2008年09月

2008年09月29日

9月29日(月) 雨 
 今日は私の住む柳沢集落のお祭り。といっても笛や太鼓を打ち鳴らしたりはしません。集落の小さな神社に、前日から注連縄を張り、幟を掲げ、一晩灯明を灯す。本番の今日は10時頃集まって神社に参拝し、そのあと公民館で一品持ち寄りの宴会。といういたって簡素なものです。
 今回はちょうど定期便の出荷と重なってしまったので、今日はかなり忙しくなりました。おまけにまた雨。気が重いです。
 今日の野菜セットは、大根、蕪、キャベツ、春菊、小松菜、ホウレン草、ピーマン、茄子、トマト、ミニトマト、穂高インゲン、人参、ジャガイモ。
 夏の果菜類がだんだんと減っていき、代わりに葉物がにぎやかになってきました。

 夕方、「難聴福祉事業センター」なる団体からなにやら封筒が届きました。表には「役員様回覧のお願い」とあり、中身の福祉カタログを回覧してくれとあります。確かに私はこの集落でいくつか「役員」をやっていますが、いずれも福祉とはかかわりが薄いものです。カタログを開いてみると、これまた福祉とはあまりかかわりのなさそうな、ごくありきたりの生活雑貨や健康食品のカタログです。裏表紙には「皆様のカタログ回覧のお力添えによる収益金は…」福祉関係のパンフレットの発行や障害者差別禁止法制定に向けた取り組みに有効利用するとか何とか書いてあります。なるほどそういう崇高な目的を達成するためになのか、中の商品も割高なように感じました。
 あやしすぎる…



2008年09月24日

733cebec.jpg9月25日(水) 晴れ 21.2〜10.7℃
 ここ数日、心のテンションがどうにも上がらず。仕事もさっぱりはかどらず。特に理由があるわけじゃないんですが… しかし今日は朝から快晴。ようやく気分も上向き。がんがん草刈り。カボチャをちょっと収穫。
 うるち米の田んぼに柵を張る。去年は鹿が餅米を食い尽くしてから、こっちにも大損害をもたらしたので… 稲刈りは来月中旬〜下旬か。
 9月はじめに播いた葉物の発芽状況を確認。雨の直後の、かなり土が重たい状態で播種、しかも直後に大雨に見舞われたので、ちゃんと成長しているかどうか心配でしたが… やはり発芽にかなりバラつきあり。播種機の調整が悪かったようで、とんでもなく厚播きになってしまった部分もあり、そこは大雨続きのために蒸れてかなり傷んでしました。一方でほとんど発芽してない部分も。来月上旬の出荷に差支えが出そう。またちょっとへこむ…

 夕方、出荷に使う空きダンボールを集めつつ、ヤマダ電気へ。目的はアジアチャンピオンズリーグ準々決勝、レッズvsアル・カディシア戦を見ること。うちのテレビじゃ見れないし、ネット配信されているやつもうちの回線速度では無理っぽいのです。平日夜のヤマダ電機は客も少なく、レッズ戦のテレビの前には私一人だけ。相馬とトゥーリオが豪快なシュートを決めてくれましたが、静かな店内で声を出さずにガッツポーズする私は、かなり怪しい客であったことでしょう。試合終了の前に閉店になってしまうので、プリンターのインクを買ってそそくさと店を出て、帰宅。ネットで2−0のまま勝ったのを確認! これでベスト4進出です。防衛してこそのチャンピオン。準決勝の相手はガンバ大阪です。
 またちょっとテンションが上がりました。

2008年09月23日

9月23日(火) 晴れ時々曇り 21.2〜10.3℃
 久しぶりに穏やかな天気。しかし畑はまだかなり湿っているので、草刈りばかり。
 ホークスの王監督が今季限りでの退任を発表。
 私くらいの世代では、ミスタープロ野球長島茂雄は、物心ついた頃にはすでに引退していていました。王監督はその頃ベーブ・ルースの記録を抜き、ハンク・アーロンの世界記録を目指していた時期。だから私にとって、野球界の英雄といえばなんといっても王貞治なのです。世間がいまだに「長嶋さんを今度こそWBCの監督に」なんて話が出てくることは、それくらいの偉大な存在だったってことは知っていても、自分の感覚としてはどうにも理解できないでいました。
 王監督も次期WBC監督候補に名前が挙がっていましたが、2年前に胃の全摘出手術を受けていることを考えれば、「殺す気か!」と腹立たしい思いでした。
 50年も身をおいたプロ野球から退くことが、必ずしも安らぎを得ることに繋がるとは限らないでしょうが… 何はともあれ、長い間ありがとうございます。

2008年09月17日

90f0c8e0.JPG9月17日(水) 晴れ時々曇り 27.2〜12.4℃
 のんびり過ごした昨日から一転、今日は忙しい。まずニンニク定植。ニンニクは肥料っくいの作物で、なかなか満足いく大きさに育ってくれません。へたすると、種球根とたいして代わらない重さにしかならないこともあります。来年こそは、大きく香り高いニンニクを収穫すべく、例年以上に土作りからしっかりと、植え時もちょっと早めに。畑の日当たりがいまいちなのが気がかりです。
 午後は葉物の種蒔き。先日刈り倒した雑草を片付け、耕耘機で耕し、播種機で播いていきます。トラクターで一気に耕すのとは違って作業効率はいいとはいえず、時間がかかります。終わったのは日もとっぷり暮れた6時過ぎ。もっともトラクターを持っていたとしても、この畑は入り口が狭くて耕耘機くらいしか入れないのです。また、あっちこっちに点在する畑を、多品種少量生産でちょっとづつ耕して使うような今の私の営農スタイルには、耕耘機がちょうどいいとも思っています。
 

1e707179.jpg9月16日(火) 曇り時々晴れ 25.6〜14.1℃
 誕生日です。39歳になりました。大台前の最後の1年、とはいえあまり実感なし。来年の誕生日が近づいたら、さすがに何かに焦りだすんだろうか?
 ここ数日まずまずの天候に恵まれ、また東京から強力な助っ人がやってきたこともあって、遅れていた農作業もかなりはかどりました。
 そこで今日は丸一日遊び倒すことに。八千穂高原の白駒池の周りを、アルクと、客人Jさんとともに散歩。夏の華やぎはもう過ぎ、紅葉の季節にはまだ早く、また天気も曇りがちではありましたが、森と湖の周りをただ歩くだけで、なんともいい気分になれるのでした。たまにはこういうのんびりした時間も必要ですね。

2008年09月09日

9月9日(火) 晴 24.9〜9.4℃
 今朝はずいぶんと冷え込みました。9月上旬にして、明け方の最低気温が10℃以下。「残暑が厳しい」っていう長期予報は、八千穂には当てはまらんのかな? 日中は実に気持ちのいい晴天になりましたが、気温はあまり上がらず。働きやすい1日でした。
 野沢菜など播種。収穫を終えて空いた畑の草刈り、耕耘。

2008年09月06日

fa265af2.JPG9月6日(土) 晴れのち雨 29.8〜17.1℃
 去年鹿にやられて壊滅的な被害の出た野田の谷地の田んぼ。今年もそろそろ、より糖度の高い餅米の方から入り込み始めています(写真をよく見ると、鹿が通った跡がわかります)。一応柵を張ってみました。もちろん鹿がその気になれば、こんなものひとまたぎでしょうが、ないよりはましです。
 小松菜、ホウレン草など種蒔き。あと1種類播いたらおわり、というところで雨が降りだしてしまい、明日以降に延期。
 しかしその雨が、バケツをひっくり返したような大雨。これではせっかく播いた種が流されてしまうかもしれません。本当に今年の天気はあまりに極端すぎます。

2008年09月02日

9月2日(金) 晴れ 30.7〜17.1℃
 先月25日に−57℃を記録して以来、更新してなかったんだなー その後温度計は電池を交換をして、無事まともな温度を表示してくれるようになりました。そして今日は久しぶりの30℃越え。8月末は全国各地で「集中豪雨」。八千穂周辺でも連日大雨注意報が出ていました。作業はまたまた滞って、かなりあせってます。もう9月…
 今日は畑の耕運。沢庵用大根の播種。草刈りなど。
 せっかくネットを張った今季最後のトウモロコシは、50本あまり出荷しただけで、あとはまたタヌキにやられて全滅。要するに対策が甘いのです。