あちこちで大雨で大きな被害が出ていますね。
こちらは今のところ雨も降っておらず大丈夫なのですが、浸水してしまったお家や倒壊した家屋を見ると本当に大変なことが起こっていると胸が痛みます。

私は浸水の経験はないので良い情報を持っていないのですが、ネットで見るとビニールを2重にして水を入れたものを、便器やお風呂の排水溝などに置いておくと汚水の逆流が大分防げるようだということ。

冠水した道は通らないようにするのが一番大切なのですが、やむを得ず冠水した道路に入ってしまった場合は、ノロノロ運転で。ブレーキは踏まずアクセルのみで運転を。
排気口から水が入ってこないように排気量を上げる。そのためにドライブは2ndやLowで。
車間距離をたくさんとり停車しないのが基本だけど、どうしてもの時はスピードを落とすときも、停車中もドライブはニュートラルにしてアクセルしっかりは踏んでおくこと。
そしてエンストしてしまったら、再始動は危険なので絶対にしないこと。
これらは私も覚えておこうと思います。


そしてタイトルの雨漏り対策なのですが、私は去年の台風で屋根が飛ばされてしまって、その後の大雨台風で雨漏りして大変でした。今回も、突風で屋根が飛ばされてしまったお家もあるみたいなので、大した情報ではないのですが、慌てないでも大丈夫だよという気持ちで記事を書くことにしました。

私は、雨漏りってバケツやボールでポチョンポチョンと受け止めてるイメージしかなくて、でもあちこちからなので入れ物が足りないんですけど……って感じで、すごく不安になってしまったのです。
でも、段ボールにビニール袋を被せればバケツ代わりになるよと教えてもらってからは、無限にバケツがある!という安心感に救われました。器だと後で洗ったりするの大変ですしね(^_^;

壁から伝ってくる雨水も、ビニール袋を養生テープで壁に留めておいたら上手に受け止めてくれました。養生テープ天才。
他にも、コメントで教えていただいたクリアボックスもバケツ代わりになるし、ぬれたくない物を入れておいたり、あるものでもなんとかなるものだなあと。

20200708_01


あと私が結構困ったのが、窓枠と外壁の隙間から入ってくる雨で、こちらも大きなビニール袋を切り開いて以下のようにしたらうそみたいに無問題になったので、それほどお役に立てる情報じゃないのですが、図解しました。
20200708_02


レジ袋有料化など、プラスチックを減らそうという動きもありますが、ビニール袋は何かと便利で本当に助けられました。

引っ越しして、今は雨漏りの心配はなくなりましたが、大雨が降ると心配であちこち見て回ってしまいます。

今日は取り急ぎの更新です。
どうか早く雨がおさまりますように。コロナの上にこれでは心が折れてしまうよ。




クリックしてくれたら嬉しいです(人気ブログランキングのサイトに飛びます。)


人気ブログランキングへ


ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング