2010年12月

2010年12月30日

94c5d6b4.jpg12月30日(木) 曇り時々雪 3.2~-8.8℃
 年内最後の定期便出荷。セット内容は、玄米餅、ジャガイモ、カボチャ、人参、うどん乾麺、花豆煮。年明け以降は出荷はお休みをいただきます。来春、五月末ころの再開を目指して準備を進めますので、しばらくお待ちください。味噌、ジャガイモ(キタアカリ 男爵)、それに小麦粉は在庫があります。ご注文いただければ随時発送いたします。

 正月を目前にして、ようやく炬燵を用意しました。今日まで我慢していたのは、あまり早い時期から炬燵を出すと、カマドウマをはじめとするさまざまな虫さんたちが、温もりをしたって炬燵の中で越冬しようとするからです。室内が氷点下になりそうなくらい冷え込んできたので、そろそろ虫さんたちも他の場所にもぐりこむか、成仏するかしたであろうとみています。
 さて、我が家の炬燵は囲炉裏炬燵になってまして、去年まではちゃんと炭を熾してあたっていました。その方がCO2排出量が少ないはずと考えてのことでしたが、考えてみるとこの計算はあやしい。私が炬燵にあたっている時間は、食事中とテレビを見ている時くらいで、PCは机の上なので、せっかく炭を熾しても、ほとんど無駄に暖かくしているわけです。それだったらこまめにスイッチを切れる電気炬燵の方がかえっていいのでは? というわけで、以前使っていた電気炬燵からヒーター部分を外して、囲炉裏の中に設置しました。こういう便利さに実をゆだねてしまうのは堕落じゃないか?という気もしますが、スイッチ一つで暖かくなるのはやっぱり楽ちんです。

 今年も残すところ明日1日。これが今年最後の日誌の更新になりそうです。それでは皆様、よいお年を。

2010年12月25日

945e33a4.jpg12月25日(土) 雪 2.2~-6.0℃
 朝から雪。景色が白く染まっていきます。明日は餅つきなんですが、その前に雪かきから始めないといけません。
 

2010年12月24日

12月24日(金)晴れ 8.7~-4.8℃
 今日はかの有名な日ではありますが、例年通りまったく関係ありません。

 昨日は作業を午前中で切り上げて、埼玉県の小川町に行ってきました。小川町には関東の有機農業界の大御所的存在の金子美登さんがいらっしゃって、私も就農準備校で1年ほど、隔週末で通っていたことがあります。その金子さんらが活動している下里地区が、有機農業を中心とした長年の地域振興の取り組みを評価されて、平成22年度農林水産祭の天皇杯なる賞を頂いたとのことで、その祝賀会兼忘年会に行ってきたのです。佐久穂町には金子さんのところで研修した有機農業仲間が2人いて、今回は彼らに誘われて行く気になりました。あんまり縁の深いわけではない私が行くのは、ちょっとずうずうしい気もしましたが、これは酒の飲めない私がいれば、向うで安心して大酒が飲めるというメリットもいくらかは期待されてのことで、おかげで私も2次会まで居座って、楽しい夜を過ごしました。小川町に出入りしていたのはもう10年近く前のことなので、正直誰も覚えていないんじゃないかと不安でしたが、幸い私の顔は非常に印象に残りやすい顔らしく、顔だけはちゃんと覚えていてくれた方が何人か。
 今回は忘年会の他にもう一つ、かすかな望みを託したプロジェクトもあったんですが、こちらは儚くついえました。

2010年12月22日

12月22日(水) 雨のち晴れ
 昨日は全国的に皆既月食が見られるはずでしたが… 大雨で全然無理。それにしても、「北海道の平地並み」ともいわれる寒さを誇る?佐久地方で、この時期に降るのが雪ではなくて雨ってのがちょっとおかしい。ここ2~3年は、大寒のころでも雨が降ったりしてますから、これが地球温暖化時代の「平年並み」ということなんでしょうね。
 月食観測を断念したあと、昨夜は消防団の打ち合わせおよび忘年会。これから年末の特別警戒態勢で、交替で夜回りしたりするので、その決起集会みたいなもんです。消防団の詰め所に行ってみると、車庫の中にあるはずの消防車(軽トラを改造して小型消防ポンプが載せてあります)がありません。かわりにかわいらしい軽乗用車が置いてあります。聞けば車検でもってっちゃったんだとか。これから夜警で地区内を回ろうってのに、消防車ではなく軽で走るのは何とも間が抜けています。だいたい消防ポンプその他の、しょうか装備一式も消防車に積んだまま持ってかれちゃったので、「今火事になったらどうすんの?」 消防車の車検の管理は町役場がやっているらしいのですが、もうちょっと考えてほしい…
 さてさて、今日は冬至です。ゆず湯は用意できなかったので、カボチャをたっぷり食べて早めに寝ようと思います。

2010年12月17日

12月17日(金) 晴れ 5.2~-8.0℃
 今朝はマイナス8℃まで冷え込みました。この冬一番の冷え込みですが、もちろんまだ序の口。ビニールハウスの中で布団をかけて保管してあったジャガイモが、この寒さで凍みていないか心配でしたが、幸い無事でした。出荷用に選別し、コンテナから段ボールに詰め替えて家の中に移動。早いとこ売らないと、家の中が狭いです。
 この季節になると面倒なのが水道管の凍結防止です。借りている家が古い民家で、壁の断熱効果ははなはだ心もとなく、室内でも当たり前のように氷点下になります。台所やふろ場の蛇口も凍ってしまうので、ほぼ毎日、元栓を閉めて水抜きすることになります。面倒くささを楽しめるように、心をひろーくしておくことが肝要。
 

2010年12月10日

3dfb4a06.jpg12月10日(金) 晴れ 8.0~-4.6℃
 うかうかしているうちに12月も中旬。冷え込みもきつくなり。毎朝氷点下です。火曜の朝にはこの冬初めての積雪。ひなたの雪はもう解けましたが、日陰は土から凍りついて、春までは解けそうもありません。もう本格的に冬です。
 人参の収穫終了。種まきが遅れた割には豊作でした。野菜セットの発送は年内で終わるので、結構な量が余りそう。ジャガイモ共々売り先を模索中。
 製麺所に委託していた小麦が、うどんの乾麺になって戻ってきました。これまたかなりの量です。来季は野菜の種類が少ない時は、うどんをセットに加えて乗り切れます。
 夏の間の野菜が総じて不振だったし、この冬はスキー場のアルバイト収入もないので、あれこれ知恵を絞って稼がないといけません。