2011年12月

2011年12月12日

12月12日(月) 晴れ 9.4〜−3.3℃
 長野県からサッカーJリーグ参入を目指していた、下部リーグJFL所属で松本市のクラブチーム、松本山雅が、今日のJリーグの理事会で、来季からの参加を正式に承認されました。
 2年ほど前に大好きなJリーグのチーム浦和レッズと対戦して、遥かに格上のはずのレッズが負けてしまったこと、それにやはり長野県のチームであることからなんとなく応援するようになったのですが、だんだん熱が入りだして、ついに昨日のJFL今季最終戦に、車で2時間ほどかけてスタジアム観戦に行ってしまいました。
 対戦相手はソニー仙台。被災地のチームということで、勝ち点に算入されない災害復興支援試合です。前節の時点で昇格条件の4位以内は確定していたので、サポータも和やかなムード。ソニー仙台のサポーターからも「おめでと山雅!」のコールが贈られたり、山雅のサポも「ありがと仙台!」で返したりといった感じ。
 肝心の試合の方は、0−3の完敗。それも「こんなんで昇格して大丈夫か?」ってくらいかなりお寒い内容でしたが、まあレギュラー組をだいぶ休ませてサブ中心でメンバーを組んだって事情もあるので、仕方ありません。その点は残念だったけど、ウン年ぶりのスタジアム観戦はやはり楽しいものでした。来季はもうちょっと気合入れて応援しに来ようと、応援グッズとしてチームのTシャツまで購入。レプリカのユニホームはちょっと手が出ませんでした。
 表題の「雷鳥はJ頁を目指す」 これは長野県の鳥であり、松本山雅の象徴でもある雷鳥が、Jリーグという頂を目指すという、サポータの願いが込められた洒落なのです。来季は今まで以上に厳しい試合が続くし、目指す頂は遥かかなたですが、がんばって欲しいです。
2011 085


2011年12月11日

12月11日(日) 晴れ −2.5〜8.1℃
 昨夜は久しぶりに好条件での皆既月食。日中は気持ちよく晴れていましたが、夜に弱い気圧の谷が通過するとかで、月の出の頃に薄雲がかかり始め、さらに肝心の月食開始の頃には雲が厚くなり、小雪まで散らつき始めました。本格的に赤道儀を出しての観測はさっさと諦め、時おり雲が切れて見える月を、三脚とカメラで気楽に撮影モード。
 気楽にやりすぎて、ろくな写真は取れませんでしたが、7割ほど欠けたところで一とききれいに薄雲も晴れてくれて、冬の星座の中に暗褐色の月が浮かぶ、幻想的な光景を楽しむことができました。
2011 075

2011年12月03日

12月3日(土) 曇り時々雨 12.8〜0.6℃
 一か月以上も更新サボっちゃいましたが、一応元気に生きてますよ。
 12月1日はこの冬初めてのまとまった雪になりました。今日は丸1日ぐずつきがちの天気でしたが、寒気が去って、日が差さない割には温かく、ちょっとだけ積もった雪もほぼ解けたようです。厳冬期に備えて、収穫しなければならない野菜がまだ畑に残っているので、まあ良かった。もうひと踏ん張りです。