猫と一緒

猫とのゆるゆるな日々を絵日記で。フムフムほっこり♪してもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 病気のこと

とにかく食べてくれるようになれば、手の痛みなぞ!現在、オロナイン、アーチスキン、ハンドクリームでこってりと治療中です。食欲も戻ってきて、のびのび寝るようになって、一緒寝も復活したし、毛づくろいしたり、まったりしたりと、元気になってきました!走り回ったりは ... 続きを読む


猫と一緒-20110216_01




猫と一緒-20110216_02




猫と一緒-20110216_03




猫と一緒-20110216_04




猫と一緒-20110216_05




猫と一緒-20110216_06




猫と一緒-20110216_07




猫と一緒-20110216_08




猫と一緒-20110216_09




猫と一緒-20110216_10


とにかく食べてくれるようになれば、手の痛みなぞ!

現在、オロナイン、アーチスキン、ハンドクリームでこってりと治療中です。



食欲も戻ってきて、のびのび寝るようになって、一緒寝も復活したし、毛づくろいしたり、まったりしたりと、元気になってきました!

走り回ったりはしないので、本調子ってことではないのだろうけど、ゆっくりと、焦らずいきたいと思います。

多分これからも付き合っていかないといけない病気だしね。



ニャンコワンコが食べなかったささみは、バンバンジーになりますよね? ね?




ランキングに参加しています。

猫と一緒-bannerR20110216
年取ると脂が出ないからねえ……。

ひいおばあちゃんの手にクリックよろしくお願いします。


ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング




追伸:

あやのさん、気を遣わせてしまうことになってごめんなさい。でも、ムギコのことを思ってくださってのこと、すごーく嬉しかったんですよ。知らなかったことも知れたし、感謝です。ありがとうございます^^

ここにきて、やっといい感じにご飯をたべてくれるようになりました。体重もかなり減っちゃったし、食べてないのでうんちもほとんど出なかった(お食事中の方ごめんなさい)んだけど、この調子なら徐々に戻りそうです。一安心しました。本当にたくさんの応援いただいて、ありが ... 続きを読む

猫と一緒-20110213_01




猫と一緒-20110213_02




猫と一緒-20110213_03




猫と一緒-20110213_04




猫と一緒-20110213_05




猫と一緒-20110213_06




猫と一緒-20110213_07


ここにきて、やっといい感じにご飯をたべてくれるようになりました。

体重もかなり減っちゃったし、食べてないのでうんちもほとんど出なかった(お食事中の方ごめんなさい)んだけど、この調子なら徐々に戻りそうです。

一安心しました。


本当にたくさんの応援いただいて、ありがとうございました。
前回も思ったのですが、目には見えないけどある「人の想い」に、感謝の気持ちでいっぱいです。

ムギコの分もお礼申し上げます。



追伸:

こんなのどうですか? とか、こういったものをよかったら送ります など、ありがたいメッセージもいただきました。ありがとうございます。


我が家は流動食として、ロイヤルカナンの犬・猫用 高栄養・免疫サポートを水で溶いて注射器であげていました。

でも、ちょっとでもたくさん口に入れると吐いてしまうし、吐いちゃうと今食べた以上のものが出ちゃうし(T-T)

少ーしずつマメにあげるしかないのですが、そうするとムギコのストレスが増える訳で。

ふう……あっちを立てればこっちが立たず、みたいな感じでした。


それと併用して、食欲の有無を確かめるためにも、いろんなご飯を出していたのですが、ムギコが自分から進んで食べてくれるのはいつものカリカリを数粒だけ。

同じ食べるなら、できれば消化のいいものを食べてほしいなあ……と思うのですが、いつも大好きな缶詰もちょろっと舐めるくらいで。

薬を飲ませる時もそうなんですが、一生懸命理屈を説明しても分かってくれないんですよねえ。とほほ(^-^;


そんなこともあって、なんとかこの食欲のヤマを超えられてよかったです。

そしてどうしようもない時の心強い友として犬・猫用 高栄養・免疫サポート(ムギコの場合です)は、常備しておきたいくらいです。今回もこれに助けられました。



それから「イカ」のお話があったので、こちらもちょこっと触れておいた方がいいかなと思います。


イカは犬猫にはよくないと聞きますが、きっちりと熱を通したものなら良いようです。私、知らなかったので、そうだったんだ! とびっくりしました。また、ただし、干したものは後でお腹で膨らむのでよくないようです。

それから、ここが肝心なのですが、生では決してあげてはいけません。

詳しくは前回記事のこばやしさんのコメントを読んで頂けるとすごく分かりやすいと思いますので、興味のある方はそちらを見てみてください(こばやしさん、ありがとうございます)。


今回は、カリカリはもちろん缶詰やささみ、生の牛肉などなどいろいろと試してみたのですが、どれも食べてくれなくて頭を抱えていたけど、イカは思い浮かびませんでした。

次回(なんてないといいんですが)は、火を通したイカも頭にいれておこうと思います。

いい匂いがするし、食欲が刺激されるかもしれませんね。


コメントくださったあやのさんも「お医者さんに聞いてみてください」と仰っていますし、今まで食べたことのないものはちょっぴりあげてみて、少し様子を見るとさらに安心かもしれませんね。

いろいろアドバイスくださった皆様、どうもありがとうございました。



ランキングに参加しています。
猫と一緒-bannerR20110213
ぽわんなムギコにクリックよろしくお願いします。



ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング

ムギコにたくさんの励ましありがとうございます。前回記事を書いた後にまた吐いてしまい、「まさか、薬効いてないのだろうか……」と意気消沈してしまったのですが、その後、おかげさまでちょっとずつですが、前に進んでいるようです。「今日は3粒食べたね」「今日は自分でお ... 続きを読む

ムギコにたくさんの励ましありがとうございます。


前回記事を書いた後にまた吐いてしまい、「まさか、薬効いてないのだろうか……」と意気消沈してしまったのですが、その後、おかげさまでちょっとずつですが、前に進んでいるようです。


「今日は3粒食べたね」

「今日は自分でお水を飲んだね」

「今日は2粒ずつだけど、3回食べたね」


そんな感じの進み具合なんですけど、ムギコ、頑張ってます。


前回よりずっと数値が低かったので、薬が効き始めたらさっくり元気になるかと思っていたのですが、どうもそういう訳にはいってないみたいで、多少不安な気持ちもあるのですが。


でも、たくさんの励まし元気玉、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

距離を飛び越えて、ムギコに届いています。

人間と違って勘がするどいから、「あ、またいただいちゃったな。あったかい!」なんて気が付いているかもしれませんね^^



写真は、電気敷き毛布にフワフワ毛布を乗せて、その上にムギコ用基地(椅子)を置き、さらにフワフワ布をかけて作った、即席ポカポカ隠れ家です。



猫と一緒-20110211_01P



猫と一緒-20110211_02P


あまり具合が良くなさそうな写真でごめんなさい。

この中でぴろーんと伸びている時もあったのですが、起こしたくないので写真に撮れませんでした。




人気ブログランキングへ



ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング

※ 今はすっかり元気になって薬も止められたムギコなんですが、今日の日記は徐々に薬を減らして、「週に一回、1/2錠服用」になった頃の話です。現在は元気モリモリムギコです。ムギコだし、今までも薬以外でも手であげたりしてたし、次の日には忘れちゃうかと思いましたが、 ... 続きを読む

※ 

今はすっかり元気になって薬も止められたムギコなんですが、今日の日記は徐々に薬を減らして、「週に一回、1/2錠服用」になった頃の話です。


現在は元気モリモリムギコです。


猫と一緒-20090821_01





猫と一緒-20090821_02





猫と一緒-20090821_03





猫と一緒-20090821_04





猫と一緒-20090821_05





猫と一緒-20090821_06





猫と一緒-20090821_07





猫と一緒-20090821_08





猫と一緒-20090821_09





猫と一緒-20090821_10





猫と一緒-20090821_11





猫と一緒-20090821_12





猫と一緒-20090821_13





猫と一緒-20090821_14





猫と一緒-20090821_15





猫と一緒-20090821_16





猫と一緒-20090821_17





猫と一緒-20090821_18





猫と一緒-20090821_19


ムギコだし、今までも薬以外でも手であげたりしてたし、次の日には忘れちゃうかと思いましたが、それはなかったです。



薬の苦労は、シーバに仕込むことで、ほぼ丸呑みなムギコはうまくいってたんですけど、そろそろ薬も終われるかな?って頃に、ばれちゃうなんてさ……。





猫と一緒-20090821_20





猫と一緒-20090821_21


その後、2週間であっさり忘れたようでした。


うーむ、ムギコの場合、海馬への保存期間ってどのくらいなんだろうなあ、と思ったのでした。





猫と一緒-20090821_22P

アンニュイなムギコ。





ランキングに参加しています。

猫と一緒-br_banner_kujira


何かを仕込まれたんだ!なムギコにぽちっとお願いします。



ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング



追伸:

コメントやメッセージなどなど、嬉しく読ませていただいています。

こちらからもお邪魔させていただ、楽しく拝見させていただいているのですが、コメントを残したりできなくて、ごめんなさい。



※ムギコ、今は完治して元気です。なので、どうか、安心して読んでいただければ、と思います。薬が効いて、前と同じとはいかないまでも、順調に過ごしていた頃、新たな試練が私を襲いました。ムギコが具合が悪かった時に比べたら、大したことない試練なんですけどね。それま ... 続きを読む




※ムギコ、今は完治して元気です。なので、どうか、安心して読んでいただければ、と思います。




薬が効いて、前と同じとはいかないまでも、順調に過ごしていた頃、新たな試練が私を襲いました。

ムギコが具合が悪かった時に比べたら、大したことない試練なんですけどね。


それまでは一日半錠に……とか減らしつつも、薬を飲まない日はなかったのですが、とうとう1日おきになったのです。
それは嬉しいことなんですけども、



猫と一緒-20090709_01



飲んだ日と飲まなかった日の差を見る……つまり飲んだ日は元気で、飲まない日に元気がなくなっちゃうようだと、それ以上薬を減らすことが難しくなるのですが、その決断を私にーーー!?


そりゃ、当然私なんですけどね、重荷過ぎる、無理よ、自信がないー。

昨日のことか一昨日のことか、はたまた今日のことなのか、脳が老化している私なのにさ。

ということで、すべてを書き出すことにしました。


猫と一緒-20090709_02



猫と一緒-20090709_03P


こんな感じに、薬を飲む日、飲んだかどうか、食欲、食べた量、うんちにおしっこ。時系列で気になる行動、嬉しい行動を書き出すことで、なんとか把握するように努めました。


暇じゃなきゃできませんね(^-^;


これはとてもよかったと思うのですが、うーん、何か見落としてないかな。希望的観測で見ちゃってないかな。

と、不安は尽きませんでした。


こりゃあ誰が何と言おうと元気だわ! と思える状態なら安心なんですが、具合が悪くなる前と比べたら、全然元気じゃない。けど、薬を飲んでる日と飲んでない日との差はないみたい? いや、あるか? ないか? あるのか? ないのか?

うわー、分からないよー。


それは差がないということなのか、それとも差を見分けられていないのか、後者だった場合大問題です。
自分に自信が持てないというのは、悲しいことですね。


でも一緒に暮らしてるのは私だけなので、愚痴は言っても逃げられません。

なんとか冷静になって判断するように努力して、順調に薬を減らしていくことができました。


ところが、4月半ばくらいですかね。
薬を1日おきに半錠にしてからしばらく経った頃、がくんとムギコの食欲が落ちたのです。

こころなしが元気もないような……。そう見えるだけなのか……(ここでも迷う)。


猫と一緒-20090709_04


それはもう、私にとってはあの悪夢の日々が蘇っちゃって、やっぱり薬を減らしたことで悪化してしまったのか、薬をやめるのは無理だったのかな……と落ち込みもしました。

ぜいたくですよね。薬が効くと大喜びしたら、今度は薬が止められないのか、と落ち込むなんて。


先生に電話して、数日後の通院日に急きょ再度血液検査をしてもらうことになりました。


そしたらまあ、なんてことはない。
CPKの値も正常値のまま(むしろ前より低かった)、前回は薬の影響で悪かった肝臓の値もしっかり正常になっていました。


猫と一緒-20090709_05


薬を減らしたことで、薬が体から抜けていく過程の変化じゃないか、とのこと。


そういえばね、4月はじめ頃、ずっと4キロ前後を維持してたムギコがずっしりと重くなったことがあったんですよ。
4.5キロに成長。ずっしり!という初の重みでした。


猫と一緒-20090709_06


食欲のありがたさをしみじみと感じていたので、食べれば食べるほどうれしかったですが、今思うと、それがステロイドによる「元気」の影響だったのかもしれませんね。


薬が抜けていくにつれて、体重も4キロちょいで落ち着いていきました。減った時は震えたけど、考えてみたらこれがムギコのベスト体重でした。



それ以降は、ほんとに元気になるまでは、少々の不安はいつも付きまとっていましけど、順調に元気になって、先生にもお墨付きをいただけ、無事完治することができました。



今では


猫と一緒-20090709_07





猫と一緒-20090709_08





猫と一緒-20090709_09





猫と一緒-20090709_10





猫と一緒-20090709_11



全く以前のように、元気に暮らしています。




猫と一緒-20090709_12


本当にありがとうございました。



おしまい。




病気の話に、長々お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

駆け足で、ばーっとやっちゃったので、あとで思い出したことがあったら、またちょこちょこ書くかもしれません。

……が、とりあえず終了です。


心配してくださった方たちへの報告と、同じ症状の人がいたら、なんかちょっとでも役に立てたらいいなと思ったけど、あんまり役立つことは書けてないような……。


でも、同じような症状で、ウチの子どうなってしまうのかしら……と心配されている人がいるとしたら、ムギコは元気になったよーっていうのを読んでもらえれば、ちょっとは勇気になってくれるかな。

そうだといいなと思います。


とはいえ、一応完治しましたが、多発性筋炎ではなかったとしても、何かしらの免疫の疾患であったことは確かなので、今後また同じようなことが起きるかもしれません。


皮膚に出るかもしれないし、腸にでるかもしれないし、今回みたいに筋肉に出るかも……。

でも、薬が効くことが分かったので、安心できる部分もあるし、もちろん再発しないことを信じて願っていますが、ちょっとした変化でも見流さないように、今まで以上にべーーーーったりをまとわりついて観察していこうと思います。


猫と一緒-20090709_13


……ストレスもよくないんでしょうけどね。




次からは普通の日記に戻りまーす。





猫と一緒-br_banner_suika



ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング

※私の書き方が悪く、現在進行形の話だと勘違いさせてしまって、心配してメールをくださった方が数名いらっしゃいました。 ほんとにすみません。そしてありがとうございます。お気持ちとっても嬉しかったです。ムギコ、今は完治して元気です。なので、どうかどうか、安心して ... 続きを読む


私の書き方が悪く、現在進行形の話だと勘違いさせてしまって、心配してメールをくださった方が数名いらっしゃいました。
ほんとにすみません。そしてありがとうございます。お気持ちとっても嬉しかったです。


ムギコ、今は完治して元気です。

なので、どうかどうか、安心して読んでいただければ、と思います。




闘病については、次の血液検査までの5日間、中でも薬が効いて自分でごはんを食べるようになるまでの3日間が、一番きつかったです。


注射器での大量のご飯とお水やり、朝晩のお薬、ムギコにとっても本当に苦しい日々だったんじゃないかな、と思います。


だるいのに、寝てるか不快なことされているか……それだけの毎日でしたから。



猫と一緒-20090708_01



そういうムギコを見てると、もし薬が効かなかったら、ずっとこの状態から良くなることはないわけで、一生そういう苦しい日々が続くわけで、それはどうなのかな。

ムギコは幸せなのかな。


そういう弱気に支配されたりしてました。



でもそうでもして食べる、飲むということをしないと死んでしまうし。

猫と一緒-20090708_02



食べる、飲むという命にかかわることが、私にゆだねられているため、ノルマをしっかりこなさなくては……というプレッシャー。


薬が効いているかどうかが分かる次の血液検査の5日後が、はるか遠くに感じました。



猫と一緒-20090708_03



なんて弱気になったりしつつ、過ごしていたこの頃、おかゆ1杯を流し込むような食生活でしたから、図らずもダイエットになっていただろうなあ。
体重測る気力もなかったですが……(^-^;
そして今は元に、いや、さらに肥えているみたいですが。



あとですね、この頃のムギコなんですが、時々何かを悟ったような顔をしていることがありました。


猫と一緒-20090708_04



イメージで言うと、もののけ姫のしし神さまみたいな顔で、じーっと私を見ているんですよ。
それがとっても怖かったです。


猫と一緒-20090708_05


なんか、ああ、もしかしたらこの子はもう逝ってしまうつもりなんだろうか。
「ぼくもう逝くね」って言ってるのだろうか。


その時は、そんな風に思わせるような顔に見えたんですよね。



猫と一緒-20090708_06

恐ろしいことに、本気ですがりつきましたよ。

死って必ずやってくるもので、おそらく私がムギコを送ることになるだろうと、それは分かったうえで一緒に暮らし始めたわけだけど、段々と老いてきて、いろんなことができなくなってきて、そういう日々を重ねることで、徐々に別れを覚悟し、受け入れていくものだと思うのですよね。


こんな急に……、無理ですから。


ブログを読んでくれている人にもお願いし、神様仏様はもちろんのこと、月を見れば月に願い、あらゆることに願をかけたりして、いやー、ほんと病んでましたな。



猫と一緒-20090708_07


こんなしょうもないことばかりしてました。



ムギコはね、普通の顔してたんだと思うんですよ、たぶんね。体調悪いのが続いて顔に生気がなかった、ってこともあるのかも。


でも、やっぱり私の精神面がかなり参っていたってことなのでしょうね。
ムギコにおんぶに抱っこ状態なのは、私の方なのです(ほんと、将来のことを考えたら、もう1匹飼うべきなのよねえ……)。


3日ほどすると、ムギコ大きな変化がありました。


猫と一緒-20090708_08

えっへん。


ほんとに食欲があるってって素晴らしいことだと、しみじみと思いました。




そして迎えた、血液検査の日


猫と一緒-20090708_09

数字を見るまでは、どうしても心配が抜けませんでした。


でも結果はとてもよかったのです。飛び上がるくらい嬉しかったです。


先生も驚いておられたほどでした。薬がきついため、肝臓の数値はあまりよくなかったのですが、とりあえず最悪の事態(打つ手がない)はなくなった!



その後のムギコは頑張ってくれて、ご飯も全部自分でたべるようになったし、爪とぎや毛づくろいなどもするようになって、嬉しいことが続きましたが、それでも、



猫と一緒-20090708_10



猫と一緒-20090708_11


だるそうに丸くなっていることも多かったです。


ブログを見直してみると、3月の下旬(具合が悪くなってからほぼ1か月)にはお出迎えやちょっとした追いかけっこはするようになってくれていたみたいですね。
でも、本当に元気になったなあと確信できたのは、ここ一カ月くらいかな。


とにかく薬が効いてくれたことにより、一番悲しいことはなくなったのでよかったのですが、段々と欲が出ちゃうんですよね。

薬はステロイドで、長く飲むことは肝臓にも負担がかかることもあって……できればお薬もやめられるようになりますように……と。


つづく




追伸:
3月頃の病気について書いてた日記も、カテゴリを「病気のこと」に移すことにしました。
なので、新着がぞくぞく届いてしまうかもしれません。ごめんなさい。


次回、最終回の予定ですが、果たしてまとめられるのか、私。


今日もコメント欄は閉じています。



猫と一緒-br_banner_asagao


ケータイの方はこちらでお願いします。

人気ブログランキング

※ムギコは今はすっかり元気で、通院も終わりました。ご安心ください。 同じ症状で心配されている方とかに、少し勇気になるかなと思って書きとめています。病院にて・・・・・・次の日、病院には行ったのですが、いつも行ってたお医者さんにその時期人手がなく、暴れるムギ ... 続きを読む

※ムギコは今はすっかり元気で、通院も終わりました。ご安心ください。

 同じ症状で心配されている方とかに、少し勇気になるかなと思って書きとめています。




病院にて・・・・・・


次の日、病院には行ったのですが、いつも行ってたお医者さんにその時期人手がなく、暴れるムギコから採血できませんでした。



猫と一緒-20090707_01




なので、とりあえずで尿検査してみたり、栄養注射してもらって様子を見たり、それでも改善しないまま2日が経ってしまったのです。


先生に、ちゃんと検査してもらった方がいいから、と人手のあるお医者さんに行くことを勧められました。
この時点で、すでにぐったりな状態です。



猫と一緒-20090707_02




ムギコには悪いことをしたなあと思っています。


今思えば早く転院すればよかったんですよね。

だけど、昔、猫を保護したことがあるのですが、その時の病院がとても信用できないところで、そういう不信感や、ちょうどその頃、知り合いの飼っている犬の具合が悪くなり病院へ行ったら、そのまま入院になり、あっという間に死んでしまった。とても後悔している、という話を聞いたりしてて、病院を変えることになかなか決断ができなかったのです。


その犬の場合だってね、本当にどうしようもなかったのかもしれないんですが、信頼できる先生に預けてダメだったら納得できるかもしれないけど、初めてのところでそうなったら……と思うとね。

ムギコの様子がおかしくなってから日が経ってますし、その間全然改善しない。もうなにかあってもおかしくないんじゃないかって気持ちになってたから、余計に転院が怖かったのかもしれません。


ムギコの様子はというと、相変わらず自分からは飲まず食わず。朝の追いかけっこも、おはようの顔出しも、何もなくなって、ただただ丸まっているばかりです。

毛づくろいを全くしなくなってしまったので、体調の悪さも重なっているからか、数日ですっかりボサボサの子になってしまっていました。
でも、体調悪そうに丸まっているムギコに、私はブラッシングすらできませんでした。
これ以上、ストレスを与えたくなかったのです。


水は注射器であげ、ご飯は缶詰のものを歯茎になすりつけるようにして食べさせるのですが、すぐに吐いてしまいます。
結局こちらも水で薄めて注射器であげると、吐くことはありませんでした。

でも、なにせ大きな缶詰をもらってきてて、「できればこれの半分を食べさせるように」と言われていたので、それをさらに薄めると大変な量になってしまいます。

体調が悪いながらも嫌がるムギコにだましだまし飲ませるのですが、これがほんとに大変なことでした。
それプラス、水もあげないといけないので、ムギコへのストレスも気になりました。



猫と一緒-20090707_03



結局、ノルマを達成できない状態で新しい病院に行ったので、ふだんより200gほど痩せてしまっていました。



あまりにも心細かったため、母に一緒に来てもらい、祈るような気持ちで新しい病院へ向かいました。


猫と一緒-20090707_04



それでもちゃんと採決ができ、血液検査ができたので、そのことで、私の気持ちは一歩前進したように軽くなっていました。
原因がわかれば、対策をすればいい。

原因が分からない不安の時期が長かったため、むしろ明るい気持ちでいたくらいです。


でも、検査の結果は思った以上に悪かったのです。


猫と一緒-20090707_05


CPKが、正常値137~299のものが、2000オーバー(振り切っちゃって計測不可能)でした。

※CPK=心筋、骨格筋の壊死


この数値が出るのは、交通事故に遭って筋肉に大きなダメージを受けた場合、または心臓が大きいなどの問題がある場合だそうです。
もしくは心筋梗塞の場合にも上がりますが、その場合、この数字が出た時はもう亡くなっている状態だとのことでした。


ムギコに、筋肉を痛めるようなことがあった記憶はなかったですが、一応体中触ってみて、やっぱりどこも痛がる様子もないため、では心臓の方の問題かとレントゲンを撮りました。

でも、それも問題なし。


「とすると、可能性として考えるのは多発性筋炎じゃないか」、とのことだったのです。


猫と一緒-20090707_06


初めて聞いた名前で、筋炎……? 筋肉痛……? のようなイメージしか浮かびません。

漠然とした気持ちのまま説明を聞いているうちに、その症状から私が知っているある病名が頭に浮かびました。

それは「筋ジストロフィー」

筋肉がいうことを効かなくなり、段々と動けなくなってしまう病気だったと、テレビで見たことがありました。


多発性筋炎は健康な筋肉を免疫が暴走して攻撃し、筋肉を破壊していく病気です。ですので、立てなくなったり歩けなくなったりという症状が一般的なようですが、体中に筋肉はあるわけです。心臓も喉も筋肉なのです。


ムギコが形のあるものだと吐いてしまうけど、水で薄めたものだと吐かなかったのは、飲み込む筋肉に病気の影響が出ているからじゃないかと言われました。


そうか……そういうことだったのか……。


納得……。


事の重大さに血の気が引きました。


猫と一緒-20090707_07


薬が効けば元気になるけど、その後徐々に減らしながら様子を見て、結果やめられるのか、減らしていくうちにまた元気がなくなっちゃう場合は、一生薬で免疫の暴走を制御しつつ付き合っていくことになるわけです。


「薬が効かなかったら……、その時は頭を抱えちゃうね……」
先生に言われました。


薬が効かなかったら、段々動けなくなって死んでしまうんだろうか。

不覚にも病院で涙が出てしまいました。


猫と一緒-20090707_08


多発性筋炎は人間だと難病指定の膠原病のなかの1つなのです。はっきりした原因も、完治の方法も確立されていないようでした。
特に猫は症例が少ないためまだまだ研究段階の病気だそうです。



帰りに、「僕のせいでこの人が苦しんでいると思っちゃうから、そうすると良くなるものも良くならないから、気をしっかり持って」と看護師さんが言ってくださったんですが、その日は帰り道もめそめそと泣いてしまいました。


一緒に話を聞いていた母が「もし薬が効かなかったらその時は、残された時間を大切に過ごしなさい」 と言いました。


猫と一緒-20090707_09



プレドニンというステロイド薬を1日朝晩2回。
これを5日間つづけてみて、再度血液検査。薬さえ効いてくれれば、死にはしないんだ、どうか効いてくれますように・・・・・・と祈りつつ、このブログに遊びに来てくれている人にもお願いしつつの、闘病生活の始まりです。


つづく



ながーっ!!
読みにくい文章で、ごめんなさい。お付き合いくださってありがとうございます。

病気の話は暗くなりがちですし、興味のない方には申し訳ありません。

来週には普通に戻れる予定ですので、そのあたりにまた来ていただければ、と思います。


なんにせよ、あと2、3回くらいでまとめるつもりでいます。


きのうはコメントを閉じ忘れちゃって、でもたくさんコメントうれしかったです。
でも、あと2回もあるのにコメントいただくのは申し訳ないので、病気についてのことは、最終回まではコメントを閉じることにしますね。


猫と一緒-br_banner_kingyo

※ムギコは今はすっかり元気で、通院も終わりました。ご安心ください。 同じ症状で心配されている方とかに、少し勇気になるかなと思って書きとめています。3月初旬のことでした。そんなことが3,4回繰り返されたんですが、上手に毛玉が吐けないムギコにはさほど珍しいこと ... 続きを読む

※ムギコは今はすっかり元気で、通院も終わりました。ご安心ください。

 同じ症状で心配されている方とかに、少し勇気になるかなと思って書きとめています。


3月初旬のことでした。


猫と一緒-20090706_01





猫と一緒-20090706_02





そんなことが3,4回繰り返されたんですが、上手に毛玉が吐けないムギコにはさほど珍しいことでもありませんでした。

ただ、いつもと違ったのは、




猫と一緒-20090706_03





ご飯も食べず、水も飲まない。
ご飯はともかく、吐いたのに水を飲まないんじゃ、脱水症状で死んでしまうかもしれない。





猫と一緒-20090706_04





猫と一緒-20090706_05





なだめたり、すかしたり。
でも何をやっても駄目で(あたりまえ)、その日は病院が休診日だったこともあり、明日までこの調子だったら病院へ行くことにしました。


内心、そうこうしているうちに、ひょっこり元気になるんじゃないか、そもそもただお腹がすいてないだけなんじゃないかと思おうとしたりしていました。


でも、毛玉がどこかにひっかかってるのか? 8歳だし、内臓がどこか悪くなってるのか? 

気になり始めてしまい、やめとけばいいものをインターネットで調べると、悪いことばかりが気になってしまい、激しく後悔しました。



猫と一緒-20090706_06




夜、ムギコをベッドに連れて行きましたが、すぐに座布団に移動して丸くなってしまうので、無理に動かすのもかわいそうなのかなと思い、気にかかりつつも眠りました。


次の日の朝

猫と一緒-20090706_07





猫と一緒-20090706_08


朝からこの元気のなさは、明らかにおかしい。座布団でこの体制って、ありえない。
前の晩に調べたいろんな怖い病気を思い出して、気が気じゃなくなり病院へ急ぎました。


つづく




病気については、楽しい話ではないのですが、もし同じ症状の方がいつか見てくれたらと思うので、書いておこうと思います。


なるべくかいつまんでまとめていくつもりでいるのですが、レジュメとかあらすじとか、結構苦手な分野のため、うまくできるかな。

もしよかったらおつきあいいただければ、と思います。


途中普通の日記も混じりつついくかもしれません。




追伸:

多発性筋炎というのは、健康な筋肉細胞を自分自身の免疫が攻撃をして、壊死させるという病気だそうです。

なので、ステロイド剤で免疫の攻撃をやめさせるという治療をします。


ムギコは、はじめに血液検査、レントゲン等取ったのですが、その結果、CPKの値が2000オーバーだったため、「多発性筋炎の可能性もある」と言われたのです。


あくまでその時点でも、現在でも「可能性」のお話です。


症状も先生が思った以上に早く回復したため、最後は「なんらかの免疫疾患であったことは確かなんだけど」という感じになっていました。


多発性筋炎は、猫では本当に滅多にないことなのだそうです。



分かりにくくて申し訳ありません。



追伸2:

昨日の報告に、たくさんのおめでとうコメントをありがとうございました。


ムギコもがんばってくれたと思いますが、皆さんの気に包まれてたことも大きかったと思っています。

また、私に関しては、ほんと、どれだけ勇気づけられたことか……。本当にありがとうございました。





ランキングに参加しています。応援ぽち、よろしくお願いします。
猫と一緒-br_banner_frog

ケータイの方はこちらでお願いします。


人気ブログランキング

病院へ行ってきました。結果、お薬やめられて、通院も最後でした!先生にもお墨付きをいただきましたよー。訳あって、いつも通っていた病院とは違うところだったので行く時は不安があったのですが、いい先生と看護師さんでよかったです。具合が悪くなってから4か月、元気にな ... 続きを読む

病院へ行ってきました。


結果、お薬やめられて、通院も最後でした!

先生にもお墨付きをいただきましたよー。


訳あって、いつも通っていた病院とは違うところだったので行く時は不安があったのですが、いい先生と看護師さんでよかったです。


具合が悪くなってから4か月、元気になるまでの前半時期は本当に辛かったけど、たくさんの励ましで乗り越えられたんだと思います。

本当に本当にありがとうございました!


今後は、再発するかもしれないし、しないかもしれない。

たとえ再発したとしても、薬が効くことは今回のことで分かったので、治療はできるわけで……。

とりあえず、ほっと一安心です。


当初、可能性として言われた病名は「多発性筋炎」だったのですが、結構大変な病気みたいで、もし薬が効かなかったらもう手がないという感じで……と悲嘆にくれていた時期だったため、それを口に出してしまうと、可能性が事実になってしまいそうで、「治るまで言わない」→「言わなければ治る」みたいな、変な願かけをしてしまったのです。


なので、心配していただいているにも関わらず、どんな病気か説明できないという、中途半端な状態になってしまいました。ごめんなさい。


でもお墨付きをいただいた今、またその病気だったかどうかもはっきりしていないのですが、もう願かけは成就かなと思い、次回からちょっとずつ病気のことなどを書いていこうと思います。


本当にありがとうございました。ムギコともども、感謝の気持ちでいっぱいです<(_ _)>



猫と一緒-20090705_01P
おつかれさまでございました。




ランキングに参加しています。応援ぽち、よろしくお願いします。
猫と一緒-br_banner_frog

ケータイの方はこちらでお願いします。


人気ブログランキング

今日はムギコの病院です。今回は、前回の血液検査がよかったことと、このところずーっと元気モリモリだし食欲もあるので、あんまり心配はしていないのです。苦しかった日々を思い返してみると、夢のようです。心配していただいて、たくさん気もいただいて、本当にありがとう ... 続きを読む


猫と一緒-20090521_01p


今日はムギコの病院です。


今回は、前回の血液検査がよかったことと、このところずーっと元気モリモリだし食欲もあるので、あんまり心配はしていないのです。


苦しかった日々を思い返してみると、夢のようです。

心配していただいて、たくさん気もいただいて、本当にありがとうございました。


まだ分からないけど、かなりお薬も減っているので、もしかすると今日で通いは最後になるかもしれないなー、なんて期待したりして。


とりあえず行ってきます。

また改めてご報告しますね。



追記:

行ってきましたよー。


通いは、まだ終わりにはなりませんでした。

たぶん大丈夫なんだけど、お薬をさらに減らしてもう少し様子を見ましょうってことに。


次回で薬がやめられても、ステロイドが効いたということは何かしらの免疫系の問題があって、今回のような病状が起こったのだと思われ、だから、今後もまた免疫が暴走してムギコの健康な部分を攻撃する可能性は、ないとは言えないのだそうです。


ふうむ。どんな症状も出ないでくれるのが一番だけど、どこに出るかは分からないなら、食欲、元気さ、おしっこやうんち、皮膚の状態も含め、変化を見逃さないようにしなくちゃだな。

がんばります。


取り急ぎ、ご報告まで^^

心遣いありがとうございました♪



猫と一緒-banner_23
応援ぽち、よろしくお願いします。