2011年01月

2011年01月27日

1月26日(水) 晴れのち一時雪 −12.3〜3.1℃
 小学校で給食交流会に参加してきました。佐久穂町内の学校給食に出荷している農家が招かれたものです。20数年ぶりに食べる学校給食はなかなかのお味。私の子ども時代と比べると、やはりご飯食が増えているんですね。学校給食への町内生産者の出荷は、今年度新たに組織を作って始めたものです。それまでは各校がバラバラにやっていた取り組みを、大幅に手直しして始めては見たものの、うまくいっている点、いっていない点いろいろ。今日のを主催してくれた調理師の先生はおおむね感謝されているようですが… 私は何の因果か、新組織の部会長を仰せつかってしまっていて、来年度に向けてまたあれこれ改善策を考えなければいけません。

 夜はきんじょの新規就農者が集まって、技術検討会。それぞれの作付けの失敗談、原因の追及、改善策などを出し合って検討していきます。みんな失敗談は豊富に持っていて、なかなかの賑わい。今日1日では終わらずに、後日延長戦となりました。

2011年01月15日

1月15日(土)
 連日−10℃を下回る冷え込みが続いていて、冬らしい冬です。12月までは暖冬傾向でしたが… 今季はスキー場のアルバイトをやっていないので、家にいる時間が長く、ストーブの灯油の消費も早いです。かくてはならじと、ハウスの中の片付けなど、冬でもできる作業をボチボチやってますが、かなりのスローペース。要するにだらけ切ってます(笑)

 14日未明はサッカーアジアカップ、日本対シリア戦。引き分け以下では決勝トーナメント進出が厳しくなる一戦。幸先良く先制するも、後半GK川島の一発レッドカード&PK厳しい展開に。しかし後半途中から出場した岡崎の活躍もあって、辛くも2−1で勝利。
 ヨルダン戦に比べると、選手間の連携も良くなりました。何よりも相手より一人少ない厳しい展開で勝ち越せたのは、チームとしてのたくましさを感じました。Wカップでベスト16とはいえ、アジアの中での闘いだって決して甘くはありません。今後も厳しい試合が続くでしょうが、何とか前回大会で失ったチャンピオンの座を取り返してほしいところ。
 
 勝利の興奮を引きずってほぼ徹夜状態のまま、会議に出席。近所の有機農業仲間数軒が集まり、懇意にしている種屋さんを呼んで、お勧めの品種、新しい品種の話などを聞きながら、発注する種を決めていきます。高冷地の八千穂高原でも、ここ数年はかなりの猛暑になることが多く、種の品種もそれに対応することを考えていかないといけません。

 伊豆大島の弟の紹介でアルバイトの口がありそうなのですが、会議やら何やらが飛び飛びで入っていて、なかなか予定が立たず。とりあえずこれ以上だらけないよう、犬の散歩を兼ねてたっぷり体を動かしていこうと思います。

2011年01月09日

c11650db.jpg1月9日(日) 晴れ 4.9~-6.9℃ 
 昨日1月8日は消防団の出初式でした。出初式といっても、はしごの上で曲芸みたいなことはしません。屋外で隊列を組み、町長ほかお偉方に見守られながら行進。そのあと体育館に入って、お偉方の有難い訓示を聞き、勤続ウン年の功労賞なんかをいただき、お昼には終わります。問題は式本番の前に練習があること。行進の練習は、それはやっておいた方がきれいにビシッと決まるでしょうが、訓話を聞いたり表彰状を受け取ったりする練習になぜ1時間以上もかけるのか? 昨日は-14℃まで下がって、この冬一番の冷え込み。そんな中、まだ日の登りきらない朝7時過ぎに集合して、およそ消火技術の向上にはつながりっこない、消防団嫌いを増やすばかりの行事。せめて練習をもっと簡略化すれば、集合時間を遅くできて、朝日を浴びながらの練習になるのですが。

 今日は集落のどんど焼き。冷え込みもだいぶゆるんで、温かい朝でした。どんど焼きは各地でいろいろなやり方がありますが、長野県佐久地方では、カラマツの丸太で三角すいのやぐらを組み、アカマツの枝や竹、それに正月飾りを詰め込んで盛大に燃やします。やぐらが焼けおちたら、熾き火で餅を焼いて食べ、一年間の無病息災を願います。
 今年はやぐらに詰め込む材料が少なくて、火の勢いが控えめ。また、高齢化が進む一方なので、参加者もだんだん少なくなってきていて、なんだかちょっとさみしく感じました。

2011年01月07日

1月7日(金) 晴れ 
 正月は実家で過ごし、昨夜帰ってきました。東京は大変穏やかでしたが、帰宅して我が家の温度計の記録を調べると、この期間の最低気温は-13.3℃。今夜はもっと冷え込みそうですが… まあこれくらい普通です。とはいえ、20℃近い温度差はさすがに厳しく、今日は丸一日ストーブつけっぱなし。

2011年01月01日

c394afa1.jpg2011年 1月1日(土) 曇りのち晴れ
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 これから帰省してきます。