2008年04月

2008年04月30日

5f980631.JPG4月30日(水) 晴れ 25.4〜5.6℃
 昨夜はアースデイin佐久の反省会&打ち上げでした。一品持ち寄りで大いに盛り上がり、議論も白熱し、散会になったのは日付が替わった1時過ぎ。
帰宅したら2時頃でした。就農したての頃は、寝るのがどんなに遅くても次の日はちゃんと夜明け頃に起きれたもんですが、今はまったくだめです。完全に寝坊してしまいました。

 ようやく「床伏せ」に取り掛かりました。今月初めから水に漬けておいた種籾を半日ほど35℃で温めて発芽を揃わせておきます。それを苗土を入れた苗箱に播き、苗代に並べて、保温用のトンネルをかけて完成。予定より10日ほど遅れました。これだと田植えは6月中旬になりそうです。寒冷地なので、これでは穂の登熟が間に合わず、収量が落ちる可能性が高くなります。去年も結局同じ失敗をしてます。学習能力ないなあ…
 今年は種籾を播くのに、水稲用の播種機を導入しました。麦星農園の田んぼは二反ほど。この程度の面積で播種機を使うのはちょっと贅沢ですが、今年は時間節約のため、やむを得ません。今後の規模拡大に備えてってことで…
 使ってみたところ、なかなかの優れもので、作業がかなり楽になりました。ただし問題点が一つ。一般的な稲作では、苗箱1枚辺り種籾を150gくらいと、かなり厚播きします。しかし有機稲作の場合は、1枚あたり50〜100gと薄播きにして、その分苗1本1本を丈夫に育てるのが基本。今回買った播種機は厚播きを前提に作られていますから、薄播きにするにはちょっとした改造が必要でした。50〜60gにしたかったんだけど、種籾の減りかたから計算すると、もうちょっと多めになっている模様。来年はさらに調整が必要でしょう。

2008年04月28日

4月28日(月) 晴れ 16.6〜3.9℃
 不耕起でやることにした田んぼは、さらに無代掻きで出来ないかと思っておりましたが、やはり若干水が漏るようで、水がなかなかたまりません。無代掻きという技術は、やはりもっと水もちが良いとか、冬季湛水でやってる田んぼでは可能でも、私の田んぼのようなもともと水が漏れやすい田んぼでは、やはり無理がありました。予想通りではありましたが、不耕起にしたことによって節約できた時間は、「無代掻きでは無理」ということを確認するために使い切ってしまいました。
 そういうわけで今日は代掻き。不耕起なので田んぼのそこに沈んでいる石は掘り起こされておらず、おかげで作業は順調。今月中に苗代作りが終わる目処が立ちました。
 そのほか、堆肥小屋作りの続き、畑の耕耘など。

2008年04月27日

4月27日(日) 晴れ 19.1〜5.4℃
 私が所属する佐久穂町消防団第X分団M班は、6月のポンプ操法大会に向け、週3回(月水金の夜)の練習に励んでいます。私は出場選手ではありませんが、時間の許す限り練習手伝い要員として参加しています。何度か書いたと思いますが、ポンプ操法は伝統芸能みたいなもので、実際の火事の現場ではまず役に立たない独特の様式美を競うものです。指導に来てくださる消防団幹部や消防署員の方々に「ポンプ操法の訓練をこれだけやって、本当に火災に対処できるんですかですか?」と聞いてみたい気持ちを抑えつつ、機材の準備、後片付けに励んでいます。最初はいやいや始めた訓練ですが、我らが馬越班の選手たちは、体育会系の血が呼び覚まされたようで、「優勝を目指す!」と宣言してくれました。そういうことならば全力を挙げてサポートすべきところですが、今日は朝8時から丸一日つかっての訓練。ただでさえ遅れている農作業をさらに1日手をつけないとなると、秋には夜逃げをしなくちゃいけなくなりそうなので、今日は欠席させてもらいました。

 で、遅れている農作業ですが、苗代を作る予定の田んぼに、なかなか水がたまりません。不耕起にしたのが原因というわけではなく、そもそも水路の水が、どういうわけかほとんど止められているようです。昨日は雨の予報だったので、水路係りの人があらかじめ水口を閉じたのでしょうか?
何とか水がたまるように細工をしましたが、まだ予定が遅れそう。
 去年もらった小さな温室の組み立て。堆肥や苗土、機械類の保管用の小屋として使う予定。

 大家さんからウドをたくさん頂きました。このところ手抜き料理ばかりでしたが、せっかくなので今日は時間をかけて料理。
 まずは定番のきんぴら。ウドのほかの具は油揚げ、冷凍保存のインゲン、春雨。
 メインディッシュはウドの若芽の天ぷら。衣には小麦粉のふすまをちょっと加えてみました。
 味噌汁は凍み大根と高野豆腐、冷凍モノの大根葉にウドの葉もちょっと散らしてみました。
 もう一品、酢の物も作りたかったけど、気力が尽きて断念。
 ご飯はこれも久しぶりの玄米を炊きました。玄米は白米より炊くのに時間がかかるので、そのあいだにあれこれおかずを作れるわけです。 

2008年04月22日

4月22日(火) 晴れ 18.2〜6.8℃
 午前中は田んぼで苗代の準備。こちらも予定が大幅に遅れていて、ほぼ手付かずの状態。種籾を水に漬けてから3週間あまり、そろそろ芽が出そうなのに… 近所の田んぼも、だいたい苗代作りが終わっているようです。
 普通はトラクターで荒起こししてから水を入れ、代掻きをするんですが、時間が余りありません。それにほかの畑においてある耕耘機を持ってくるのも面倒くさい(笑)。そこで畦シートを張りなおしただけでいきなり水をいれる事にしました。苗代にするにはとりあえず水位が安定してくれればいいわけで、去年稲刈りしたままの田んぼでも差し支えないはずです。稲の切り株だけは苗箱を並べるのに邪魔なので、草刈り機で削ります。
 苗代を作る予定の野田の谷地の田んぼは、石だらけで機械泣かせの場所です。耕耘機で荒起こしをしたら刃がボロボロになり、田植え機も何度も爪がまがってしまいました。2年前からは田植え機を使うのを諦めて手植えでやっています。荒起こし、代掻きの工程も省略して不耕起でうまくいけば、機械を壊すリスクを避けられ、時間と化石燃料も節約できます。問題は、田植えをしてからちゃんと雑草を抑えられるかどうかですが… 
 午後は昨日耕した畑で種蒔き。標高が低く日当たりもよい畑なので、ある程度遅れを取り戻せるはず。
 

2008年04月21日

f152319a.jpg4月21日(月) 晴れ 20.1〜5.1℃
 遅れている農作業を、早くペースに乗せないと!
 というわけで今日は畑の耕耘…の前に去年の葉物類を刈り倒すところから。耕耘作業は、普通は年内か、あるいは冬の間凍っていた畑の土が融ける3月にやっておくものですが、取り残した葉物を菜花として直売所に出したくて、今までほったらかしにしていました。しかし消防団やらアースデイやらでばたばたしてるうちに収穫適期を逃し、すっかり花盛り。近所の桜も開花して、実にのどかな眺めですが、心はあせってます。
 刈った草は株下に集めて、今まで通路だったところを耕しました。一応これで連作を避けたつもり。明日は種蒔きの予定。

2008年04月20日

5ade7863.JPG4月20日(日) 曇り時々晴れ 15.0〜5.5℃
 前日まで悪天候が続いたため、桜はようやく咲き始めたばかりでしたが…
 過去最多の参加ブース、そしておそらく観客動員を記録して、今年のアースデイは、まずまずうまくいったんじゃないかと思います。

 時々青空ものぞく、暖かい曇り空。イベントで丸一日留守にする農家にとっては、苗が干からびる心配もなく、一番安心できる天気でした。

2008年04月18日

4月18日(金) 雨 10.8〜5.0℃
 一日中雨。ボンヤリとすごす。
 冬の間、全粒粉を挽ける製粉機の購入を検討していましたが、結局値段の点で厳しいので断念していました。ところが先日、「デモ機を中古価格で販売することになったのですが、いかがですか?」とのメール。即決、衝動買い… 本当は秋に精米機を買おうと思ってたんですが、まあいいか。これからは挽きたての小麦でパンが焼けます。元を取るにはどんだけ小麦を収穫すればいいんだろう?
 その小麦に先日追肥をしたんですが、どうも発芽率がよくない。去年の秋に播種したのが、予定よりかなり遅れたためか? あるいはまたしても鹿に食われたのか?

2008年04月17日

4月17日(木) 曇りのち雨
 味噌の仕込みを終えて一夜明けた昨日は、持病の頭痛。そして今日は昼前から雨。わるいことにこの雨は土曜の午前中まで長引いて、量もたっぷり降りそうです。日曜日がアースデイで一日つぶれるので、作業再開は月曜日以降。予定では昨日のうちに畑や田んぼを耕して、今日は露地の葉物の種蒔きのつもりでしたが、完全に当てが外れてしまいました。
 
 佐久穂町周辺では梅がそろそろ見頃です。ちょっと標高の低い佐久平では、今週末あたり桜が満開になりそう。アースデイin佐久は春爛漫のなかで出来そうです。

2008年04月15日

4月15日(火)晴れ 19.2〜0.0℃
 今季の味噌仕込みの最終日。大釜で豆を煮て、味噌擂り機ですりつぶしていきます。豆を煮るのには3時間ずつ2釜で6時間以上かかります。かまどの火加減を見る合間を縫って、集落の行事に出席、枝豆、トウモロコシなど播種。
 暗くなってから樽詰め作業。今回は隣町の友人との共同作業なので、だいぶ楽に終わりました。

2008年04月10日

4月10日(木) 雨 7.7〜4.4℃
 昨夜(というか今朝)樽詰めが終わったのは、4時頃でした。
 今日は朝から大雨。予定していた麹米を蒸す作業は、外のかまどが使えないので明日に延期。ガスの火でやってもできるんですが、やはり薪の火と比べると蒸しあがり具合が落ちるような気がするし、何よりガス代がかさみます。
 そろそろ露地の葉物の種を播く準備もしたいんですが、季節外れの大雨が続き、畑がぐちゃぐちゃです。昨日の味噌の後片付けと、トマトの苗を鉢上げして、あとは休養。