旬の野菜をセットにして宅配便でお届けしています。お客さん大募集中!
送料別で3000円〜
お申込み お問い合わせは 
0267−88−2156   mugihosi※dream.bbexcite.jp(※は@です)

2017年07月23日

7月23日(日) 曇り時々雨
 今日は師匠の命日。15目。ここ何年かは、元研修生などが一品持ち寄りで集まって納涼会みたいな雰囲気でやってます。

 夏野菜がほぼ出揃って、いろいろ作れそうです。普段は食べるのは自分一人だし、忙しいし面倒くさいしで、あんまりまじめに料理をしません。ある野菜を使ってパスタだったり、炒めものをご飯にぶっかけたり、料理というよりは調理。とりあえず食べられればいいや、という感じです。前は食べることが何よりの楽しみで毎食あれこれ作ってたのになあ…
 しかし、他の人も食べるとなるといつもより気合が入ります。一品でいいのに三品作っちゃいました。

キュウリのナムルっぽい何か
.ュウリはまな板の上でぶん殴って、いわゆる半殺しにしてから一口大に切り、軽く塩をふっておく
⊇娜をゆでて適当な長さに切っておく
L揚げをトースターであぶってから細かく刻む
こぢ櫃罰鐇瓩鬟潺襪悩戮くしておく
イ澆犬鸚擇蠅砲靴織縫鵐縫と生姜、魚醤、味噌、醤油、ユズ酢、一味唐辛子、梅シロップをまぜて合わせ調味料を造る。量は全て直感。
上記を全部混ぜ、仕上げにごま油を一回しででき上がり

コーンとインゲンのバター風味
.侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイルとバターを熱しておく
⊆个瓩棒擇辰紳舂未離ぅ鵐殴鵑鯏蠧し、ざっと混ぜて蓋をして蒸し煮
トウモロコシは残念ながらまだ未熟。もう1〜2日有れば… なので、去年蒸して冷凍していた物を使いました。インゲンとまぜながらさらに過熱
す錣鵑瀬肇泪箸魏辰─塩、コショウ、唐辛子などで味を調えて出来上がり

ナスとズッキーニのポテトサラダ
.献礇イモを蒸し、餅焼き網の上で潰して目の粗いマッシュポテトを作り、カレー粉、塩、コショウなどを混ぜておく
一口大に切ったナスとズッキーニにカレー粉と魚醤をふって下味をつけ、素揚げ
N昭圓鬚泙爾襦ジャガイモがこれ以上潰れないように丁寧に。


2017年07月20日

5238516e.jpg
7月20日(木) 晴れ
 6月は空梅雨気味、7月に入ってようやく梅雨らしくなったかと思ったら、結局たいして降らないまま梅雨明け宣言出ちゃいました。以前は梅雨明け・夏本番となればワクワクしたものですが、今年はがっかりです。もうちょっと降ってほしかった… 一方で毎日のように日本のどこかで「記録的豪雨」なんてワードが飛び交い、異常気象が日常になっている恐ろしさ。

 トマトの管理や秋冬向けのキャベツの定植に追われて、キュウリの管理が後回しになっていました。そうしたら病気の兆候が出るは実がなかなかつかないはで、ますます手が付けにくくなっているうちに、すっかり草に埋もれてしまい、ようやくとっかかりました。風通しが良くなったせいか、いくぶん元気になってくれました。

2017年06月19日

51311ad8.jpg
 野菜セットの再開を遅らせた事情がもうひとつありました。伊豆大島で農業をしている弟の病気です。5月半ばに文字通り生死を争うような急病を患いまして、7時間を超える緊急手術。幸い経過はきわめて順調で、5月末には早々と退院し、6月上旬の検査でも異常はなかったものの、「概ね半年くらいは3キログラム以上のものを持ってはダメ 水は1日2リットル、塩分は6グラムまで」と、事実上「今季は農作業は不可」宣告となりました。
 島に帰るにあたり、1ヶ月近く放置していて家の周りや畑は草ぼうぼうのはずで、畑に置きっぱなしの農業機械もあり、しかしドクターストップのため弟にはどうしようもありません。そこで私が荷物持ちがてらに付添って島に行き、2〜3日滞在してとりあえず暮らせるように、また自家用野菜くらいは収穫できるようにあれこれ片付けてくることになったわけです。
 
伊豆大島は4歳までを過ごした私の故郷。しかし農業を始めてからはなかなか行く機会がなく、冬場もスキー場でアルバイトをするようになってからはすっかり足が遠ざかって、今回が10年ぶり。実は今年の3月4月あたりは島が懐かしくてたまらなくなり、YouTubeで大島関連の動画を見まくっていたのです。弟が倒れたと聞いた時は、何やらバチでも当たったような気にもなりましたが、幸い一応は元気になった弟を島まで送っていくということで、10年ぶりの故郷訪問が実現しました。それが決まってから、もう楽しみで楽しみで… 微妙に不謹慎な気もするし、自分の農作業も無茶苦茶忙しい時期ではありますが、そんなことはさておいて、満喫とは行かないまでも故郷の空気を堪能してきました。港で潮の香りをかいだだけでハイテンション(笑)

 ちなみに10年前の大島行きは、アキレス腱断裂の重傷を負って入院していた弟が、退院して島に帰るのを付き添うため。季節もちょうど6月半ばで、良く似た事情での帰郷でした。
 あの時の方が緊張感があるなあ… 今回は「葉物がないのに無理してセット組んでも仕方ない。島に行って帰ったころには品数も揃うだろうから、ちょうどいい、さあ故郷に帰ろう」みたいな気分でした。

 写真は10年前にも登場したやぎぬまじゅんこさん。弟は世話ができなくなってしまったので、当分知り合いの農園で預かってもらうそうです。

29c0ffcd.jpg
6月19日(月) 曇りのち晴れ
 2カ月以上も更新をサボってしまいました。最後の投稿を見ると、「3月はずっと雨ばかり」とか書いてますが、そのまま4月半ばまで雨がちな天気が続いた後、一転して大旱魃です。梅雨入りしたはずなのにまだ降りません。
 4月半ばに蒔いた最初の露地葉物や蕪が、この旱魃にやられて壊滅状態です。春先ということで、麦星農園の畑では一番標高が低くて日当たりもいい、要するに暖かい畑に蒔いたのですが、一方でこの畑、元田んぼだったはずなのに妙に水はけがよく、おまけに水路もすでに廃止済みのようで近くに水の手がなく、旱魃になるともろに影響が出てしまいます。
 結局野菜セットスタートの予定だった6月初旬にはほとんど出すものがなく、予定を遅らせざるを得ませんでした。二段目の葉物がとれ出してどうやらセットが組めるようになりましたが、長引く旱魃で結球野菜や果菜類にも影響が出ていて、今後のセット組が心配になってきました。
 明後日あたりから梅雨前線が活発になりそうですが、雨雲はどうも関東南岸にとどまりそうで、できる範囲で灌水に精を出すしかなさそうです。
 写真は珍しく梅雨らしい雲が広がった6月上旬のある日。張り替えたばかりのパイプハウスの屋根の上に、猫たちが登っていました。爪はフィルムを貫通するところまではいってない模様ですが、それでも刺すような心の痛みを感じるのです。

2017年04月01日

4月1日(土) 雪のち曇り
 昨日の夕方から降り始めた雪は、15cmほどの積雪になりました。ゴールデンウィークに積もることもあるので、まあ珍しいわけじゃないんですが、2月にほとんど降らなかった分を取り返すかのように、3月は雪ばかり。4月になってもかと、ちょっとうんざり。畑が乾かない…

 3月30日は我が家の猫バス・テトの誕生日。満1歳になりました。アルバイトが終わって農作業が一気に忙しくなったのと、あることでイライラムシャクシャしていたので、つい失念していました。一応お祝いということで、キャットフードをちょっと豪華にしました。

 昨年は踏み込み温床にネズミが住みついて、苗を荒らされて散々でしたが、今年は猫様たちのおかげで今のところ被害なし。ありがたや。しかし温床なんていうくらいだから暖かくて、猫様にとっては格好の寝床です。うっかりしていると芽吹いた苗をふんずけてお昼寝なんてことをしでかすので、防虫ネットを張って防いでいます。にもかかわらず、どこかしら隙間を見つけてベットインなんてこともありまして、油断禁物です。猫は狡猾なり。猫を畏れよ。

2017年03月12日

3月12日(日) 晴れ
 集落の総会終了。今年は監査を受ける立場で、別に難しいことやるわけじゃないし悪いことしてるわけでもないんだけど、なんだか妙な緊張感がありまして、これでようやく肩の荷が下りたような気分なのです。
 先週末に半年ほど準備をしてきたイベントを終え、今日の監査が終わって、いろいろ解放されました。これからは3月末までのアルバイトの合間を縫って、今季の作付、苗の準備が始まります。

2017年03月03日

3月3日(金)

『土と暮らしのオープンカレッジ』
いよいよ明日。

2017年02月28日

2月28日(火) 晴れ
 3月4日に佐久大学キャンパスをお借りして開催されるビックイベント「土と暮らしのオープンカレッジ」 実行委員として準備 に携わってきましたが、いよいよ今週末です。で、その一環の事務仕事、2月は28日までしかないとわかってるのに、わかった上であれこれ自分の割り当て作業やアルバイトとの兼ね合いを組み立てていたはずなのに、やっぱりふと気がつくと「締め切りがもう目の前やん!!」ってことになるのです。不思議ですね… まあ要するに自分の油断なのですが。
 半徹夜で締め切りに間に合わせ、ちょっとだけ仮眠をとったあと会議の掛け持ちでぐったりした月曜日。その反動で明け方から頭痛に苛まれた今日火曜日でしたが、なんとか乗り切りました。個人的な山場はひとまず越えましたが、まだまだ大仕事抱えてるメンバーも多いので、もうひと踏ん張りです。

2017年02月22日

8583e9b1.jpg
2月22日(水) 晴れ

 例年はダラダラグズグズして、期限ぎりぎりまで放置する確定申告ですが、今年は3月に入ってからがものすごく忙しくなりそうなので、早めに取り掛かりました。やればできるんだよねえ… 明日には提出できるか・
 
 アルクは満15歳になりました。正確な誕生日は、師匠のところで「いつの間にか生まれてた」ということで分からないのですが、だいたい2月20日ころ。去年から猫を飼い始めたので、ニャンニャンニャンの日に一緒にまとめてお祝いすることにしました。いつものドライフードよりだいぶ豪華な食事です。
 耳も目もそれなりに利いてるものの、動きに全く躍動感のなくなったアルク。食欲があるので特にどこが悪いってわけでもないと思うのですが、「その日」がそう遠くないであろうことは覚悟しておかなければなりません。冬を越えてまた元気になってくれますように…
 猫たちとはだいぶうちとけて、こんなカットも撮れるようになりました。テトは今日アルクの餌皿を覗きこもうとして、アルクに怒られてたけど。

2017年02月17日

2月17日(金) 晴れのち雨
 朝は暖かくて強い南風。昼前からは雨。天気が崩れたからか、長野県地方の「春一番」はお預けらしいです。この時季に春みたいな暖かい雨ってのも、ここ数年では珍しくなくなってきましたね。

 『コロボックルシリーズ』で知られる、児童文学者の佐藤さとるさんの訃報。
 『誰も知らない小さな国』は、子どもの頃両親が買ってくれた児童文学シリーズの1冊でした。本好きだった私は、そのシリーズのほとんどを読んだはずですが、『誰も知らない…』は表紙挿絵のコロボックルの瞳が、なんだかグレイ型宇宙人か古代文明の偶像の眼みたいで、幼心におっかなくて手を伸ばさず、初めて読んだのは、たしか大学生の頃でした。そして、年甲斐も無く感動。せいたかさんと赤い靴の女の子の再会のシーンは、その後何度読み返してもグッとくるものがあります。
 実家の改築の時、他の大量の蔵書とともに処分してしまったのを、信州に来てから結局また読み返したくなって、新たに買い直したほど思い入れのある本です。作者のご冥福をお祈りします。