2012年11月

2012年11月30日

11月29日(木)晴れのち曇り 7.7〜−1.6℃
 
昨日の朝は−6.8℃まで冷え込みまして、それに比べればだいぶ寒さが緩みました。と言っても氷点下には変わりないんだけど、何となく温かい朝。

 一昨年、去年と、2年続けて秋冬の大根の出来が悪く、沢庵を漬ける分が確保できないでいましたが、今年はまずまずの出来。久しぶりに自家製の沢庵を味わえそうです。今夜はまず浅漬け沢庵の仕込みから。大根を干さずに付けられるのでお手軽です。よく洗った大根に塩を刷り込みながらたるに並べ、1週間ほど置きます。その後、大根10kgに対し、米ぬか400g、塩100g、砂糖500g、醤油80cc、酢50cc、鷹の爪2〜3本を混ぜた漬け床で漬け、重石をのせます。10日〜2週間ほどで漬け上がります。

 これとは別に、2週間ほど干しておいた大根は、本漬け沢庵にします。これはまた明日。

2012年11月20日

2c3999d0.jpg11月20日(火) 晴れ 10.4〜0.3℃
 今朝は氷点下になりませんでした。なんだか例年よりは温かい11月のような気がします。

 今年の春、畑の南側のカラマツ林が伐採されて、日当たりが格段に良くなりました。これまで10月上旬には木漏れ日しか当たらなくなっていたビニールハウスも、日照時間が大幅に伸びました。そこで今年は年末出荷用の葉物をたっぷり播種しようと思ってたんですが、トマトがまだまだ元気で、取引のあるレストランからも「なんとかぎりぎりまで欲しい」とお願いされて、片付けるに忍びなく… 結局種まきのタイミングを逃してしまいました。
 今月3日の冷え込みでトマトは枯れてしまったので、片付けたあとは乾燥野菜工場に。とりあえずは沢庵用大根と切干大根、それに大根葉を干しています。大根葉は自家用だけど、切干大根はジャンジャンつくって販売用にします。蕪や人参もやってみるつもりですが、こちらは売れるかどうか未知数。

 今年から町の交通安全協会地区理事、なんて役も仰せつかってまして、時々会議に呼び出されます。会議中ただあくびをこらえて座ってるだけなのもつらいので、かねてから気になっていたことを質問してみました。
 「真昼間でもつきっぱなしになっている街路灯を時々みかけるんですけど、修理してもらうにはどこに言えばいいんですか?」
 すると、町の担当者の答えはこうでした。「節電が叫ばれる折、あそこを直せって声も時々いただいていて、直したいのは山々なんですが、修理費の方が電気代よりも高くついてしまったりで…」 業者を呼んで高所作業車使ってとか、ただ部品を取り換えるだけにしてもなかなか大変だとのこと。予算と節電、どちらも大事だけど、とりあえずは先延ばしにして、他の修理と一緒にできる時期まで待つしかない。
 なるほどねえ… 私が気になっている現場は、暗くなってから歩いて通る人なんてまずいなくて、自動車か鹿くらい。なんなら街路灯なんてなくてもいいくらいなんですが、なかなかそうももいかないようで…

2012年11月14日

11月14日(水) 晴れ時々雪 8.3〜−0.6℃
 冬型の気圧配置が強まって、八千穂高原は、青空は見えていても、八ヶ岳にかかった雪雲から強風に飛ばされた小雪が時おり舞う空模様。いよいよ冬です。
 農作業も冬モード。冷え込みに備えて畑の野菜を収穫。沢庵用の大根を干したり、形の悪い大根は切干大根にしたり。貯蔵用の穴もそろそろ掘らないといけません。とりあえずはビニールハウスの中で毛布をかけて凍るのを防ぎます。

 家の中も、ようやくストーブを出しました。寒さは湯たんぽを抱いていればまだ我慢できるのですが、しばらく掃除をサボっていた部屋の中が、いくらずぼらな一人暮らしでも我慢できないほど汚れてしまっていて、「掃除をするなら、ついでにストーブも出すか」という気分になったのです。

2012年11月08日

11月8日(木) 晴れ 15.5〜1.7℃
 定期便の出荷をしつつ、沢庵用大根も収穫。この2年ほど失敗してましたが、今年は久しぶりに沢庵を漬けられそうです。形の悪い大根は、切干大根や割り干大根にします。大根葉はゆでてから摺りゴマなどとあえて冷凍保存。冬場の食糧に。

2012年11月03日

11月3日(土) 11.7〜−3.4℃
 一気に寒くなりました。畑一面真っ白に霜。ビニールハウスの中でかろうじて生きていたトマトも、さすがに耐えきれずに終了。

2012年11月02日

ff5dd806.jpg11月2日(金) 晴れ 13.4〜0.9℃
 地球は美しい…
 またまたひと月近くも更新をサボってしまいました。八千穂高原が一番艶やかな季節なので、いろいろ写真を撮ってアップしていきたいと思ってますが… また三日坊主になりそう。