったりする。

ゆっくり、でも確実に進むもの。
そんなことは百も承知。
だとしても。
ギリギリまで抗いたい。
私は往生際が悪いのだ😏