旬の野菜をセットにして宅配便でお届けしています。お客さん大募集中!
送料別で3000円〜
お申込み お問い合わせは 
0267−88−2156   mugihosi※dream.bbexcite.jp(※は@です)

2018年09月27日

9月27日 木 雨
 「喩え話」は本質的には嘘だけど、物事を分かりやすく面白おかしく説明するのにはなかなか便利だ。私も良く使う。しかしやっぱり「嘘」だし、面白おかしいと思ってるのは論者の方で、説かれている側や引き合いに出された側は、場合によっては不愉快に思うだろう。だから、まあほどほどにと自分を律している。

 私は小川榮太郎氏の件の文章を詳しく読んでいないし、面倒くさくて詳しく読む気もないので、寄稿文全体に対する批判は控える。ただ、氏が「詳細を知らないし、馬鹿らしくて詳細など知るつもりもない」としたLGBTについて、わざわざ語呂を合わせた造語まで作って「喩え話」を展開した氏は、さぞかし面白おかしかったのだろうな、と想像する。

 ついでと言ってはなんだけど… 杉田水脈氏の件の文章について。こちらも全文を読んでいないので、「子供を作らない、つまり『生産性』がない」を眼にしたときの感想だけ。
 真っ先に浮かんだのは、10年ほど前に付き合っていた女性のことだ。彼女とは結婚を、というより妊娠を前提に付き合っていた。自分を「不妊症ではないか」と思っていた彼女は、身籠らないと、身籠ることができると証明してからでないと、その先に進むのが不安だったのだ。「子供ができなかったらどうしよう」と、彼女は何度か私に自分の不安を訴えた。できないことで私に嫌われやしないかと恐れてもいた。私は努めて明るく気軽に「心配しなくてもいい、二人で努力すればいいし、できなくてもあなたへの気持は変わらない」と伝えたが、彼女の不安を和らげることはできなかった。子供の話になるたびに、ちょっとしたケンカになった。
 彼女とは結局別の理由で別れてしまったが、あとでふと気付いたのは、彼女は私に慰めてほしかったのではなく、不安を共有し、何なら一緒に絶望してほしかったのでは、ということだ。私と付きあっていた時間よりずっと長く、彼女は「なかなか子供ができない」期間を過ごしていて、長引けば長引くほど、不安が募っていたのだろう。私が彼女に示した気軽さは、彼女にとっての深刻さが私に伝わっていないと思わせるもどかしさになったのだろう。
 
 前ふりがいくらなんでも長すぎるけど、要するにあの頃の彼女が杉田氏のこの一文を読んだら、「きっとまたケンカの種になっただろうな、それもかなり深刻なケンカに」と思ったわけです。論者にそんなつもりがなくても、強烈なインパクトがあるんです。文章全体を読めば問題ないようでも、言葉の端々にまで気を使うのが編集者のお仕事です。新潮社の休刊声明によれば「企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていた」。それを短期間に繰り返しちゃね… というよりも、意図的にやったとしか思えない。

 そんな彼女も、風の噂によればその後子宝に恵まれたようで、今回の騒動ではそんなに大きなダメージは受けていないはず。

2018年09月20日

9月20日(木) 曇りのち雨
 ナスの美味しい季節です。直売所でも好評のようで、2日続けて「麦星農園のナスがとても美味しい」と声をかけていただけて、なんだか面映ゆい気分。
 豊作なので、自分の食卓にも毎日ナスが登場します。ついつい油をタップたっぷり使った料理を続けがちで、その結果この夏の間にびっくりするほど太ってしまいました。
 おりしもEテレ『今日の料理』では油を使わない「蒸しナスの利休あえ」を紹介中。ダイエットのために「ナス断ち」しようかと思ってたけど、近いうちに挑戦してみましょう。

2018年09月17日

9月17日(月) 曇り時々晴れ

 昨日めでたく…かどうかはよくわからないけど、誕生日を迎え、49歳になりました。うん、まあめでたいかな。この一年支えてくださった皆様に感謝、そして新たな一年に向かって、あまり無理はしないで、時々無茶なことやって生きていく所存であります。

 秋の長雨の季節を迎えています。夏の間の灌水地獄から解放されましたが、気温がぐっと下がって夏野菜、特にナスがすっかり勢いをなくしていました。昨日あたりからまたちょっと暑くなって、収量も回復傾向。雨が続いて畑が乾かず、秋冬の作付が全然予定通りに進んでいないので、もうしばらく夏野菜には頑張って欲しいのです。

 今年も撥ねたトマトでトマトピューレ作り。今年は翌日分の出荷準備で夜も結構忙しくて、なかなか集中して作業できませんでしたが、今日はようやく瓶詰まで辿りつけました。

2018年09月05日

9月5日(水) 晴れ
 関西方面を中心にとんでもない被害を出した台風21号。麦星農園でも、ナスとピーマンが風に揺すられて折れるなどの被害が出ましたが、全体の1〜2割程度なので、まあ大したことはなさそう。他の作物への影響はもう少し様子を見てからになりますが、要するにいつもの通り軽微な被害で済んだようです。夜になってから食事の支度が済んだ頃に停電し、3時間ほどロウソクの灯りで過ごすことになりましたが…
 しかし大雨の影響でまたもや作業に遅れが出ています。秋冬の作付が全然捗りません。金曜日は比較的出荷が少なくて余裕があるので、明後日が勝負どころ。

2018年08月31日

8月31日(金) 曇り
 8月も今日で終わり。野菜の出来は概ね良好で、直売所の月間売り上げも過去最高更新は間違いなしだと思いますが… 出荷で頑張った分、それ以外の農作業はだいぶ遅れ気味。とにかく暑くて作業時間が制限され、この後あれこれ滞りそうです。
 特に白菜が心配。週間天気予報で雨のマークが並んでいるのを見て大急ぎで定植したのに、その後ほとんど雨が降らず、今にも干からびそうです。ポンプで灌水してやればいいんだけど、やっぱり雨のマークに期待して他の作業を優先してしまうので、ずっと後回し。苗を勝って補植しないとだめかも。
 冬が厳しい分、夏でしっかり稼がなきゃいけないのは毎年のことですが、酷暑のせいもあって、身体を休める間がありませんでした。さらに実家では父が入院。先日無事退院できたものの、これからは介護をどうするか… 今のところ母と、同じ敷地に住んでいる兄にまかせっきりですが、秋冬の作付が一段落したら、もっとしっかり時間を作って帰省したいと思います。
 

2018年08月07日

3157bbbd.jpg
8月7日(火) 曇り時々晴れ
 台風12号の雨以降、また猛暑続きで畑の土がカラッカラでしたが、昨夜はようやくひと雨。しかしこの後は台風13号で大雨かも… くれぐれもほどほどに願いたい。
 暑さで草刈りが遅れながらも概ね順調な今シーズンでしたが、ここにきてトラブル連発。
 
 その一。イノシシ(たぶん)にジャガイモごっそり食われました。旱魃で土が硬かったのと、ヨモギの根っこがはびこっていて掘りにくいところがあったおかげで、どうやら全滅は免れた模様。普段は厄介者の雑草ヨモギですが、今回はとてもとても愛おしく感じました。
 被害が拡がる前に、残った芋を全部掘りたいところだけど、他にも切迫してる作業がたくさんあって、とても芋掘りどころじゃありません。トウモロコシ畑でタヌキよけに使っているトウガラシ+ニンニクエキスで何とか生き延びてくれ。

 その二。キュウリの支柱倒壊! キュウリネットを直管で釣り上げていたフックが重さを支えきれずに変形し、こんなことになりました。久しぶりに豊作で嬉しくて、子弦の製枝を怠ったのが祟りました。というか、そもそも使っていたフックの耐荷重性が低すぎるという設計ミス。
 全体の3分の2は無事で、残った部分だけでもおおむね需要はまかなえそうなので、そんなに実害はないはず。おまけに第2陣のキュウリも間もなく実を付けそうで、いい具合に減らせたような気もしますが、このまま放置するのも邪魔なので、この雨の間に修理しようと思います。合わせて、生き残ったキュウリの支柱ならびにほぼ同じ設計のトマトの支柱も、今後同様にフックがひん曲がる可能性が高いので、とりあえず何mかに一株、なんとなく間引いて荷重を減らしてやらないと。

 FBでもそうなんですが、私がブログに何か書くとなると、こういうトラブルとか失敗談とか、わりとネガティブなネタが多いのです。これは私が成功譚とか順調にいってる話よりも、失敗談とか悲運に巻き込まれた話の方にワクワクしたりw、書くモチベーションが上がる性質だからであってwww、実際の生活で非道い目にばかりあってるわけではありません。最近は忙しくてだいぶ疲れてますが、けっこう楽しく生きてます。

2018年07月31日

7f9410c8.jpg
7月31日 火 晴れ
 通常とは逆のコースを辿った台風12号。しかし麦星農園周辺ではいつもの台風と同じく、山並みが風をさえぎって、特に大きな被害は出ませんでした。一番心配だったオクラも、多少傾いたくらいで問題はなさそうです。
 7月も今日で終わり。夏野菜の出荷が本格化しています。去年不作だったナス、ピーマン、トマト、インゲン。3〜4年続けて失敗しているキュウリとオクラ。いずれも今のところ順調。最近の稼ぎ頭のトウモロコシもまずまず。そして枝豆。
 枝豆の出荷が始まると、作業の手間が一気に増えます。畑で枝ごと収穫してその場で余分な枝や葉を落とし、家に持ち帰ってから一鞘一鞘枝からもいで、袋詰め。栽培技術がいまいちなので、虫食いや不揃いの鞘なども多く、必要量を確保するのにかなりの時間がかかります。で、これは野菜全般に共通することですが、苦労の割には単価が安い。なので、枝豆の出荷が多い時はけっこう憂鬱なのです。
 なお、はねた虫食いや不揃いの鞘は、もちろん自家用でいただきます。これが美味しい! 苦労の果ての、ささやかな悦楽。食べきれないくらい出るので、冷凍保存して冬の間の一品持ち寄り宴会で活躍してくれます。

 枝豆のせいもあってかだいぶ疲れがたまっていて、今日は痛恨のミス。出荷先で欠品出してしまいました。ごく単純な確認不足が原因で、本当は疲れを言いわけにしちゃいけないレベル。でもそこはまあ気持ちを切り替えるために、今日の午後はいつもの三倍くらいたっぷり昼寝をし、夕方からほんのちょっと軽い作業をしただけで、今日はお仕舞いにしました。本当はゆっくり温泉にでも行きたかったけど、今夜も枝豆の袋詰め作業が舞っているので、早々遊んでもいられません。

2018年07月27日

33b4af59.jpg
7月27日(金) 晴れ
 向日葵が満開になりました。なかなか良い光景。

 連日の猛暑ですが、昨日今日あたりは風が幾分涼しくて、初秋の頃のような感じでした。これまでが暑すぎたための錯覚かもしれませんが…
 このところ旱魃で畑の土がカラッカラ。明日は待望の雨ですが、台風による雨だけに、またまた災害が心配されます。何とか程よい「恵みの雨」にとどまって欲しいところ。
 それはともかく、雨の前にキャベツ類の苗の定植やトウモロコシの追肥などを頑張って終わらせました。ついでに頑張ってオクラの除草もやっちゃったんだけど、これは失敗だったかも。風よけになるはずの草がなくなったうえに、根の周りの土を動かしてしまったために、強風にはひとたまりもないかもしれません。それに今度の台風はいつもと逆に東から西へ移動するとの予報で、いつもと違う風の吹き方をするとすれば、これまで台風の被害はあまり受けなかった麦星農園周辺でも、想定外の事態が起きるかも。まあいまさら対策の立てようもないので、何とか無事に過ぎ去るのを祈るしかありません。

2018年07月17日

a3093c75.jpg
7月17日(火) 晴れ
 例年より早く梅雨が明けて、「これじゃ水不足だよ」などとぼやいていたら、全国的にとんでもない水害になってしまいました。麦星農園周辺では目立った被害は出ませんでしたが、ここ数年の天候はあまりに極端すぎます。被害にあわれた皆さまにはお見舞い申し上げます。

 今日は酷暑の時間帯の農作業を回避して、床屋に行ってきました。しかしエアコンなしの軽トラでアスファルトの上を走るのは厳しい。町場に入ると熱風しか吹いてこない。さらに道路工事の規制で信号3つ分くらい待たされてイライラ… 畑で草刈りしてた方がましだったんじゃないかというくらい炙られてしまいました。
 すっかり疲れちゃって、せっかく涼しくなる時間帯に帰ってきたのにちょっと昼寝。4時過ぎてから草刈り。
 共同作付しているヒマワリが花を咲かせ始めました。まだ数輪。8月には見ごろになるか?

2018年06月22日

6月22日(金) 晴れ
 昨日はブログをアップした後から「梅仕事」。庭の小梅を梅シロップにするための下ごしらえをしました。実のへたの部分を爪楊枝で一つ一つ取り除く作業ですが、老眼の兆しか単に眠かったせいか、手元が見えにくくてずいぶん手間取りました。終わったのは夜中の1時過ぎ。本当は実を数時間水に漬けてあく抜きした方がいいのですが、そのまま仕込んでしまいました。小梅はもともとアクが少ないはずなので、まあ大丈夫なんじゃないかな? これで夏場の疲労回復の助けになってくれるはず。

 明けて今日は猛烈な寝不足でした。夏至の頃なので夕方はかなり遅くまで作業できるけど、それから夕食食べて事務仕事その他をしてとなると、寝るのが遅くなって次の日が辛い、ついつい昼寝が長引いて、取り戻そうとしてまた夕方遅くまで作業して…なんて悪循環になりがちな季節です。今夜もそんな方向に向かいそう…

 今日の午後は玉ねぎの収穫。はっきり言って不作です。去年の秋に抵触した苗が、時期の遅れや悪天候が祟って半分以上が駄目になってしまったためです。しかし、生き残った分は塔立ちが1本もなく、玉太りも良好で、自家用に回す分がほとんどないくらい良品率が良かったのが救い。量が少なくて寝不足の身体にとっても良かった(笑)