2008年06月

2008年06月30日

6月30日(月) 雨のち曇り 21.1〜18.1℃
 出荷。今日の野菜セットは、麦星くろうどん 小松菜 春菊 京水菜 レタス キャベツ 大根 間引き蕪 ニンニク。
 ニンニク収穫。今までで一番暖かい畑に植えましたが、期待したほどには大きくならず。追肥が足らなかったか、あるいは除草が不十分だったためか? ニンニクは肥料をたくさん欲しがる上に、どんなに上手に作っても元の種ニンニクの6倍にしかならない、効率の悪い作物です。それでもって、ちょっと前までは国産と中国からの輸入物の価格差がむちゃくちゃ大きく、やるせない思いをしたものでしたが… 最近はニンニクも品薄なんだそうで、価格差がだいぶ小さくなったようです。

 今日のニュースから、衝撃映像が飛び込んできました。紹介しましょう、『信州おそば君』です。
 裁判員制度をもっと身近に「おそばに」感じて欲しいんだそうです。自分で自分を食べるという、アンパンマンさながらのパフォーマンスも見せてくれます。

2008年06月24日

03e1c70e.JPG6月24日(火) 晴れ 25.4〜13.5℃
 今日は助っ人を頼んで、ようやく田植えを終わらせました。あ、アルクじゃないですよ。となりの小海町で家具職人を営むT君です。

2008年06月23日

6月23日(月) 雨 24.7〜15.7℃
 大雨の中、出荷のための収穫。梅雨というと、連日シトシトと小雨が続くようなイメージがあるんですが、ここ数年の梅雨は、「空梅雨じゃないか?」ってくらいに梅雨の中休みが続いたかと思うと、「くらえこのやろう」ってくらい大雨が降って、どうも極端なような気がします。今日の野菜セットは、大根、小松菜、ホウレン草、春菊、レタス、キャベツ、ブロッコリー、麦星くろうどん。

 土曜日からようやく田植えに取り掛かりました。予定より2週間、御近所からは一月遅れで、ちょっと恥ずかしい。隣の田んぼの人が、「まあ夏がちゃんと暑くなれば、秋には(生育が)間に合うんじゃねえか」と慰めてくれました… 去年みたいな猛暑を期待します。
 田植え機というものは、きちんとした四角形の田んぼでこそもっとも効率よく働いてくれます。いびつな形だと、ターンの回数が増えたり、隅の方に機械がまわれなかったりと、機械植えが出来ない部分がが多くなりがちです。私の借りている4枚の田んぼのうち、2枚は落花生の殻を割ったようなへんちくりんな形をしていて、こういう田んぼで田植え機を使うには、経験と数学的(とりわけ図形的)センスが大事なのですが、そのいずれも持ち合わせない私は、田植え機の威力を充分引き出せません。さらに代掻きの下手さと機械自体の不調もあいまって、全体の3分の1近くを手で補植するはめになってしまいました。あとの2枚は比較的きれいな長方形ですが、びっくりするくらい石だらけの田んぼで、田植え機で植えればたちまち故障すること間違いなし。したがって全面積を手で植えることになります。正直言ってキツイです。明日は助っ人を頼んで、一気に終わらせる予定。

2008年06月19日

6月19日(木) 曇り時々雨 22.7〜14.8℃
 昨夜、麦草峠で行方不明者発生との一報。町の消防団に出動要請がかかり、私も出荷の予定をキャンセルして早朝から捜索に出かけることになりました。日曜日にポンプ操法の大会を終え、本来なら秋までは招集がかかることはないはずでしたが、選手は「こんなに早く集まることになるとは…」とぼやくことしきり。
 行方不明者の捜索には、今まで3回加わっていますが、そのたびに「これじゃ発見できねえよ」と思います。まず、情報の伝達がいいかげん。今日の場合も、捜索の手掛かりになりそうな重要な情報(連れていたという犬の名前、御本人の健康状態、他の消防団が聞いたとされる目撃情報)が、噂として伝わってくることが多く、本部から正式に伝えられることがありませんでした。
 人員配置にも疑問があります。昨日のうちに警察犬が出て、ある程度まで臭いを追ったとの、これも噂が伝わりましたが、それだったらその地点周辺に人員を大量投入すればよさそうなもの。しかし私の所属する分団が指示されたのは、そことはまるでかけ離れた(と思われる)自然遊歩道でした。それはまあそれなりの見込みがあったとしましょう。3時間ほど歩いて一旦集合場所に戻ると、そのまま待機を命じられてぼんやりと1時間が経過。そのあと御家族の方から「みなさんよろしくお願いします」と切実な挨拶を頂き、続いて昼食。その次に出た指示は、「班長以上の幹部を残して、あとは解散」 え、さらに捜索をがんばるために挨拶受けたんじゃないの? 残った幹部も、ほんの1時間後くらいには帰ってきました。これで本当に捜索したと言えるのか?
 行方不明者の捜索というと、横一列に並んで藪をつつきながら進むような映像がニュースで流れたりしますが、我々消防団員は、そんな訓練一切受けてません。指示された道を、きょろきょろしながら歩くだけ。ポンプ操法の練習に勢力を注ぎすぎて、こういう本物の「いざという場合」の訓練はおざなりになっているのが、私が感じる消防団の問題点です。そんな当てにならない消防団員がいても、二次遭難の恐れがあるばかりで、本職の消防署員や警察には足手まといなのかも知れません。
 足と言えば、団員に出た服装の指示は消防団用の作業着に「長靴」でしたが、実際には登山道を歩いたりもしたのです。もうちょっとしっかりとした靴じゃないと、歩きにくくてしょうがない。
 もう一点。捜索隊同士の連絡手段ですが、山の中なので携帯電話は繋がりにくい。で、班ごとに1台ずつ無線機を持っているのですが、めったに使う機会がないので、「使い方がよくわからない」…

 今日の夕方現在で、まだ発見の報告はありません。今後数日は天気も良くなさそうで、安否が気遣われます。

2008年06月15日

6月15日(日) 晴れ 24.1〜10.9℃
 4月から2ヶ月以上練習を続けてきた消防団のポンプ操法も、ようやく今日が本番の郡大会。「伝統芸能みたいなもので実際の消火の役には立たない」とかさんざんほざいてきましたが、やっぱり勝負事となれば勝ちたくなるのが人情ってモノです。といっても私は出場選手ではないので、練習時にホースをきれいに巻くってところぐらいしかがんばりどころはなかったわけですが…
 結果は僅差で3位。練習ではなかなかうまくいかなかった部分が、ほぼ完璧にかみ合って、予想以上の好成績でした。優勝しちゃうと1ヵ月後の県大会に向けてまた練習を続けなくてはいけないので、3位入賞は最高の結果といっていいと思います。そりゃあまあ2位のほうがもっとよかったと思いますが。

 というわけで、明日からはようやく農作業に専念できます。カボチャの苗を植えて、トマトの誘引・整枝をして、いやいや何よりも田植えをしなきゃ…
 

2008年06月08日

6月8日(日) 曇り時々晴れ 22.7〜12.9℃
 今日は集落対抗のソフトボール大会。私は集落では役持ちなので、まず開会式に顔を出し、選手の集まりが悪かったため急遽試合に出たうえに審判の手伝いまでする羽目になり、さらに慰労会も最後まで出席。結局丸一日つぶれました。貴重な梅雨の晴れ間に、後ろ髪を引かれる思いですが、だんだん地元の人たちとのつながりが深まっていくことは、とても楽しいことでもあります。

 昨日はその分がんばろうと、真っ暗になるまで働いていたんですが、最後にゴボウの周りの除草をしていたときのこと。突然何かに腰を蹴っ飛ばされたような強い衝撃! 鹿に体当たりでも喰らったかと辺りを見回すと、すぐそばに電柵が… かがみこんで作業しているうちに、誤って腰が電柵に触れてしまったようです。こんなに強烈なものだとは思いませんでした。皆さん決して触ったりしないように…

2008年06月07日

37348693.JPG6月7日(土) 晴れ 24.8〜12.2℃
 起こりました。家の前の畑に、ついに鹿の足跡。今まではアルクの鳴き声を警戒してか、この畑だけは鹿は姿を現しませんでしたが、何しろそこらじゅう鹿だらけですから、いつかはやってくるだろうとは思っていました。しかしこんなに早くとは… 幸い畑を横切っただけで、特に被害はありませんでしたが、今後が心配です。

 マンガ『はだしのゲン』のに、「ゲン、お前は麦になれ。踏まれても踏まれても、まっすぐに伸びる麦のように、お前もたくましく育て」というようなセリフがありましたが、今年の麦星農園の小麦は、あんまりたくましくは育ってくれませんでした。写真でわかるでしょうか。うどん用小麦のユメセイキは、発芽がまばらで分けつも少なく、ずいぶんさびしい実り具合です。

 原因はなにか? 
・播種が遅れたため寒さにやられた。長野県の推奨品種だから寒さに強いかと思ったら、そうでもないようです。
・発芽直後に鹿に食われて、根が浮いてしまった。実際、雪が降る前に確認したときは、麦踏みの必要がないんじゃないかってくらい鹿の足跡だらけでした。
・連作障害。3年続けて麦にしちゃったなあ…
 幸いパン向きの南部小麦はそれほどわるい出来じゃなさそうです。

 貴重な梅雨の晴れ間に、張り切って農作業。ジャガイモ、トウモロコシなどの土寄せ。キャベツ、ブロッコリー、レタスなど定植。


2008年06月02日

6月2日(月) 曇りのち雨 18.7〜9.9℃
 今週から野菜セット定期便の出荷再開です。皆様お待たせいたしました。もうちょっと段取りよく作付けを進めて、山菜やキノコなんかも作るようにすれば、あと2週間くらいは出荷を早められるんじゃないかと思ってます。来年以降の課題です。
 今日の野菜セットは、小松菜、ホウレン草、カブ、山東菜、ラディッシュ、ニラ、ウドの新芽、麦星くろうどん。
 早くも梅雨入り。去年より20日あまり早いとか。梅雨入り前に、果菜類の定植とかジャガイモの土寄せを終わらせておきたかったところ。ここ数年は梅雨入りが遅かったので、「まだ大丈夫だろう」とたかをくくってました。それにしても今年は雨が多い。GWがあけてからずっと梅雨みたいな雨がちの天気が続いていて、そのまま梅雨入り宣言が出たようなかっこうです。