旬の野菜をセットにして宅配便でお届けしています。お客さん大募集中!
送料別で3000円〜
お申込み お問い合わせは 
0267−88−2156   mugihosi※dream.bbexcite.jp(※は@です)

2021年05月11日

5月11日(火) 曇りのち晴れ
 数日前の天気予報では、水曜朝は1℃くらいとかなり冷え込む予報でしたが、今日の予報ではいくぶんゆるんで5℃。霜注意報は出ているものの、まあ大丈夫でしょう。念のためそれなりの備えはしてあります。
 今季はこれまでのところ育苗が順調です。順調すぎてトマトはもう踏み込み温床には収まらないので、今回の冷え込みが心配だったのですが、どうやら回避できそうで良かった。
 「順調」と書いたばかりですが、トウモロコシの2作目の苗はミス。「まあ大丈夫だろう」といつもと若干違うことをやったら、てきめんに支障が出ました。稼ぎ頭の作物なので、もっと慎重にやるべきですね。

2021年05月04日

5月4日(火) 晴れ 22.4〜6.8℃
 ゴールデンウィーク、とはいうものの、もちろん農家はお休みじゃありません。コロナ禍にあっても連休中は直売所は書き入れ時ですが、冬越しほうれん草はそろそろ塔立ち、今季の野菜ができるのはもうちょっと先、ウドや山菜ももう少し先、要するに出荷するものがありません。ゴールデンと呼ぶにふさわしく、新緑が芽吹き「山笑う」本当に美しい季節ですが、気分はそんなに浮き立ちません。気分云々よりも、今日は体調がいまいちで、午前中を無駄にしてしまいました。朝の冷え込みは弱く、日中は動くとうっすら汗ばむ程度に温かく、風は穏やか、そして明日は午後から雨の予報で、これ以上はないくらいの農作業日和だったんですが。
 午後もやや遅くなってからようやく動き出し、植え時を逸しかけていた苗を定植。明日予報通りに雨が降れば、とりあえず灌水の心配もしなくていいわけです。予報が外れて降らなかったら、やらなきゃいけないことはたくさんあるので、それはそれでありがたい。日も長くなって、働くには本当にいい季節です。


2021年03月23日

3月23日(火) 晴れ

 2月6日、父が逝きました。84歳でした。小学校の教師を務め、教職員組合の委員長だの、退職後もいろんな団体で世話役的な仕事を引き受け、とにかく大勢の仲間に囲まれて生きてきた人でしたが、最期はコロナ禍ということで、私たち家族の見舞いもままならず、孤独なおくりかたをしてしまいました。私自身も、農作業の忙しさにかまけてなかなか実家に帰ることもできず、いろいろ悔いが残ります。
 この週末が納骨でした。葬儀もそうでしたが、身内だけのごくあっさりとした式でして、まあ楽といえば楽だけど、こんな状態、早くおさまってほしい…

2021年01月08日

1月8日(金) 晴れ
 バイト掛け持ちの身には貴重な休みの朝。気温はマイナス12℃台。まあこれくらい普通です。標高1000メートルですので。
 とは言え、寒いのは間違いなく、休みなので布団の中でグズグズしていたら始動は当然遅くなります。やりたいこと、やらなきゃいけないことが色々たまってたんだけど、半分くらいこなしたところで夕方。酷寒の中でまだ働こうって程のズクはないので、家に入りました。
 コロナ急拡大&緊急事態宣言再発出の影響で、予定されていた会議が一つ飛んだので、せっかく取った休みが無駄になりました。ゆっくり体を休めるか、そこもバイトのシフトに入れてもらうか、ちょっと迷いどころですが、スキー場の方もこの状況では客足も鈍りそうで、シフトの空きはないかもね…

2021年01月06日

2021年 1月6日(水) 晴れ

 今年もよろしくお願いします。
 
 去年は秋の作付が8月〜9月の旱魃の影響で甚だ芳しくなかったので、その分アルバイトで取り戻すべく頑張っています。もうちょっと設備投資しないと、あまりにも天候に負けすぎ。
 新型コロナ感染症絶賛拡大中ですが、皆様どうか元気でお気をつけて。

2011 025ミニ


2020年12月29日

12月29日(火)

 3カ月近くも更新が空いてしまった… 8月の旱魃の影響を引きずって、秋の作付はいろいろ厳しかったです。コロナの影響なんか特に被ってないのに、この間の収入は予定の2割減くらいか?
 その分を取り戻したいってのもあって、この冬はアルバイトを掛け持ちする予定です。ここ数年努めている酒蔵のほかに、以前やっていたスキー場のリフト係もやります。体を壊さないようにしないとね。

 今日、年内最後の出荷を終えました。恒例の玄米餅と花豆煮、それに貯蔵野菜の「年越しセット」です。先述のとおり秋の作付がうまくいかなかったので、貯蔵野菜は例年より寂しくなったのがちょっと残念。
 大晦日と三が日はスキー場のバイトで、多少ゆっくりできるのは明日だけ。それも餅つきの後片付けや農業機械の整備などがまだ終わってないので、あわただしい年末年始になりそうです。「静かに過ごす」なんて言ってられない。

 それでは皆様、良いお年を。
 

2020年10月01日

10月1日(木)
 10月ですか… 本当にあっという間。8月は猛暑で体力的にもきつかったし、収穫が忙しすぎて、やたらと長く感じました。開けて9月は、雨不足の影響で端境期になってしまい、妙に短く感じました。日も短くなりましたが、朝の最低気温が先日は4℃台になったりで、季節が一気に進んだような気がします。
 露地の秋冬の野菜は8月9月と旱魃だったもので発芽不良です。とりわけ人参は惨憺たる有様で、たぶん平年の1割くらいしか収穫できないんじゃないかと思います。寒くなる季節に備えて、しっかり保温資材などを掛けて手当てしてやれば、少しはましになるかな。

 今日の買い物帰り、カーブを抜けると、前方にぽっかり浮かんだ満月。山際で光る月はひときわ大きく、ほんのり色付いていました。

 

2020年08月31日

8月31日(月) 曇りのち雨
 とても高冷地とは思えない暑い日が続いた今年の8月。まともに雨が降ったのは1〜2日くらいで、降らなかったのが1〜2日の7月とはまるっきり裏返しになりました。畑の土はカラッカラで、作物は月の半ば過ぎまでは順調でしたが、下旬になるとあれこれ弊害が出始めました。顕著だったのはトウモロコシで、草丈はそれなりに大きくなっているのに、実が大きくならない。夏場の稼ぎ頭の不調は痛かったです。
 人参は、お盆前に種まきしてから数日はポンプで灌水していましたが、発芽ポツポツ始まったところで軽くにわか雨も降ったので、もう大丈夫だろうとあとはそのままにしたら、その後はまったく発芽が続かず、なんだか壊滅状態かも。油断しました。
 他にも植えたばかりの白菜の苗が危うく干からびるところで、そこは何とかポンプ冠水ですくいましたが、要するにいろいろ手が回りませんでした。
 災害級の雨が続いたり、まる一カ月旱魃だったり、そういう極端な天候が、今後は「平年並み」になっていくのでしょう。それを見越して、後者については灌水のための道具と時間を強化していくしかなさそうです。
 明日からは9月。暑すぎて乾きすぎていて、葉物などは遅れそうな予感ですが、代わりに果菜類にもう少し頑張ってもらえるかな。

2020年08月12日

8月12日(水) 晴れのち雨

 「待望の」なんて枕詞を雨につけるなどとは、つい十日前までのことを考えれば身勝手というべきかもしれないけど、本当に待望なんだから仕方ない。梅雨明け十日の猛暑で畑がカラッカラに乾き、定植した苗が気の毒… というより、いよいよとなればホースで灌水しなくちゃならないので、仕事が増えて自分が気の毒です。
 待望の雨はお昼過ぎにパラッと降っただけで止んでしまいましたが、昼の休憩をとっているうちに本降りとなり、いいお湿りとなりました。

2020年08月11日

8月11日(火) 晴れ
 梅雨明けしたら最優先でやらなきゃ、と思っていた結球野菜の定植。しかし畑の準備が全然できていなかったのと、出荷が忙しいことなどでどうしても後回しにせざるを得ず、あれよあれよという間に十日たってしまいました。もう手遅れでは?という懸念を抱きつつも、ようやくあれこれ段取りして昨日から取り掛かりました。暑い時間は自分も苗も負担なので夕方近くなってから。するとちょっと時間が足りません。暗くなってからもヘッドライトを点けての作業です。だいぶ日が短くなったなあ…
 植えながら見た限りでは、まあ手遅れってこともなさそうです。植え遅れた分だけは収穫も遅れて、その間キャベツがない時季ができてしまうかもしれません。他の葉物野菜でカバーできるよう、作付計画を考え直さなきゃいけないと思いますが、こう暑いと葉物の種まきには向いてないですね。
 他にもやらなきゃいけない作業がたまっています。いくつかは諦めて、手が回るようにしようと思います。

 ヒマワリが種を付けて、重そうに頭を垂れています。花が小さいのではなんて思ってましたが、そこそこ大きくなった模様。これも獲り時を逃すと鳥に荒らされるので、優先順位の高い作業です。
IMGP3991
IMGP3991