毎回欠かさずやっていた血液検査をやらなくなって
どれくらい経つかな。
と、ふと思った。


IBD用の療法食が全然合わなかったむぎが今食べてるのは、
お粥さん。↓↓↓

(1日3食分)
・白米  90g
・さつまいも 120g
・鶏胸肉  120g
・葛粉  10gを水で溶いたもの

さつまいもは、3本位を一気にさいの目切りにして
レンジでチンして120gずつ小分けにして冷凍。
鶏胸肉は、とりハムを作る要領でボイルしたものを
さいの目切りにして120gずつ小分けにして冷凍。
一度にだいたい1週間分を作るかな。



薬は、

・エナカルド1錠
・利尿剤1/2錠
・ステロイド1/4錠

ステロイドはIBDのためというより、
もはや痙攣発作予防のためになっている今日この頃。

正直、ステロイドをあげ続けることに罪悪感はあったけど
使い方によっては魔法の薬っていうし、
2ヶ月前、たまたまあげ忘れてしまった時に発作が
起きてしまったことも手伝って、すっかりステロイド頼みに
なっとります。あはは。

でも、対IBDについてはというと…

相変わらず柔らかウンモだから、
ALB値は相変わらず基準値以下なんだろな、きっと。

まっ!

IBDはもともと難治性の病気だし、
よっぽど酷いOPPや嘔吐、腹水にさえならなければ
全然いいよねっ!ふふふ❤️


器をひっくり返すほどモリモリお粥を食べるむぎを見て
自分に言い聞かせてるのでしたー。